地域医療連携室・医療相談室のblog

2015年07月24日の記事

湿度と温度。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

非常にじめじめとした日々が続いておりますね。

しかも、湿度が高いだけではなく気温も高くむしむしして
いるため、佐藤にとっては大変厳しい環境と言えます。

少し動いただけでまるでサウナにいるかのようにじっとり
と汗をかいたり、

午前中からすでにおでこや鼻やいたるところがてかてか
と光っていたり、

もっとエアコンの設定温度を低くした方がよいのでは…、
と環境に優しくない思いがわき出てきたり、

手に持っていた書類がしっとりとしているなと思ったら、
それは湿度のせいではなく佐藤の手汗が原因であったり、

付箋を貼り付けようと思ったらなかなか付かず、それは
湿度のせいではなく佐藤の手汗が原因であったり、

買い物の際にお札を出したらしなっとしており、それは
湿度や佐藤の手汗によるものではなく、身体に密着して
いた財布そのものがほっかほかになっていたことが原因
であったりと、様々なことが起きているのです。

やはり北海道らしく、そして夏らしく、からりと晴れた日々
が続く方が業務にも気持ちよく取り組めるのですが、はた
してこの後の天気はどうなっていくのでしょうか。

なお、エアコンの設定温度につきましては、やはり環境面、
そして同室のスタッフが寒くならないようにとの配慮から
適正温度を保ちたいと考えておりますが、てかてかや汗に
つきましてはなかなか対応が難しいかと思われます。

私が皆様とお会いする際には、湿度と気温の高さの象徴かの
ような見た目で登場することになってしまいますし、佐藤が
触れていた紙類におきましてはややしんなりとしていることも
多いかと思いますが、どうかご容赦いただけますと幸いです。

ここ最近の天気がいつまでも続くことはないでしょうし、
雨の日や曇りの日があれば必ず晴れる日もやってきます。

事実、本日は太陽も顔を出しておりますので、気分爽快な夏
の日々が訪れるまでは、「湿度が高いから喉にはいいことだ」
とヴォーカリスト気分でポジティブに乗り切る予定です。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク