地域医療連携室・医療相談室のblog

医事課に新しいスタッフが加わりました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

昨日より、医事課に新しいスタッフが入職いたしました。

新卒採用の大変フレッシュなスタッフです。

試用期間を経て正規職員となるのは4月以降になりますが、現在は早期入職の
アルバイトという立場で職場に慣れてもらいながら業務を学んでおります。

私が医事課・地域医療連携室の責任者となってから何名かの採用を行い、入職
はありましたが、新卒者が加わるのは初めてのことです。

大変新鮮ですし、その緊張感が伝わってきます。

そして、社会人としてスタートしたスタッフをしっかりと育成しなければと
大きな責任を感じているところです。

今後、医事課や地域医療連携室の大きな戦力として成長し、患者様やご家族様、
地域の皆様や連携機関の皆様のお役に立ってくれることを期待しております。

これから皆様と携わらせていただいたり、お電話をいただいた際に対応させて
いただく機会が増えていくことと思いますが、まだまだ勉強中であり、ご迷惑を
おかけすることもあるかもしれません。

一日でも早く皆様のお役に立てるよう、しっかりと指導、育成していきたいと
考えておりますので、ぜひ厳しくも優しい目で見守っていただけますと幸いです。

また、私自身、社会人になりたての頃を思い出しながら、新入職員ならではの
感性や感覚を身近に感じ、自分の成長にも活かしていきたいと考えております。

当院に携わる全ての皆様、医事課の新入職員をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ |

鏡開き。~餅もお酒も~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

昨日は鏡開きでしたが、皆様はお餅を食べましたでしょうか。

佐藤は食べておりません。

季節の行事は余すことなく楽しもうという佐藤からしますと、新年早々から
反省しております。

よくよく考えますと、今年はお正月の間も餅は食べませんでした。

お雑煮は食べましたが、餅は食べておりません。

佐藤的には、餅よりも、出汁のきいたお雑煮のつゆと具材の方が好きなのです。

そもそも、餅自体が、それほど好きではないのかもしれません。

今よりももっともっとガッツリ食べていた若き頃であっても、お雑煮の餅は
せいぜい2個程度であったと記憶しており、つゆや具についてはおかわりを
していた記憶があります。

お汁粉などはたまに食べるのはいいかなぁ、とは思うものの、どうにかして
食べようという気持ちにまではならないのです。

ただ、団子は好きな部類に入ります。

あんであっても、みたらしであっても、ゴマも白あんも好きです。

また、大福も好きです。

どちらかと言うとこしあんが好きですが、つぶでも良いですし、苺大福は
特に好きな大福と言えます。

他には、うぐいす餅やさくら餅も好きです。

見た目もきれいで、味も美味しく、季節に関係なく食べたいなと思います。

餅そのものではありませんが、おかきも好きです。

おやつによし、おつまみによしで、ぽりぽり食べると止まらなくなります。

年末年始には信玄餅を初めて食べました。

食感、きな粉、黒蜜、餅の味わい深さ、全てが絶妙にマッチしてとても美味し
かったです。

さすが老舗の味、と思いましたし、信玄餅アイスなるものも発見して、気に
なっております。

こう書いてきますと、実は佐藤は餅が好きなのではないか、という疑問が
自身の中に出てきました。

しかし、少し調べてみましたら、書いてきたいくつかの食べ物は、厳密には
餅ではないというものも含まれているのです。

結局のところ、餅が好きかどうかというよりも、佐藤的に美味しいものは好き
である、というとても単純な答えに辿りついております。

日本の伝統行事を守り、その意味合いを理解した上で鏡開きを行い、そして餅
を食べる、ということにはならなかったものの、餅か、餅に類似した佐藤の好きな
食べ物か、何らかの餅っぽいものは食べたいところです。

そして、健康を願いつつ、美味しさを満喫できれば、佐藤的には満足と言えます。

ところで、鏡開きと言えば、鏡餅だけではなく、樽に入ったお酒の蓋を叩いて割る
ことも鏡開きと呼んでいることを思い出しました。

こちらはこれまでに1度も行ったことがありません。

よくニュースなどで樽酒の鏡開きを見る度に、「いいなぁ、一回でいいから体験
してみたいものだなぁ」と思っておりました。

もちろん、叩いて割るだけではなく、その後、中の日本酒をいただくというところ
までを含めて体験してみたいわけなのですが、なかなかそのような機会は訪れ
そうにありません。

皆様の中で、今後樽酒による鏡開きを行う予定があるという方がいらっしゃい
ましたら、ぜひとも佐藤を呼んでいただきたいです。

豪快に、縁起よく、心を込めて、中の日本酒の味を気にしながら、樽酒の蓋を
満面の笑みで割らせていただきたいと思います。

過ぎてしまったことは気にせず、佐藤的鏡開きを行うべく、本日は何らかの餅
の食材を見つけて食べる予定です。

そんな思いを込めつつ、新年最初の一句を詠ませていただきます。

過ぎ去りし 鏡開きも 心もち

鏡開きのオファー、心よりお待ちしております。

それでは。

カテゴリー: 日常 |

譲り合いの心。~YAB~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は気温が上がり、ここ札幌では季節外れの雨となっておりますが、
やはり本格的な冬ということもありまして、あちこちの道幅が非常に
狭くなっております。

特に、片側一車線の道路や、住宅街などにおいては、車1台通るのが
やっとというような場所が多々あり、車同士がすれ違う際にはお互いの
譲り合いが必要な状況です。

ずっと北海道で暮らしていれば、そのような状態は何も特別なことでは
なく、冬の間はしょうがないな、と思ういつもの光景ではあります。

しかし、冷静に考えてみるとどうでしょうか。

前方から車がやってくる、明らかにすれ違えそうにない、そんな状況
の中でできることと言えば、どこかのタイミングでどちらかがスペース
を見つけ、その場所によけることしかないのです。

ただ、このタイミング、というのが、よくよく考えれば賭けと言いますか、
行き当たりばったりと言いますか、ある意味ギャンブル的な要素すら
もある感じで、どうにも危ういなと思うことがあります。

道路の長さや、前方からの車がどの段階で登場するかにもよりますが、
基本的には、かわすスペースというのはたまたま除雪がなされていて
道幅が広くなっている所か、他の道路と交差している箇所を利用するか、
場合によっては個人宅やマンション等のスペースを少し使わせていただく
しかないのです。

しかし、そのようなお助けポイントがどこにあるのかというのは、よほど
その道に精通しているか、毎日のように通っていなければ完璧に把握
することは難しいと言えます。

雪の降り具合よっては、朝に通った時にはあったスペースが、夜にはなく
なっていたという場合もあるのです。

そうなりますと、佐藤としてはあのポイントでよけるぞ、と予定していた
にもかかわらずそれはできないことになってしまい、しかしながら前方の
車は迫ってくるわけでして、どこかでよけてくれぇ~と願いつつもそれが
なされなかった場合には、最終的にお互いがヒヤヒヤしながらギリギリ
の間隔ですれ違うことになります。

もし、その場所の道路のサイドが盛り上がり、ハーフパイプ状になっていて、
さらには凍っていた場合は、極限まで車を端に寄せたにも関わらず、今まさに
すれ違おうとしている相手の方の車に向かって自分の車がずり落ちてしまい、
一気に色んなところから、汗やら何やらが噴き出てしまうのです。

かと言って、安全策をとり、あまりに早い段階でよけていたとしても、前方の
車の方が早々に曲がってしまうということもあります。

一番恐ろしいのは、唯一のお助けかわしポイントを過ぎた直後に、前方に車
が現れた場合です。

そんな時の佐藤の心の中は、

もうちょっと早く来てよ…、だったり、

あともう少し待ってくれたらよかったのに…、だったり、

もうよけるところなんてありませんから…、だったり、

バックしてくれないかなぁ、とか、

こちらがバックかなぁ、とか、

どのみちギリギリですれ違うならせめて道路状況の良い場所で待つか、とか、

すぐ目の前のお宅に帰ってきた方でありますように…!との奇跡的な願いまで、
色んな思いが巡りながら、最終的には何とかすれ違うことに成功しております。

今まで、危なかったなぁとか、何とかすれ違えてよかったぁとか、まぁどこか
にはお助けポイントがあるものだな、などとあまり深く考えずに毎年運転して
きましたが、実際はかなりの偶然とラッキーの連続です。

日々、狭い道での車のすれ違いはあちこちでたくさんあるわけですが、よく
事故にならないな、と思います。

佐藤が知らないだけで、実際は事故になってしまっているケースもあるかもしれ
ませんが、佐藤はこれまでにそのような状況で車と接触したことはありません。

これはおそらく奇跡、

ではなく、

偶然やラッキー、

というのはもちろんありますが、

各ドライバーの皆さんが、道の状況をしっかり把握している、車が前方から来る
かもしれないと読んでいる、運転技術が高い、という要素もありつつも、

結局のところ、それぞれのドライバーの皆さんに優しさや譲り合いの精神がある
からこそ、何とか成り立っているのではないかと佐藤は思いました。

そう考えると、一見お互いあまり考えていないようで、実は根底に「譲ってくれる
だろう」という思いと、「いつでも譲るよ」という気持ちがあった上での、狭い道の
お互いの前進なのかもしれません。

本当にどうにもこうにもならなくなった場合には、どちらかがバックしたり、多少
雪の山に突入しながらスペースを作ったりということがありますし、佐藤もその
ようにした経験があります。

余裕を持って譲ったり、譲られたりした際には、お互いの面識がなくとも車内から
手を上げたり、クラクションでお礼をすることは日常茶飯事ですので、そんな時には
何と言いますか、どこか温もりや優しさ、人と人とのつながりを感じるのです。

これからまだまだ雪が降る日は続きますし、道幅が狭い日々も続きます。

しかし、どんなに外の気温が寒くなろうとも、道が狭くなろうとも、譲り合いの
精神と優しさは常に持ち、温かく広い心を持っての運転を心がけねばと思って
いるところです。

さて、本日のブログの中で、狭い道においてすれ違うためによけるスペースの
ことを佐藤的に「お助けポイント」や「お助けかわしポイント」というような言葉
で表現いたしましたが、何か他に良い言い方はないものだろうかと考えました。

単に車をかわすだけのスペースというのも味気ないですし、お助けポイントと呼ぶ
のもあまり格好の良いものでもありませんので、次のように呼ぶこととします。

「譲り合う 温かさ感じる 場所」の頭文字を取って、『YAB』です。

思わず後ろに「48」と付けてしまいそうになりますね。

あるいは、「っちF.C.」でもいいかもしれません。

もしも同様の略語などがあったとすれば大変申し訳ないのですが、今後は狭い道
で車同士がすれ違う際に、良いスペースを見つけた時には「YABがあってほしい」
と願ってみたり、もしもそのような場所がなかったとしても、「YABはないけど譲り
合って何とかしよう」といった感じで使っていこうと思います。

皆様の中で、譲り合うスペースの良い名称案があったり、すでにこのような呼び方
をしているというネーミングなどがありましたら、ぜひお聞かせください。

本日の夜からは道幅の狭さよりも、凍結が心配な路面になりそうです。

皆様、ぜひお気をつけください。

それでは。

カテゴリー: 日常 |

2018年の始まりに。

皆様、あけましておめでとうございます。地域医療連携室の佐藤です。

お正月2018ブログ1 お正月2018ブログ2

2018年最初のブログとなります。

当院は昨日より通常診療を開始しており、入院ベッドの方も回復期リハビリ
テーション病棟、一般病棟共に空床がありますので、転院を検討されている
患者様がおりましたら、お急ぎの場合も含めぜひご相談ください。

皆様は年末年始はどのように過ごされましたでしょうか。

私は予定通りに帰省し、ゆっくりと休むことができました。

例年に比べれば、多少、本当に多少ですが、お腹周りのボリュームアップは
最小限に抑えられたのかな、という気がしております。

しっかりとリフレッシュできましたので、今年も昨年以上に様々な分野でより
業務を拡大し、深めていきたいと考えている次第です。

一方で、より佐藤らしく、より自然な佐藤で過ごす、というのも個人的には
今年の大きなテーマになろうかと思います。

リラックス&集中でブログ同様に自らをどんどん表に出すことで、よりパワー
アップできるものと考えているのです。

業務においても、個人的なプライベートの面においても、チャレンジすると
いう気持ちを常に忘れず、新しいものを構築していきたいと思います。

こちらのブログも昨年同様、火曜日と金曜日に更新していきますので、引き
続きお付き合いいただけますと幸いです。

皆様、本年も医事課・地域医療連携室、イムス札幌内科リハビリテーション
病院、そしてこちらのブログと佐藤をどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 地域医療連携室 |

2017年の終わりに。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

今年ラストのブログとなります。

まずは今年も1年間、このブログを読んでくださった全ての皆様に心より
感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

先日のブログや、これまでにも書いてきましたが、やはり読んでくださる
皆様の存在は佐藤にとってとても大きいです。

ブログを通じた交流、会話ができたことは本当にありがたいことでした。

今年はこれが最後のブログとなりますが、年始には勤務開始後にすぐ更新
を行い、来年もこれまで同様に書いていきますので、ぜひご期待ください。

月並みな表現になってしまいますが、本当に、あっと言う間の1年でした。

それは、年齢を重ねたからそう感じるのか、それだけ充実していたという
ことなのか、はたまた忙しく時間に追われていたからなのかはわかりません。

ただ一つ、この時期に言えることは、なんだかんだで無事に過ごしたな、と
いうことです。

様々なことがありつつも、色々な思いがありつつも、本日のこのブログを
無事に更新できていることに感謝しなければいけないなと感じております。

そして、自身にとって満足のいく1年であったかと言われれば、決してそう
でもないというのが正直なところなのですが、それでも、僅かでも成長し、
少しでも前に進んだというのは間違いないのです。

どんなことでも、何であっても、今の自分にプラスになるというのは素晴ら
しいことだと思います。

全てをポジティブに考え、成長につなげる、成長だと思う、いや、思い込む(笑)
というのは大事なことなのかもしれません。

年末年始の佐藤は例年通りに帰省し、しっかりとリフレッシュ&脂肪を蓄えて
きたいと思っております。

今年うまくいかなかったことの一つであるダイエットについてはひとまず忘れ、
ゆったりと、食べたり、飲んだり、寝たり、起きたり、ごろごろしたり、食べたり、
飲んだり、ぼやっとしたりで、笑顔でのんびり美味しく緩やかに過ごす予定です。

皆様の中にも帰省される方、お出かけされる方などいらっしゃることと思い
ますが、くれぐれも安全には注意され、また体調にも気を配りながら楽しく
お過ごしください。

携わらせていただいた全ての皆様、今年も本当にお世話になりました。

来年もこちらのブログと佐藤、そしてイムス札幌内科リハビリテーション病院
をどうぞよろしくお願いいたします。

では、また来年、新年最初のブログでお会いしましょう。

皆様、良いお年をお迎えください。

カテゴリー: 地域医療連携室 |

ブログで振り返る2017年。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

今年も残り僅かとなってまいりました。

本日は毎年の恒例となっております、この1年をブログで振り返る企画を
お送りいたします。

では早速1月から。

【1月】
お正月についての思いを綴り、寒さと暑さについて語り、佐藤の学生時代
のアルバイトについて思い出したりしました。
まだまだお正月!?キビシイ寒さに負けないためにスキーやスノー
ボードから学んだこと

【2月】
今年も佐藤的な節分について考え、ブログの更新が500回に達し、人生初の
点滴を経験し、春予想の的中に向けて一句詠み、そして大変お世話になった
事務長が転勤してしまい、新しい事務長が着任され、医事課にも新たな仲間が
加わりました。
節分2017500回体調不良、そして初の…春予想の的中、か人事異動
&新たな仲間が加わります

【3月】
健康づくり事業が無事に終了し、佐藤の日にちなんで佐藤だらけの記事を書き、
TMNIT in Hokkaidoのセミナーにて総合司会を担当し、プレミアムフライデーの
心がけを掲載しました。
健康づくり事業2017のご報告佐藤の日無事に終了しましたプレミアム
フライデー

【4月】
医療業界ならではの打ち間違いについて例文と共に綴り、レントゲン検査の受付
前にある飾り付けが新境地を開き、虫取り大将のご紹介をしました。
打ち間違いレントゲン検査の受付前。~新境地~春への願い、虫の心配

【5月】
ブログ開始から5年が経ち、久し振りにおもひでのネクタイを着用し、寝違えから
膨らんだイメージを表現したり、職員健診についてご報告を行ったりしました。
5周年かなり久々にあのネクタイnechigae職員健診2017

【6月】
佐藤なりのクールビズについて考えてみたり、ペトリコールとゲオスミンのこと
を知った上で色々なことを想像してみたり、看護の日のイベントを開催しました。
クールビズ2017ペトリコールとゲオスミン看護の日2017

【7月】
新院長が着任し、健診結果についてご報告し、とてつもない暑さへの思いを綴り、
大好きなスイカのお話しをして、さらにその続きを語り、北海道みんなの日に対
しての佐藤なりのアイディアを書き、写真祭りを開催しました。
新院長就任のお知らせ七夕。~健診結果~猛烈に、これでもかというほどに夏
スイカの話続・スイカの話北海道みんなの日本日は写真祭り

【8月】
7回目となるイムスカフェを開催したり、ていねっとに参加して驚いたり、山の日
について語ってみたり、タクシーの運転手さんとの会話を綴ったり、給茶機が
登場して新しい休憩スペースができたりしました。
第7回イムスカフェ開催ていねっと、からの2つの驚き今日は山の日元気な日
タクシーの日給茶機と新しい休憩スペース

【9月】
サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めて喜んだり、占いの結果にワクワク
したり、まさかの場所でカメムシと出会ったりしました。
9月の始まり昨夜の歓喜占いKの季節。~まさかの対面~

【10月】
泌尿器科を開設し、恒例の健康祭を開催し、近隣小学校の80周年記念式典に参加
したり、カメムシがフィーバーしたり、恒例のハロウィンイベントを行いました。
泌尿器科開設のご案内健康祭へのご参加ありがとうございました手稲西小学校
開校80周年記念式典・祝う会Kがフィーバーハロウィン佐藤的イベントのご案内
~開催日にご注意ください~

【11月】
学会で発表し優秀演題賞をいただいたり、北海道コンサドーレ札幌がJ1残留を
決めて感動したり、ていねっとを通じてブログの読者の方と出会ったりしました。
学会&座長の結果祝!!J1残留!!~北海道コンサドーレ札幌~第60回
ていねっと&交流会、とブログのお話 

【12月】
すごい間隔で当たり付き自動販売機での当たりをゲットし、体調不良からブログの
更新を逃したものの感謝の気持ちをたくさん持ち、そして逃した分の穴埋めをし、
佐藤の今年の漢字を発表いたしました。
なんと、またまた…!不調、ブログ…、そして感謝!ガソリンスタンドの連打
(先日の掲載予定分です)佐藤の今年の漢字2017

いかがでしたでしょうか。

こうして1年を振り返ってみると、毎年思うことですが、色々なことがあったなぁ、
と心から思います。

そして、色んな記事を書いたなぁ、とか、

ほとんど忘れてたけど、こんなことも書いたっけ、とか、

こ、これは…、かなり冒険的な記事だな…、よく怒られなかったな…、とか、

佐藤の内面やプライベートをたくさんさらけだしたなぁ、と恥ずかしくなったり、

様々なことを思うのです。

しかし、どれもこれも、あれもそれも全部、全てはこのブログを読んでくださる
皆様がいるからこそ書けたことであると感じております。

誰も読んでくださる方がいなければ、このペースやこの内容で書き続けるという
のは、もしかしたら難しいことなのかもしれません。

どこかで、誰かが読んでくださっているであろう、という思いや、日頃からお会い
する皆様がこのブログを読んで感想をくださることが、佐藤の中に新たな記事の
ネタを浮かばせたり、日々の文章を綴る活力になっているのです。

現在ではもはや、このブログが佐藤と皆様とをつなぐ大切な場になっていることや、
より連携を深める一助になっていることは間違いありません。

来年も今年と変わらず、いえ、さらに佐藤をさらけだし、より自然に佐藤らしく、
たくさんの記事を書いていきたいと考えております。

年末年始のお休みに入るという方、年末もお正月もお仕事という方、色々な皆様
がいらっしゃるかと思いますが、ぜひお時間のある際には、今年1年だけではなく、
これまでの記事も読んでいただけますと幸いです。

貴重なお休みの時間を使うに値するか、お仕事の疲れを少しでも癒す記事がある
のか、と問われれば何も言えませんが(笑)。

明日は今年最後のブログとしまして、簡単ではありますが記事を掲載いたします
ので、ぜひそちらもご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室 |

空床情報&年末年始の診療について。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

空床情報と年末年始の診療についてお知らせいたします。

現在のベッド状況ですが、回復期リハビリテーション病棟、一般病棟共に
空床があり、大変迅速なお受入れが可能です。

転院を検討されている患者様がおりましたら、お急ぎの場合も含め、ぜひ
ご相談、ご紹介ください。

当院では、医療相談室のMSWが入院のご紹介をお受けしております。

どのような疾患であれば回復期リハビリテーション病棟に入院できるのか
知りたい、等のご質問もお気軽にご相談ください。

なお、即日のご入院等、緊急のご依頼につきましては当日の外来担当医師
あてにて、直接のご連絡をいただけますと幸いです。

年末年始が迫ってまいりましたが、当院の年内の診療は12月30日(土)の
午前までとなっており、年始は1月4日(木)より診療開始となります。

体調に不安がある際などは、どうぞお早目にご受診ください。

ちなみに、先日の日帰り出張ですが、行き、帰り共に飛行機は飛び、しっかり
と研修に参加した上でその日のうちに北海道へと戻ってまいりました。

途中では色々なことがあったのですが、それはまたの機会にご報告したい
と思います。

なお、次回は恒例となっております、今年1年をブログで振り返るコーナーを
お届けする予定ですので、ぜひご覧ください。

2017年もあと少しですので、皆様、どうぞ体調にはくれぐれも注意し、元気
で健康な年末を過ごしましょう。

当院にてお力になれることがありましたら、お気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ |

日帰りにて出張中です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日のブログは事前に書いた予約投稿によるものとなっております。

と、言いますのも、本日、佐藤は研修会のため東京へと出張中なのです。

そして、タイトルにもありますように、日帰りでの出張となっております。

実は、東京へ出張する際に宿泊せず、日帰りで北海道へと戻ってくるのは
初めてのことです。

本日につきましては、週末に私用があり、どうしても帰ってこなければなら
ないことから日帰りを決行することにいたしました。

飛行機を苦手としている佐藤にとっては、同じ日に2度フライトするという
のは何ともおそろしいことではあります。

しかし、宿泊してしまい、この季節、万が一にも翌日に天候不良で飛行機が
飛ばないということになっては(私用が)大変なことになってしまいますので、
日帰りにて戻ってくるしかないのです。

佐藤の用事は日曜日の朝からですので、もしも本日金曜日に飛行機が飛ば
なくても、明日土曜に飛べば何とかなる、という保険をかけた上での日帰り
決行となっております。

願わくは、いえ、本来願ってはいけないことなのは承知しておりますが、本音
を言わせていただきますと、本日、すでに悪天候で飛行機が飛ばない、つまり
出張無し、というのが佐藤的には一番なのです。(関係者の皆様やその他の
搭乗予定の皆様には大変申し訳ない願いですが…)

はたして、このブログが掲載される頃、佐藤はどこにいるのでしょうか。

飛んでしまって空の上なのか、いつもと変わらず自身のデスクで仕事をしている
のか、空港に行った上で飛ばないことがわかり、う~む…と何とも言えずに立ち
尽くしているのか、それは全て天候次第なのです。

もしも問題なく飛行機が飛んだとしても、はたして今度は夜に無事帰って来る
ことができるのか、という問題もあります。

飛ばないだけならまだしも、途中まで来て上空で引き返すという事態だけは何と
しても避けていただきたいものです。

このブログを書いている時点では何もわかりませんが、週間天気予報でいくと
北海道も東京も、本日、22日(金)の天気は晴れになっております。

もしも何事もなく飛んだとすれば、皆様には、佐藤初となる日帰り出張の無事を
ぜひ願っていただけますと幸いです。

時間的にはあまり余裕のない旅となりますが、事前の準備をしっかりすると共に、
集中&リラックスにてがんばってきます。

飛行機が飛べば、ですが(笑)。

移動中等々で、佐藤を見かけた際にはお気軽にお声かけください。

また、日帰り出張と苦手な飛行機に同日で2度乗る佐藤に対し、心優しい皆様
からの差し入れなどは大歓迎です。

それでは、いってきます!!

カテゴリー: 地域医療連携室 |

広報誌『こもれび』の最新号を発行しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院の広報誌『こもれび』の最新号を発行いたしました。

今回の表紙は岡本看護部長です。

岡本看護部長は今年の3月に、同じIMS(イムス)グループの施設である
イムス札幌消化器中央総合病院からの異動により着任いたしました。

表紙の中では当院看護部の理念などについても述べておりますので、
ぜひご覧ください。

また、毎号恒例の記事の他、今回は「イムス札リハNEWS」の中で9月
に開催した健康祭の模様や、泌尿器科外来の開設についてご紹介して
おりますので、こちらもぜひ読んでいただければと思います。

広報誌は外来ホールや図書コーナーの他、レントゲン室前や売店近くの
掲示板、リハビリ室前などに設置しておりますし、当院のホームページ内に
あります『広報誌』のページでも同様のものをご覧いただくことが可能です。

また、過去に発行したバックナンバーについても設置しておりますので、
ご自由にお持ち帰りください。

次回は3月頃の発行を予定しております。

広報誌の中で取り上げてほしい内容や読みたい記事などがありましたら、
ぜひご意見等をお気軽にお寄せください。

今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院の広報誌、『こもれび』を
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ |

佐藤の今年の漢字2017。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、毎年恒例となっている今年の漢字が発表されました。

今年の漢字は『北』に決まったとのこと。

佐藤的には、正直なところ、う~ん…、という感じでしょうか。

ここ北海道で暮らす佐藤としては、ゆかりのある漢字なわけでして、いくらかは
北海道関連の事柄も含めた上での決定のようなのですが、何となくしっくりこない
ような気もしているのです。

しかし、決定されたことですので、そちらはさておき、この数年毎年お伝えして
おります、佐藤的今年の漢字を発表したいと思います。
『私の今年の漢字』『佐藤的今年の漢字』『佐藤の今年の漢字2016』

2017年における佐藤的今年の漢字、それは『続』です。

今年はこれまでに「続けて」きたことが大きな意味を持ち、また自身の助けに
なった1年であったと考えております。

連携機関や地域住民の皆様との信頼関係、日々の業務、院内スタッフとの関係、
様々な取り組み、そしてプライベートにおいてもそうですが、全て継続してきた
からこその結果であったり、次につながる一歩となったり、強力な力と助けに
なったと感じているのです。

継続することの大切さを言葉にするのは簡単ですが、それを実践していくことは
大変なことでもあります。

自身に問題があって継続できないこともありますが、周囲の皆様の事情も関係
してくることですし、何より気力と体力が必要です。

そんな中、佐藤は院内外で人に恵まれ、多くのご協力をいただきながら様々な
ことを続けていくことができました。

そしてそれらが実を結んだり、佐藤自身の助けにつながったのです。

あらためまして、日頃より携わらせていただいた皆様には心より感謝いたします。

ありがとうございました。

続けることで得たものがある一方で、継続できなかったことも存在します。

続けたくてもできなかったこと、自分の努力不足、気持ちの問題、致し方ないこと、
などなども込みで、良い部分のみでの『続』ではなく、反省も含めた佐藤的今年の
漢字、『続』なのです。

今年うまくいったことは来年も「続けて」いかなくてはなりませんし、継続できな
かったことについては反省を生かして次につなげ、そこから「続けて」いかなくて
はいけないと思っております。

もちろん、こちらのブログを始め、長く続けていることは今後もよりパワーアップ
しながら継続していきますので、ぜひご期待ください。

例年のことながら、1年間の日々を一文字で表すというのは難しいものです。

『続』という漢字の他にも、「解」や「禁」や「酒」などの文字も浮かんできて
おり、先日の体調不良もあってお酒を控えていたことからそろそろ、という
思いになっております。

まぁ、そもそもDr.含め、誰からも禁酒と言われたわけではないのですが(笑)。

また、他には、

「体」、

「重」、

「増」、

「加」、

「注」、

「意」、

という文字や、

「健」、

「康」、

「第」、

「一」、

という文字も浮かんでくる一方で、

「美」、

「味」、

「食」、

「材」、

「気」、

「力」、

「体」、

「力」、

「充」、

「実」、

というまるで中華料理店のような文字達や、

「酒」、

「百」、

「薬」、

「長」、

という佐藤にとって都合の良い文字、

「三」、

「鞭」、

「酒」、

などの文字が浮かんできましたが、やはり今年の佐藤的漢字は『続』なのです。

ちなみに、「三鞭酒」(普通に横書きしてしまいました…)が何のことかを知り
たいという方はお気軽に佐藤までお問い合わせください。

来年に向け、「続いて」いくこともたくさんあるわけですが、まずは残りの年内
を気力、体力共に充実させ、がんばっていきたいと思います。

と書きましたが、

気力、体力と言うと少しだけ大変そうなイメージも佐藤的には感じてしまいます
ので、プロスポーツ選手のつもりで、シーズン中はフィジカルコンディションと
モチベーションを向上させつつがんばっていきたい、と言い換えて本日のブログ
といたします。

皆様にとっての今年の漢字がありましたら、ぜひお会いした際にお聞かせください。

それでは。

カテゴリー: 日常 |