地域医療連携室・医療相談室のblog

2015年01月の記事

週末のコンディショニング。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日、私は鼻水が大量に出ております。

鼻炎の季節にはまだ早いですし、あまり認めたくはありません
が、いわゆる風邪気味なのかもしれません。

熱はなく、その他の症状も今のところありませんので、これ以上
悪化することのないようにしたいと思います。

では、そのためにどうするか。

やはりしっかりと食べ、よく寝て、身体を冷やさないことではないか
と考えております。

私は明日、明後日とお休みですので、ちょうどよいタイミングです。

しかしながら、「あれもこれもとどんどん食べる」⇒「体重増加&腹痛」
とならぬよう気を付けなければいけません。

また、「とにかくゆっくり寝よう」⇒「寝すぎて翌日の夜に眠れない」
⇒「じゃあ起きてテレビでも見ていよう」⇒「そのままソファで就寝」
は症状の悪化につながりかねませんので、注意が必要です。

あるいは、「身体が温まるからお酒でも」⇒「栄養補給も兼ねてたく
さんのおつまみを」⇒「食べるものもいっぱいだしもう少し飲もう」⇒
「暑い暑い」⇒「薄着でソファで就寝」は絶対に避けねばなりません。

食べ過ぎず、寝過ぎず、温め過ぎず、ほどよく無理のないリラックス
でコンディションを整えたいと思います。

まだまだ寒い季節が続きますので、皆様も体調管理にはくれぐれ
もお気を付けください。

ちなみに、本日のブログタイトルで「コンディショニング」という言葉
を使いましたが、どことなくプロっぽい響きでよりやる気が出ました。

これからも、「最近は乾燥しているので喉のコンディショニングを」、
「春からのランニングに向けて足のコンディショニングを」などなど、
アーティスト気分、スポーツ選手気分で積極的に使ってみたいと
思います。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

朝のステップ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

私は毎日、自宅にてスーツを着用し、革靴を履いて病院
へと出勤しているのですが、駐車場に車を停めて職員用
玄関に向かう途中で、この季節ですとどうしても靴に雪が
付いてしまうのです。

敷地内はしっかりと除雪されているものの、やはり靴底へ
の付着は避けられませんし、その日の天候や積雪の状況
によっては足の甲の部分に雪がのっていたり、靴のサイド
に雪が付いているということもあります。

もし、そのまま何もせずに院内へと入ってしまいますと、
廊下に雪が落ち、それらが溶けてあちこち水滴だらけ
になってしまうのは間違いありません。

もちろん、清掃を担当するスタッフがこまめにモップがけ
を行っているため、いつまでもそのままということはない
のですが、やはり滑りやすいなどの危険が伴います。

院内の大多数のスタッフは診療開始前に着替えますので、
出勤時に靴も履き替えているのですが、私はそのままです
ので、いかに職員玄関で靴の雪をしっかり落とすかが最大
ポイントのなのです。

しかし、朝の時間は多くのスタッフが次々に出勤してくる
ため、玄関のマットの上でゆったりと靴の雪を落としている
という余裕はありません。

私自身、業務開始に向けた準備等もありますので、悠然
と靴を拭く、ということをしているわけにもいきません。

したがいまして、必然的にスピーディーな動きが求められる
ということになります。

尚且つ、同時に、靴底や足の甲、サイド、さらにはかかと付近
などなど、様々な場所に付いた雪を効率よく落とす必要がある
のです。

そこで、私はごく自然にですが、その場で足踏みをしたり、マット
の上を擦るように足を前後に動かしたり、つま先を立ててトントン
と振動を与えたり、あるいはかかとをつけてトントンしたり、右足は
つま先立ちで左足はかかと立ち、それを交互に足を入れ替えて、
などの動きをリズミカルに行っていました。

当初は何も考えなかったのですが、ふと、玄関のガラスに映る
自分自身を見て、あることを思ったのです。

まるで、タップダンスのようだ、と。

もちろん、私はこれまでにタップダンスをしたことはありませんし、
タップダンスとはどのようなものかについて詳しくは知りません。

タップダンスをする際の靴には「タップス」と呼ばれる金属板を
つま先やかかとの靴底に付けるようですが、私の場合は市内
の大型ショッピングセンターで購入した一般的な革靴でしか
ありません。

しかし、私なりには、職員玄関でのステップはタップダンスその
ものだったのです。

「これはもしかして、ダイエットに向けた新しい運動としてタップ
ダンスを取り入れることもよいのではないか」

そんなことを思いながら、しかし次に出勤してくるスタッフに
発見されては恥ずかしいため、チラチラと駐車場の方に目
をやりながらステップを踏み続けました。

あまりに駐車場方面に意識を向け過ぎたため、すでに出勤し
廊下を歩いていたスタッフに気付かず、不思議そうな目線を
感じたので結局恥ずかしい思いはしたのですが、靴の雪と
水滴はきれいになりましたし、新境地を開いたような気がして
佐藤的には満足だったのです。

さて、その後、私は仕事をしている中で、何気なく靴が視界
に入ってまいりました。

そして、ある違和感を覚えました。

何か汚れがついているのかとも思ったのですが、よくよく気に
してみますと、見た目だけではなく、履き心地も若干いつもと
は違うような気がします。

どうやら、私の革靴(右足)は負傷したようでした。

剥がれや、隙間ができ、力を加えるとぱかぱかと口を開いて
通気性が抜群になります。

これが職員玄関における佐藤的タップダンスによるものなのか、
はたまた大型ショッピングセンターでのセール品を購入したこと
が原因なのかはわかりません。

しかし、なんの準備もなく、普通の革靴でタップダンス(のような
動き)をするのはあまり良くないのかもしれませんし、スタッフを
驚かせないためにも、控えるべきとの結論に至りました。

本日は違う靴で出勤しており何の問題もありませんが、もしも、
今後皆さんが新たに負傷した私の靴を発見することがあった
場合には、「タップダンス(のつもりのステップ)はやめた方が
よいのでは」とご指摘いただけますと幸いです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

病院機能評価。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

皆さんは『病院機能評価』、というものをご存知でしょうか。

病院機能評価とは、第三者機関である「日本医療機能評価機構」
が中立・公平な立場から所定の項目に沿って評価を行い、その
病院が一定の水準を満たしているかどうかを判断するものです。

基準をクリアすると『認定病院』となり、安心・安全で、信頼と納得
の得られる医療サービスを提供すべく、常日頃努力している病院
であると認められたということになります。

当院は平成22年に初めて審査を受け、無事に基準をクリアした
ことから「認定病院」となっておりますが、その有効期間は5年間
のため、今年は更新審査の年なのです。

そして、まさに本日と明日、評価調査者 (サーベイヤー)が来院
され、審査を受ける予定となっております。

私自身も、面接審査や部署訪問などでお話しをさせていただく
ことになっておりますので、朝から若干緊張しているのですが、
日々の取り組みをありのままにお伝えしたいと考えております。

日頃より当院に通院されている患者様や、ご入院中の患者様、
そして面会にいらっしゃる皆様からすると、本日と明日は普段と
は少しだけ違った雰囲気を感じることもあるかもしれません。

しかし、診療におきましては通常と変わりませんので、どうぞ
ご安心ください。

また、病院機能評価の更新は質の高い医療を継続的に提供
させていただくことにもつながるかと思いますので、ご理解を
いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

広報誌『こもれび』の最新号を発行しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院の広報誌、『こもれび』の冬号が発行になっております。

今回の表紙は、広報誌の発行や編集も行っている「地域・
広報委員会」のメンバーです。

私は今年も地域・広報委員会の委員長を務めさせていた
だいているため、自ら登場しております。

本来であれば、前号に続いて夏号、秋号と発行していく
予定だったのですが、作成フォーマットの不備等があり
この時期になってしまいました。

しかし問題は全て解消されておりますので、今年は春夏
秋冬と季節ごとに年4回発行していく予定です。

なお、院内では外来ホールや図書コーナー、レントゲン
室前、売店と休憩
スペース付近にある掲示板、リハビリ
室前などに広報誌を設置しておりますので、ぜひ手に
取っていただき、どうぞご自由にお持ち帰りください。

またこちらのホームページ内、『広報誌』のコーナーでも
ご覧いただくことが可能です。

皆様、今年もイムス札幌内科リハビリテーション病院の
広報誌、『こもれび』をどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

新メンバーが増えました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

つい先日より、当院の医療相談室に新しい医療ソーシャルワーカー
(MSW)が入職となっております。

今回は増員による入職です。

新メンバーは病院での勤務経験はなく、MSWとしてお仕事をする
のは初めてとなっております。

現在は院内で様々な勉強をし、研修期間中といったところです。

今後は入院のご相談の際に、お電話にてお話しをさせていただく
機会も増えてくるかと思います。

不慣れな点やわからないことが多々あるため、皆様にはご迷惑
をおかけすることもあるかもしれませんが、どうかご理解とご協力
をいただけますと幸いです。

なお、ご挨拶のため、皆様のもとをお伺いさせていただくこともある
かもしれませんので、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

また、ご連絡が遅くなってしまいましたが、昨年9月よりグループ
病院であるイムス札幌消化器中央総合病院からMSWが1名、
出向という形で当院にて勤務しております。

よって、現在は地域医療連携室2名、医療相談室5名+育児
休暇中1名の体制です。

これまでとはメンバーが少し変わりましたが、しっかりと情報共有
を行いながら協力し合い、スムーズな医療連携と地域貢献をより
推進していきたいと考えております。

皆様、新しいスタッフと医療相談室、地域医療連携室を今後とも
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

スポーツにようかん。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

みなさんは『SPORTS YO-KAN』というものをご存知でしょうか。

そのまま、「スポーツようかん」と読みます。

私は先日テレビを見ていてたまたま知ったのですが、読んだ
ままに、スポーツをする際のエネルギー補給に適したようかん
のようです。

SPORTS YO-KAN+(プラス)、という商品に関しては片手で
絞り出しながら食べられるようになっているとのこと。

スポーツシーンでのエネルギー補給と言いますと、一般的に
はバナナやチョコレート、ハチミツなどが使われることが多い
かと思います。

それだけに、まさか和菓子であるようかんがこのような使われ
方をするとは驚きました。

どうやら甘さもかなり控えめになっているようです。

SPORTS YO-KANが今後一般的になってくるのだとしたら、
これまでにはなかった色々なSPORTS○○が登場するのかも
しれません。

例えば、SPORTS PIZZA。

冷めても美味しいチーズが入っているスティック状のピザです。
そのどっしり感でしっかりとしたエネルギー補給ができます。

または、SPORTS SUSHI。

酢の酸味が疲れを癒し、米によるしっかり食べた感も得られます。
ネタはお好みで色々と。一口サイズに丸めてあり、気軽に口へと
運べます。

あるいは、SPORTS SOFT CREAM。

暑い日には最高のエネルギー補給。単にアイスということでは
なく、あくまでもソフトクリームというところがポイント。

少し違ったジャンルから、SPORTS MABO DOFU。

中華が好きな方にはたまらない一品。辛さでパフォーマンスが
向上するかもしれません。

麺好きな方には、SPORTS RAMEN。

冷やした麺にドレッシングをかけて。ラーメンサラダ感覚ですね。

さらには高級食材から、SPORTS FUKAHIRE。

のどごし食感共によく、食べやすい上に、高級なフカヒレを食して
いるのだからがんばらなければと奮起できるかもしれません。

和のテイストで、SPORTS NIZAKANA。

あっさりと、それでいてよく味の染み込んだ煮魚を食べながらの
粋な運動。DHAを補給でき、頭にも良いのではないでしょうか。

他にはとにかくさっぱりと、SPORTS NASUNO IPPON ZUKE。

ナスを一本のまま豪快に。塩分補給にも最適です。

などなど、果たして本当にスポーツ時のエネルギー補給として
適しているかどうかは別として、アイディアだけはたくさん出て
きました。

ちなみに、ようかんは本来、1本、2本ではなく、1棹(ひとさお)、
2棹(ふたさお)と数えるのが正しいそうです。

そういえば、私がまだ社会人になりたての頃、仕事であるお宅に
訪問した際、「甘いものは疲れが取れるからようかん食べていきな」
と渡されたようかんは1棹丸ごとであり、すでに包装は取られて
いたため、手づかみでわさわさと食べたという思い出があります。

せっかくなので1棹という呼び方を使ってみました。

どなたかSPORTS YO-KANを食べたことがある、今ポケットに
SPORTS YO-KANが入っている、という方がおりましたらぜひ
ご一報ください。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

強風の中の帰宅。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ここのところ悪天候が続いておりますね。

昨日、一昨日と札幌でも非常に強い風が吹き荒れており、
当院から自宅に帰るまでの間にも様々なことがありました。

まず、手稲区内にて片側一車線の道路を走行していた
ところ、私の左側より何かが飛び出してきたのを発見。

「ビニール袋かな」と思い見ていましたら、なんとそれは
「ビニール傘」でした。

私は間一髪でかわしたものの、突風に流された傘は
反対側の車線へ。

対向車線にいた車はかわすことができず、ばりばりと音を
立てて傘は粉々になってしまったのです。

そしてその直後、私は信号のある交差点で左折をしよう
とし、前には一台の軽自動車がおりました。

その車は私と同じく左折を始めたのですが、次の瞬間に
激しい突風が巻き起こってしまったのです。

前を行く軽自動車は風にあおられ、路面がアイスバーンで
あったということも重なってか、曲がりながら大きくふくらんで
しまい、左折先で信号待ちをしている車列に向かって流され
ていきます。

私は危険を察知し、左折を止めてその場に留まったところ、
その車は何とか持ちこたえて本来の車線に戻り、事なきを
得ました。

その後しばらくして自宅が近づいてきた頃、私は、前方を
走る何台もの車が何とも言えないおかしな動きをしている
ことに気づきます。

何だろう、と思いながら走り続けると、なんと路肩に大きな
ゴミ袋がいくつか落ちており、そこから飛び出た空き缶など
が風に舞って散乱しているのでした。

車を運転していれば稀に空き缶が転がっていることもある
ものの、ここまで大量に、そしてあちこちで缶が舞っている
場面は見たことがありません。

缶を踏まないよう慎重に運転すれば、風に飛ばされた缶
が車にぶつかるかもしれません。

風に舞う缶をかわそうとすれば、次々と缶を踏み潰して
しまうかもしれません。

ぶつかりたくないし、踏みたくもない。もちろん引き返す
わけにもいかない。

そう思った私は、周囲の車に迷惑にならないよう小刻み
にハンドルを動かし、迫りくる缶の群れ達を何とか回避
したのです。

おそらく、私の後ろから来ていた車のドライバーからすれば、
前の車はおかしな動きをしているな、と感じたことでしょう。

そしていよいよ自宅が目前となった時、まさにホワイトアウト
状態となり、一時的に視界が著しく悪くなってしまいました。

それでも何とか住宅街を進んでいったのですが、今度は
雪の吹き溜まりができていて走りにくい状況に。

ようやく帰宅しほっとしたのも束の間、すぐさま雪すかしを
開始したため、心身共にぐったりとしてしまいました。

とは言え、事故などを起こすことはありませんでしたので、
ほっとしております。

まだまだ冬の季節は先が長いため、とにかく安全第一、
そして健康に気を付けながら過ごしたいものです。

本日現在ではやや天候も安定しつつあるものの、今夜も
油断をせずに帰宅したいと思います。

皆様もどうぞお気を付けください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

2015年の始まりに。

皆様、あけましておめでとうございます。地域医療連携室の佐藤です。

2015年の始まり (4)

2015年最初のブログ更新となります。

当院は昨日より通常の診療体制に戻っておりますので、外来
受診、入院のご相談等、いつでもご来院、ご連絡ください。

さて、私は例年通り、そして宣言通りに食べ飲みし、しっかりと
リフレッシュいたしました。

例年に比べればスーツのきつさはそれほどでもない、ような気
がしているのですが、まだ体重計には乗っておりません。

目標とする理想体重&体脂肪までの道のりはまだまだですが、
今年も歩き、時に走り、筋力を強化して精進したいと思います。

そして何より日々の業務におきましては、今年も皆様のお力
をお借りしながら、地域の皆様のため、スムーズな医療連携
の構築のために邁進したいと考えております。

もちろん、こちらのブログもこれまでと同様に更新を行っていく
予定です。

ブログの記事に関しまして、こんなことを取り上げてほしい、
あの時のような記事をもう一度、などなど、ご意見やご要望、
リクエスト等がありましたらお気軽にご連絡ください。

今年もたくさんの皆様とお会いし、お話しをさせていただけ
ますと幸いです。

また、直接の面識はなくとも、このブログを通じて一人でも
多くの皆様とつながることができればと思います。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク