地域医療連携室・医療相談室のblog

2015年11月の記事

今年のKの報告。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

あれは、9月の終わり頃のこと。

出勤時に職員玄関より院内に入ろうとしたその時、私は
あるものを発見してしまったのです。

そう、それはこれまでに『コードK』『続・コードK』
『春のコードK』『K、現る』や、さらには『Kの季節』
『シーズンオフかと思いきや』など、これまで何度もブログ
内に登場し、もはや常連とも言えるKことカメムシでした。

それも、その大きさたるやまさにここ金山規格とも言うべき
ウルトラ特大ハイパー超巨大サイズであったのです。

本来であれば9月にKを発見すれば、まさかもう現れるとは、
という感想がまず浮かぶのですが、その時にはあまりに桁外れ
なサイズのことで頭がいっぱいになってしまいました。

しかも、その堂々たる姿は実に立派なもので、普段であれば
Kがいつ飛ぶかわからない怖さから通常の3.5倍速ほどの
速さでその場を離れる私ですが、あまりに悠然としているため
か、不思議と静かに眺めてしまったほどです。

あくまでも、あくまでも佐藤の想像によるものですが、そのKは、

「わしは、ここ金山のカメムシの主じゃあ。もう、何十年も
前から、そう、この病院が手稲鉱山病院ちゅう名前で呼ば
れていた頃からずーっとここにおる」

と言っているような気がしまして、

「変わったのう、この辺りも、この病院も。昔は、リハビリ
なんちゅうもんはほとんどないようなもんで、今みたいな
雰囲気はま~ったくありゃせんかった」

と語りながら、

「それが今やイムスのリハビリテーション病院、なんちゅう
しゃれた名前になって、聞けば道内のいろ~んなところから
リハビリのために患者さんが来てるなんて、変わったのう」

と続けつつ、

「山の緑と空の青さだけは昔とちっとも変らんが、もうわしも
若くはない。人間を見ては嬉しくて飛び回ってみたり、捕まえら
れそうになって威嚇したりしていた頃が懐かしいわい。今じゃあ
もうそんな元気もない」

と、山の方を見ながらただじっとしている姿がどこか寂しく、

「もう、次の時代の者に譲る時なのかもしれんのう。わしの父親
から受け継いだ金山の主という大役も、さすがにいささか疲れた
わい。もう、父親もきっと満足しとるじゃろう。これからは、次の主
のために知恵と力を授けてやらねばな」

などと言うことを考えているのではないかと思うほどに、達観した
雰囲気が醸し出されていたのです。

見たこともない巨大がKがなぜにこんなに早い時期に現れ、じっ
としていたのか、実のところは全くわかるわけもなく、当然ながら
佐藤が感じただけのことですが、なぜだか今シーズンはKの姿を
目にする期間はかなり短めでした。

もちろん、コードKの発令も大変少ない状況となっております。

にもかかわらず、一時期、本当に一瞬の間だけは外にたくさんの
Kがいたのです。

まさか、Kの主が後継者を探すために集合させたのだろうか???

などという想像を再び膨らませたりもするのですが、一体どう
いうことだったのでしょう。

私佐藤は注射と同様に虫を大の苦手としており、もちろんKも
とてつもなく苦手なのですが、なぜだかあまりにKの姿を見る
機会の少なかった今年は少しだけ、本当の本当に少しだけです
が、寂しいような思いにもなってしまうのでした。

それは、冬が苦手で雪なんて降らなくてよいのに、と冬期間は
思いつつも、春が来て最後の雪がなくなる瞬間に感じる一抹の
寂しさと似ています。

私が生粋の道産子ゆえの感情かもしれませんが、そうなると
どうやら今では金山っ子になりつつあるのかもしれません。

来年のKはどうなるのか、ちょっとだけ気になっております。

ちなみに、Kの主(あくまでも佐藤の想像)を発見し、その姿
を眺めていたことで、それでなくともその日はぎりぎりの出勤
であったことから、もう少しでタイムカードを目前に遅刻する
ところでした。

皆様も、Kを観察しての遅刻にはくれぐれもお気を付けください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

