地域医療連携室・医療相談室のblog

2016年05月の記事

広報誌『こもれび』の最新号を発行しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院の広報誌『こもれび』の最新号が発行になっております。

今回の表紙は広報誌内のコーナー「旬な食材de健康」を担当して
おります、栄養科のスタッフです。

早いもので、広報誌を一新してから今回で7回目の発行となりました。

外来ホールには最新号だけではなくバックナンバーも設置しておりますが、
その数がだんだんと増えていくのを見るのは、広報誌の発行を担当しており
ます私としましても嬉しい限りです。

また、前回発行時にもお伝えしましたように、広報誌を手に取り、お持ちに
なる方も増えておりますので、楽しみにされている方もいらっしゃるのでは、
と思うとより紙面作りにも力が入ります。

とは言いましても、院内のスタッフのみで協力して作っているものです
ので、中には読みにくい部分などもあるかもしれません。

しかし、少しでも皆様に楽しく読んでいただき、それでいてためになる
広報誌を、との思いで今後も発行してまいりますので、ぜひご覧ください。

広報誌は外来ホールや図書コーナーの他、レントゲン室前や売店の近くに
ある掲示板、リハビリ室前などに設置しております。

また、当院ホームページ内にあります『広報誌』のページでも同様のもの
をご覧いただくことが可能です。

次回は8月頃の発行を予定しております。

このようなことを取り上げてほしい、などがありましたら、院内に設置
してありますご意見箱等へお気軽にご意見をお寄せください。

皆様、今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院の広報誌、
『こもれび』をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

職員健診2016。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

昨日は職員健診の実施日でしたので、私も諸々の検査等を受けました。

これまでもブログ内にて再三お伝えしてきましたように、私佐藤は
採血をとてつもなく苦手としております。

昨日も、いえ、一昨日より、いや、先週より何とも落ち着かない思い
でおりましたが、昨日午前のうちに無事採血を終えましたので、本日
は実に晴れやかな気分です。

しかし、一番大切なことは血液検査のみならず他の項目もですが、
問題のない結果となるかどうかなのです。

ここ数か月は特に食やダイエットについての意識が低めに推移して
おりましたので心配なのですが、何もないことを祈っております。

さて、そんな私ですが、昨日、採血が嫌だ嫌だとぼやいていたり、
不安な表情でおりましたら、色々なスタッフから「何かイメージと
違いますね」、「そういうの全然平気そうですけどね」というような
言葉がたくさん聞かれました。

自分自身としては、幼少の頃より採血や注射や針は苦手中の苦手で、
ず~っとそのままで大人になったものですから、特段おかしなことでは
ないのですが、身近な周囲のスタッフからすると違うようです。

周りのスタッフからすると佐藤のイメージは、

「あぁ、そういえば今日採血か。じゃあ今から行ってくるわ」

と、まるでコンビニにでも行くかのようにさらっと実施できる
のではと感じているのか、

あるいは、「よーし、今年もバンバン抜いてもらうぞ~!」

と、むしろ採血を歓迎ムードなのではと思われているのか、

または、「いやぁ、もう昨日から眠れなくて…。楽しみだなぁ、採血」

と、睡眠に影響が出るほど楽しみな一大行事として捉えているのでは、
というイメージなのか、

他には、「採血苦手な人いないかぁ?いたらその人の分まで採っていけぇい!」

と、他のスタッフの身代りをするほどの男気溢れる熱血漢と考えているのか、

実際のところはスタッフが私をどう見ているのかはわからないのですが、
一つだけ言えることは、「注射という注射は全部苦手」が佐藤の真実、
ということなのです。

しかし、見るからに注射を苦手としているような外見や雰囲気、というのも
佐藤的には本意ではありませんので、「意外」と思われている方が良いの
かもしれません。

ただ、もしも佐藤が眠れないほど採血を楽しみにしている人物だったと
すれば、検査結果以外の部分で大丈夫か、と心配されそうですが(笑)。

何にしましても、自身の健康を維持するためにも、健康診断は大切です。

確かに私は採血が苦手ですが、万が一周囲に大の得意としている方が
いたとしても代行を頼むようなことはいたしません…、たぶん。

皆様も日頃から健康への意識を高めると共に、年に一度は健診を
受けられることをおすすめいたします。

当院で実施している健康診断について、ご不明な点等ありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

サッポロサタデースクール事業。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、当院の近隣にあります手稲西中学校にて、サタデースクールが開催
されました。

サタデースクールは札幌市が行っている事業であり、学校や地域、様々な
人材が協力することで土曜日ならではの学習支援、地域人材活用、企業
連携、体育振興を実現し、地域の教育力の向上を図り、学校と地域の連携
の仕組みを整えることを目指すというものです。

今回は『走り方教室とストレッチ教室』ということで、陸上競技アスリートの
仁井有介さんによる走り方の指導、その後に当院のリハビリスタッフ(PT:
理学療法士)によるストレッチ指導を行いました。

サタデースクール1 サタデースクール2

サタデースクール3 サタデースクール4

当日は最高気温が29度という暑さの中、運動会が迫っている小学生、陸上部
の中学生、地域の方々や関係者など約70名の皆さんが参加されていました。

仁井さんは現在A-bank北海道に所属されて、スプリントやかけっこのコーチを
担当されています。

元々はハイテクACに所属していた短距離のアスリートであり、世界ジュニア
陸上で日本代表に選ばれたり、全日本実業団陸上の100メートルで優勝経験
のあるスゴイ方です。

そしてその仁井さんの100メートルのベストタイムはなんと、10秒34、
とのこと。

驚きです。

実は私も中学生の頃、他の部活に所属していながら100メートルや走り幅跳び
の選手として陸上の大会に出場していたことがあります。

お腹まわりの脂肪が全くなかった当時は、中学校1年生の時に100メートルを
12秒台で走っており、私の地元の街では中体連で3位までは入賞したことが
あるなど、本気で陸上に取り組もうかと思ったほどでした。

その後、他の部活との掛け持ちもよろしくなかったのか怪我をしてしまい、陸上
一本ということにはならなかったのですが、そのまま続けていたとしても、そして
今のように脂肪たっぷりにならなかったとしても、やはり10秒台で走ることは
できなかったかと思います。

10秒台で走るということは本当にすごいことなのです。

そんな仁井さんの指導は実にわかりやすく、爽やかで、時に笑いあり、時に激励
あり、そして最後まで飽きないような工夫が随所に盛り込まれており、たくさん
参考になる部分がありました。

サタデースクール5 サタデースクール6

また、陸上とは直接関係がないようなゲームも、実はスタートダッシュに向けた
集中力の訓練につながっていたりと、ユニークな内容でもあったのです。

走り方教室の後は体育館に移動し、当院の理学療法士によるストレッチ指導を
行いましたが、参加された皆さんからは「身体が軽くなったような気がする」、
「怪我防止やクールダウンのことを学べて良かった」と大変嬉しい感想がたくさん
聞かれましたので、ご協力させていただいて本当によかったと感じております。

サタデースクール7 サタデースクール8

当日の模様は手稲西中学校で発行しているサッポロサタデースクールだより
そして仁井有介さんのブログでも紹介されていますので、ぜひご覧ください。

スーツで参加していた私は走ることはなかったのですが、久々のグラウンドや
体育館、そして皆さんの走る姿にテンションが上がり、日課のウォーキング時
にかなり走りましたところ、現在は筋肉痛祭り開催中となっております。

皆様も身体のケア、怪我の予防、そして熱中症にはくれぐれもご注意いただき、
運動をお楽しみください。

当院では今回のような地域貢献活動を積極的に行っておりますので、リハビリ
スタッフ以外でもお役に立てそうなことがありましたら、ぜひお気軽にご一報
いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

5月、夏。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は気温がかなり上がっております。

ここ札幌では本日の最高気温が27度の予想で、夏日になりそうです。

明日などは29度という予想が出ており、5月にして早くも真夏日を
記録するかもしれません。

私は昨日、一昨日と東京に出張中でしたので、滞在中は夏の強い
日差しとぬるい風を感じてきたのですが、こちらに戻ってきて涼しく
感じるかと思いきや、暑いです。

夏好き佐藤としては嬉しいことなのですが、急な温度変化への対応
には気を付けなければいけません。

冷たいものをとり過ぎてはお腹を壊してしまいますし、身体を冷やし
過ぎてもお腹を壊してしまいます。

また、日頃よりこちらのブログをご覧の皆様であれば、この後の佐藤
的思考回路もおおかた予想がつくことかと思いますが、夏日などの
気温になることで、ついつい、ビール…、アイス…、休日は昼間から…、
とダイエットや健康管理上よろしくない思いになってしまうのです。

暑い日はこれからどんどんやってきますので、「5月のうちからもしか
すると真夏日だ、夏だ夏だワッショイ」と喜び過ぎて気を緩めることの
ないよう、ほど良く食べ、適量を飲み、しっかり運動したいと思います。

暑さを得意としている方、苦手な方、様々かと思いますが、皆様も
どうぞ健康管理にはお気を付けください。

特に、暑くなることで心配なのはやはり熱中症かと思います。

こまめに水分補給をするなどし、体調に不安がある際などはお早めに
医療機関を受診するようにしてください。

今年の夏がどのような夏になるのかはまだわかりませんが、佐藤として
はやはり夏らしい夏、にどうしても期待してしまいます。

暑さに負けずむしろ暑さを楽しみながら、これからの夏を乗り切りましょう。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

講演会を開催しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、近隣にある金山会館にて、当院の作業療法士による講演会
を開催いたしました。

今回は、金山地区の老人会である「金山金寿会」様よりご依頼を
いただき実現したものです。

金寿会1 金寿会講演会2

当日のテーマである「認知症」についてはどなたも興味のある内容
であったようで、当日参加された約40名の会員の皆様は大変熱心
に聞いておられました。

また、講演の途中では頭を活性化するための体操なども行ったのです
が、その際には皆様から多くの笑い声も聞かれるなど、終始和やかな
雰囲気の中で講演は進み、無事終了となりましたので、企画を行った
私としましてもほっとしております。

講演終了後には多くの質問があり、その答えを聞きながら皆様大きく
頷きつつメモを取られておりました。

今後の健康維持や増進に向け、少しでもこの講演がお役に立てたの
であれば大変幸いです。

金寿会の会長様からはすでに次回もぜひお願いしたい、との打診を
いただきましたので、今後も開催したいと考えております。

当院では、様々な職種のスタッフによる講演会や体操教室、相談会
や健康イベントなどを地域貢献のために行っておりますが、それらは
全て費用等はいただかない無料での開催です。

今後も地域の皆様のために当院がお力になれることがありましたら、
積極的にご協力させていただきたいと考えておりますので、ご要望が
ありましたらお気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

つっぺ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

これまでにもお伝えしてきましたように、私佐藤は鼻炎持ちですので、
春先などは特に鼻水が出てきてよく鼻をかんだり、鼻がつまってしまい、
どうにかして鼻通りをよくしたいと苦戦することが多くなります。

すると、鼻を強くかみ過ぎてしまうためか、鼻に触れる機会が増えるため
なのか、鼻の粘膜が弱っているからなのか、様々な場面で時に鼻血が出て
しまうのです。

「ふんっ」と鼻をかんだ後にふいにティッシュに目をやると、白いはずの
ティッシュが赤くなっていたり、鼻づまりを解消すべくあれこれ試している
うちに鼻水が垂れてきたかと思いきやそれは鼻血であった、というような
こともあります。

つい先日もお風呂に入っている時に顔を洗い、「ふぅ、さっぱりした」と
目を開けて鏡を見たところ、爽快な気持ちとはかけ離れた状況であり、
右の鼻から流血しておりました。

またある時は洗面所にて顔を洗い終えた後に目を開けると、ほんの数十秒
前までは白であった洗面台回りのあちこちが赤くなっていて、「えぇ!?」と
相当驚いたのですが、その原因は洗顔中に出てきた私の鼻血でした。

顔が日々オイリーになることから、ついつい洗顔料を豪快に泡立ててゴシ
ゴシと洗ってしまうのですが、鼻のためにも優しく洗顔しなければいけない
と反省しております。

あまりに強く洗うのはお肌にもよろしくないようですしね。

ところで、鼻血が出た時に活躍するものに、『つっぺ』があります。

私もよく装着しますし、先日のブログ「きてます」の中でも普通につっぺと
いう表現を使っていたのですが、実はこれ北海道の方言なのだそうです。

全く知りませんでした…。

小さな頃から当たり前に使っていましたし、方言というのはおそらくそう
いうものなのでしょうが、もしも道民以外の方が見ていたら、先日の記事も
「つっぺ??」という感じだったのではないでしょうか。

北海道の方言と言えば「なまら」や「ゴミを投げる」などが有名ですが、
つっぺのように日々の生活の中で何も気にせずに使っている方言が
まだまだありそうだなと思いました。

当院はIMS(イムス)グループの一員ですが、本院や関連施設は関東に
たくさんありますので、そちらのスタッフと関わる機会も多々あります。

もしもそのような時に「いや~、昨日鼻血が出てしまって、つっぺを詰め
ながら仕事してましたよ」などということをうっかり口にすると、「…それ、
何??」となってしまうことは間違いありません。

あるいは、「さっき運転中に鼻血が出てきたからつっぺをしたんだけど、
あまりにフィットし過ぎてもはや鼻の一部になっちゃって、うっかりその
ままコンビニに行ってしまったよ」、と恥ずかしい体験を話しても、「それ、
どういう状況??」となってしまうのです。

しかしながらつっぺという言葉はどこか愛くるしく、少しばかり愉快で、
鼻血が出てしまった驚きや焦りを多少なりとも和らげてくれるような、
良い方言だな、と個人的には感じております。

佐藤は採血を始め、血液を見ること自体を苦手としておりますが、そんな
私でも「つっぺ」と心の中で呟くことで、ふっと緊張がほぐれるような気すら
するのです。

恒例の職員健診、そして採血が近づいてきておりますが、つっぺという言葉
を心に留めつつ、乗り切ろうかなとも考えております。

皆様の中でつっぺをよく使うという方、つっぺ以外の表現の仕方を知っている
という方、つっぺが何かよくわからないので使い方をぜひ知りたい、という方、
つっぺを作ることにかけては右に出る者がいない、という方がおりましたら、
佐藤までお気軽にご一報ください。

本日も鼻に関する症状は続いておりますが、つっぺのお世話にならぬよう、
ソフトに鼻をかみたいと思います。

皆様も鼻のかみ過ぎにはどうぞご注意ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

春の敷地内。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は久々に、当院の敷地内の様子を少しご紹介したいと思います。

写真をご覧ください。

春の風景2016の1 春の風景2016の2

春の風景2016の3 春の風景2016の4

いかがでしょうか。

正面玄関前など、あちこちではチューリップがきれいに咲いております。

また、「ひだまりの小径」の愛称で知られる敷地内の遊歩道周辺の緑も
鮮やかになってまいりました。

菜園の方はまだまだこれからといったところですが、今年も様々な野菜や
果物などを育てていく予定となっております。

当院のこの環境は患者様やご家族様からも大変ご好評いただいており、
リハビリの一環や余暇活動として敷地内を歩かれる際にも、花や野菜達
の生育を楽しみにされている方も多いようです。

先日は連携医療機関の皆様が来院され、その際に敷地内の様子も見て
いただいたのですが、この環境に大変驚かれておりました。

札幌市内においては貴重とも言えるこの恵まれた自然環境は、しっかり
と管理し、守っていかなければいけませんし、今後もリハビリなど診療面
においても大いに活用したいと考えております。

これからの季節はますます敷地内が色鮮やかになり、多くの野菜や草木
で賑やかになってきます。

お見舞い等でご来院される皆様はもちろん、近隣にいらっしゃった際にも
お気軽にご覧ください。

今後も敷地内の様子をご報告したいと思います。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

うっかり4周年。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

ワタクシ、うっかりしておりましたが、5月1日にてこのブログ
がスタートしてから4周年を迎えたのでした。

いつもブログをご覧になってくださっている皆様、直接お声かけ
いただける皆様、まだお会いしたことはないもののご覧いただ
いている皆様、全ての皆様にあらためて感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。

4周年だった~!!と気付いて何かイベントでも、と思ったのですが、
よくよく考えましたら毎年この日はやってきますので、その都度〇周年
記念をやっていてはキリがないような気もいたしました。

また、「佐藤は〇周年記念や〇〇回記念を良い機会とし、楽に記事を
書こうとしているのではないか。手抜きでは!?」と思われてしまって
はどうしよう、との心配も若干ですがあるのです。

ただ、私自身にとってみれば、また1年、また1年とブログを続けて
いる年数が増えていくことはすごいことだと感じておりますし、その間
読んでくださる皆様がいることで続けることができておりますので、心
からたくさんの感謝の気持ちをお伝えしたいと素直に思っております。

ですので、大きな記念イベントはないにせよ、やはり毎年5月には感謝
をお伝えすると共に、記事を掲載したいと考えている次第です。

決して記事のネタに困った、などということではありません(笑)。

4年と言いますと、産まれたばかりの赤ちゃんが走り回るようになり、
しっかり会話もできるようになる年月ですので、やはりすごいことだな
と思います。

近年では記念の記事を書く際などに画面左にある「過去の記事」欄を
見て、「うわぁ、いっぱい書いたものだなぁ」と毎回思うのです。

時間を見てちょこちょこと書いたり、さっと仕上げたりという感じ
ですので、日本語が間違っていたり、おかしな表記もあるかと思い
ますが、それでも読み続けてくださる皆様がいるのは嬉しくもあり、
よくぞこの文章をと不思議でもあり、もっとがんばろうという思い
にもなり、私にとって、このブログは大切な存在になっています。

これからも私は私なりに、少しでも皆様のお役に立てるよう、佐藤
らしさ全開で書いてまいりますので、引き続きお付き合いいただけ
ますと幸いです。

ちなみに、昨年のハロウィンイベント以降、「そろそろ何かやらない
のですか?」というようなお声も聞かれますので、どこかのタイミング
にて、ブログを通じた何らかのイベントを開催したいと考えております。

イベントの際はぜひお気軽にご参加いただければと思いますので、
どうぞお楽しみにお待ちください。

それでは、今後ともこちらのブログをよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

真っ只中。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

※本日も前回に続き事前に書いた予約投稿の記事となっております。

本日はゴールデンウィーク真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年のゴールデンウィークは土日や祝日がお休みの方であれば、2日(月)
や6日(金)に休暇を取ることで最大で10連休となるようです。

私は4月の後半と現在は3連休中ですが、昨日や今週金曜日は通常と
変わらず出勤しております。

もしも10連休であったとしたなら何をしたいか、そんなことを少し
考えてみました。

①旅行に行く。

真っ先に思い浮かぶのはやはり旅行なのですが、佐藤は基本的に激しい
人混みは苦手としておりますので、GWなどの最も混み合う時期に観光へ
出かけるのはどうしようかな、と迷ってしまいます。

②インドアに徹する。

旅行とは全くの逆になりますが、とにかくあえて家から一歩も出ないという
取り組みです。食材を買い込み、寝ても覚めてもゲームに明け暮れる
などが考えられ、魅力的ではあるのですが、何とも不健康でもあります。

③短期集中で減量する。

GWと言えば佐藤につきものなのは体重&体脂肪の増加ですが、あえて
ここで試合前のボクサーかのように減量し、休み明けにお会いする皆様
やスタッフを驚かせようというものです。

あまりにやり過ぎてしまいますと心配されてしまうかもしれません…。
が、飲食の誘惑との勝負に勝てるかと言われれば自信もありません…。

④ブログを書きまくる。

長い休みを利用してとにかくこちらのブログ記事を書くというものです。
休み明けからは1日3回更新できるほどの記事を書き溜めます。

また、大長編にも挑戦し、アクションあり、恋愛ものあり、スペクタクルあり、
推理あり、ホラーあり、時にほっこりとした家族の物語あり、熱血スポーツ
ものあり、ハードボイルドあり、さわやか青春ものあり、時代ものは知識に
乏しくて難しいですが、文学的なものもあり、などなどとにかく創作に打ち
込むのです。

それを読んで喜んでくださる方がいるのかどうかも微妙ではありますが、ここ
までブログに集中してしまいますともはや佐藤は何者なのかがわかりません。

⑤普段ではなかなか行わないことを体験する。

例えば、茶道、華道、香道、書道、などの伝統芸能に触れるなどがあります。

しかしながら、茶道につきましては肝心のお茶よりもお菓子のことをとにかく
気にしてしまいそうですし、華道については鼻炎のため鼻がムズムズしてきそ
うですし、香道は鼻づまりのため楽しめそうにないですし、書道は自身の字の
汚さを再認識してがっかりしてしまいそうですので、佐藤には適さないのかも
しれません。

⑥時間のかかる料理に挑戦する。

日頃は食べる専門の佐藤ではありますが、この機会に料理、それも時間が
かかるものを作ってみようというものです。

肉の塊を買ってきて赤ワインに漬け込みローストビーフを作る。

鶏がらにとんこつ、野菜や昆布や鰹節などでスープを作り、チャーシューも
手作りし、タレを絶妙に配合してオリジナルラーメンを作る。

蕎麦の実を挽き、手打ちで麺を仕上げ、じっくり寝かせた「かえし」を元に
蕎麦つゆを作ってそばの香りと喉越しとつゆの奥深さを楽しむ。

玉ねぎを飴色になるまで炒め、スパイスを調合し、お酒や香辛料に漬け込んで
柔らかくしたチキンを入れ、チョコレートやコーヒーやハチミツを隠し味にして
徹底的に煮込み、寝かせてまた煮込み、煮込んでまた寝かせ、コク深くじんわり
と辛さが広がる特製カレーを完成させる。

書いているだけでお腹が減りますが、時間をかけて作った結果がもしも失敗
だったら…、と考えるとこわいものがあります。

⑦普段はまず見ない時間帯や内容のテレビ番組を見る。

深夜や朝方など、平日にはまず見ることのない時間帯に放送されている
番組や、番組表を見て「いったいこの番組はどのような方が見るのだろう…」
と思ってしまう内容のものを、あえてひたすら見るのです。

「むぅ、この番組は…」という内容のものですと、時間が時間だけに眠く
なってしまう可能性が高いように思われます。

と、いうことでいくつか書いてみましたが、結果的にはインドアのものが
多くなってしまいました。

現段階の佐藤としては、あまり表に出ることを好んでいないようです。

本当に10連休があったとしても、実際にこれらを実行するのかはわかり
ませんが、今回の3連休はゆったりと過ごしたいと考えております。

最初に書きましたようにこのブログは予約投稿によるものですが、本日
3日は、佐藤は地元に帰省中です。

生まれた街の空気を感じ、リフレッシュしてきたいと思います。

「⑦」、辺りは実行するかもしれません。

もしも、「こんなにレアな番組を見た」、という方がいらっしゃい
ましたら、ぜひ連休明けにご一報いただければと思います。

皆様も残りのゴールデンウィークをお楽しみください。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク