地域医療連携室・医療相談室のblog

2015年09月の記事

予定していたブログです。

※本日はシステム障害のため予約投稿ができなかった、9月22日
に予定していたブログの内容を掲載いたします。シルバーウィーク
中の気持ちになって読んでいただけますと幸いです。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

別名、まだ新しい地域医療連携室の部屋に慣れていない
佐藤と申します。

本日のブログは先日お伝えしましたように、予約投稿に
よるものです。

さて、シルバーウィークも終盤となっている本日、皆様は
いかがお過ごしでしょうか。

私は今回の連休においては旅行などの予定はないため、
自宅にてゆったりと過ごし、且つ、だらだらとし過ぎない
ように努めている、はずです。

すっかり「シルバーウィーク」という言葉も定着した感の
あるここ最近ですが、こうなれば他のウィークも作って
みてはどうだろうかと佐藤は考えました。

特に、以前『海の日、山の日、ランチの日』、でもお伝え
しましたように、私の誕生月である6月のみが今後祝日の
ない唯一の月ということになってしまうため、何とか6月
に新しいウィークを設定できないものかと思うのです。

例えば、「ブロンズウィーク」。

ゴールデンやシルバーほどの連休ではないものの、6月は全て
の週が3連休というものです。

あるいは、ゴールデン以上の「プラチナウィーク」。

6月の前半、または後半の全てが祝日というものです。

または、さらに上をいく「ダイヤモンドウィーク」。

6月は月初の1日と月末の30日のみが平日で、他は全て祝日
というもの。

他には、「エメラルドウィーク」。

6月は祝日、平日、祝日、平日と1日おきに繰り返すというものです。

さらには、「サファイヤウィーク」。

1週目は1つの祝日、2週目は2つの祝日、3週目は3つ、4週目は
4つと増えていくもの。

少し変わったところで、「ルビーウィーク」。

サイコロを5つ振り、出た目の数によって6月の祝日の数を決める
というものです。

などなど、考えればどんどんアイディアは出てくるのですが、たとえ
祝日が増え新たなウィークができたとしても、やはり全ての方々が
休めるわけではありません。

当院のような医療機関、警察に消防、他の方々がお休みだから
こそ忙しくなる飲食業やサービス業の皆さんなどにとっては、
大型連休も何も関係ないのです。

本当に全てが休みになってしまったら大変な混乱が起きてしまい
ますし、観光関係の業種の皆様など、連休こそが収入面では大切
な期間になる方々もいらっしゃるかと思うのですが、昔のお正月の
ように、本当に最小限の機能のみが動いている連休があっても
よいのかもしれません。

色々なウィークを挙げましたが、今後6月にはぜひ、「なるべく
多くのみんなが祝日となるウィーク」の誕生を願いたいものです。

私は暦通りにお休みをいただけていることに感謝しながら、
そしてこのシルバーウィーク中も病院を守っているスタッフ
に感謝しながら、残りの休みを過ごしたいと思います。

…というような予約投稿を行う予定だったのです。

連休も終わった今読んでみますと、「次の長めの連休は年末年始
かぁ」という一抹の寂しさと、「最初にシルバーウィーク中の気持ち
で読んでいただきたいと書いたものの、書いた本人が何とも空しい
気分になるな」という微妙な感じと、「色々なウィークを想像して書い
てしまったな」という若干の気恥ずかしさとが入り混じっております。

また、念のためお伝えしておきますと、佐藤はとにかく休みたい
と思っているわけではございません。

日々の業務に対する熱意は溢れておりますが、やはり休む時は
休む、で心身共にリフレッシュすることが大切と考えております。

今回のシルバーウィークは充実していたのか、を自分自身に問い
ますと、「う~ん…」、という感じにはなるのですが、しっかりと英気
を養ったことは確かです。

また、投稿予定で書いた記事を無事皆様に見ていただくことが
でき、佐藤としましては大変晴れやかな気持ちになりました。

その気持ちを胸に、肌寒さに負けず、システム障害に負けず、連休
中に溜め込んだ脂肪に負けず、日々の業務に励みたいと思います。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

システム障害に関するお詫び。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

皆様、いつも地域医療連携室・医療相談室のblogをご覧
いただき、誠にありがとうございます。

実は、先週、18日(金)よりシステム障害が発生し、こちらの
ブログを見ていただくことができなくなっておりました。

また、閲覧だけではなく、投稿や書いたブログの内容修正もでき
なくなってしまい、その後はブログそのものにもアクセスできなく
なってしまったのです。

18日午前の時点では問題なくブログの投稿ができ、その際に
はシルバーウィーク中の22日に予約投稿をしますと宣言したの
ですが、夕方になってからはすでに障害が発生しておりました。

現在は無事に復旧し、こうしてブログをアップしております。

皆様には大変なご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
心よりお詫び申し上げます。

こちらのブログには現在、1日平均で約350件、多い日ですと
約1000件のアクセスをしていただいております。

中には、記事が投稿されるのを楽しみしているとのお声もいた
だいておりますので、宣言通りに予約投稿がなされなかったこと
に対し、とても残念であり、また申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、22日(火)に投稿予定であったブログの内容は完成して
おりますので、どこかの機会で必ず、皆様の目に触れるようアップ
したいと考えております。

また、万が一、皆様の周囲で「あのブログが見れなくなってるよね」
という話題が出ておりましたら、「今はもう大丈夫ですよ。またあの
調子で愉快なことも含め綴っていくらしいですよ」とお伝えいただけ
ますと幸いです。

これからも火曜、金曜と週2回のペースで更新を行ってまいります
ので、ぜひ、引き続きお付き合いください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

移転のお知らせ。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

本日はブログタイトルにもありますように、移転に関する
お知らせをさせていただきます。

と、言いましても、もちろん当院が移転するということではなく、
地域医療連携室が院内での引っ越しをすることになったのです。

現在、地域医療連携室と医療相談室は同じ部屋となっております。

しかし、MSWが増え、さらには地域医療連携室も増員し、かなり
部屋が狭くなっていたのです。

そんなことから、地域医療連携室3名が引っ越しをすることと
なりました。

移転先は…、

すぐ隣です(笑)。

これまで居宅介護支援事業所があった部屋が新地域医療連携室
となります。

また、居宅介護支援事業所はすでに先週末、当院2階にあります
リハビリ室の近くにある部屋へと移転いたしました。

私達の引っ越しは本日の午後です。

したがいまして、本日の午後以降、地域医療連携室に御用の方
は1階エコー室の隣にありますドアを開けていただき、突き当り
の部屋までお越しいただければと思います。

医療相談室の場所はこれまでと変わりありませんが、業務の効率化
を図るため部屋の壁を抜き、再び二つの部署を同部屋にする、など
の検討も行っているところです。

いずれにしましても、地域医療連携室、医療相談室共にこれまでと
同様、お互いが協力し、しっかりと情報共有を行いながら、スムーズ
な医療連携の構築と地域貢献活動に邁進してまいります。

移転した地域医療連携室、居宅介護支援事業所の場所がわかりにくい
場合は、お近くの病院スタッフまでお気軽にお声かけください。

なお、来週の火曜日はシルバーウィーク中ですが、今年のゴールデン
ウィークの時と同様、予測のブログを予約投稿にて行う予定です。
(※システム障害により投稿ができませんでした)

お休み中の方も多いかと思いますが、もしもお時間がありましたら
ぜひご覧ください。
(※システム障害により投稿ができませんでした)

新たな部屋となる地域医療連携室、そして医療相談室を今後とも
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

レントゲン検査の受付前。~秋バージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

現在のレントゲン検査の受付前ですが、ご覧のように
なっております。

レントゲン受付2015秋 (2) レントゲン受付2015秋 (1)

いかがでしょうか。

全てではありませんが、これらは当院検査科スタッフに
よる手作りとなっております。

私にはこのように繊細で想像力溢れる作品は作れません
ので、いつもこのコーナーをご紹介しながら、ただただ
感心するばかりです。

また、秋の肌寒さが少しだけ寂しく感じるこの頃ではあり
ますが、写真のような場面を見ますと心が和みます。

検査を受けられる方にとっても、これらを目にすることで
不安や緊張感が少しでも和らぎ、リラックスしていただく
ことにつながるのであれば幸いです。

なお、こちらのすぐ横にある掲示板では、様々なお知らせと
共に当院のパンフレット、無料送迎バスの時刻表、広報誌等
も設置しておりますので、どうぞご自由にお持ちください。

レントゲン検査の受付は正面玄関から突き当りまで進んで
いただき、左に曲がりますとすぐ左手側に見えてまいります。

ご来院された際にはお気軽に足を運んでいただき、ぜひ
ご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

陶器市と壺。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

あれはつい先日、私が市内のとあるショッピングモール
に行った時のこと。

店内を歩いていましたら、「陶器市」が開催されているのを
発見しました。

正直なところ、私はそこまで陶器に興味を持っているわけ
ではありません。

また、恥ずかしながら不勉強のため、「〇〇焼」というもの
がたくさんあるのは知っているものの、それらの何かどう
違うのか、どんな種類があるのかもよくわからないのです。

そんな私ですが、ちょうど陶器市が開催されていた階でもう
しばらく時間をつぶさねばいけない状況であったため、少し
見てみることにいたしました。

催事コーナーは結構な広さであり、商品を見てみると、茶碗
や平皿、湯呑みに醤油皿、ビールや日本酒を飲むグラスなど、
実に様々な種類があって、またデザインや風合いも色々な
ものが売られています。

私は、「なるほど、こんな器でお酒を飲んだり料理を楽しむ
というのも良いだろうな」などと考えながら見ておりました。

価格帯はかなり幅広く、数百円という大変お手軽なものから、
一つ数千円するものまであります。

陶器市はショッピングモールの一角で開催されていたため、
出入りは自由ですし、陶器を手に取ることも簡単で、どちら
かというと雑然と並べられており、レジの辺りに店員さんは
いましたが、きっちり管理しているという雰囲気は感じません。

私は、「この環境だと、器などを落としてしまうということは
ないのだろうか。あるいは、高価な器などは盗難の危険性も
あるのではないだろうか」などと考えながら歩を進めました。

すると、陶器市の一部で、ひときわ存在感を放っているある
ものを見つけたのです。

それは、大きな大きな壺でした。

私の身長などをもとに推測しますと、高さは80センチほど
もあろうかという大きな壺です。

その壺は他の陶器の器に混じるようにして同じテーブルに
置かれておりましたが、当然ながら溶け込むはずもなく、
かといって何かのケースに入れられているわけでもなく、
いたって普通にそのままの姿で置かれています。

私は、「これは一体何に使うものなのだろうか」という疑問
を持ちながら、同時に「果たして価格はいくらなのだろう」
という興味も抱き、大きな壺を観察いたしました。

しかし、どこにも値札のようなものは見当たりません。

「もしかすると、これはさすがに商品ではなく、陶器市を
盛り上げるためだけのものかもしれない」

私はそんなことを思い、壺の周りをぐるりと一周してみました。

すると、壺の真ん中よりやや上、くびれの少し下辺りに、小さな
シールが貼ってあるのを発見したのです。

そしてそのシールには、鉛筆で手書きしたと思われる価格が
書いてあります。

かなり薄めの文字であったため、顔を近づけてみてようやく
確認できました。

『定価 300万円』

さんびゃくまんえん…?

「うへぇええ!?」

私の口からは思わずそんな言葉が飛び出ました。

「ええ!?」ではなく「うへぇええ!?」です。

この、うへぇええ!?は「なんでこんなに高いのこの壺」のうへぇええ!?
であり、「こんなにさらっと300万円の壺を置いておいていいの?」の
うへぇええ!?でもあり、また「なんでこんなに高価な壺の値札が鉛筆
で手書きなの?」のうへぇええ!?でもあり、さらには「300万円って
すぐには気づかなかったから最初に平手でパンパン叩いちゃったよ」の
うへぇええ!?でもあったかと思います。

あるいは、「3,000,000円」じゃなく「300万円」なんだ…、という
表記方法に対するうへぇええ!?も含まれていたかもしれません。

何にしましても、誰でも自由に出入りでき、触ることもでき、
お子さん連れのファミリーも多数いらっしゃるそのショッピング
モールの陶器市に、300万円の壺は涼しい顔をしてさらりと
存在していたのです。

「お子さんがぶつかったりしてテーブルから落下したら、大変
なことになるなぁ、というか、自分がパンパンしたことでヒビ
でも入ったらエライことになるところだった…。」

私はそんなことを思いながら陶器市を後にいたしました。

そのショッピングモールでの陶器市はすでに終了したかと思い
ますが、今もどこかであの壺は売られているのでしょうか。

そして私と同じように思わず、うへぇええ!?と声を発して
しまった方もいるのでしょうか。

なれるものならば、定価300万円の壺を見て、「ほほぅ、
これは安いな一つもらおうか」と言えるほどの余裕を…、
いえ、「この作品がこの価格とは…!」と芸術の価値が
わかる大人佐藤になりたいものです。

芸術に詳しい方がおりましたら、ぜひご一報ください。壺の
違いなどについてご教示いただけますと幸いです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ダイエットの秋。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

またの名を、週間天気予報でもついに夏日の日がほぼなくなって
しまい焦りと寂しさを覚えている佐藤と申します。

8月のブログでは夏を実感し夏を惜しみ夏を引き止めるべく、後半
は4回連続で「夏」というキーワードをタイトルに入れました。

しかしこの気温、9月という事実、などなどを考えますとさすが
にもう夏を使うわけにはいきません。

泣く泣く、本日のタイトルには秋の文字を入れました。

非常に残念ではあるものの、前向きに考えますと、かなり
過ごしやすくなっているというメリットはあります。

同時に、運動を行うのにも適した気候になってまいりました。

運動と言えば、私佐藤はダイエット中であり、本来であればこの
9月という時期にはもっと体重や体脂肪が減っている予定で、
周囲の皆様より「やせた?」、「やせました?」、「やせたよね
絶対」と、やせたやせたの大合唱をいただくはずだったのです。

しかしながら、一部の皆様を除いてそのような声は聞かれず、
スリム佐藤にはほど遠い状態となっております。

なぜにこうなってしまったのか。佐藤的分析によりますと以下
のような原因が考えられました。

①冷夏のつもりでいたら思いのほか暑く、ビールが進んだ。

②冷夏のつもりでいたら思いのほか暑く、大事をとって運動を控えた。

③冷夏のつもりでいたら思いのほか暑く、夏バテしないように食べた。

④食べ飲みした理由を、この暑さだから、で片付けた。

⑤運動を控えた理由を、この暑さだから、で片付けた。

⑥最終的には暑さとか冷夏とか夏バテとか大事をとったとか云々では
なく、「夏だから」で片付けた。そして体重計にも乗らなかった。

と、一見しますとまるで気候のせいのように思えますが、冷静に考え
ますと全ては佐藤のメンタルによるものと言えます。

己の弱さを知り、自らの未熟さを痛感する、そんな初秋の本日です。

しかしながら、久々に測定した体重と体脂肪はそれほど増えては
おらず、ダイエット中のベストからの微増という程度にとどまって
おりました。

少しずつではありますが、筋力を付け基礎代謝を上げてきたこと
の効果が出ているのかもしれません。

また、ここ最近は一進一退を繰り返しているのかと思いきや、体重、
体脂肪共にそのアベレージは確実に落ちてきているのです。

外を気持ちよくウォーキングできる季節のうちにどんどんスリム
になるべく、今一度自分自身を律しながら、夏日がなくなったこと
を惜しむ佐藤改め、ストイック佐藤としてダイエットに励みたいと
思います。

佐藤を見かけましたら、「ヘイヘイ、どうしたどうした、全くやせてないぞ、
体重計に乗るのびびってるよ」という愛のこもった野次、または「いける
いける、ここからやせられる」という褒めて伸ばすためのメッセージ、
もしくは「あなたはやればできる子なんだよ」というやる気を出すための
言葉、などなどをかけていただけますと幸いです。

もちろん、「共にダイエットをがんばりましょう」という方、「今年の夏が
残していったもの、それは脂肪です」という方がおりましたら、心より
共感いたしますのでお気軽にご一報ください。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

医療講演会を開催いたしました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、札幌手稲工業団地協同組合様の本部会議室にて、当院の
作業療法士、丹野拓史による講演会『リハビリテーション
について
~より良く過ごすために存在する作業療法~』を開催いたしました。

丹野係長講演会

当日は参加された皆様の生活スタイルや一日の作業、それら
に対する気持ちなどを記入していただき、その結果からタイプ
別に分類するという試みを行っております。

参加者の皆様からは、この参加型の講演について大変ご好評
いただきました。

今回の講演が、皆様の健康の維持や増進のお役に立ったので
あれば幸いです。

また、当院の診療機能やリハビリテーション科の取り組みに
ついて知っていただく良い機会になったものと考えております。

ご参加いただいた皆様、会場使用や講演会の告知でご協力いた
だいた組合本部の皆様、ありがとうございました。

今回は手稲工業団地協同組合に加入されている企業の皆様向け
に開催いたしましたが、引き続き地域の会館や施設等でも講演会
を開催させていただきたいと考えております。

このような内容の講演が聞きたいなど、ご要望等がありましたら
お気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

ある日の自動販売機。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院では外来ホールや2階の廊下などに自動販売機
を設置しているのですが、その内、売店前にあるもの
につきましては「当たり付き」となっております。

飲み物を買うとルーレットが回り、4桁の数字が揃えば、
好きなものをさらに一本選ぶことができるのです。

院内で飲み物を購入する際は売店を利用することが多い
私ですが、この当たり付きの自動販売機が登場してからは、
もしかしたら、との思いを持ちながら利用する機会が増え
ておりました。

しかし、全く当たりが出ることはなく、また他のスタッフ
が買っているところを見ていましても当たっている様子
はありません。

先日、またその自動販売機を利用する機会があったのですが、
お金を入れボタンを押した後に、購入場面を数多く見てきて
いるであろう売店スタッフに聞いてみました。

「これ、当たっているところ見たことあります?当たって
いる人います?」、と。

その発言には、結構買っているのに全然当たらないよという
若干の怒りと、本当に当たることあるのかなこれ、という少し
の疑念と、みんなも当たってないよねそうだよね、という妙な
安心感を得たい気持ちが含まれていたことは否めません。

ところが、売店のスタッフは「当たってる当たってる」と言う
ので、なるほど他の人は当たっているものなんだなぁ、自分
は決してクジ運の良い方ではないしなぁと思っていましたら、
「いや、今当たってますよ」と言われ、振り返りましたら
なんと、2222と4桁が揃っていたのです。

まさかのタイミングで当たりが出ましたので、佐藤は
大変驚きました。

嬉しさよりも驚きの方が強かったものですから、60秒以内に
当たりの一本を選ばねばならないという状況に焦ってしまい、
とりあえず目に入ってきたミルクティーを選び、やっぱり炭酸
にすればよかったか…、と少しだけ後悔したほどです。

皆様、当たり付き自動販売機は当たります。

その後、廊下を歩きながら嬉しさがこみ上げてきた佐藤は
自部署でこのことを話したところ、なんと他にも2人当たって
おりました。

地域医療連携室・医療相談室は現在8名体制ですので、その
内の3人が当たったというのは結構な確率と言えます。

再度売店のスタッフに聞いてみましたら、2人続けて当たった
場面を見たこともあるそうです。

これまでは数字が揃っていくところを最後まで見つめている
のがどこか気恥ずかしく、その後ハズレだった場合には空しさ
も倍増でした。

そのため、若干立ち去り気味になりつつも数字をちらちら見たり、
出てきた飲み物をあえてゆっくりと取り出しながらルーレットに
目を向けたり、近くを通ったスタッフに話しかけて時間を稼いだり
していた私ですが、今後は真っ正面に堂々と立ち、力強く数字を
凝視したいと思います。

そして3桁まで揃いましたら、心の中で「きてます…!きてます…!」
と呟きながら当たりを祈りたいと考えております。

本日より9月になってしまいましたが、この小さな幸運を胸に、
日々の業務に励む所存です。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク