地域医療連携室・医療相談室のblog

2014年04月の記事

あと0.3度。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

明日は祝日でお休みのため、月曜日ではありますが本日
ブログを更新いたします。

さて、先週末は気温が上がり、暖かいというよりも暑さを感じる
ほどでした。

調べてみましたら、26日(土)の札幌における最高気温は
24.7度。なんとあと0.3度で夏日だったのです。

その日、私は外出しておりましたので暑さを感じていたものの、
自身の服装としてはこれまでと何も変わらず、上下共に長袖
を着用しておりました。

しかし、道行く小学生を見ると、半袖のTシャツを着ているだけ
ではなく、すでに短パン姿で元気に自転車をこいでいます。

ま、負けた…!

私は心の中で叫びました。

暑がりの私は毎年、周囲の誰よりも早く夏モードの服装に切り替え、
そして周囲の誰よりも遅く秋モードに切り替えるのです。

そんな中で良きライバル関係なのが小学生達。

いつもぎりぎりのタイミングで勝負は決しているのですが、今回は
完璧に私の負けでした。

それどころか、よくよく見ると大人でもちらほら半袖の方がいらっしゃいます。

なんということだ…。

夏が好きで、夏の訪れに敏感で、暑がりな私が、寒さ知らずの小学生
のみならず大人の方々よりも半袖へのチェンジで後れをとるとは。

翌日、私は半袖を着て外出しました。

テレビでは前日同様、平年よりも暑い日になるとの予報が出ていました。

事実、この日も夏日に近いほどの気温まで上昇したのです。

私は外出先で冷たいドリンクを飲み、アイスを食べ、帰宅後は冷凍庫
でよく冷やしたビールを飲みました。

やっぱり夏日が近いほどの気温になると家の中も暑いなぁ、などと
思いながらかなり涼しげな服装で過ごし、うたた寝しました。

そして迎えた本日、私は今朝からお腹を壊しております。

いささか、夏を先取りし過ぎたようです。

あと僅か0.3度で夏日であったとは言え、やはり今はまだ4月。

皆様も、気温の変化と体調にはどうぞお気を付けください。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

最新の内視鏡システムを導入しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

この度、当院は最新の内視鏡システムを導入いたしました。

新しくなった内視鏡は従来のものに比べると苦痛が少なくなっており、また、
画像がより鮮明になっていることが特長です。

特に画像に関しましては、NBI(Narrow Band Imaging : 狭帯域光観察)
と呼ばれる機能も搭載されていることから、がんなどの早期発見につな
がるものと期待されております。

また、当院には日本消化器内視鏡学会の指導医が3名在籍しております
ので、高精度な検査と診断、そして適切な治療が可能です。

胃や腸の調子が悪い、これまでにはなかった症状がある、など少しでも
不安がある際にはお気軽にご受診ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

新しい看板が増えました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院の案内看板が新たに増えております。

写真をご覧ください。

ご来院された皆様の中には、すでに何度も目にしているという
方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この看板は当院の正門前に設置されているものです。

当院の正門はちょうど道路がカーブしているところにあり、また、
立地の関係から入口がわかりにくいのが難点でした。

しかし、今回この看板を設置したことにより、入口は大変わかり
やすくなっております。

これまでに設置していた国道沿い坂道の途中などの看板と
併せ、ご来院される際の目印にしていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

様々な料理とサッカー中継。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ワールドカップブラジル大会が迫ってきている今日この頃、
サッカー好きの私は早くもわくわくしております。

ワールドカップと言えば多くの国々が参加。多くの国々と
言えばそれぞれに様々な料理。

と、言うことで少し調べてみましたら、これまでに見たことも
聞いたこともない料理がたくさんあることを知りました。

例えば、

『アルボンディガス・デ・アルメンドラ』
⇒ミートボールをアーモンドソースで煮込んだ料理。(スペイン)

『メヒジョネス』
⇒ムール貝を蒸したり煮込んだもの。(スペイン)

『ガンバス・コシドス』
⇒殻付きのエビの塩茹で。(スペイン)

『ゼッポリーネ』
⇒ピッツァ生地に海藻を入れて油で揚げた料理。(イタリア)

『カネロニ』
⇒大きな筒状パスタで、中にひき肉やチーズなどを詰める。(イタリア)

『ストラッチャテッラ』
⇒かき卵とチーズの入ったスープ。(イタリア)

『グラニテ』
⇒シャーベットのような氷菓。リキュールなどで風味をつける。(フランス)

『ブランダード』
⇒干し鱈に、牛乳やオリーブオイルを加えペースト状にしたもの。(フランス)

『エスペチーニョ』
⇒串焼きのこと。具材は牛肉が一般的。(ブラジル)

『ライベクーヒェン』
⇒じゃがいものパンケーキ。(ドイツ)

などです。もしも間違いがありましたら申し訳ありません。

さて、これらの料理名を見ているうちに私はあることを思いました。

何だか、皆サッカーに関する名称のようだ、と。

そしてこんなやりとりが思い浮かびました。↓

みなさんこんにちは。本日はサッカーの聖地、アルボンディガス・デ・アルメンドラ
よりカネロニ対ブランダードの一戦をお届けいたします。

今年で就任8年目を迎える名将、ゼッポリーネ監督率いるホームのカネロニは
3連勝をかけた戦い。

一方、アウェイのブランダードは開幕から4連敗を喫し、まさかの指揮官交代。
知将グラニテ監督を迎えての初戦となります。

解説の佐藤さん、注目の選手、そして本日の見どころはどの辺りになりますか?

そうですね、やはりホームのカネロニとしては、現在リーグ得点王のメヒジョネス
が、今日も高さを生かしてゴールをあげるのかという点が見どころかと思います。

また、サイドハーフのエスペチーニョは圧倒的なスピードがありますので、その
足と正確なクロスにも注目したいところです。

なるほど。ではアウェイのブランダードはいかがでしょうか?

ブランダードはチームの守護神であるストラッチャテッラに注目しています。
通算350試合出場の大ベテランですし、今のチーム状況を考えればその
経験は大きいですね。

また、新人センターバックであるガンバス・コシドスがフィジカルの強さを
生かしてしっかり守れるかどうか。守備の安定が今日のカギかと思います。

ありがとうございました。なお、本日はドイツの審判、 ライベクーヒェンさん
の主審により試合が進められます。

それでは間もなくキックオフです。

と、いうような場面です。

ちなみに、私はこの中でならメヒジョネスが食べたいです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

空床情報です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院のベッド状況についてお知らせいたします。

現在、回復期リハビリテーション病棟、一般病棟共に大変混み
合っており、ご迷惑をおかけしております。

しかしながら、来週の半ば以降は退院される患者様も多くなる
見込みです。

特にゴールデンウィークの前後に関しましては、回復期リハビリ
テーション病棟におきまして比較的迅速なお受け入れが可能
になるものと考えております。

今後転院を予定されている患者様がおりましたら、ぜひお早目に
ご連絡いただけますと幸いです。

都度お受け入れが可能かどうかを判断させていただき、ベッドの
ご用意ができ次第ご案内いたします。

当院では入院のご相談、ご紹介は医療相談室のMSWがお受け
しておりますので、入院の対象となるか不明な際もお気軽にお問い
合わせください。

なお、緊急でのご依頼につきましては、当日の外来担当医師まで
直接のご連絡をお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

体調管理。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

4月も中旬だというのに、寒い日が続いております。

今朝は車が雪で白くなっておりました。

来週からはまた暖かくなるようですが、気温の変化が激しい
ことから、身体への負担は大きくなるかと思います。

インフルエンザ等の流行はかなり収まってきたものの、引き
続き体調の管理にはくれぐれも注意が必要です。

特に4月は歓送迎会などでお酒を飲まれたり、人がたくさん
集まる場に出られる方も多くいらっしゃるかと思います。

うがい手洗いといった基本的なことをしっかり行いつつ、飲み
過ぎにはどうぞお気を付けください。

なお、当院では肝臓専門医による肝臓外来を開設しております。

お酒をたくさん飲まれる方、肝臓に関しての心配事、不安が
ある方はお気軽にご受診ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

タイヤ交換と、ぷらーん。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

札幌では積雪がゼロになり、私の自家用車のタイヤ交換もそろ
そろかなと考えていましたところ、あることを思い出しました。

あれは2月のある日のこと。

運転席側のドアの真下、そしてタイヤ付近に大量の雪が付いて
いることを発見した私は、足で落とそうと振動を与えました。

雪の降る地域ではよく見られる光景かと思います。

一部分に関してはすぐに落ちたのですが、運転席側のドアの
下辺りの雪がなかなか取れないのです。

それでも諦めずに振動を与え続け、ようやく取れたかと思った
その瞬間、私は自分の目を疑う、おかしなものを発見しました。

なんと、雪の塊がぷらーんとぶら下がっているのです。

車を運転するようになってから何度も冬を越えてきましたが、雪の塊
というのは取れるか取れないかのどちらかであり、それが中途半端に
ぶら下がるという事態には直面したことがありません。

おかしいなと思いのぞき込んでよく見てみると、何かのコードがぷらーん
と飛び出しており、それにまとわりついた雪がぷらーんとしているのでした。

…なんだこれは。

私は慌てて近くのディーラーさんに向かいました。

車を購入した馴染みのディーラーさんの店舗は自宅から離れている
ため、緊急措置です。

一通り状況を説明し、点検をしてもらったところ、どうやら下回りに衝撃が
あった際に、コードをつなぎとめておく留め具が破損してしまったらしい
とのことでした。

足で振動を与えたことが原因ではなくてまずはホッとしましたが、下回り
をぶつけたような記憶もありません。

よーく考えてみてもそのようなことはない、と思っていたのですが、まぁ、
言われてみれば冬ですし、がたんと段差から落ちたことも多少はあった
ような気もしてきます。

しかしながら、その衝撃で簡単に壊れてしまうなんて、もう少し頑丈で
いておくれ、と思いつつ、まずは修理をどうするかです。

聞いてみますと費用もけっこうかかるとのことでしたし、医療と同じくかかり
つけ医を持つことを重視している佐藤は、結局馴染みのディーラーさんの
店舗で修理を行うことにいたしました。

ご厚意で仮留めをしていただいたので、すぐにぷらーんとなることはない
とのお話しでしたが、また衝撃があった際にはぷらーんが出てくるかもしれ
ないとのことでした。

あれから約2か月。

おかげさまでその後ぷらーんは出ておりませんが、いよいよタイヤ交換
のタイミングでしっかり調べ、そして修理をしなければなりません。

はたして、タイヤ交換に行くその日までぷらーんは出現せず、持ちこた
えることはできるのか。

そして、ぷらーんの修理費用は一体いくらなのか。

春がやってきて嬉しい気持ちでいっぱいの佐藤ではありますが、車を
見る度にそんなことが気になっている本日です。

冬は車にとっても過酷なシーズン。

ぜひ、皆様にもタイヤ交換をする前にご自身の車をよく観察されること
をおすすめいたします。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ランドセル。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

入学式シーズンを迎え、当院のレントゲン検査の受付前もご覧の
ようなバージョンになっております。

私も遥か昔に背負っていたランドセル、懐かしいです。

ランドセルについて少し調べてみましたところ、なんとそのルーツは
江戸時代にまで遡るとのこと。元々はオランダ語の『ランセル』という
言葉が起源のようです。

今ではカラーバリエーションもたくさんありますし、快適さを追求したり、
機能的であったり、一風変わったものも存在しているランドセル。

これからはもっともっと進化していくのでしょうか。

たとえば、防犯ブザーが内蔵されているランドセルなどが近い将来は
当たり前になるのかもしれません。

他には、前方から不審者が来た際に、ランドセルの中からアミが飛び
出して身動きをできなくするという機能などが開発されると安心ですね。

または、ランドセルにセンサーが付いていて、背後から車が迫った時
には「危ないよ」と音声が流れ、注意を促してくれるものがあると素晴ら
しいなと思います。

あるいは、その場からすぐに避難しなければいけないという事態には、
スイッチを押すことでランドセルからジェット噴射が起こり、ものすごい
スピードで走れるという機能もよいのではないでしょうか。

急な雨が降った時にはランドセルから傘が飛び出してきて濡れるのを
防ぐという機能があると、両手も自由ですし快適なことでしょう。

寒い地域においては、冬の間はカイロになってくれると心強いですね。

夏の暑い時期には水分補給ができるよう、飲み物が出てくると安心です。

お腹が減った時には、望んだおやつが出てくるという夢のような機能が
あると毎日の通学が楽しくなるかもしれません。

と、もはやここまでくると四次元ポケットから出てくるひみつ道具の世界
になってしまいますね…。

何にせよ、新一年生を始めとする児童の皆さんが使うランドセルですので、
少しでも防犯につながり、安全性の高いものへと進化してほしいものです。

当院にご来院の際には、写真にある小さなランドセルをぜひご覧ください。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

新入職員研修会・入職式。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

4月となり、新年度がスタートしました。

本日は当院の院内にて、新入職員に向けたオリエンテーションが
行われております。

また、先週の土曜日には北海道ブロックの新入職員を対象とした
研修会と入職式が開催されました。

今年、新たにIMSグループの一員となった皆さんは1379名、
そのうち北海道ブロックには42名の方々が入職されております。

私は入職式の前に行われた研修会にてインストラクターを務め
させていただきました。

今回の研修会での最大の目的は「言葉を使ったコミュニケーション
の難しさ、大切さについて学んでいただきたい」ということ。

自己紹介の後に行ったグループワークでは、皆さん目標の達成
に向け活発に意見を出し合い、また発言に耳を傾けておりました
ので、研修の目的を果たすことができたものと考えております。

私は研修の最後に総括としてお話しをいたしましたが、新入職員
の皆さんの緊張感と新鮮さがひしひしと伝わってまいりましたので、
より気持ちを引き締めて自分なりの思いをお伝えしました。

新入職員の皆さんにはこの研修での経験、気づきを本日から早速
生かしていただきたいですし、私自身も学ぶところが多くありました
ので、日頃の業務にしっかり生かしていきたいと考えております。

患者様やご家族様、地域の皆様、携わる全ての皆様、本日より
新入職員をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク