地域医療連携室・医療相談室のblog

2014年07月の記事

佐藤の夏、焦らぬ夏。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

基本的に火曜日と金曜日に更新を行っているこちらの
ブログ。次回の更新日は8月かぁ、と考えながらつい先
ほど卓上カレンダーを眺めました。

…なんと、

なんとなんと、7月がもうあと僅かではありませんか…!!

以前ブログの中でご紹介いたしましたが、私が一年で最も
好きなのは7月、二番が6月、三番が8月となっております。

つまり、好きな月No.1である7月がほぼ終わろうとしているのです。

何か夏らしいことをしただろうか、と考えてみても、これぞ夏、
ということは何もしていないということに気が付きました。

それどころか、若干の風邪が長引いており、今もなお完調
ではないため安静を心がけている状況です。

佐藤は焦ってまいりました。

このまま夏を満喫することなく、一度しかない2014年の夏は
過ぎ去ってしまうのでしょうか。

今年の夏を振り返った際に思い浮かんでくるのは、「夏風邪」
という単語だけになってしまうのでしょうか。

そんな事態を避けるためにも、まずはしっかり体調を回復させ
たいところです。

幸いにして食欲はありますので、ひとまずダイエットのことは
考えず、しっかり栄養を補給するためモリモリ食べております。

もしかすると、今年の夏を象徴する単語は「リバウンド」になる
のかもしれません。

とにかく、焦りは禁物と自分に言い聞かせつつ過ごしたいと
思います。

佐藤を見かけた際には「焦るな焦るな」とお声かけいただく
か、「夏はまだまだ」、「全然太ってないよ」といった励ましを
いただけますと幸いです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ありがとうございました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

昨日、出張より無事に帰ってきております。

現在私は軽い風邪をひいておりますので、暑い日が続くと非常に
厳しいのですが、出張先は夏場でも涼しい都市ということもあり、
出発前から身体への負担が軽減されるものと期待しておりました。

当日、天候はあいにくの雨。

しかし気温は期待通りの涼しさであり、歩いていても汗をかくことが
なく、実に快適に過ごすことができました。

ところがです。

翌日、つまり昨日は一転して快晴。

陽射しもきつく、空気はぬるく、風こそあるものの暑く感じました。

もちろん、エアコンやハンカチをフル活用です。

自宅に戻ってから知ったのですが、どうやら昨日はその都市での
今季最高気温を記録したとのこと…。

これまでも涼しさを期待して出かけてみると、急にその日だけが
暑くなった、などということがよくあります。

初日に雨が降ったことからも決して晴れ男ではないかと思うので
すが、夏男ならぬ夏日男ではあるのかもしれません。

そんなこともあり体調はまだ全快ではないものの、出張先の情緒
ある街並みと市民の皆様の穏やかなお人柄のおかげもあり、順調
に回復しつつあります。

そして、今回お話しさせていただいた皆様とは様々な情報交換を
することができ、大変勉強になりました。

地域貢献とスムーズな医療連携に向け、日々の活動の中でしっかり
と生かしていきたいと思います。

お忙しい中、丁寧にご対応していただいた皆様、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

週の始まり、風邪の始まり。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

またの名を、風邪をひいた佐藤と申します。

というわけで、一週間が始まったばかりであるにもかかわらず、
若干体調を崩している本日です。

高熱が出ているというわけでもなく、症状としては軽いのですが、
患者様や院内のスタッフに迷惑をかけてはいけませんし、明日、
明後日と出張予定もあるため、先ほど外来を受診いたしました。

そんなこともあり、本日は薬を飲み、しっかり食べてたっぷり
睡眠をとりたいと思います。

喉の痛みもあるため、いつもよりは口数が少なく、マスクをした
まま頷く回数が多くなるかと思いますが、どうかご理解をお願い
いたします。

暑い日が続くとついつい身体も冷やしがちになりますので、皆様
もどうぞ体調にはお気を付け下さい。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

水うちわ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

暑い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

暑い時に涼をとる方法は様々ありますが、夏の風物詩でも
ある「うちわ」を使用することもその一つかと思います。

うちわについて少し調べてみましたら、「水うちわ」なるもの
があるということを知りました。

水うちわは岐阜県の工芸品であり、雁皮紙(がんぴし)という
薄い和紙を用いて作られるものだそうです。

見た目が水の様に透明であることからその名がついたとされる
説や、耐水性があるため実際にうちわを水にぬらして扇ぐことが
できるのでそう呼ばれた、など名前の由来には諸説あるとのこと。

どちらにせよ、水うちわという呼び名そのものが涼しげで風流
だなと思います。

浴衣に雪駄、手には水うちわを持ちながら川沿いを夕涼み、
そんなことができたら粋ですね。

せせらぎを耳にしながらきりりと冷えた水まんじゅうなどを口
にすれば、夏を心地よく過ごすことができそうです。

今年の夏は少しでも和の趣きが感じられることをしてみたい、
粋に過ごしてみたいという憧れを持っているのですが、はた
してどうでしょうか。

ちなみに、私が自宅にて愛用しているうちわは、とある有名
キャラクターの顔が大きく描かれているビッグサイズのもの
(色はピンク)です。

粋、には程遠い気がしました。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

食堂。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は当院の食堂をご紹介いたします。

写真をご覧ください。

職員食堂 (5) 職員食堂 (4)

職員食堂ということもあり、残念ながら一般の皆様はご利用いた
だけないのですが、スタッフが日々診療を行う上での活力源と
なっております。

私も何度か利用したことがあるのですが、栄養バランスがとれて
おり、カロリー計算もされている上、価格も安いとあって満足いた
しました。

さて、こちらの食堂ですが、私が耳にした情報によると、中でも
シーフードカレーが大変美味とのこと。

ぜひ食べてみたいと思ったものの、来週訪れるカレーの日は
チキンカレーであることが判明いたしました。

しかし、カレー自体が大変好評とのことですので、シーフード
ではありませんが、食べてみようと思っております。

栄養科のスタッフに聞いたところ、ルーだけではなく、スパイスや
香味野菜などをブレンドして作るとのことですので楽しみです。

食堂は、窓の外に広がる緑を眺めながら食事ができる環境と
なっております。

先日のブログではMSWの募集についてお知らせいたしましたが、
当院への入職を考えている方がいらっしゃいましたら、こちらの
食堂も一つの参考にしていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

医療ソーシャルワーカー(MSW)を募集しています。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

現在、当院では医療相談室のMSW(医療ソーシャルワーカー)を
募集しております。

医療相談室と地域医療連携室は同じ部屋にて勤務しており、お互い
の協力と連携のもとで成り立っている言わば一心同体の部署。

私としましても何かできることがあればと思い、ブログ内で告知させて
いただくことにいたしました。

ちなみに、今回の募集は欠員によるものですが、何か問題等が起きた
ということではなく、人生におけるおめでたい出来事が続いたことによる
退職、休暇を補うための募集です。

詳細につきましてはホームページ内の求人情報や、ハローワーク等の
情報を見ていただければと思うのですが、せっかくですので、私はその
ようなところで公開されていないことについてもご紹介したいと思います。

まず、職場内の雰囲気についてですが、これは手前味噌になってしまい
ますが、とても、いやかなり良いです。

例えば、誰かが「この日の午後、半日お休みいただきますね」と言えば、

他のスタッフが「あ、それなら午前の仕事は私がやっちゃうから1日休み
にした方がいいよ」と気遣い、

また他のスタッフが「私その前日の仕事やるから、せっかくなら連休に
しちゃえば?」と言い、

さらに他のスタッフが「じゃあ私は次の日の仕事やるから、いっそのこと
三連休にしてゆっくりしたら?」と提案する。

そんな協力的な雰囲気です。

仕事中にぎすぎすしたり、などということはまずありません。

私は転職により当院に入職いたしましたので、他の職場も経験しており
ますが、なかなかこのような雰囲気の職場はないのではないかと思います。

また、広くはないものの専用の部屋での勤務になりますので、落ち着いて
仕事に取り組める環境です。

当院の住所が手稲区の手稲金山ということもあり、通勤を心配される方も
いらっしゃるかもしれません。

しかし、地下鉄宮の沢駅とJR手稲駅より職員専用の送迎バスが出ており
ますので、ご安心ください。自家用車による通勤の場合は駐車場が確保
されております。

周囲は緑に囲まれており、確かに目の前にコンビニなどはありませんが、
実は国道5号線からもそれほど離れておりません。

目に優しい環境ということもあってかどうかは定かではありませんが、私は
入職後視力が向上しております。

当院は関東やハワイなどにも関連施設のあるIMS(イムス)グループの
一員のため、希望し条件が合えば、系列施設での研修や東京にて開催
される学会、大運動会などへの参加が可能です。

経験やお仕事の能力は大切ですが、それ以上にお人柄、周囲と協力していける
人間性を重視させていただきたい、とMSWの責任者も申しておりました。

地域住民の皆様や連携機関、そして何よりも当院入院中の患者様にご迷惑を
おかけすることのないよう、しっかりとスタッフを補充したいと考えております。

興味を持たれた方はぜひご応募ください。また、このブログをご覧の皆様より、
周囲の方々への情報提供をしていただけますと幸いです。

もしも、「ブログを見て応募しました」という方が面接にいらっしゃいましたら、
私佐藤は飲み物などをお持ちし、握手させていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

海の日、山の日、ランチの日。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

今月は海の日がありますね。祝日です。

そして先日、8月11日が山の日として祝日になることが
決まりました。2016年よりスタートするそうです。

休む時は休む、を佐藤的基本方針としている私としまして
は、祝日が増えることは大歓迎なのですが、よくよく考えて
みますとあることに気が付きました。

山の日ができたことにより、私の誕生月でもある6月だけが、
唯一祝日がない月になってしまったのです。

これは切ないなと思い、何か祝日になりそうな日はないもの
かと考えてみました。

そんな中、私が注目したのは夏至です。

一年で最も昼間の時間が長いというこの日こそ、祝日に
するべきなのではないでしょうか。

しかしただ単に夏至の日、などとしてしまっては面白みが
ありません。

そこで私は、夏至の日を『ランチの日』として祝日にしては
どうかと考えました。

昼の時間が長いため、様々なお店でいつもよりランチタイム
を延長し、その日限定のランチメニューを提供するのです。

または、朝から野菜を収穫しそれを調理して食べるというランチ
イベントを開催したり、ファミリー限定の割引ランチであったり、
全く面識のない人同士が集まってランチを食べる催しを行った
りすると良いのではないかと思います。

そうすることで、普段はなかなかゆっくりとランチを食べられない
人も余裕をもって昼食をとることができたり、家族の会話が増え
たり、新たな出会いが生まれたりすることにもつながるのでは
ないでしょうか。

ぜひ、祝日のない6月にランチの日を作っていただきたいものです。

祝日ではなくとも、来年の6月はランチの日を実行したい、もっと
他のランチイベントがある、そのような方がいらっしゃいましたら
佐藤までご一報ください。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ADL室。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は当院のADL室をご紹介いたします。

ADL室1 ADL室2

ADLとは「Activities of Daily Living」の略で、「日常生活動作」
のことです。

リハビリテーションセンターにあるADL室は自宅に近い環境に
設計されており、退院後の生活を想定した訓練が可能となって
おります。

洗濯や掃除、調理の他、写真の左側にありますドアを開けると
浴室があり、お風呂の訓練もこちらで行うことができるのです。

また、カーペット敷きだけではなく畳もあるため、和室での生活
を考えた上でのリハビリも実施しております。

事前にご連絡いただければ、ADL室内をご見学していただく
こともできますのでお気軽にお問い合わせください。

なお、当院ではこのような部屋を使っての訓練だけではなく、
カラオケや園芸なども取り入れ、その方に合ったオーダー
メイドなリハビリを行っております。

リハビリ科のスタッフが記事を書いている『リハビリ伝言板』
では、そのような取り組みの一部もご紹介しておりますので、
ぜひそちらもご覧ください。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

7月。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日より7月になりました。

いよいよ本格的な夏のシーズンです。

今年はエルニーニョ現象の影響もあり冷夏になると予想されており
ましたが、修正となり、例年並みの気温になりそうとのこと。

それどころか、もしかすると平年よりも暑くなる可能性もあるのだとか。

夏好きの私としては暑い方が夏らしくて嬉しいのですが、汗かきで
暑がりのため、体調面を考えますと大変な部分もあるのです。

例えば、

「汗かき・暑がり」⇒「大量の水分補給・アイスをたくさん食べる」
⇒「腹痛」

「汗かき・暑がり」⇒「寝る時も扇風機を使用」⇒「お腹が出ていて
腹痛」

「汗かき・暑がり」⇒「夏バテしないようにしっかり食べなければ」
⇒「お腹が出てきて体重増加」

と、いうような事態になってしまうかもしれません。

やはり何事も適度に、それでいて我慢はし過ぎず、適切に行う
ことが重要であると意識しながら夏を過ごしたいと思います。

今年は冷夏の予報で少し安心された方もいらっしゃるかもしれ
ませんが、修正となった今、しっかりと体調管理には気を付け
なければいけません。

適度に水分補給をし、節電を考えつつも適切に冷房器具を
使用し、健康に夏を乗り切っていただければと思います。

周囲ではちらほら夏風邪の話しも聞かれておりますし、脱水
や熱中症といった症状が増えてくる季節です。

体調に不安がある際には無理をせず、早目に医療機関を
受診することが大切かと思います。

当院の外来は現在のところ比較的待ち時間も短くなっており
ますので、お気軽にご来院ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク