地域医療連携室・医療相談室のblog

お知らせ

空床情報です。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

当院のベッド状況についてお知らせいたします。

現在、回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟共に空床があり、
迅速なお受入れが可能です。

今後の転院を検討している患者様がおりましたら、お急ぎのケースも
含め、ぜひご紹介ください。

今後さらに寒さが厳しくなり、雪も降りますと、症例が増加してベッドが
かなり混み合うことも予想されます。

現段階で転院の可能性がある患者様がいる際には、お早目のご相談
をいただけますと幸いです。

当院では、医療相談室のMSW7名が転院調整なども含めたご入院
の相談をお受けしております。

どのような方が入院の対象となるのかについてのご質問等、不明な
点がありましたらお気軽にご相談ください。

なお、即日のご入院等、緊急のご依頼につきましては、当日の外来
担当医師あてでのご連絡をお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: お知らせ |

『ついで健診』を開始いたしました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院ではこの度、外来にて『ついで健診』を開始いたしました。

ついで健診は「貧血」・「糖尿」・「肝機能」・「コレステロール」・
「痛風」・「膵臓」・「ピロリ菌」の中からお好きな項目をご自分で
選択していただき、それぞれ1項目500円でできる健診です。

2項目であれば1000円、全ての7項目を実施しましても、最大で
3500円となります。

ついで健診においては診察の必要はなく、簡単な問診票を書いて
いただいた後に採血し、お会計をしていただいてその日は終了と
なりますので、大変気軽に実施できる健診です。

検査結果は、約1週間ほどで郵送にてお送りいたします。

ついで健診の受付時間は月曜日から金曜日が9:00~16:30、
土曜日は9:00~11:30となっており、ご予約は不要です。

上記時間内であれば、いつでも外来受付までお声かけください。

ついで健診は、気になる項目のみを調べたい方や、日頃なかなか
健診を受ける時間のない方、お見舞いや院内の講演会等でご来院
された際のついでなどに、とにかく気軽に、短時間で、少しでも安価
に健診を受けていただきたい、との思いから開始したものです。

当院近郊にお住まいの皆様はもちろんですが、何かの機会やご用事
でご来院された際にはぜひご検討いただき、お好きな項目を選んで
気軽に実施していただければと思います。

当院では、身近な医療機関として皆様の健康維持や増進に寄与する
べく、今後も新たな健診や診療などを検討していく予定です。

ついで健診の詳細につきましては、以下のご案内をご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

ついで健診ポスター

...
カテゴリー: お知らせ |

全病室にエアコンを完備いたしました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

この度、当院では全ての病室においてエアコンを設置いたしました。

これまでは、院内における冷房設備は限定的な場所での設置であった
ことから、特に近年の夏の暑さにおいては大変なご迷惑をおかけして
いたことと思います。

しかし、本年6月より冷房工事を実施し、ご報告が遅くなりましたが、
無事に設置完了となりました。

残暑もあったことから、今年の夏においてもすでに各病棟で活躍した
ことと思いますが、今後におきましてもご入院される患者様やお見舞い
に来られるご家族様に快適な環境をご提供できるものと考えております。

廊下の一部などにもエアコンが設置されましたが、佐藤としましては、
特に嬉しいのが会議室における設置です。

これまではメインで使用する会議室にはエアコンがなく、日当たりの
良い場所などは窓を開けても全く涼しさを感じられないため、夏の間
は非常に大変でした。

暑がりの佐藤には猛暑と感じられることが多々あり、

このまま会議を続けても記憶がおぼろげになってしまうのではないか、

汗かきの佐藤が触れた資料はふにゃふにゃになるのではないか、

書類にメモしようとしても湿気を含んでいて書けないのではないか、

と、心配だったのです。

しかし、今後はそのような心配は全くありませんし、暑い時期も常に
フルパワーでしっかりと資料に書き込むことができます。

北海道の夏は涼しいというのは、もはや少し違ってきており、

期間は短いものの暑いは暑い、時には関東よりも暑い日がある、

が、正しいのだと思います。

来年からは、季節外れで早めに暑さが訪れようとも、残暑があろう
とも、患者様には快適に過ごしていただけますし、リハビリや治療に
専念していただけますので、ご安心ください。

当院では今後もより良い療養環境の構築に向け、少しずつではあり
ますが、体制や設備を整備していきたいと考えております。

皆様からのご要望等がありましたら、外来ホールなどに設置されて
おります意見箱にご意見をご投函ください。

皆様、今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院をどうぞよろしく
お願いいたします。

それでは。

...
カテゴリー: お知らせ |

空床情報です。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

当院のベッド状況についてお知らせいたします。

現在、回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟共に空床があり、
かなり迅速なお受入れが可能です。

今後も退院予定の患者様がいらっしゃることから、ベッドに余裕の
ある状況はしばらく続くものと想定しております。

季節の変わり目となり、体調を崩される方も多くなってくるかと思い
ますので、今後の転院を検討している患者様がおりましたら、ぜひ
ご紹介ください。

当院では、医療相談室のMSW7名が転院調整なども含めたご入院
の相談をお受けしております。

どのような方が入院の対象となるのかについてのご質問等、不明な
点がありましたらお気軽にご相談ください。

なお、即日のご入院等、緊急のご依頼につきましては、当日の外来
担当医師あてにて、直接のご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: お知らせ |

ウェルウォークを導入いたしました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院では8月より、歩行支援ロボット『ウェルウォーク』を導入
いたしました。

北海道内の医療機関としては3施設目の導入です。

ウェルウォーク④ ウェルウォーク③

ウェルウォーク② ウェルウォーク⑤

ウェルウォーク⑥ ウェルウォーク①

ウェルウォークはトヨタ自動車(株)が藤田医科大学と共同開発
したリハビリ支援ロボットであり、通常のリハビリでは歩行改善が
難しい患者様に対してのリハビリに役立ちます。

主な特長は以下の4つです。

①『従来のリハビリに比べ回復速度が1.6倍』
身体状況に応じた難易度設定やアシストの調整などにより、従来
の歩行リハビリに比べ回復速度が速くなり、重心のとれたきれいな
歩き方になると言われています。

②『転倒防止機能で安全』
身体にハーネスを装着して歩行練習を行うため、重度の下肢麻痺
がある患者様でも転倒することなく、連続した訓練が可能です。

③『最小限の補助で患者様の能力を引き出す』
過度な徒手介助は患者様の能力を引き出す機会を減らしてしまい
ますが、ウェルウォークを使用することによって、最小限の補助で
能動的なリハビリが可能となります。

④『充実したフィードバックで患者様のモチベーションアップ』
歩行練習の成果を記録し確認することや、前回の記録と比較する
こともできるため、機能回復だけでなく、患者様のモチベーション
アップにもつながります。

ウェルウォークの対象疾患は片側の下肢運動機能障害を有する方
など、いくつかありますので、患者様のご紹介の際など、ご不明な点
がありましたらお気軽にお問い合わせください。

先日ご紹介したドライブシミュレーターもそうですが、まだまだ北海道
内では導入している医療機関が少ない状況ですので、当院としまして
は最大限に機器を活用し、患者様の機能回復に向けて少しでもお役
に立てればと考えております。

先日開催いたしました健康祭の中で、ウェルウォークの見学会を実施
したところ、大変多くの皆様に興味を持っていただきました。

イベントの開催時以外でも、事前にご相談をいただけましたらウェル
ウォークの見学は可能ですので、ご興味のある方はご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: お知らせ |

広報誌『こもれび』の最新号を発行いたしました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ご案内が遅くなりましたが、当院の広報誌、『こもれび』の最新号が
発行されております。

今回の表紙は4月に着任いたしました、消化器内科の矢島Dr.です。

外来での診療や、入院病棟における担当などについて綴っております
ので、ぜひご覧ください。

「イムス札リハNEWS」のコーナーでは、今年新たに導入したリハビリ
機器、「ドライブシミュレーター」と「ウェルウォーク」について写真付き
でお伝えしております。

また、「管理栄養士の旬な食材de健康」のコーナーでは「メロン」を取り
上げ、「リハビリ科の今日もガンバローカ」では「フレイル」と生活の中で
の運動のポイントについてご紹介するなど、皆様の健康の維持や増進
のお役に立てるよう、幅広い内容での最新号となりました。

今回より、「薬剤師オオクボのお薬相談」は担当者をバトンタッチし、
「薬剤師オオバのお薬相談」となりましたが、内容はこれまでと同様
にお薬の疑問についてお答えしていきますので、引き続きどうぞよろ
しくお願いいたします。

広報誌は外来ホールの他、レントゲン室前や売店近くの掲示板、リハ
ビリ室前などに設置しておりますし、当院のホームページ内にあります
『広報誌』のページでも同様のものをご覧いただくことが可能です。

また、過去に発行したバックナンバーについても設置しておりますので、
ご自由にお持ち帰りください。

広報誌の中で取り上げてほしい内容や読みたい記事等がありましたら、
ぜひご意見をお寄せいただければと思います。

ご覧になりたい号の広報誌が見当たらない場合や、最新号が全てなく
なっていた際などはお近くのスタッフまでお気軽にお声かけください。

次回は11月頃に発行予定です。

皆様、今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院の広報誌、
『こもれび』をどうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: お知らせ |

明日、お待ちしております。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

いよいよ、明日9月7日(土)は健康祭の当日となりました。

本日は明日の本番に向けて最終的な準備や、会場の設営など
が行われる予定となっております。

昨年は地震の影響もあり中止させていただきましたが、その際
には「とても残念」、「楽しみにしていたのに」というお声を多数
いただきました。

佐藤としましても、入職直後から携わってきた思い入れのある
イベントだけに本当に残念でしたが、その分、今年は昨年以上
の内容にて開催し、皆様をお迎えすることができそうです。

明日の佐藤は院内のいたるところに登場することと思いますが、
特に「院内見学ツアー」を担当いたします。

当院の施設内や、導入したばかりのリハビリ機器をご紹介する
と共に、佐藤による(多少の)おもしろトークもツアーの中で披露
させていただく予定です。

はい、ハードルを上げ過ぎました…。

おもしろいと感じていただけるかどうかは別として、たくさんの
方々に楽しんでいただけるようなツアーにしたいと考えており
ますので、ご興味のある方はぜひお気軽にご参加ください。

その他のイベントにつきましては、先日のブログ、『健康祭の
お知らせ』をご覧いただければと思います。

全てのイベント、そして駐車場のご利用は無料です。

年齢を問わず楽しむことができ、健康の維持や増進のお役に
立てる内容を揃えてお待ちしておりますので、ぜひ皆様お誘い
合わせの上でご来院ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: お知らせ |

健康祭のお知らせ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

毎年恒例となっております健康祭ですが、今年は9月7日(土)の
10:00~16:00で開催いたします。

看護師による健康測定会や、薬剤師によるお薬相談、管理栄養士
による栄養相談、リハビリスタッフによる認知症予防についての体操
や講演会、院内の各所を巡る見学ツアーといった恒例のイベントは
今年も同様に実施予定です。

毎年ご好評をいただいております、ミシェーラ室内アンサンブルの
皆様による演奏会、手稲西小学校、手稲西中学校の皆さんの作品
を展示するコーナー、ていぬくんパンや当院の菜園で収穫した野菜
のプレゼントなども実施いたします。

また、今回は新たな企画といたしまして、ヨーヨー釣りやスーパー
ボールすくい、わたあめプレゼント、ていぬくんが来院しての記念
撮影会等、お楽しみイベントコーナーを設置することになりました。

さらに、1項目500円のワンコインにて、「貧血・糖尿・肝機能・
痛風・膵臓・コレステロール・ピロリ菌」の中からお好きな項目を
お好きな数だけ選んでいただいて検査を行う、『ついで健診』を
実施いたしますので、ぜひ健康管理にお役立てください。

『ついで健診』は、診察はなく、問診票の記入と採血のみでの検査
となっておりますので、お時間がない方や、気になる項目のみ調べ
てみたい方にも大変おすすめです。

これらのイベントは全て無料であり、ご来院された際に駐車場を
ご利用いただく場合も終日無料となっております。

皆様お誘いあわせの上で、お気軽にご来院ください。

当日は私佐藤も運営に携わっておりますので、見かけた際には
ぜひお声かけいただければと思います。

なお、詳細につきましては以下のポスターをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

健康祭ブログ

...
カテゴリー: お知らせ |

障害者病棟におけるお受入れと空床情報について。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

当院における現在の空床状況ですが、特に障害者病棟において
迅速なお受入れが可能となっております。

回復期リハビリテーション病棟においても比較的迅速なお受入れ
が可能となっているものの、障害者病棟におきましては今後退院
予定の患者様もかなり多い状況です。

その方の病状等にもよりますが、当院の障害者病棟ではリハビリ
の提供が可能となっておりますし、幅広い範囲においてお受入れ
を行っております。

緩和ケア目的、長期療養病院への転院や施設入所までのワンクッ
ション目的、回復期リハビリテーション病棟の適用外でのリハビリ
目的、肺炎や脱水の治療など、様々な患者様がご入院されている
のが特徴です。

入院の適用となるかどうか迷われる場合や、迅速な転院が必要な
際など、まずはお気軽にお問い合わせください。

当院では医療相談室のMSW7名が転院調整なども含めたご入院
の相談、ご質問をお受けしております。

また、事前にご連絡いただけますと、よりスムーズに院内のご見学
等に対応させていただくことも可能です。

大変ありがたいことに、この数年で『当院=回復期リハビリ病院』、
との認識を持っていただいている方々が非常に多くなっております
し、その対象となる患者様のご紹介も大変多くなっております。

しかし、障害者病棟におきましても70床を有しておりますので、
関係機関の皆様と連携のもと、地域医療への貢献とご協力を
より積極的に行っていきたいと考えているところです。

対象となる患者様がおり、当院でお力になれることがありましたら
ぜひご紹介ください。

なお、即日のご入院など、緊急のご依頼につきましては、当日の
外来担当医師あてにて、直接のご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: お知らせ |

ドライブシミュレーター導入と自動車運転外来のお知らせ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院ではこの度、『ドライブシミュレーター』を導入し、それに
伴いまして、自動車の運転再開に不安を持っている患者様を
対象とする『自動車運転外来』を開設いたしました。

ドライブシミュレーターには様々なレベル、難易度が設定でき、
実際の路上での運転に近い環境で訓練をすることができます。

また、検査後にはその結果を分析し、反応速度や反応にムラが
ないかなど、運転能力を詳細に把握することが可能です。

北海道内の医療機関としては、7施設目の導入となります。

ドライブシミュレーター① ドライブシミュレーター③

ドライブシミュレーター④ ドライブシミュレーター②

このシミュレーターを活用した自動車運転外来の概要です。

【自動車運転外来の対象となる方】
頭部外傷や脳卒中等の脳神経疾患と診断され、脳血管疾患等リハ
ビリテーションの対象である方、高次脳機能障害などにより自動車
運転に不安のある方。
※認知症・てんかんの方は対象外となります。

【診療日】
毎月第2・第4水曜日 午前10:00~11:00
※完全予約制で1日2名様までとなります。

【担当医師】
リハビリテーション専門医 鄭 偉(テイ イ)

【お問い合わせ窓口】
医療相談室(MSW)

当院における自動車運転外来は、医療の立場から運転に関して
のご助言をさせていただくものであり、運転再開のお約束をしたり、
安全な運転を保証するものではありません。

また、最終的な運転再開の判断は公安委員会において行われます。

診療情報提供書等、事前に必要となる書類もありますので、対象
の患者様がおりましたらまずはお気軽にお問い合わせください。

現段階ではお伝えしてきたような内容でドライブシミュレーターを
活用してまいりますが、今後は皆様のご意見やご要望をお聞き
しながら、違った側面での利用も検討できればと考えております。

ドライブシミュレーターの導入時には当院のスタッフが試運転を
する様子を見学しておりましたが、難易度やレベルの高いコース
になりますと、日頃運転していたとしてもなかなかの大変さです。

ハッ、とさせられる場面もあり、あらためて運転は慎重に、安全
第一が何より大切だなと感じさせられ、勉強になりました。

今後は当院内で開催するイベントの中で、見学会なども企画予定
ですので、その際にはぜひご参加いただければと思います。

自動車運転外来の詳細や評価の流れ、お問い合わせの連絡先等
につきましては、以下のご案内をご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

自動車運転外来  自動車運転外来2

...
カテゴリー: お知らせ |