冬の始まり。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

いきなりの冬、ですね。

札幌では、昨夜までは全く雪の気配などありませんでした。

天気予報で雪マークこそ出ていたものの、けっこうな深夜に
なってから私が寝る前に外を見た時には、白いものなど少し
も見えず、安心して眠りについたのです。

ところが、今朝目覚めてカーテンを開けた瞬間には雪景色が
広がっておりましたので、大変驚きました。

と、言うよりも、遅刻しないかと焦りました。

急いで準備をし、普段よりも早めに自宅を出発しましたので、
ゆっくりと走っていても遅刻することなく無事に到着したものの、
久々の冬道運転に早くも若干の疲労がある本日です。

冬の始まりにはいつも、地下鉄通勤や近隣からの通勤に憧れます。

また今年も雪かき、いや、雪すかしのシーズンがやってきて
しまうのかぁ…、と今もなお降り続いている雪の粒を見ながら
頭の中でぼやいております。

ただ、不思議なことに、今朝外に出た瞬間に感じた冬の匂いには
嫌な思いなどなく、どこか清々しさと言いますか、きりりと澄んだ
冷たい風に気持ちが引き締まると言いますか、悪くない、いや、
こんな空気も良いものだな、などと思ってしまっていたのです。

夏をこよなく愛し、夏に愛されていると自分では思い込み、夏
には自身の全ての能力が1.75倍になると信じている夏好き
佐藤にはあるまじき心情と言えます。

生まれも育ちも北海道でここまできた佐藤ですが、そのような
気持ちになったのは初めてかもしれません。

これまで冬のメリットと言えば、苦手な虫がいない、という
ことくらいでした。

それがどういうわけか、ほんの少しだけですが冬に対しての
趣きを感じるようになったのは、佐藤が僅かながらもさらに
大人の階段を上ったということなのでしょうか。

今後毎日のように、寒さ、冬道運転、早起き、雪すかし、その
後の汗、が続いていくとまた冬への苦手意識が出てきてしまう
かもしれません。

しかし、できることならば冬とも仲良くなりたいとの思いは
ありますので、今朝感じた趣きと自身の成長を込めた句を
詠ませていただき、本日のブログとしたいと思います。

清澄か 冬ならではと 思ふ朝

皆様、どうぞ安全運転でご帰宅ください。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

もちつき大会。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週、先々週と二週にわたり、金山地区、稲穂地区それぞれ
の児童会館にて『ふれあい餅つき大会』が開催されました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

もちつき5 ???????????????????????????????

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

当院からは地域医療連携室のスタッフがお手伝いとして参加
させていただいております。

当日は地域の皆様や子ども達が大勢参加し、大変な盛況で
あったとのことです。

私は昨年参加させていただき、約20年振りのもちつきに
翌日は筋肉痛が残ったのですが、何よりもつきたての餅が
大変柔らかく、なめらかで本当に美味しかったことが一番
の思い出として残っております。

今年参加したスタッフに感想を聞いてみたところ、やはり
私と同様に感銘を受けたようで、とても美味しくいただい
たとのことでした。

餅を購入して食べることは簡単ですが、実際に自分でもち
つきをし、出来立てのものを食べる機会はそうありません。

このようなもちつき大会があるのは私達大人にとっても新鮮
ですし、地域の子ども達にしてみると伝統行事を体験でき、
大きくなってからも思い出に残る本当に良い催しと言えるの
ではないでしょうか。

当院は「稲穂金山活性化推進委員会」の一員になっている
ということもあり、地域の行事には積極的に参加、お手伝い
をさせていただいております。

これからも当院は地域の一員として診療を続けてまいります
ので、町内会での催し等々がありましたら、ぜひお気軽に
お声かけください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

風邪をひきました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ここ最近は比較的気温の高い日が続いていたものの、
この週末辺りにはついに冬が到来しそうな予報が出て
おりました。

私は先週末のうちに自家用車のタイヤ交換を済ませており
ますので、通勤等につきましては安心しております。

しかしながら日曜日より喉が痛く、現在のところ熱こそない
ものの若干のだるさに加えて鼻水と鼻づまりがあり、多少
の咳も出始めており、風邪をひいたと認めざるを得ません。

私のこれまでの傾向からいきますと、完全に「佐藤の風邪は
喉から」、ですので、嫌な予感がしております。

これが単に乾燥による喉の痛みであったり、

口を開けて寝ていたことによるものであったり、

通勤途中の熱唱によるものであったり、

業務中に色々な方々とお話し過ぎたためであったり、

急いでラーメンのスープを飲んだことが原因であったり
するのであればまだよいのですが、どうにも違うような
気がしております。

となれば、しっかりと栄養を摂り、たっぷりと睡眠を
とって一日でも早く回復させるのみです。

と、今この瞬間もキーボードを打つ手を止め、鼻をかんで
しまいました。

マスクを着用し、これ以上体調が悪くなるようであれば
当院の内科を受診の上、周囲への迷惑も考えてお休み
をいただこうとも考えておりますが、今のところは何とか
大丈夫そうです。

喉の痛みがあることから、かなり口数自体は少ない状態
ではあるものの、喉の炎症に負けないほど業務へのやる
気の炎は燃えております。

ただ、残念ながら現在の体調、身体のキレ、閃き、勘、喉
の調子、声の艶、今日の星座別運勢、などなどを総合的に
考慮しますと、ブログをご覧の皆様に納得していただける
ような文章は書けそうにもありません。

本日はこの辺りで失礼させていただきます。

周囲でもかなり風邪が流行ってきておりますので、皆様も
どうぞ体調にはお気を付けください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

お手伝い。~健康レクフェスタ~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、札幌市手稲老人福祉センター様の館内にて『健康
レクフェスタ』が開催され、当院は今年もそのお手伝いと
して参加させていただきました。

当院がこちらのイベントのお手伝いをさせていただくのは、
今年で4回目となります。

今回は看護師2名、リハビリスタッフ2名、地域医療連携室
1名が参加し、肺機能検査や血管年齢測定、背筋や握力の
測定などを担当いたしました。

健康レクフェスタ1 健康レクフェスタ2

当日は大変な盛況であり、地域の皆様の健康維持や増進の
お役に立てたものと考えております。

札幌市手稲老人福祉センター様では、毎月リハビリスタッフに
よる体操教室を開催しておりますので、当院のことをご存知
の利用者の皆様も多くいらっしゃったようです。

スタッフに対してお声かけいただく機会が増えているのは大変
嬉しいことですし、微力ながら地域に貢献できていることを実感
いたします。

また、直接皆様とお話しをさせていただくことで当院のスタッフ
が学ぶことも多々ありますので、イベントにご協力させていただく
ことは大変良い機会とも言えます。

当院では今後も地域貢献活動の一環として、今回のようなイベント
へのご協力を積極的に行っていく方針です。

当院でお役に立てることがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

インフルエンザの予防接種2015。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

朝からいきなりではありますが、宣言させていただきます。

わたくし、

本日、

注射を、

なんと注射をいたします。

そう、今年もやってきてしまいましたあの季節、インフルエンザ
の予防接種の時期なのです。

注射を大の苦手とする佐藤にとって、春の職員健診時の採血と秋
のインフルエンザの予防接種、半期に一度やってくる緊張の瞬間
が早くも到来してしまいました。

できることならば注射をせずに過ごしたい。

うがい手洗いを徹底的に行い、それだけで乗り切りたい。

気合いでどうにかなるのではないか。

なぜ、注射以外の方法がないのか。

などなど、様々な思いはあるものの、自身の感染により患者様や
スタッフに拡大してしまっては大変なことになりますので、やはり
医療機関で働く者として予防接種は確実に行わなければなりません。

もちろん、自分自身や周囲の家族の健康を守ることにもつながります。

そんなわけで昨夜、「よし、明日打とう!」、「打つぞ、明日!」、
「今日は打とうと思ってやっぱり止めたけど明日は打つ!」、「昨日も
同じように決意して今日は止めたけど明日こそは打つ!」と気合いを
入れ直したのです。

しかしながらいざ出勤してみますと、「まぁ~、院内的には11月中
の接種となっているし、まだ日はあるな…」などと若干気持ちが
揺らいでおります。

ただ、ここでずるずると先延ばしにしてしまいますと、例年と変わ
らずギリギリでの接種ということになってしまうかもしれません。

今年こそは注射に強い佐藤、

いえ、注射に動じない佐藤、

いえいえ、注射とも多少は分かり合えるNEW佐藤を目指したい
と考えております。

そんなわけで、これより外来にいざ出陣です。

腕に針が刺さる場面は決して目にいたしません。

ワクチンが体内に注入されていく様子の想像も全くいたしません。

どのくらいの痛みなのか、という予想は最もしてはいけないことです。

こんなことを書いていましたら、何やら腕の辺りがチクチク痛いよう
な気がしなくもないのですが、注射自体は僅かな時間で終わること
ですので、心を落ち着け、リラックスして接種してきたいと思います。

ドキドキしてまいりました。

毎回のことながら、処置室に呼ばれるまでは特に落ち着きません。

呼ばれたら呼ばれたで覚悟を決めつつも、緊張具合はMAXになる
ことでしょう。

皆様、このブログをご覧になった数分後に佐藤を見かけた場合には、
いつもとは違う何とも言えない表情でいることと思いますが、どうぞ
お気になさらないでください。

佐藤を見かけた際、やけに晴れ晴れとした顔つきであったり、いつも
以上にテンションが上がっている場合は、予防接種が無事終わった
ものとお考えください。

さて、それでは行ってまいります。

なお、当院ではもちろん一般の皆様への予防接種も受け付けて
おりますので、希望される方はお気軽にお問い合わせください。

佐藤と同様に注射を苦手にしている方がおりましたら、こちらの
ブログを読んで気を紛らわせていただくか、ご指名いただければ
全力で勇気づけさせていただきます。

インフルエンザの予防接種で健康な毎日を。

それでは。

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

自動販売機再び。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログ、『ある日の自動販売機』の中でもお伝えしまし
たように、私佐藤は院内にある当たり付き自動販売機にて
「2222」と2が四つ揃い、見事もう一本を獲得いたしました。

それまで「本当に当たるのだろうか」と半信半疑であった上に、
まじまじと数字を見つめていることがどこか恥ずかしく、ちらちら
と目線を向ける程度にとどめていた私ですが、当たりが出た
以降は堂々と正面から力強く見つめることにしております。

その後何本かを購入してみるも当たりが出ることはなかったの
ですが、ある日廊下を歩いておりましたら、

「今だ…!きてます…!」

と、佐藤的直感が働きまして、一度は通り過ぎた自動販売機の
前に舞い戻り、すぐに飲み物を購入しました。

じっ、と数字が揃っていく様子を眺めている、予定だったものの、
なんと購入した飲み物が引っかかっていてなかなか取り出せず、
引っ張ってみたり横にずらしてみたりしていたところ、何やらピコ
ピコ鳴っているため見てみましたら、「1111」とすでに四つの
数字が揃っていたのです。

佐藤的野生の勘が見事に的中したことに対する自分自身への驚き
と、60秒以内に当たり分の飲み物を選ばなければいけないにも
かかわらず購入した分の飲み物が引っかかったままであるという
焦りとが入り混じり、飲み物の取り出し口と選択ボタンとを交互に
見ながら屈んだり立ったりを繰り返してしまいました。

前回当たった際にはゆっくり考えるという余裕がなかったため、
視界に入ってきたミルクティーを選び、その後、やっぱり大好き
な炭酸にすればよかったかと少しだけ後悔した私。

購入した飲み物が取り出せないという状況ではあるものの、先日
と同じ失敗は繰り返しますまい、と冷静になり、炭酸飲料に目を
向けることにいたしました。

しかし、あろうことか、500mlの炭酸飲料はゼロカロリーの
ものしかないということが発覚したのです。

通常の炭酸飲料も売られているものの、その容量は350mlで
あったり、280mlと小さなサイズのものしかありません。

むぅ、カロリーゼロだと味がなぁ、

という心配と、

でもやはり500mlのものだよなぁ、

という迷いと、

ならば炭酸以外もありか、

いやいやしかし、

という思いとで心は揺れ動き、迷っている間にも選択のために
与えられた時間は刻々と過ぎていきます。

しかも、最初に購入した飲み物は挟まったままです。

ゼロカロリーか、500mlか、

炭酸か、NO炭酸か、

ゼロか、500か、

カロリーか、大きさか、

味か、量か、

う~ん、どうするか、え~いっ!

と、私はミルクティーのボタンを押していました。

炭酸…。またミルクティー…。

この選択につきましては、まるで質より量を取ったかのように思わ
れてしまうかもしれませんが、近年の佐藤的傾向としましてはどちら
かというと質重視となっていることを付け加えさせていただきます。

私はミルクティーもそれなりには好きなのです。

最近ではダイエットのことを考え、かつてよりは食べ飲みしないよう
にしておりますし、量が無くとも美味しいものを少量食べるのも良い
ものだ、と大人の階段をひとつ上っている感があります。

ただ、先日の夕食は私の好きな食べ物であったため、ついついテン
ションが上がって食べ過ぎてしまい、おかわりをし、少しだけビールを
飲み、などなどしておりましたら、直後にお腹が痛くなりまして、豊富
な経験を持つ佐藤の腹痛人生においても1番のピンチになりました。

ダイエットとは関係なく、大人の階段とも関係なく、質か量かの問題
ではなく、健康のためにもやはり食べ過ぎ飲み過ぎはよくありません。

ちなみに、後日、今後のことも考え、私は数年振りにゼロカロリーの
炭酸飲料を当たり付き自動販売機にて購入してみたのですが、大変
美味しいという結論にいたりました。

かつて私が抱いていたカロリーゼロの味わいとは全く異なっており、
進化しているなぁ、というのが正直な感想です。

ただし、美味しくいただけるのはあるメーカーのある種類のものだけ
ですし、私の個人的な見解としましては、ぬるくなってきてしまう前に、
しっかりと冷やした状態で飲むことをおすすめいたします。

前回は2が四つ、今回は1が四つで当たりが出ましたので、こう
なれば今後は他の全ての数字でも当たりを出し、ぜひともコンプ
リートしたいものです。

そして今度こそは数字が揃っていく様子をしっかりと見届け、
当たりが出た際には冷静且つ的確にゼロカロリーの炭酸飲料
のボタンを押したいと考えております。

自動販売機の前で数字を凝視している佐藤を見かけましたら、
ぜひとも温かく見守っていただくか、「当たれ!」「きてます!」
と共に声を出しながら強く念じていただけますと幸いです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ハロウィンご報告。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

前回のブログ、『今年も。~トリックオアトリート~』の中で、
10月30日と31日の2日間、私にトリックオアトリートと
言ってくださった方にはお菓子をプレゼントいたしますと
お伝えしました。

その結果をご報告させていただきます。

結果は…、

大変多くの皆様にトリックオアトリートを言っていただきました。

第1号は当院のスタッフで、廊下を歩いていたところ、すれ違った
時に「あっ!」と足を止め、「トリックオアトリート!」と実に爽やか
に言ってくれたのです。

その瞬間、佐藤は「良かった、朝からスーツのポケットにチョコを
入れておいて」、と安心いたしました。

その後は、ある連携施設の方がご来院されたのですが、何と
ご挨拶の際に「トリックオアトリート」を言ってくださったのです。

日頃よりブログを見てくださっているとのことでしたので、多少の
恥ずかしい気持ちがありながらも、大変ありがたく、そして嬉しい
気持ちになりました。

トリックオアトリート具合によってはお菓子の個数を増量いたします
ということを宣言しておりましたが、残念ながらこちらにつきまして
は該当される方はおりませんでした。

具体的にお教えしますと、声の感じの他、アクション、テンション、
イノベーションなど、様々な部分を総合的に見させていただきまして、
チョコの個数を増やしていこうと考えていた次第です。

そういった意味では、第1号となったスタッフのすれ違いざまの
トリックオアトリートも斬新でしたし、あるスタッフがそ~っとドア
を開け佐藤を確認しながらのささやくようなトリックオアトリート
も惜しいところではありました。

いずれにしましても、ハロウィンを通じて皆様とお話ができました
ので、大変楽しい2日間であったと感じております。

年々ハロウィンが盛り上がっていくにつれ、仮装での行進やそれ
に伴うゴミ問題などが出てきているようですが、マナーを守りつつ
楽しく過ごすというのが一番ではないでしょうか。

普段より医療連携やチーム医療といったところで、院内、院外の多く
の方々とお話をさせていただく機会が多いのですが、このような企画
を通じて人と人とのコミュニケーションを楽しく図るというのも、様々な
連携を円滑に進めるためには大きいのではと感じております。

今年は大変ご好評いただきましたので、ぜひ来年のハロウィンも
同様の、もしくはさらにパワーアップした企画を実施したいと早く
も今から考えているところです。

トリックオアトリートを投げかけてくださった皆様、スーツの上着の
ポケットにチョコを入れておいたことで佐藤の熱により若干溶け
気味であったのが申し訳ないのですが、ありがとうございました。

佐藤としましても、朝から動く度に左右の両ポケットがガサガサと
音を立てていたり、妙な膨らみを作り出していたりする中、これで
誰からも何も言われなかったらどうしようと心配しておりましたが、
ほっとしております。

むしろ、最後には「チョコが足りなくなるのでは」、「まさかの追加
購入か…」と違った心配をしておりました(笑)。

引き続きこちらのブログをご覧いただき、また来年のハロウィン
企画の際にも多くの皆様にご参加いただけますと幸いです。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク