地域医療連携室・医療相談室のblog

病院と周辺の紹介

ていぬくんの遊具。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、住宅街を車にて走行しておりましたら、公園の中にこんな
ものを発見いたしました。

ていぬくんブログ1

手稲区のマスコットキャラクター、「ていぬくん」の遊具です。

とても可愛いですよね。

反対側から見るとこんな感じです。

ていぬくんブログ2

違う色合いになっています。

こちらのアングルもまた可愛いものです。

よ~く見ますと、ていぬくんの顔には水滴がついているのですが、
これは暑くて汗をかいているわけではなく、もちろん冷や汗でも
ありません。

撮影の当日は雨でしたので、雨粒がついていたのです。

ていぬくんと言えば、これまでには当院に遊びに来てくれたこと
もありますし、佐藤は様々なグッズも持っており、ここ手稲区で
働く者としてはいつでもその動向が気になっております。

また、当院でも、ていぬくんのファンであることを公言している
スタッフは多いのです。

そんなわけで、雨の中ではありましたが、たまたま発見したこの
ていぬくん遊具にテンションが上がりまして、佐藤のスマホにて
撮影をしたのでした。

もともと、他の公園に「ていぬくんの車止め」があるということは
知っておりまして、当院の広報誌内でもご紹介させていただい
たことがあったのですが、遊具があることは初めて知りました。

もしかすると、現在はもっと色々な公園で、ていぬくんに関する
様々なものがあるのかもしれません。

先日のブログ、『手稲区30周年記念ロゴマーク』の中でご紹介
させていただきましたように、手稲区は今年の11月6日で誕生
から30周年を迎えます。

微力ではありますが、何か少しでもこの記念の年を盛り上げたり、
お力になれることはないものかと考えておりましたので、今回この
遊具を発見したことはちょうど良いタイミングでした。

地元のマスコットキャラクターの遊具で遊べる公園があるという
のは、とても素敵なことだと思います。

手稲区は、良い街です!!

と、やや強引であったかもしれませんが、佐藤はお仕事で手稲区
と深く携わる中で、本当にそう感じております。

ぜひ、皆様におかれましても手稲区やていぬくんに注目していた
だきまして、アニバーサリーイヤーを盛り上げていただけますと
大変幸いです。

なお、別の角度から撮影しましたら、こんな感じになりました。

ていぬくんブログ3

奥にある他の遊具がていぬくんの遊具に乗っているようにも見え
まして、こちらはこちらでとても可愛らしいのです。

写真ならではのおもしろさでもありますね。

皆様の中で、ていぬくんの遊具等が他にもあることをご存知の方
がおりましたら、ぜひ佐藤までご一報ください。

また、この遊具がどこの公園にあるのかを知りたいという場合に
は、佐藤までお気軽にご連絡いただければと思います。

ちなみに、この遊具は、上にまたがって前後にゆらゆらしながら
遊ぶものです。

佐藤的には、どんなものか試しに乗ってみたくて、ここでお伝え
することも考えるとどうしようかとかなり迷ったものの、小雨の
降る中でスーツの姿のオジサンが一人ゆらゆらしているのは
いかがなものかと思いまして、諦めました。

童心に帰り、共にゆらゆらしてくださる方がおりましたら、公園
までご案内いたしますので、お声かけください。

それでは。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

本日は写真祭り。~夏バージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

これまでのブログ内にて、『本日は写真祭り』『本日は写真祭り。
~外の様子バージョン~』
『本日は写真祭り。~秋バージョン~』
と題しまして、様々な写真をお届けしてきました。

本日はその続編としまして、夏バージョンをお送りしたいと思います。

なぜ冬バージョンはなかったのかという疑問はさておき、今回も前回
と前々回に続き、地域医療連携室のスタッフに写真の撮影を依頼して
おりまして、「何か面白いものを写してきて」とだけ伝えました。

佐藤自身も楽しみながら受け取った写真を掲載し、思うがままにコメ
ントを記していきたいと思いますのでどうぞお付き合いください。

ではご紹介します。

2019夏①

当院のすぐ裏を流れている川です。

実は、このブログを開始した2012年の5月、ほぼ同じアングルから
こちらの川をご紹介いたしました。

ぜひその当時の写真と見比べていただきたいのですが(『川』)、ほと
んど変わらないようで、やはり多少の変化はあるように感じます。

もちろん、その日の水量や天候なども影響するのでしょうが、そもそも
撮影しているカメラの性能も、当時のものと比べかなり高性能になって
いますし、撮影自体も2012年の時は佐藤でしたから、違うのです。

なんだか懐かしい気持ちになる反面、川の流れを見ながら時の流れを
しみじみと感じた佐藤でした。

2019夏②

同じく川です。

本日は川の特集ではないことをお伝えしておきます(笑)。

よく見ると、この川、なかなかの透明度なのです。

魚も釣れるようでして、先日、会議が始まる前にふと窓の外に目を向け
ましたら、釣竿や糸が見えまして、釣りをしている方がおりました。

どのような魚が釣れるのかはわからないのですが、リハビリの中に釣り
を取り入れることができればおもしろいのかもしれません。

2019夏③

花です。

鼻に課題を抱えている(鼻炎です)佐藤にとっては、花粉を放つもの
とは心の底からは仲良くはなれないのであり、花の名前は詳しくあり
ませんし、知ろうという興味にもつながりません。

よって、この花が何であるかはわからないのですが、気になるのは左
上部にある一本だけ飛び出た花です。

たまたまなのでしょうか。

反抗期なのでしょうか。

背伸びをしたいお年頃なのでしょうか。

花の世界にも色々な事情があるのかもしれません。

全ての花がまとまって咲いているのも綺麗なものですが、このような
咲き方をするのも、全体的に見れば楽しくもあります。

2019夏④

カボチャの花です。

鼻に課題を抱えている佐藤ですが、食べ物に関する花はわかるのです。

しかし話題にすべきはそのようなことではありません。

よ~く見ると、佐藤の最も苦手するあれが、写真の中にいます。

写真で見ているのでほのぼのとした気持ちで眺めていられますが、実際
に目の前に出現した際には医事課内の虫取り部隊をすぐに招集するか、
何も言わず、何も発せずにすぐ逃げることでしょう。

2019夏⑤

ここで問題です。

これは一体何でしょうか。

すぐにわかるという方もいらっしゃるかもしれません。

ヒントはこちらです。

2019夏⑥

写真の下部、やや右寄りにあるのが問題の写真に写っているものであり、
花は先ほどご紹介いたしました。

そうです、正解はカボチャの赤ちゃんなのです。

わかりにくい場合は、写真をクリックし、拡大してご覧ください。

こんなに小さな実から始まって、あんなに大きなカボチャになるというのは
すごいですよね。

当院の敷地内にあるものですので、ぜひご来院の際にお時間がある方は
ご覧いただければと思います。

ちなみに、本日はカボチャの特集ではありません。

2019夏⑦

カボチャの葉っぱです。

繰り返しますが、本日はカボチャの特集ではありません(笑)。

皆様にお聞きしたいのは、この写真の中心部分に注目してみると何か
に見えてきませんでしょうか、ということなのです。

佐藤的には、野球選手のように見えます。

最近よく目にする、フェイスガード付きのヘルメットをかぶった選手が
左上にある木のバットを持って構えているように見えるのです。

皆様にはどんなシーン、物や人に見えますでしょうか。

見る角度や意識をどこに置くかによって見えてくるものは違うかと思い
ますので、皆様なりの何かを感じましたら、ぜひお聞かせください。

2019夏⑧

花です。

やはり佐藤には名前はわかりません。

ただ、白い花の部分をなぞると、何かが出てきそうな気がするものです
から、試しにやってみました。

2019夏⑧-1

文字っぽいものが出てきました。

2019夏⑧-2

さらに浮かび上がってきます。

2019夏⑧-3

『サトウ』という文字になりました。

…認めます、

はい、全て都合の良いように、サトウという文字を導くべく、そのため
になぞりました。

まぁ、でも何でしょう、あらためて見てみると、赤い文字というのは何
ともよろしくなかったかな、と。

…。

……。

これ、ダイイングメッセージのようですよね…。

念のためにお伝えしておきますと、佐藤は無実です。

やっておりません。

2019夏⑨

トマトです。

まだ青いですね。

ここで問題その2です。

この写真を拡大してよ~く見ると、佐藤の苦手なあるものの痕跡があるの
ですが、皆様はわかりますでしょうか。

もしも発見した際には佐藤までご一報いただけましたら、先着3名様まで、
本当にささやかではありますが、プレゼントをお渡ししたいと思います。

2019夏⑩

ジャガイモ畑です。

もちろんこちらも当院の敷地内にあり、収穫したジャガイモは毎年恒例の
健康祭にてプレゼントしております。

現地で見てみると本当に緑が鮮やかであり、グッとしゃがみ込んで間近で
見てみると、思わず「ジャガイモ畑の絨毯や~」と叫びそうになります。

2019夏⑪

こちらはグミの実、でしょうか。

どうしてもグミと聞くとお菓子を想像してしまいます。

写真にあるグミが赤く熟したものを、本当に小さかった頃に食べた記憶が
あり、甘さがありつつもけっこうな渋味もあったような気がするのですが、
今となっては定かではありません。

やっぱりグミであれば「果汁グミ」か「ピュレグミ」でしょうか。

チョコレートなどに比べればヘルシーであり、今の佐藤にはもってこいの
お菓子ですから、皆様からの差し入れをぜひともお待ちしております。

2019夏⑫

ここで院内の写真となります。

写真にあるのは写真です。

わかりにくい表現になり、失礼いたしました。

写真の中にある写真は、当院のスタッフが撮影したものです。

外来ホールの廊下に掲示してあり、定期的に更新されております。

プロ級の腕前で撮影された写真達は、壮大な自然から身近な存在、そして
日々の生活の中での一コマまで、様々です。

ご来院された皆様の多くが写真の前で足を止めますし、患者様やご家族様
からも大変なご好評をいただいております。

ぜひ、ご来院された際にはご覧になってみてください。

2019夏⑬

ここ最近はご紹介していなかった、レントゲン検査の受付前です。

何とも可愛らしい装飾になっております。

特に佐藤的に注目しましたのは右側にあるクマの親子です。

最近、北海道ではクマがあちこちに現れて問題となっておりますが、実際
のところはクマはあえて悪さをしようとしているわけではありません。

この写真にあるように、親子仲良く暮らしている中で、色々と困ったこと
があり、民家の近くにきているだけなのだと思います。

クマが近くにいる生活というのは非常に恐ろしいものですが、何とか色々
な方々の知恵を結集して、良い解決策を実行していただきたいものです。

2019夏⑭

再び外に出まして、こちらは姫リンゴです。

まだまだ青い状態ですね。

この姫リンゴ、先ほどのクマの親子のようです。

お父さんとお母さんの間いるのが子どもの姫リンゴ。

そうなりますと、そっと後ろにいて静かに見守っているのはおじいちゃんや
おばあちゃんでしょうか。

さらに後ろにいるのはご親族、お友達、そして町内会の方々、というよう
に、姫リンゴ界における人間関係、いや姫リンゴ関係を想像してみました。

2019夏⑮

いかがでしょうか、この様子。

佐藤的には、この写真に写っているたくさんの竹の棒をくぐったり、左右
にかわしたり、跳び越えたりして敏捷性を養い、さらには作物を一切踏む
ことなく心と身体を鍛えるための場所、というものを想像してしまいます。

忍びの心ですね。

「伊賀」と「甲賀」に続く忍者の里、「金山」にて日々厳しい修行が行われ
ており、やがてここから一流の忍者が誕生するのです。

う~ん、

え~、

他に忍者ネタを考えてみましても、いまいち面白いことは出てきません。

次の写真にいきたいと思います。

忍!!

2019夏⑯

こちらも花ですね。

とても可愛らしい色合いですが、佐藤的に気になったのは写真右上にある
一本の棒です。

アンテナ、ですかね。

これそのものがラジコンであったら面白いのではないでしょうか。

メルヘンチックなラジコンではありますが、コーナリングに失敗して転倒
した際には土がこぼれ花も傷ついてしまうかもしれないというスリリング
さも持ち合わせています。

色々な花のラジコンでレースをすれば、優しい気持ちになれそうですね。

2019夏⑰

これは~、何なのでしょうか。

本当にわかりません。

見た瞬間にぱっと思い浮かんだのは「アルマジロ」という言葉なのですが、
もちろんそんなわけはなく、謎のままです。

これはやがて花が咲いたり実がなるのでしょうか。

ずぼっと引き抜いたらパイナップルだった、ということもまずないでしょうし、
どなたかこの植物の正体をご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えて
いただければと思います。

2019夏⑱

木、ですね。

写真の奥に写っていますのが先ほどご紹介した忍者の里での訓練場所です
が、この倒木の上をぴょんぴょんと跳びはねて移動しながら、見習い忍者が
バランス感覚を養うのでしょうか。

…。

……。

忍!!

ちなみに、こんな加工をしてみました。

2019夏⑱ (2)

いかがでしょうか。

これまでのブログの中では一度も使ったことのない、モノクロ加工です。

おもしろいもので、こうしますと急にアート感が漂い始めます。

詩を載せても似合いそうな雰囲気でもありますが、ここで安易にポエム
を掲載してしまいますと、佐藤を見かけた皆様より「ぷぷっ」と笑われて
しまいそうですので、やめておきます。

モノクロ写真に合わせたポエムをぜひ、というご意見ご要望ががもしも
ありましたら、お聞かせください。

2019夏⑲

サボテンですね。

これまでの写真祭りでもご紹介したことがあります。

真ん中にあるサボテンと、すぐその隣にある僅かに写っているサボテン
だけが色合いが違いますので、種類も違うのでしょうか。

周りのサボテン達が、ボディガードとして真ん中にいるサボテンを護衛
しているようにも見えてきます。

あるいは、地面の中から出てきた指、のようにも見えます。

が、それはちょっと怖いですね…。

何か楽しいものでいきますと、手稲区のマスコットキャラクターである
『ていぬくん』のサボテンバージョンなどがあるといいなと思います。

あとは~、そうですね、

え~と、

このサボテン達のトゲトゲを避けるようにして、素早く手を出し入れ
することが訓練になり、

それが敏捷性を鍛えると共に心の鍛錬にもなって、

耐え忍ぶ心、つまりは忍耐力を身につけることが忍びとしての役目…、

忍!!

2019夏⑳

いよいよラストの写真です。

バス停への道を示した看板となっております。

ただ、この看板、今となっては誰が設置したのかもわかりません。

本来であれば、最寄りのバス亭までは当院の正門を出てぐるりと回り道
をしなければいけないのですが、この看板の示す通りに行きますと、坂
ではあるものの近道なのです。

しかしこの看板、よ~く見てみますと、『停』の字が間違っているものと
思われます。

また、隣にある青い棒、これが一体何なのかは謎です。

修行に使うものではないかと思いますので、かつては何かのために使用
されていたのだと思いますが、今となってはわかりません。

少しわかりにくいかもしれませんが、実はこの写真、両サイド、特に右
側のピントがずれ気味なのものですから、何かぼわっと、ぼわわ~っと、

いえ、ぶお~っと、ぶおお~っ、という感じで、スピード感のある一枚に
仕上がっているのです。

文章で表現するのは大変難しいのですが、佐藤的感性だけでいきますと、

バス停、

ではなく、

バス停!

でもなく、

バス停!!シュピーーン!!

という感じに見えてきます。

看板の示す方に向かって疾走している感じですね。

まぁ、正確には『バス停』ではなく『バス停  行』ですが。

この『行』の控え目さ加減が何とも良い雰囲気でもあります。

JRバスをご利用して当院にご来院された際に、近道をとお考えの方が
いらっしゃいましたらぜひこの看板にもご注目ください。

と、いうことで、夏バージョンの写真をご紹介いたしましたが、楽しんで
いただけましたでしょうか。

気付けば、今回は写真祭り史上最大の写真枚数となりました。

皆様よりご好評いただきましたら、今後はまた違うバージョンでの開催
を考えておりますので、ぜひ感想をお聞かせください。

撮影を行った地域医療連携室のスタッフとお会いする機会がもしもあり
ましたら、写真の意図など、お気軽にご質問いただければと思います。

次回の写真祭りでお会いしましょう。

それでは。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

本日は写真祭り。~秋バージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

基本的に文字の多いこちらのブログですが、時にたくさんの写真を掲載
しようと思い立つことがあります。

今年の夏には、『本日は写真祭り。~外の様子バージョン~』と題しまして、
様々な写真をご紹介しました。

本日はその続編としまして、秋バージョンをお送りしたいと思います。

前回とは別の地域医療連携室スタッフに写真を依頼し、「院内外で秋っぽい
もの、おもしろそうなものを色々撮影してきてほしい」とだけ伝えました。

今回も佐藤自身楽しみながら、受け取った写真を掲載していきますので
どうぞお付き合いください。

ではご紹介します。

2018の秋1

イチョウの葉の絨毯です。

まさに秋っぽいですね。

実は、この写真の中のどこかに佐藤が隠れておりまして、見つけること
ができた皆様にはポイントを差し上げます…、

というのは冗談でして、どこにも佐藤はおりません。

昔、テレビ番組でそんなコーナーがあったなぁと懐かしく思いました。

できることならば全身タイツにイチョウの葉をたくさん付け、顔も黄色く
した佐藤が、がさーっと葉っぱをかき分けて地面から登場するということ
をやってみたかったのです。

2018の秋2

当院の敷地から見える川です。

まだ緑も残るものの、木々には秋らしさが感じられます。

パッと見て気付いたのですが、川の曲がり具合が英語のSに思えてくる
のは佐藤だけでしょうか。

佐藤のS、とも思えますし、何と今回の撮影を行った地域医療連携室の
スタッフもイニシャルはSなのです。

もしもそれを意識してこの写真を撮影したのだとすれば、天才ですね。

2018の秋6

どんぐりと落ち葉です。

こちらもまさに秋らしいですね。

どんぐりは一見すると栗のようで美味しそうにも見えますが、ほとんどの
ものはアクや苦味が強く、食用には不向きとされます。

どんぐりと言えば、佐藤的にはどんぐりを食べて育ったイベリコ豚です。

イベリコ豚と言えば生ハムでして、そう、ハム類の中でも特に佐藤の好き
な部類に入る…、

…これ以上続けると先日のハムハムハムのブログと同様になってしまい
ますので、この辺でやめたいと思います。

他にどんぐりと言えば、ちくわパンですかね。

2018の秋8

続いては院内の写真です。

折り紙を使って作られたイチョウやモミジなどの貼り絵ですが、とても
きれいで、味がありますね。

写真にあるような貼り絵を見ていると、「ぼ、僕は、お、おむすびが食べ
たいんだな」というセリフと「ランニングシャツ」が思い浮かぶのは佐藤
だけでしょうか。

若い方には伝わらないのかもしれませんね…。

佐藤バージョンでいくならば、

「今、このブログを書いている今、佐藤はハンバーガーとポテトが食べたい
んだな。そしてドリンクはコーラにしたいんだな。でも、それらを食べ飲みし
ちゃうと、また太るから悩むんだけど、サイドをサラダにするくらいなら、最初
から食べない方がいいんだな」

ということになります。

クーポンの有無というより、新商品があるかないかより、今はカロリーが
何より問題です。

話しがずれましたが、佐藤は絵心がありませんので、素晴らしい芸術作品
を作り出せる方々は、本当にうらやましいなと思います。

2018の秋9

写真はナースステーションのカウンター部分のものです。

これを使用前とすると、使用後は以下のようになります。

2018の秋10

動物達が秋モードになりました。

ほとんどの動物たちは可愛らしく、暖かそうですが、写真左側のライオン
については帽子をかぶりきれておりません(笑)。

そして、左下のうさぎにおいては、帽子をかぶるというより、背中の上に
乗ってしまっています(笑)。

でも、心温まるシーンかとも思いますので、病棟に訪れた際にはぜひご覧
になってみてください。

2018の秋7

当院の会議室から見える風景です。

少し前までは紅葉がきれいだったのですが、かなり散ってしまいました。

佐藤がこの風景を見るたびに、いつも思うことがあります。

それは、「温泉の露天風呂から見る景色みたいだな…」ということです。

当院の敷地はかつて温泉だったという歴史がありますので、あながち
間違いではないのですが、今のこの時代には当時の面影はありません。

今も温泉があれば、「金山ソフトクリーム」や、「金山クラフトビール」や、
「イムスまんじゅう」なるものを開発して、佐藤自身も楽しめていいのに
なぁ、と思いました。

足湯に浸かりながらのお仕事、なんて憧れます。

まぁ、湿気がひどいことになりそうですが…。

2018の秋3

再び外に出まして、こちらは当院のすぐ近くにある「星置の滝」の案内板、
と撮影したスタッフの指です。

この指が意図的に入れたものなのか、入ってしまったものなのか、それは
わかりません。

ただ、そもそも、秋っぽいものではないです(笑)。

でもせっかくなのでこの続きもご紹介します。

2018の秋4

看板に従って歩くと、写真のような道が出てくるのです。

佐藤も以前、星置の滝に行くために通ったことがあります。

そして、星置の滝はこれです。

2018の秋5

いかがでしょうか。

結構な高さがありますし、水の量、勢いもなかなかです。

国道5号線から少し山に向かって上がり、そして脇にいくらかそれて入って
いくだけでこのような自然をごく身近に感じられるというのは、札幌の素晴
らしいところなのではないかと思います。

佐藤は夏の星置の滝しか見たことがなかったものの、秋の滝もどこか神秘
的であり、また実際に見に行きたいなと感じました。

ちなみに、滝に打たれる滝行を1度は体験してみたいなと思うこともあるの
ですが、佐藤は水泳(特に息継ぎ)を苦手としておりますので、絶対にずれ
ない水中メガネと酸素ボンベがなければ難しそうです。

どなたか、相当緩めの滝をご存知の方や、強めな打たせ湯がある温泉など
を知っているという方がおりましたら、ぜひご一報いただければと思います。

2018の秋11

当院の敷地内で育てている大根です。

実は、正直なところ、この写真をご紹介するかどうかはかなり悩みました。

いえ、これは、紛れもなく大根ですので、それ自体は何ら問題はないのです。

ただ、ただしです。

写真の中心からやや右にある大根、こちらにご注目ください。

これは、何と言いますか、一体なぜこのような形に育ってしまったのだろ
うか…、と思わざるを得ません。

繰り返しますが、これは大根です。

深い意味はございませんが、その大根が何に見えてくるのか、ということに
つきましては、皆様のご想像にお任せいたします。

ありのままを綴る、それもまたこのブログですので、これまで継続してきた
ことを貫き、ご紹介いたしました。

ちなみに、唐突ではありますが、当院のPRを一つ。

昨年より、泌尿器科外来を開始しておりますので、詳細はホームページ内の
ご案内を閲覧いただき、気になる症状がある際にはどうぞご受診ください。

この大根は、自然が作り出したアート、なのかもしれません。

2018の秋12

当院の正門です。

写真中央の奥に、黄色の木があるのを確認できますでしょうか。

佐藤は、毎日の通勤時にこの正門から敷地内に入りますので、写真にある
景色が見えてくるのです。

もう少し近づいてみます。

2018の秋13

こんな感じです。

さらに近づきます。

2018の秋14

そうです、これはイチョウの木なのです。

グッと近くに寄ってみます。

2018の秋15

素晴らしい色ですよね。

佐藤が当院の敷地内で最も秋を感じ、一番好きなのはこのイチョウの木で
あり、日々鮮やかになっていく様子を楽しみにしております。

夏が終わり、秋になり、その秋も深まって寒くなる中で、数少ない楽しみ
の一つと言えるかもしれません。

秋という季節は、何とも言えない寂しさを感じることもありますが、この
イチョウの木の色や、華やかに葉を披露している様子を見ていると元気
をもらえますし、気持ちも軽くなります。

別の角度からもご覧ください。

2018の秋16

こちら側から見ても、やっぱりきれいです。

左右にも木があるのがおわかりいただけるかと思いますが、ちょうど背の
順に並んでおります。

せっかくならばもう2~3本くらいの木が追加で背の順に並び、

先頭の木が右の枝を小さく回しながら木全体で回り始め、

少しの時間差ですぐ後ろの次の高さの木が同じく右の枝を小さく回しつつ
木全体で回り、

以下同様に前の木を追いかけるようにして次々と回り始めれば、ダンス&
ボーカルグループのあのダンスのようで実に楽しいのですが、そのような
ことはさすがに現実的ではありません。

しかし、リクエストさえいただけましたら、そして何名かの皆様がご一緒
していただけるのであれば、鮮やかに色づくこのイチョウの木の下で佐藤
が先頭となり、グルグルと回るダンスをしたいと思いますので、お気軽に
お声かけください。

と、いうことで、秋バージョン(一部関係ないものもありましたが…)の
写真をご紹介してきましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。

皆様よりご好評をいただけましたら、冬バージョンも開催したいと考えて
おりますので、ぜひ感想をお聞かせください。

実際に撮影を行った地域医療連携室のスタッフとお会いする機会がもしも
ありましたら、写真の意図など、お気軽にご質問いただければと思います。

次回の写真祭りがありましたら、その際はどうぞお付き合いください。

それでは。

 

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

レントゲン検査の受付前。~過ぎた十五夜~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

久々にレントゲン検査の受付前をご紹介したいと思います。

2018の十五夜1 2018の十五夜2

いかがでしょうか。

十五夜バージョンになっております。

が、とっくに今年の十五夜は過ぎてしまいました。

ご紹介するのが遅くなってしまったなぁ、タイムリーではないものの、この
レイアウトの写真をせっかくだからご紹介したいなぁ、と考えていたところ、
佐藤はあることを思いつきました。

写真の場所をもう少し近くで見てみますと、トンボや満月の他に、うさぎ達
とお供えの月見団子、そしてススキがありますので、これらを自由に使って
みようと考えたのです。

では、ご覧ください。

 

 

2018の十五夜3

 

2018の十五夜4

 

2018の十五夜5

 

2018の十五夜6

 

2018の十五夜7

 

2018の十五夜8

 

2018の十五夜9

 

2018の十五夜10

 

2018の十五夜11

 

2018の十五夜12

 

2018の十五夜13

 

2018の十五夜14

 

2018の十五夜15

 

2018の十五夜16

幾分シュールな仕上がりとなってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

十五夜の時期からずれてしまったものの、何とかこのレイアウトやスタッフ手作りの
作品達をご紹介したいとの思いと共に、普段は文章量が多いこちらのブログですが、
今回は解説を少なくし写真メインで語るというチャレンジでした。

実際のレントゲン検査の受付前では、すでに十五夜に関する飾り付けは片付けて
しまいましたが、また新しいレイアウトがスタートいたしますので、ご来院の際には
ぜひご覧ください。

それでは。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

本日は写真祭り。~外の様子バージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

※本日は佐藤不在のため、予約投稿によるブログとなっております。

これまでにこちらのブログをご覧いただいている皆様はご存知かと思いますが、
基本的にこのブログは文章が多いです。

ブログを始めた頃はごく短い文章のものだったのですが、そのうちに段々と
長くなってきてしまい、現在に至ります。

写真をもっとたくさん掲載しようかと考えたこともあるのですが、今のところ、
現在のスタイルにて皆様より大変なご好評をいただいていることから、その
まま継続している状況なのです。

しかし、やはり時には画像があった方がブログも華やかになりますし、写真で
見ていただくことでよりわかりやすくなるものもあります。

気付けば、最近はあまり写真を掲載していなかったな、と思った佐藤は、以前
のブログ『本日は写真祭り』のように写真をたくさん載せたブログをそろそろ
書こう、と思い立ちました。

そこで、本日は写真祭りの別バージョンとしまして、当院敷地内の外の様子を
写真でお届けしたいと思います。

なお、写真の撮影につきましては、全て先日入職いたしました地域医療連携室
のスタッフに依頼したのですが、具体的な指示等は何も出しておりません。

「外に出て、敷地内にあるおもしろそうなものを色々撮影してきてほしい」、と
だけ伝えました。

佐藤自身も、一体何が撮影されるのだろうと楽しみにしつつ受け取った写真を
どんどん掲載していきますので、皆様もぜひお付き合いください。

ではご紹介します。

敷地内サボテン

サボテンです。

正面玄関周辺にて育てられております。

写真祭りのスタートにふさわしく、サボテン祭りと言えるのではないでしょうか。

小さなものなので可愛らしいのですが、トゲはやはり痛そうです。

トゲも何もなければ、特に写真左上にあるサボテンなどは腰を押してマッサージ
をするのにも良さそうな形状と数ではあります。

敷地内ピーマン

ピーマンです。

敷地内の菜園で作っております。

色も濃く、光沢があって良い出来と言えるのではないでしょうか。

もしも佐藤が芸能人であれば、このピーマンを生のままガブリと食べて、「あ、
甘っ!めっちゃ甘いですよこれ!果物みたいです!」と言うのだと思います。

また、佐藤が夕方の道産子に向けた情報番組の現地リポーターであれば、
このピーマンをその場で食べながら、

「全く青臭さはないですし、これならピーマンを苦手とするお子さんでも食べる
ことができるのではないでしょうか。今日はこの後のお料理コーナーでもピーマン
を使った簡単アイディアレシピをご紹介しますので、お母さん達は注目ですよ~」
と言うのだと思います。

敷地内ベンチ

ベンチです。

敷地内を患者様がリハビリで歩かれたり、来院されたご家族が菜園をご覧に
なった後などに休憩で使われております。

よく見てみますと、ベンチはよいとして、その後ろにあるブロック、これは一体
何なのでしょうか。

ベンチが置いてある場所は通路でも何でもないにもかかわらず、なぜか舗装
されております。

もともとはベンチも何も置いていなかった場所なだけに、どうしてこの部分
も舗装になっているのか、後ろに配置されているブロックと何か関係がある
のか、全くの謎です。

気になる方はぜひ現地をご覧になって、この部分の舗装とブロックが持つ
意味は何なのか、謎を解いてみていただければと思います。

敷地内のかぼちゃ

カボチャです。

まだ先ですが、今年のハロウィンはブログ内でご案内する簡単なイベントを
何にしようかなぁ、とふと思いました。

なんとな~く、ですが、かたつむりが左側を向いているようにも見えてきます。
(黄色の花が頭の部分、カボチャ自体が殻です)

敷地内の消火栓

消火栓です。

いえ、古びた消火栓です。

これは~、地域医療連携室のスタッフから写真データを受け取った際にもこの
色味などに驚いたのですが、現役の物なのかどうかはわかりません。

おそらくは違うのだと思いますが、何と言いますか、なぜか放っておけない
雰囲気を醸し出しているように感じるのです。

錆びつき具合といい、ぶら下がっているキャップの重厚感といい、古びている
にもかかわらず、存在感すら漂っているように思えるのは佐藤だけでしょうか。

きっと、ドラクエなどのゲームであれば、この場所が未知なる世界に向かうため
に重要な意味を持っていて、あるアイテムを手に入れてキャップのところに取り
付けることで消火栓がまばゆい光を放ち、やがて金山色、すなわちゴールドに
輝き、水が溢れてきて、山を下って海に向かい、船が出現するのだと思います。

敷地内のひめりんご

姫リンゴです。

一瞬、梅の実かとも思ったのですが、姫リンゴです。

毎年たくさんの実をつけており、真っ赤になったものを食べてみたこともあるの
ですが、かなり酸っぱく、休憩中に少しもいで食べようかな、とはなりません。

今はまだ写真でご覧いただいている通りの色ですが、ぜひ敷地内で見かけた際
にはその色の変化にも注目していただければと思います。

敷地内胃

胃です。

どなたかの忘れ物のようです。

…と、もちろんそんなはずもなく、何とこれは当院の外来診察室にある胃の模型
を外からすりガラス越しに撮影したものになります。

まさか外での撮影でこの写真に辿り着くとは思いませんでしたので、驚きました。

そう言えば実物を目の前で見るとどうなっているのかな、と気になった佐藤は
診察室に行って反対側を見てきたのですが、えぇ、何と言いましょうか、そう
ですね…、それなりにリアリティのある断面の模型になっておりましたので、
すりガラス越しの写真で正解だったのだと思います。

当院の外来師長にこのブログでご紹介することをお伝えしましたら、「まだ他
にも色々ありますよ」とのことで、骨やら何やらが出てきまして、胃の横に脊椎
の模型が追加になりました。

ちなみに、胃の模型のすぐ左にぼんやりとした人影が写っておりますが、これは
何かコワイお話しでも何でもなく、胃の持ち主でもなく、佐藤が窓の向こう側で
監修していたわけでもなく、写真撮影を行った地域医療連携室のスタッフです。

敷地内の果実使用後

グズベリーです。おそらく。

もしも間違っていたら申し訳ありません。

当院のスタッフである私自身ですらも、敷地内には本当にたくさんの植物がある
なぁ、と感心してしまいます。

こちらのグズベリーを撮影した写真は2枚ありまして、もう1枚の方はピントが
合わずぼやけていたり、少し暗めだったためこの写真を採用いたしました。

しかし、せっかくなので何らかの形でもう1枚の写真も活用できないものかと
考えたのです。

まずは不採用予定であった写真をご覧ください。

敷地内の果実使用前

どうでしょうか。

ほぼ同じアングルですが、果実がぼやけており、尚且つ写真自体も暗いです。

これを佐藤的ブログで活用するのであれば、以下のようになります。

敷地内の果実使用前
使用前

敷地内の果実使用後
使用後

司会:「このメガネをかけただけで、こんなにクリアになっちゃうんです。ゲスト
の佐藤さん、かけ心地はどうですか?」

佐藤:「いや~、これはすごい。まるで果実の中の種まで見えるようですよ!」

司会:「なんとこのメガネにオリジナルケースをお付けしたものが、これからの
1時間のみ、200セット限定で特別割引にてご購入いただけます。早速ですが
次々とご注文をいただいておりますね。ありがとうございます」

佐藤:「これだけ視界がクリアで明るく見えると、外出も普段の生活も楽しくて
しょうがないね。金山の坂もどんどん元気に駆け上がっちゃうよ」

司会「さらにご注文をいただいております。ありがとうございます。残りが60
セットになりました。今だけの特別価格でのご提供になります。テレビをご覧の
皆様、ぜひこの機会をお見逃しなく。さて、ここで実際のご購入者の皆様の様子
をご覧いただきたいと思います」

テロップ:『※使用されている方の個人的な感想です』

と、いうことで、テレビショッピング風に活用してみました。

敷地内側溝

側溝です。

手前にある草と花が側溝の中を疾走して行きそうですね。

たまに子どもの頃を思い出して、ラジコンなどを操作したくなります。

ドローンも使ってみたいものです。

写真にある遊歩道、愛称は『ひだまりの小径』を歩かれる際などはどうぞ側溝
にご注意ください。

と、打とうとしましたら、最初は「速攻にご注意ください」になっておりました。

バスケですね。

敷地内トマト

トマトです。

赤く熟してすでに収穫されたものもたくさんあるかと思いますが、写真のトマト
はまだまだ青いままですね。

写真についてのコメントとしましては~、

え~、

う~む、

何かおもしろいこと~、

ではなくて何かためになること~、もないし、

よし!

トマトとモッツァレラチーズとバジルソースでカプレーゼが食べたい!

以上です。

敷地内木

木です。

葉も何もない木です。

よく見ますと、左側にも小さめの枝がありまして、両腕を空に向かって掲げて
いるようにも見えます。

皆さんからちょっとずつ元気を分けてもらっているのでしょうか。

元気玉、ですかね。

敷地内のパイプ

う~ん…、これは…、何でしょうか。

注目すべきは写真の真ん中辺りにあるパイプですね。

まぁ、パイプなのかどうかもわからないのですが…。

これが何なのか、思いつく限りで佐藤的候補を挙げてみます。

①金山の夜空に大輪の花を咲かせる打ち上げ花火用の筒。

②敷地内の野菜を狙う野生動物を追い払うための空砲。

③マジックをした後に世界中の国旗が飛び出てくるためのパイプ。

④古びた消火栓にアイテムを装着した後、船が出現する際に水が出てくる
ためのもの。

⑤すっごく巨大な人が落としていったタバコ。

⑥忍者が地中に隠れていて、スーハースーハー息をしている。

⑦伝説の剣が埋まっていて、勇者だけが引き抜くことができる。

⑧ものすんごく長い物で、反対側も土から飛び出ており、お~い!と叫ぶと
誰かがHello!と応えてくれて会話ができる。

⑨実はパイプではなくトリックアートだった。

⑩えいっ!と叩いて押し込むと、他の場所からまた出てきて、さらに叩くと
また別の場所から出てきて、それを繰り返しハイスコアを競う。

などなど、考えれば次々に出てくるのですが、キリがないのでこの辺りで
やめておきます。

佐藤自身は近くで確認していないため、詳しい形状などはわからないのですが、
もしも⑤であったなら当院は敷地内全面禁煙ですので注意をさせていただかな
ければなりませんし、⑦だとすれば抜けるかどうかをぜひチャレンジしたいと
思いますし、⑨だとしたら本当にびっくりです。

と、いうことで、様々な写真をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

気付けば結構な長さのブログになってしまいました…。

当院の敷地内ではご紹介した写真のシーンや野菜などがありますので、ご来院
の際には気になった場所などぜひご覧ください。

また、実際の撮影を行った地域医療連携室のスタッフとお会いする機会があり
ましたら、どのようなテーマで写真を撮ったのかなど、お気軽にご質問いただけ
ればと思います。

次回の写真祭りの際も、どうぞお付き合いください。

それでは。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

花&花。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は当院の敷地内にある花をご紹介いたします。

では、早速ご覧ください。

花ブログ2 花ブログ1

花ブログ4 花ブログ7

花ブログ6 花ブログ3

花ブログ8 花ブログ9

花ブログ10 花ブログ5

いかがでしょうか。

当院の敷地内にはたくさんの草木があり、菜園と共にスタッフが管理している花も
あれば、自然に任せたまま咲いている花もあります。

患者様やご家族様、地域の皆様より大変なご好評をいただいており、このような
環境や自然は当院の特長の一つです。

作ろうと思っても、簡単には作ることができない環境もあるかと思いますので、現在
のこの状態をしっかり維持していかなければと考えております。

本日は色々な花をご紹介し、また敷地内にはこれら以外の花も咲いているものの、
佐藤にはほとんどが名前も、特徴もわかりません。

さすがにチューリップやタンポポ、桜などはわかりますが、それ以外については
ぽかーんという状況でして、名前の想像すらつかないのです。

佐藤は鼻炎持ちということもありますので、知らず知らずのうちに花を遠ざけて
いたのかもしれません。

よって、誰かに真っ赤なバラの花束をプレゼントした(その時の服装は真っ白な
スーツ)ということはこれまでに一度もありませんし、

一輪の花を口にくわえて手を叩き、ステップを踏む、ということもありませんし、

花びらを一枚ずつ取りながら、「好き、嫌い、好き、嫌い、好き…」とすることなども
もちろんありませんでしたし、

花をたくさんお風呂に浮かべながら半身浴をし、ハーブティーをいただく、などと
いう経験も当然ながらないのです。

しかし、そんな佐藤ではありますが、花を見てキレイだなぁ、と思う気持ちはあり
ますし、自然とこのような色になったり、色々な形になるというのはすごいなぁと
思うことはよくあります。

今回ご紹介した写真は、全て地域医療連携室のスタッフが敷地内を歩いて撮影
してくれたのですが、佐藤が気付かなかった花もありましたので、ぜひお昼休み
にでも見てみようかと考えているところです。(念のため、マスク着用で)

私佐藤が直接花達のお世話をするということはないのですが、こうしてブログ
の中でご紹介することにより、多くの皆様が花を見に来てくださって癒しにつな
がったり、楽しんでいただけますと大変幸いですし、皆様からの声があると花を
育てているスタッフにとっても励みになることと思います。

季節により、敷地内の花や草木はその姿を変えますので、ご来院された際には
お気軽に様々な場所をご覧ください。

花の名前や特徴など詳しい方がいらっしゃいましたら、佐藤を見かけた時には
ぜひ教えていただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

レントゲン検査の受付前。~ひなまつりバージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

久々にレントゲン検査の受付前をご紹介いたします。

現在はひなまつりバージョンです。

ひなまつり2018の1 ひなまつり2018の2

ひなまつり2018の3 ひなまつり2018の4

実はひなまつりバージョンになる前にも、検査科スタッフの手作りによる
色々な飾り付けが行われていたのですが、なかなかタイミングが合わず、
ご紹介できずにおりました…。

明日はひなまつりということで、このタイミングを逃すわけにはいきます
まい、と思い、本日のご紹介につながっております。

ひなまつり、と言いましても、佐藤的に特別な何かをするわけではない
ものの、「まつり」がついている日であるからには、何らかのお祭り感を
出したいところでもあるのです。

しかし、考えてみましても、やはり浮かんでくるのはいつもの佐藤的思考
によるものばかりで、食に関することだらけになってしまいます。

他にはないものかなぁ、と考えてみましたら、あることが思い出されました。

それは、昨年のひなまつりに、あるスーパーに行った時のことです。

野菜売り場のところで、誰しもがよく知るひなまつりの歌が流れていました。

「あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪」のあの有名な歌です。

ひなまつりだなぁ、と思いつつ歩いていたのですが、その後に魚売り場の
ところにいきますと、また別の音響機材から同じ歌が流れておりました。

さらに、肉売り場に行きますとまた別の機材から同じ歌が別のタイミング
で流れているのです。

その後、お惣菜コーナーやドリンクコーナーや、もちろんひなまつりの
特設コーナーでもまた同様で、あちこちで、タイミングは微妙にずれて
歌が流れていたのでした。

よって、佐藤が店内をあちこち歩いていると、

「あかりをつけましょ ぼんぼりに~」

「ぼんぼりに~」

「あかりをつけましょ」

「つけましょ ぼんぼりに~」

「あかりを」

「をつけましょ」

「ぼりに~」

「あかり」

「ぼんぼりに~」

という具合でして、佐藤的には、「これはひなまつりの歌祭りだな…」と
思ったのです。

まぁ、この記憶がお祭り感を出すことにつながったかと言えばそうでも
ないのだとは思いますが、食べ物に関する連想などのみで終わることの
ないよう、綴ってみました。

ところで、「ぼんぼり」は漢字だと「雪洞」と書くそうです。

何か、雪という文字があると急に親近感が出てくるような気がします。

そんな雪の季節もあと僅かながら、昨日、そして今日は大荒れの天候です。

ぜひ、皆様には安全面に十分注意していただき、そして明日のひなまつり
本番は穏やかな天候になることを願っております。

本日はレントゲン検査の受付前のご紹介でしたが、いつものブログのような
記事になってしまいました。

なお、写真のすぐ横にある掲示板では、様々なお知らせや当院のパンフレット、
無料送迎バスの時刻表、広報誌なども設置しておりますので、どうぞご自由に
お持ちください。

全ての女の子達の健やかな成長を願いつつ、本日のブログを締めたいと思います。

皆様、良いひなまつりをお過ごしください。

それでは。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

レントゲン検査の受付前とその背後~ハロウィンと秋モード~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ブログ内のご紹介が恒例となっております、レントゲン検査の受付前ですが、
現在はハロウィンモードになっております。

ハロウィン2017ブログ1 ハロウィン2017ブログ2

大きなイベントとして年々その規模も拡大しているハロウィンですので、
今時期は街中のあちこちでもデコレーションを見かけますし、院内にこの
ような飾りがあることもごく自然に思えるほどになりました。

これらの飾りはいつもと同様、当院の検査科スタッフによる手作りです。

よ~く見ていただきますと色々なものがありまして、写真を拡大してみると、

ハロウィン2017ブログ3

ハロウィン2017ブログ7

と、いう感じで、「な、なぜ!?」と思われるものもあるかもしれませんが、
皆様それぞれに想像を膨らませて楽しんでいただければと思います。
(パンダの赤ちゃんには名札が付いております)

そして、今回はタイトルにもありますように、こちらの検査受付前の飾りを
ご覧になりましたら、ぜひその背後、斜め後ろを見ていただきたいのです。

そこには、以前に『レントゲン検査の受付前。~新境地~』でご紹介した
ニワトリやヒヨコの他、リスやトンボ達がおります。

ハロウィン2017ブログ4

ハロウィン2017ブログ5

ハロウィン2017ブログ6

特にこのトンボは秀逸でして、微妙に大きさや高さが変えてあり、また、風に
揺れるその様子はまさに空を飛んでいるようでもあるのです。

ここ最近の北海道では、もはや秋と言うよりも冬に近いほどの気温の低さに
なっております。

場所によっては積雪もあったほどですが、今はまだ秋、そう、秋なのです。

今年の夏の終わりは比較的素直に認めた佐藤ではありますが、秋から冬と
いう最後の砦だけはそう簡単に認めるわけにはいきません。

夜に外に出た際などは「寒っ」、「うわっ寒い」、「あぁ~、寒い」などを連呼して
いる佐藤ですが、まだ、今はまだ秋です。

そんなわけで、皆様、ご来院の際にはレントゲン検査の受付前、とその背後を
ぜひご覧いただき、秋を感じながら少しでも和んでいただければと思います。

なお、こちらのすぐ横にある掲示板では、様々なお知らせと共にパンフレットや
無料送迎バスの時刻表、広報誌なども設置しておりますので、どうぞご自由に
お好きな部数をお持ちください。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

給茶機と新しい休憩スペース。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、当院の外来ホールに給茶機を設置いたしました。

給茶機ブログ1 給茶機ブログ2

給茶機は「緑茶」と「ほうじ茶」、それぞれがホットとコールドで飲める他、
「水」と「お湯」も出る設定になっております。

紙コップを給茶機の横に設置しておりますので、そちらを取り出し、どうぞ
ご自由にお飲みください。

また、写真にありますように、外来ホールの一部分を改装し、開放的な休憩
スペースといたしました。

外来を受診された際や、お見舞いでご来院された時など、給茶機のお茶を
飲みながらゆっくりと休んでいただければと思います。

私も設置時に試飲してみたのですが、どちらかと言うとコールドよりはホット
の方が個人的にはおすすめです。

これから秋が来て肌寒くなる季節になってくると、温かい飲み物が美味しく感じ
られるようになってきますので、より活躍してくれるのではと考えております。

ちなみに、こちらの写真を地域医療連携室のスタッフが撮影した際、近くに
医療相談室のMSWがいたため、写真に納まってもらいました。

給茶機ブログ5

新しい休憩スペースについて感想を聞いてみましたところ、

給茶機6

「すごく眺めがいいです!!」とのこと。

確かに外の緑もとてもきれいに見えますし、バスやタクシーなどを待つ際にも
敷地内に入ってくる様子をしっかり確認できます。

また、これまでよりも開放的になったことや、設置したイスやテーブルの色味
もあって、非常に明るく感じられるのではないでしょうか。

この場所にて給茶機からのお茶を飲みつつ休んでいただき、少しでも、皆様
にとっての癒しの空間と感じていただけましたら幸いです。

これまでにご紹介してきた『イムスカフェ』もそうですが、これからも当院は
今回のようなリニューアルや取り組みを行うなどして、患者様やご家族様、
地域住民の皆様にとって身近な存在でありたいと考えております。

新しい休憩スペースや給茶機の使用に関し、ご意見、ご感想等がありましたら
お気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

レントゲン検査の受付前。~アイスのバージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

お盆期間真っ只中、ですね。

当院にも夏休み中のお子さん達などと共に、ご家族でお見舞いに来られる方
が多くいらっしゃいます。

佐藤は先日すでに夏休みとして休暇をいただきましたので、あとはそこで得た
元気と過剰な栄養と脂肪と共に、しっかり集中して業務に励むのみなのです。

まだまだ暑い日が続きますので、本日はいくらかでも涼しげなブログにできれば
なと考えていたところ、レントゲン検査の受付前が楽しいことになっておりました
のでご紹介いたします。

写真をご覧ください。

レントゲン室前アイス1 レントゲン室前アイス2

いかがでしょうか。

少し窓のところをアップにしてみますと、

レントゲン室前アイス3

このように夏らしい感じのシロクマもいるのですが、特に秀逸なのはアイス
クリームなのです。

レントゲン室前アイス4

実はこれも、これまでにご紹介してきた作品と同様に、当院の検査科スタッフ
が手作りしたものになります。

ただのアイスではなくて、チョコチップ感があったり、ダブルアイスになって
いるところが、ポップでありながらもリアルですよね。

何となくこれを見ていると、3と1のあのアイスクリーム屋さんを思い出して
しまって、ダブルどころかトリプルで食べた~い、と思ってしまいます。

このような工作は、頭で思い描いていても、それを形にするのは大変です。

手先の器用さはもちろんのこと、アイディア力やそれを可能にする技術も必要
になってくるかと思います。

ダブルのアイスになっているところだけではなく、コーンを立てておく台座も
ちゃんとあるあたりがより楽しく感じられますよね。

子ども達が来院している姿を見ると、期間限定でアイスでもプレゼントできたら
なぁ、と思ったりもします。

以前に少し書いたことがありますが、当院の住所にちなんで「金山ソフト」なる
ソフトクリームを作ると人気が出るのではと考えたりもするのです。

まぁ、そうなったら毎日のように自分で食べてしまいそうですが…。

季節によって様々な顔を見せるレントゲン検査の受付前ですが、現在は本日
ご紹介したように夏モードになっておりますので、ご来院された際にはぜひ
ご覧いただければと思います。

なお、こちらのすぐ横にある掲示板では、様々なお知らせと共にパンフレットや
無料送迎バスの時刻表、広報誌なども設置しておりますので、どうぞご自由に
お好きな部数をお持ちください。

本日のブログをご覧になって、少しでも涼しさを感じていただけたのであれば
幸いなのですが、どうでしょうか。

まだ8月も中旬とは言え、これからの季節を考えると夏好きには寂しくもあり
ますので、最後は涼しさよりも夏らしさを感じる佐藤らしい一言で締めたいと
思います。

では、

スイカ!!

皆様、良い夏をお過ごしください。

それでは。

...
カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |