地域医療連携室・医療相談室のblog

地域医療連携室

『看護の日』へのご参加ありがとうございました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログでお知らせしました『看護の日』のイベントですが、予定通り
『ていね温泉ほのか』様にて開催し、無事に終了しております。
『看護の日のイベントを開催します』

当日は看護師やリハビリスタッフによる血管年齢測定、血圧や体脂肪の測定、
健康相談、薬剤師によるお薬相談、管理栄養士による栄養相談、キッズドクター
とキッズナースの撮影会や風船のプレゼントなどを実施いたしました。

看護の日2018の1 看護の日2018の3

土曜日ということもあり、ご家族で来場されている方も多く、たくさんの皆様に
各種イベントを体験していただけましたので、健康の維持や増進に向けてお役
に立てたものと考えております。

また、イベントに参加された方の中には以前当院にご入院されていた方もおり、
「入院中にとてもよくしてもらったので立ち寄りました」、と大変嬉しいお言葉を
いただきました。

リハビリスタッフによる相談では、体操指導などを体感された方に様々な
地域にて体操教室などを開催していることをお伝えしましたところ、「ぜひ
参加したい」とのお話しがありましたので、今後も当院でお力になれそうな
ことがありましたら積極的に携わらせていただきたいと考えております。

当院では、これからも地域貢献活動として様々な企画や健康イベントを行って
まいりますので、ぜひ今後もご参加ください。

当日参加された多くの皆様、開催場所を提供していただいた、『ていね温泉
ほのか』の皆様、全ての皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

健康に関するイベントへのご協力や講演会の依頼等、ご希望やご要望があり
ましたら、お気軽にご相談いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

ていねっとが無事に終了いたしました。~ブログのお話し~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログでご案内しておりました、第63回地域連携ていねっとが先日
無事に終了いたしました。
『第63回地域連携ていねっとのお知らせ』

今回は簡単な講演の後、パネリストとして皆様からのご質問にお答えする
ことになっておりましたので、何もかも回答できないという展開になったら
どうしようかと心配していたのですが、そのようなことはありませんでした
ので、ほっとしております。

皆様にとって有用な講演内容であったかどうかや、わかりやすい回答に
なっていたかのかはわかりませんが、ていねっと終了後は多くの方々が
ご挨拶に来てくださり、情報交換等をさせていただきました。

色々なところで当院の病院名を耳にするというお話しや、患者様のご紹介
に関するお話しやお礼などがありましたので、皆様のお役に立てていること
を実感し、大変ありがたく、嬉しかったです。

また、当日は私のブログを読んでくださっている方ともお会いしました。

上記しましたご案内のブログの中で、ていねっと当日はどんなことでもお気軽
にご質問ください、それがたとえ佐藤の好きな食べ物に関することであっても、
ということを綴ったのですが、それを読んでいただいたようなのです。

ていねっと終了後に、「好きな食べ物は?」、とご質問を受け、少しだけびっくり
しつつも大変嬉しい気持ちになりながらお答えしました。

ちなみに、その瞬間、多少の戸惑いはあったものの、佐藤の中にあった正直な
気持ちは、

「ブログの中でぜひ聞いてくださいとは書いたものの、いざお答えするとなると、
あれも、これも、そっちも、あっちも、あれやこれやどれもこれもと多くの好きな
食べ物があり、一体どれをお答えするべきか困る…」

という状態になったのです。

なぜ、最終的にその食べ物をお答えしたのかは、佐藤自身にもわかりません。

単純にその時に一番食べたかった、ということもあるでしょうし、

関連としては佐藤の大好きなスポーツであるサッカーとの接点もあることから、
最近気になっていることが影響して出てきたのかもしれませんし、

パネリストとしての役割を無事に終えた安心感から、帰ったらそれを食べつつ
リラックス、と思い、出てきたのかもしれません。

実際のところは不明ですが、お答えしたものは好きな食べ物ランキングの上位
に入ることは間違いないのです。

ただ、ていねっとの翌日は職員健診を控えておりましたので、その日に食べる
ことはありませんでしたし、何よりも、パネリストを無事に終えたことで安心して
しまった自分に反省しております。

ていねっとは、皆様とのご挨拶等々が全て終わるまでがていねっとなのです。

遠足は、家に帰るまでが遠足なのと同じです。

ていねっとの本編が終了して簡単に安心するのではなく、ブログを読んでくだ
さっている皆様とお会いして浮かれるのではなく、最後の最後まで集中した上
で、アディショナルタイムも戦い抜かなければいけないのです。

まぁ、戦い感はちっともなく、ていねっと自体も、皆様とのご挨拶も、とても
和やかな雰囲気の中でお話をさせていただいているわけですが…。

これからも私が参加するイベントや、自身で講演等を行う際にはブログ内
にてご案内いたしますので、佐藤を見かけた時はお気軽にお声かけください。

なお、ご質問を受けてお答えした佐藤の好きな食べ物が何であったのかを
知りたいという方がおりましたら、お会いした際にはいつでも聞いていただけ
ればと思います。

そして、その後、お答えした食べ物についてのお得な情報や最新のニュース、
おすそ分け、お土産、差し入れ、プレゼント、生産者や製造者の方々との強力
なコネクション、等々がありましたら、いつでも大歓迎でお待ちしております。

次回のていねっとは7月開催の予定です。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

あっ、そうだ、6周年…。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日のタイトルを見ていただけるとわかりますように、なんと、こちらの
ブログをスタートさせてから6年が経過しました。

そう、先日の5月1日で…。

と、いうことで、はい、すっかりブログ開設記念日を忘れておりました。

5月1日の佐藤と言えば、ブログ『あと一歩』を書き、連休に向けてもう
少しだとワクワクしているだけだったのです。

あらためまして、日頃よりこのブログを読んでくださっている皆様、毎回
読んでいるよと直接お声かけくださる皆様、そしてお会いしたことはなく
とも、一度でもブログをご覧いただいた皆様に感謝いたします。

本当にありがとうございます。

1年や5年や10年といった区切りの記念日に比べますと、6周年という
のは若干インパクトに欠けると言えなくもないのですが、佐藤にとっては
全てが大切です。

何周年であっても、何回記念であっても、全ての記事が大切であり、全て
の記念が大事なのです。

まぁ、今回は忘れていましたが…。

ただ、それだけ日々のブログを綴るということがごく当たり前になっている
とも言えるわけでして、皆様とお会いした際にも自然と記事の内容に関する
話題になっている場面が多々あるのです。

また、初めてお会いし、ご挨拶をした直後にブログの話になり、「実はずっと
前から読んでいます」ですとか、「あの時のブログはすごく楽しかった」とか、
「もう一度同じような内容で別シリーズを書いてほしい」などといったお話し
になって盛り上がることもあります。

これは本当にありがたいことですし、お会いする前から継続的に読んでくだ
さっていたのだなぁと驚きでもありますし、一方で多くの冒険的記事も書いて
きたことから、実物の佐藤を見てどう感じるのだろうか、と少しだけ心配でも
あるのです。

しかし、皆様全員が佐藤に対して優しく、本人を目の前にしているからという
こともあるかもしれませんが、ブログのことは褒めてくださるばかりで、「この
人があの記事を書いている佐藤か、やっぱやべぇな…」という視線を感じた
ことは全くありません。

皆様が温かい目でこのブログを見守ってくださっていること、佐藤を寛大な
心で受け入れてくだっていること、いくらかでもお役に立ったり、楽しんでいた
だけていること、全部が本当に嬉しいです。

日々このブログを読んでくださっている方の中には、まだお会いしたことのない
皆様がたくさんいらっしゃることと思います。

私が訪問させていただいた際や、ご来院された時などには、ぜひ話題に出して
いただいたり、お気軽にお声かけください。

この6年の間には、ブログがきっかけでテレビ出演につながったり、全国区の
番組から取材を受けそうになったりということもありました。

何か大々的に表に出たいと積極的に願っているわけではないのですが、

そろそろまたテレビへの出演であったり、

取材であったり、

ラジオであったり、

新聞であったり、

コラムでの執筆や、

講演や、

CMや、

ドキュメンタリーでも、

密着取材でも、

座談会でも、

はたまたロングインタビューなどでも、

もちろん情熱大陸やプロフェッショナルなども、

どのような形であれ、何かご協力できることがあれば積極的に携わらせていた
だきたいと考えているのです。

まぁ、このブログの内容を読んで、佐藤に何かしらの依頼をと考える方々が
存在するのかと言えば、極めて少ないのだとは思いますが…。

佐藤にとっては、日々ブログを読んでくださる方々が何よりも大切ですので、
皆様からのご意見やご要望がありましたらぜひお応えしたいと考えております。

気付けば5月も10日以上が経過しており、うっかりしつつ7年目に突入した
こちらのブログではありますが、これからも毎週火曜日と金曜日の更新という
日程は変えずに続けていく予定です。

佐藤らしく、自然に、ありのままを、(時に冒険しながら)綴ってまいります。

お時間のある方はもちろん、それほどお時間に余裕のない方であっても息抜き
の際に、またお忙しい方でも気分転換に、非常に多忙な方であってもやや強引
に時間を作りつつ、ブログを読んでいただけますと大変幸いです。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

札幌市新入職員向け研修会。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、当院にて札幌市の新入職員向けの研修会を開催いたしました。

札幌市研修会2018ブログ1 札幌市研修会2018ブログ2

札幌市研修会2018ブログ3 札幌市研修会2018ブログ4

この研修会は、日頃より地域活動を行う際に大変お世話になっております、
稲穂金山まちづくりセンターを通じてご依頼をいただき実現したものです。

実は、当院は昨年と一昨年も同様の研修を担当させていただいておりまして、
今年が3回目のご協力ということになります。

当日は、当院の地域医療連携室のスタッフによる病院紹介を行い、地域貢献
活動や地域住民の皆様とのつながり、業務内容などについてもご説明をさせて
いただきました。

その後、院内見学として各所をご案内し、新入職員の皆さんからの質問などに
お答えして無事に終了となっております。

皆さん大変真剣にメモを取っておりましたし、いくつもの質問もあるなど非常に
熱心であり、また大変爽やかでフレッシュでした。

最初は緊張感も伝わってきたのですが、研修会の冒頭にて、イムスカフェで
お出ししているイムスオリジナルブレンドコーヒーを飲んでいただいたところ、
皆さん笑顔が見られましたので、リラックスして研修を進めていくことにもつな
がったのではと考えております。

イムスカフェでもコーヒーは毎回大変なご好評いただいておりますが、札幌市
新入職員の皆さんからも、とても美味しいとの嬉しい感想をいただきました。

最後には稲穂金山まちづくりセンターの勝俣所長より、「あらためてイムスさん
は本当に素晴らしい病院だと思いました」と大変ありがたいお言葉をいただき、
お役に立てて本当に良かったと感じております。

3年連続で札幌市の新入職員研修会の一部を担当させていただけているという
のは、大変光栄なことです。

当院は住みよい街づくりを推進する地元組織、稲穂金山活性化推進委員会の
一員であり、同会の活動の他、多くの地域貢献活動を行ってまいりました。

今後もそれらの地域貢献活動は積極的に行っていきたいと考えておりますし、
今回のように札幌市全体に対してのご協力につきましても、当院でお役に立て
ることがあればぜひ携わらせていただきたいと考えております。

ご依頼等がありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

そして、今回の研修会に参加された皆さんはこれからが社会人としての本番
であり、様々な経験を重ねながら、時に喜び、時に苦労もありながら働いていく
ことと思います。

縁があり研修を担当させていただいた者としては、皆さんのこれからの活躍と
成長を心から祈りつつ、全ての経験がプラスに働くことを願っております。

当院での研修が何らかの形でお役に立てる日がくれば、本当に嬉しいです。

どうぞがんばってください!!

それでは。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

新年度、新入職員、新メンバー。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

新年度がスタートし、新入職員が入職しております。

平成30年度、新入職員として新たにIMS(イムス)グループの一員となった
皆さんは1779名。その内、10名のスタッフが当院に入職しております。

その中から1名が新卒採用として医事課に入職しており、さらに2名が中途
採用にて4月より勤務を開始いたしました。

医事課・地域医療連携室としては、この春より3名の新メンバーを加えての
スタートとなっております。

フレッシュなスタッフにはその初々しさと共に今持っている新鮮な思いを常に
持ち続け、どんな仕事にも積極的にチャレンジしてもらいたいと思いますし、
新しいメンバーにはこれまでの経験を活かし、今後の業務にうまく融合させて
がんばってもらいたいものです。

私佐藤は医事課・地域医療連携室の新入職員に対し、入職時のオリエンテー
ションを行いましたが、自分自身が社会人になったばかりの頃のことも思い出
されて非常に懐かしく感じました。

それと同時に、「う~ん、自分が新卒者であった頃もそんなに昔のような気が
しないのに、冷静に年数を考えたら随分と前のことになってしまって、当時の
先輩やら上司やらと同じような年齢にもなってるよ…、うへぇ…」などと思った
りもしております。

社会人としてはなかなかのベテランになりつつありますし、当院での勤務歴
を考えても、気付けばまずまずの年数になってまいりました。

まだまだ社会人においての大ベテランの皆様には遠く及ばない佐藤の力量
ではありますし、

当院においても、もっともっと経験を積み、また学ばねばならないですし、

そもそも、もっと自己管理をしてやせなければいけないとも思います。

しかし、新入職員の皆さんからすれば、佐藤は社会人としてかなりの先輩で
あることは間違いなく、また自部署のスタッフからすると経験を積んだ上司と
いうことにもなるわけです。

新入職員の見本となるような行動や発言をするのは当然のことながら、後輩
や部下達を指導し、スタッフの成長を促し、さらには誰からも頼れる存在となる
べく、より真摯に業務に取り組もうと気持ちを新たにしております。

新年度があり、新入職員がいるということは、自身の気持ちを一度リセットし、
ここからまた新しい気持ちでがんばろう、新たな目標に向かって走り出そう、
という思いになるための良い機会なのかもしれません。

ただ、このようなことを考えておりますと、佐藤のブログの内容はこれで良い
のだろうか、あまりにおちゃらけ過ぎているのではないだろうか、新入職員が
過去の記事も含め読んだとしたら…、という心配もあるのです。

しかし、連携機関の皆様を始め、多くの方々より楽しみにしていますという
声や、ぜひこれからもこのままでというご意見もたくさんいただいております
ので、ブログはブログ、佐藤は佐藤として、やはりありのままに綴っていきたい
と考えております。

新入職員のスタッフは不慣れな点も多く、皆様にご迷惑をおかけすることも
あるかと思いますが、厳しくも温かい目で見守っていただけますと幸いです。

皆様、イムス札幌内科リハビリテーション病院の新入職員をどうぞよろしく
お願いいたします。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

『ていねっと』にて講演を行いました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、『第62回地域連携ていねっと』が開催され、私佐藤はその中で
講演を行いました。

ていねっとスライド画像 ていねっと2018ブログ1

地域連携ていねっとは、手稲区や周辺地域にて医療・介護・福祉関連の
お仕事をされている皆様が相互に理解を深め、「より顔の見えるスムーズ
な連携」を目指すために開催されている会です。

今回は各幹事が講師となり、急性期・回復期と障害・地域包括ケア・療養、
それぞれの立場から診療報酬改定に関する解説を行いました。

私はていねっとの幹事を務めさせていただいていることから、今回は回復期
リハビリテーション病棟と障害者病棟における診療報酬改定についてお話を
させていただいております。

また、今回の改定が日頃の連携にどう影響を及ぼすのかということや、当院
の現状や今後についてもお話をさせていただきました。

拙い解説となってしまいましたが、会場の皆様は大変真剣に聞いてくださり、
無事に終了いたしましたのでほっとしております。

講演のスライド内にて、当院の敷地内に登場した野生動物達についても
写真を用いてご紹介しましたところ、会場の皆様からはやや笑いが起き
ましたので、こちらも色々な意味でほっとしているところです。

ていねっと終了後には多くの皆様とご挨拶をしたり、名刺交換などをさせて
いただき、より連携の輪が広がり、深まったものと感じております。

今後もていねっとの幹事として様々な企画を考えると共に、私自身で皆様の
お役に立てそうなことがあれば積極的に携わっていきたいと考えております
ので、会場で見かけた際などはお気軽にお声かけください。

ていねっとに参加された皆様、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

イムスカフェへのご参加ありがとうございました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログでご案内いたしましたように、第11回イムスカフェを当院
の第一会議室にて開催し、無事に終了いたしました。
『第11回イムスカフェのお知らせ』

第11回カフェ2 第11回カフェ1

前回に続き、大変多くの皆様にご参加いただいております。

ご来院された皆様、ありがとうございました。

今回も講演内容やコーヒー、そしてお菓子に対しても大変なご好評を
いただき、楽しんでいただけたようですので、参加された皆様のお役に
立てたものと感じております。

講演が始まる前には、初めての試みとして外来の看護師長よりご挨拶を
させていただきました。

これは、ぜひ外来看護師の顔を覚えていただき、気軽に、安心感を持って
外来を受診していただきたいとの師長の思いから実施したものです。

ご参加された皆様の中には、お帰りの際に外来師長へとお声かけしてくだ
さった方々もいらっしゃったとのことでした。

当院は地域の一員として身近な医療機関でありたいと考えておりますので、
イムスカフェを通じて面識のあるスタッフが増え、健康に関することなどを
気軽に相談できる病院と感じていただけましたら幸いです。

次回のイムスカフェにつきましては、開催が決定しましたら町内会の回覧板
や院内の掲示、こちらのブログなどでもご案内いたします。

今後、聞いてみたい講演があるという場合や、開催案内のチラシを町内会
の回覧板などに折り込んでほしい、などのご要望やご意見がありましたら、
地域医療連携室までお気軽ご連絡ください。

皆様、これからもイムスカフェをどうぞよろしくお願いいたします。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

無事に戻っております。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

無事に出張より戻ってきております。

前回のブログでは、出張初日はスケジュールがタイトなためランチタイム
がほとんどなく、またお腹を壊しやすいという佐藤の体質を踏まえてお昼
ご飯をどうするか悩んでいるとお伝えしました。

結果的にはご紹介した案の中で③を採用し、機内で食べております。

しかしながら、会議内での発表に向けての緊張感もありそれほど食欲も
なかったですし、食べ過ぎて機内でお腹が痛くなっては大変ですので、
食べたのはカロリーメイト(メープル味)二本のみでした。

さすがにその後はお腹が減りましたが、会議中の空腹によるサウンドは
最小限に抑えられ、また翌日も含めて出張中のお腹トラブルはほぼなく、
無事に過ぎましたのでほっとしております。

また、気温差により体調を崩さないようにしなければと心配していたの
ですが、なんと、滞在中の東京は非常に冷え込んでおりまして、寒さを
感じるほどでありました。

一足先に春の暖かさを感じることができず残念ではあったものの、気温
差は最小限で済みましたので、体調の方も問題なく過ぎております。

会議での発表も無事に終えることができましたし、その後の懇親会でも
グループ内の様々なスタッフと交流することができました。

情報交換と共に、温かいエールもいただきましたので、それを糧にして
日々の業務に邁進したいと考えております。

ちなみに、帰りの飛行機では北海道日本ハムファイターズの選手達数名と
同じ便でして、その内の1名は佐藤が搭乗する際すぐ目の前におりました。

寿司ポーズで有名な、あの選手です。

佐藤は熱烈な野球ファンということではありませんが、北海道のプロ
スポーツは全て応援しておりますので、ぜひ機内で見かけた選手には
今シーズンもホームランを量産していただきたいと願っております。

前回のブログを読み、出張中の佐藤のお腹の無事を願ってくださった
皆様、ありがとうございました。

しばらく出張はないものと思われますので、ご来院の際に佐藤を見かけ
ましたらいつでもお気軽にお声かけください。

それでは。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

本日出張中です。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

本日は東京へ出張中となっております。

よって、このブログは事前に書いた予約投稿によるものです。

現在の佐藤は遥か上空におり、いつもの出張中のブログ記事同様、高い
ところから失礼いたします。

さて、今回の出張なのですが、諸事情ありまして、本日につきましては
スケジュールがタイトになっているのです。

特にランチタイムがかなり微妙でして、羽田空港到着後から会議開始まで
の時間があまりないものですから、このブログを書いている時点ではどう
しようかと悩んでおります。

ただ、思いつく案としましては以下の三点しかありません。

①新千歳空港にて朝食をがっつり食べておく。

②会議会場のある池袋に到着後、急いで食べる。

③移動中の機内で食べることにする。

以上です。

自宅にて朝食をたくさん食べておいても、あまりに時間が早いですし、
とにかくまずは会議会場がある近くまで移動しておきたいため、羽田
空港に留まって食べるのは落ち着かないですし、上記の三点が現実
的な選択肢になるものと考えております。

ただ、ここで問題となるのは佐藤の『お腹』です。

お腹というのは脂肪に関することではありません。

佐藤はお腹を壊しやすいことからの心配です。

①の場合、搭乗前にお腹が痛くなったらどうしようという心配があります。

②の場合、会議中にお腹が痛くなったらどうしようという心配があります。

③の場合、機内でお腹が痛くなったらどうしようという心配があります。

お腹を壊したとしても、トイレにさえ行けば比較的短時間で回復すること
が多いのですが、それでもかなりの不安が伴いますので、日頃から出張
や移動の際には気を付けているのです。

しかし、今回はゆっくりとよく噛んで食事をする時間はないですし、かと
言って何も食べないままというのも、会議中にお腹からのサウンドが鳴り
響いてしまい、恥ずかしいやら周囲の方々にご迷惑をおかけするやらで
よろしくありません。

まぁ、普段でもそこまでゆったりとランチタイムを楽しんでいるわけでは
ないですし、

時間があったとしても、お洒落なオープンカフェでカロリーと栄養に気を
配ったランチプレートを食べながらハーブティーを飲み、道行く人々を眺め
ながら午後の予定を考え、少し迷いながらも食後にはパンケーキを食べる、

というようなことをしたいと考えているわけでもありませんので、多少時間が
なくてもよいのですが、とにかく、何よりもお腹が心配なのです。

はたして、今空の上にいる佐藤はご紹介した三点の案の中から何を選んだ
のか、複合案として案を組み合わせたものを採用するのか、気になるという
方はお会いした際にお気軽に佐藤までお問い合わせください。

明日についてはある程度の余裕を持ちつつ、札幌に戻ってくる予定です。

お腹の心配はありつつも、会議ではしっかりと色々なものを吸収し、また
グループ病院のスタッフとの交流を深めてきたいと考えております。

ブログをご覧の皆様におかれましては、ぜひ、佐藤出張中の(お腹の)無事
を願っていただき、(お腹が)何事もなく、気温差により体調を崩すこともなく
(特にお腹)、戻ってくることを願っていただけますと幸いです。

それでは。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |

新年度に向けての、う~む。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

新年度が近づいてきております。

現在の佐藤は、新年度に向けた準備や、検討や、その他色々なことを考えたり、
実行したりを繰り返している毎日です。

医事課では、長く勤務したスタッフが家庭の事情等もあり、退職いたしました。

一方で、新メンバーの入職が決まっており、その中には新卒採用のフレッシュな
スタッフもおります。

そして、出産を控えてお休みに入るスタッフもいれば、育休を終えて復帰して
くるスタッフもいるのです。

もしかすると、現在のメンバーの中で昇格するスタッフもいるかもしれません。

新年度からの新たなメンバーで、どう業務を分担していくか、う~む…。

指導体制をどのようにするか、誰を教育係に任命しようか、う~む…。

院内の委員会の担当分けはどうしようか、部署内のミーティングやセクション
ごとのミーティングはどのようにしようか、医事課内のレイアウト変更もしたい
ところだし、う~むう~む…。

今年は診療報酬改定があります。医療と介護の同時改定という重要な年です。

当院としても、新たに届け出を行ったり、体制を整えていかなければなりません。

医事課としての経験が浅い佐藤にとっては、まだまだわからないこともたくさん
あるのです。う~む…。

私佐藤は連携機関の皆様と様々な会議などを行ったり、それらの事務担当者や
事務局や幹事を務めさせていただいております。

今年は全国学会を開催したり、診療報酬改定に関する講演等を行う予定であり、
さらには会議をより発展させ、これまで以上にスムーズな連携体制を構築して
いきたいと考えているのです。

検討することは多く、また大変重要な活動です。う~む…。

当院は地元のまちづくりの組織である稲穂金山活性化推進委員会の一員であり、
佐藤はそのメンバーでもあります。

地域をどう良くしていくか、当院にできることは何か、様々な地域でのイベント
へのご協力、などなど、地域の一員として活動し、新年度に向けて検討していく
ことはたくさんあるのです。う~む…。

関係機関との連携体制を構築し、より強固なものとしていくのは非常に重要であり、
その活動の中核を担うのは地域医療連携室です。

実は、地域医療連携室のメンバーも、家庭の事情等がありまして、長く勤務して
いたスタッフが退職となってしまいました。

こちらは、本日現在で欠員補充のための職員募集は継続中であり、今後どのよう
にして日々の業務をしっかり行っていくか、さらに推進していくかが課題なのです。

う~む……。

佐藤自身の業務をより効率化し、委譲していくためにはどうするか、う~む…。

佐藤自身がもっともっとスキルアップするにはどうするか、う~む…。

佐藤自身の体をどのようにしてスリムにしていくか、う~~~む……。

ということで、たくさんの「う~む」が頭の中に浮かんでは消え、時には言葉に
出てしまいながらの日々ではあります。

あまりにう~むが多いものですから、「う~む佐藤」、または「佐藤う~む」を
名乗ったり、ミドルネームとして名字と名前の間に「う~む」を入れてもよいの
ではと考えてしまうほどです。

そんな佐藤、いえ、う~む佐藤ではありますが、決して後ろ向きになっている
わけではありません。

大変なことは多々ありながらも、協力してくれる心強いスタッフが医事課・地域
医療連携室にはおりますし、連携機関の皆様、地域の皆様からのお力添えも
いただけるのです。

新年度に向けてしっかりとした準備を行い、地域の皆様や連携機関の皆様
から必要とされる病院を目指してまいります。

もちろん、私自身も、皆様から多少なりとも必要と言っていただけるように、
う~むを繰り返しつつ新年度をよい形で迎えたいですし、ブログにおいても
新しい取り組みにチャレンジしたいと考えているところです。

皆様がご来院された際に、う~む感を全面的に出している佐藤を見かましたら、
佐藤を一時的に解放し、頭と心を軽くするという意味でも、お気軽にお声かけ
いただければと思います。

いえ、ぜひともお声かけください。

いや、お声かけいただけることを心より、心よりお待ちしております。

それでは。

...
カテゴリー: 地域医療連携室 |