地域医療連携室・医療相談室のblog

2016年11月の記事

第54回ていねっと&忘年会。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、『第54回地域連携ていねっと』が開催されました。

地域連携ていねっとは、手稲区や周辺地域で医療・介護・福祉関連のお仕事
をされている皆様が相互に理解を深め、「より顔の見えるスムーズな連携」を
目指すために開催されており、今年で9年目になる会です。

今回は勉強会として9施設からの病院、事業所紹介の後、そのまま少し早い
忘年会が開催されております。

当日は約80名ほどの皆様が参加されており、いたるところでご挨拶や名刺
交換が行われるなど、大変活気のある会となりました。

ここで一点ご報告なのですが、実は、この度、私佐藤はていねっとの幹事を
務めさせていただくことになったのです。

ブログ内でもお伝えしてきましたように、私はこれまで2度ほどていねっとの
中で講演をさせていただいているのですが、携わらせていただいた期間は
ていねっとの長い歴史の中で僅かでしかありません。
(『ていねっと』にて講演いたしました』:1回目)
(『ていねっと』にて講演いたしました』:2回目)

幹事就任のお声かけをいただいた時には、本当に私でよいのだろうか、という
思いがまずありました。

現在のていねっとの幹事を務めている方々や、これまでに務めていた方々を
見ると、そうそうたる顔ぶれが並びます。

私が関わることでお役に立てる部分があるのだろうか、そんな迷いもあった
のですが、せっかくの機会ということもありお受けすることに決めたのです。

これまで同様、自身で講演などを行う機会もあるでしょうが、今後はていねっと
の運営や企画といった部分にも大きく携わっていくことになるかと思います。

毎回、多くの関係者の皆様が参加されている会であり、ていねっとが果たす役割
は非常に大きいものと認識しておりますので、自身の経験やアイディアなどをフル
に活用し、さらなる発展に向けて全力で取り組んでいきたいと考えている次第です。

今回の忘年会では、最初に乾杯と就任のご挨拶を簡単にさせていただきました。

私のことを初めて見たという皆様もたくさんいらっしゃるかと思いますし、私も
お話しをしたことのない方々が多くおりましたが、顔と名前だけでも憶えていた
だけたのであれば幸いです。

最後には幹事それぞれより一言ご挨拶をさせていただいたのですが、参加されて
いた皆様の真剣な表情を見て、私もお話しをしながらこれからしっかりとがんばって
いかなければと気持ちを引き締めておりました。

忘年会の最中には、初めてお会いする皆様とご挨拶をしたり、情報交換を行う
などし、また、日頃よりお世話になっている連携機関の皆様ともゆっくりお話し
をするなど、大変良い時間が過ごせたと感じております。

特に、連携機関の皆様とは、日頃なかなかゆっくりとお話をする機会があり
ませんので、お酒の席で少し深いお話しや、医療や業務とは直接関係のない
話題でも盛り上がることができたのは本当に良かったです。

特に、佐藤としましては、先日J2優勝とJ1昇格を決めた北海道コンサドーレ
札幌の今年の戦いぶりと、来季に向けた補強、そして劇的な試合について
大いに語ることができたのは楽しい時間でした(笑)。

楽しいお話し、真面目なお話し、色々でしたが、あらためて感じたのは、本当
に素晴らしい皆様が近くにいる中で日々の業務や連携ができているのだなと
いうことです。

これからもこの良い関係性を続けていき、さらに発展、進化させ、良い診療や
スムーズな医療と介護と福祉の連携につなげていければと考えております。

ていねっとに携わる全ての皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

真冬日、そして真冬日。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

非常に寒い日が続いております。

ここ札幌でも11月としては5年振りとなる真冬日を観測し、さらには昨日、
一昨日と17年振りとなる連続真冬日になるなど、記録的な寒さです。

東京では初雪を観測したようなのですが、なんと、11月としては実に
54年振りのとのこと。

この数年、定期的にブログを更新しておりますが、随分と〇〇年振りという
ことをたくさんお伝えしているような気がします。

これがスポーツなどの記録であれば、それは快挙であり、素晴らしいこと
なのですが、天候ということになりますと、大丈夫かな…と不安になって
しまうのは私だけでしょうか。

やはり異常気象と言いますか、普通ではないことがここ最近は多いような
気がするのです。

地球の温暖化始め、様々な部分でこれまでとは違う環境や状況になって
いることが大きいのかもしれません。

早く冬が来た分、早く冬が終わるのであればまだよいのですが、寒くなる
だけ寒くなって、さらにはいつまでもそれが続きなかなか春がやってこない
という事態だけは避けたいところです。

私は真夏日は好きですが、真冬日は苦手としておりますので、ここ最近は
「寒いなぁ」という言葉は頻繁に使っておりますし、「いやしかし寒いな」
という思いは常に頭の中にありますし、「うわぁ~、寒っ」と思ってしまい
ますので、天気予報もなるべく見たくないという気持ちになっております。

ただ、今年は秋がほとんどなく冬になってしまった印象ですので、「どうして
こんなにいきなり寒いんだろう」などということも思っていたのですが、その
影響もあってか今回はコードKが発令されるということが全くなく、カメムシ
達の姿を目にする機会は極端に少なかったのです。

そういった意味では、早めに寒くなるということも、悪いことばかりでは
ないのかもしれません。

異常気象を心配する気持ちはありますし、早く春が来てほしいという気持ち
はすでに今からあるのですが、私の力でどうにかなるものではもちろんあり
ませんので、せめてここは前向きにいきたいと思います。

寒さも、凍った路面も、雪も嫌いですが、雪国で生きるものとして、冬を
楽しみ冬を味方にしたいと考えている次第です。

まぁ、具体的にどうやって?と聞かれれば、言葉に詰まるのですが(笑)。

近年では寒い日に温かい食べ物を食べることや、温かい飲み物を飲むことの
楽しさをわかってきた大人佐藤でもありますので、その辺りにヒントを得ながら、
日々模索したいと思います。

皆様の中で、冬の楽しみや冬の醍醐味がある、こんな冬の過ごし方をおススメ
したいという情報がありましたら、ぜひ佐藤までご一報ください。

なお、ウインタースポーツにつきましては、スキー、スケート共に滑ることは
できますが、ここにきて再び始めるには色々とハードルが高くなりそうです
ので、ご遠慮いただきたいと思います。

できれば、美味しい冬の楽しみ方や、笑える冬の楽しみ方、暖かく過ごす冬の
楽しみ方などを教えていただけますと幸いです。

もちろん、冬のない地域や場所へ招待していただけるなどは最も嬉しいこと
ですので、いつでもお待ちしております(笑)。

そんな冗談はさておき、寒い日が続き、これからは早い寒さではなく本格的な
寒さの訪れとなってしまいますが、皆様どうぞ体調にはお気をつけください。

私も咳だけが多少残ってしまっていた風邪もようやく完治となり、一安心
ではありますが、体調が整ったところでいよいよインフルエンザの予防接種
を受けねばならず、必要なことではあるのはもちろん理解しているのですが、
何とも微妙な思いと相変わらずの緊張感を持って接種日を決めようと考えて
いるところです。

毎年恒例となりました、佐藤のインフルエンザ予防接種ドキュメントにつき
ましては、後日ブログ内にてお届けしたいと思います。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

空床情報です。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

当院のベッド状況についてお知らせいたします。

現在、回復期リハビリテーション病棟、一般病棟共に空床があり、大変
迅速なお受入れが可能です。

転院先をご検討されている患者様がおりましたら、ぜひご相談ください。

ご連絡いただきましたら、お受入れが可能かどうかの判断は早ければ
当日中、もしくは翌々日にはご返答させていただいております。

また、当日中のご入院についても、当院にて対応可能な患者様であれば
即日のお受入れが可能ですので、まずはご連絡ください。

当院では、医療相談室のMSWが転院のご相談やご紹介をお受けしております。

どのような疾患であれば回復期リハビリテーション病棟に入院することが
可能か知りたい、入棟までの期限が短い、自宅に戻ることができそうにない、
などの場合にもお気軽にお問い合わせください。

雪が降る日も多くなり、路面が凍結することも増えてきましたので、転倒して
骨折される方が多くなるなど、これからは特に回復期リハビリテーション病棟
の対象となる疾患が増加する季節です。

しかし、当院では昨年に回復期リハビリテーション病棟を増床したことから、
患者様が増える冬期間にもあまりお待たせすることなく、迅速なお受入れを
継続できるものと考えております。

なお、当日中のご入院等、緊急のご依頼につきましては当日の外来担当
医師まで直接のご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

もちつき大会2016。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週の土曜日、そして先々週の土曜日と、金山、稲穂地区それぞれの
児童会館にて『ふれあい餅つき大会』が開催されました。

%e9%87%91%e5%b1%b1%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a2 %e9%87%91%e5%b1%b1%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a1

%e9%87%91%e5%b1%b1%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a4 %e9%87%91%e5%b1%b1%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a3

%e7%a8%b2%e7%a9%82%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a1 %e7%a8%b2%e7%a9%82%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a2

当院は町内会に所属しており、また稲穂金山活性化推進委員会の一員
でもあることから、この数年は毎年お手伝いとして参加しております。

今年も、金山、稲穂双方のもちつき大会において、当院の地域医療連携室
のスタッフが参加させていただきました。

毎年恒例となっていることからも、当日は大変な盛況だったとのことで、
小さな子ども達から小中学生、そして近隣住民の皆様達が大勢参加され、
外の寒さを吹き飛ばすほどの熱気があふれていたとのことです。

地域医療連携室のスタッフも、もちつき前の準備に始まり、実際にもちを
ついたり、こねたり、配膳をしたりと、色々な場面でお手伝いができたよう
ですので、僅かながら参加された皆様のお役に立てたものと考えております。

そして、自身でついたもちを食べての感想としては、「なめらかで本当に
美味しかった」とのことでした。

私も、以前参加させていただいた時には全く同じ感想だったのですが、やはり
つきたてのもちは本当に美味しく、もっと色々な人達にもこの違いを体験して
もらいたいなと思ったのを覚えております。

また、大変嬉しいのは、このような行事に当院のスタッフが参加すると、
地域の方々より、「イムスさんは毎回顔出して手伝ってくれるね、助かるよ」
というお言葉や、「イムスの病院もすっかり地域住民と同じだね」と言って
いただけることです。

この地域で診療を行い、地域の皆様の健康を守っていきたいと考えている
私達としては、やはり地域と一体になり、地域の皆様と近い距離で、自分達
も地域の一員でいることが大切と考えております。

今回のもちつき大会にしても、もちのつき方を教える役割を担っていたのは
比較的ご高齢の方々であり、次の世代やそのさらに次の世代でしっかりもち
のつき方を教えたり、こういった行事を継続していけるかどうかはわからない、
というお話を聞いたことがありました。

日本独自や、日本伝統の行事がなくなくのは寂しいことです。

そして、つきたての本当に美味しいもちの味を、子ども達が知らないまま
大人になるということも寂しいことです。

当院が主に担うべきは当然ながら日々の診療ではありますが、やはり
このような時代だからこそ、病院も地域と深く深く結びついていくことが
大切なのではないでしょうか。

これからも、当院では地域で行われるイベントには積極的に携わっていき
たいと考えておりますし、当院でできることがあれば、どんどんご協力して
いきたいと考えております。

ブログをご覧の皆様で検討されていることがありましたら、どうぞお気軽に
ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

ただ今出張中です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

前回のブログでもお伝えしましたように、本日はグループ病院である
道南ロイヤル病院へ出張中となっておりますので、このブログは事前
に書いた予約投稿となっております。

現在の佐藤はまさに移動中、のはずです。

さて、道南ロイヤル病院があるのは「せたな町」なのですが、皆様は
ご存知でしょうか。

景観スポットとしての「三本杉岩」や「エゾアワビ」が有名な美しい
自然溢れる街なのですが、ここ札幌から向かうと、遠いです(笑)。

もちろん、この広い北海道においては、札幌から道東、または道北、
さらには道南でも函館市など、もっと遠い場所はたくさんあります。

しかし、それでもやはりせたな町までの道のりは、遠いのです。

佐藤がどのようなルートで道南ロイヤル病院まで行くのか、リアル
タイムな佐藤は今頃JRに乗っておりますが、その道のりをご紹介
したいと思います。

まずは、佐藤の自宅よりバス停⇒徒歩約5分。

次に、バス停より地下鉄駅⇒約20分。

続いて、地下鉄駅からJR札幌駅⇒約15分。

その後、JR札幌駅からJR長万部駅⇒約2時間20分。

最後に、JR長万部駅から道南ロイヤル病院⇒約1時間。

ということで、これらの純粋な移動時間と駅での待ち時間などを合計
しますと、自宅を出てから約4時間30分かけて目的地の道南ロイヤル
病院到着となるのです。

これを、東京への出張に当てはめてみましたところ、なんとも驚きの
結果が出ました。

自宅から東京(羽田空港)までは、約4時間で到着するのです。

つまり、北海道内を移動してせたな町に行くよりも、東京都へと行く方
が約30分ほど早く着いてしまいます…。

あらためて思います、北海道は広いなぁ、と…。

しかも、私佐藤はそこまで頻繁に東京へと出張に行くわけではありません
ので、新千歳空港へはかなり余裕を持って入るようにしており、上記の計算
はそれらも含んだ上での結果なのです。

ちなみに、当院から道南ロイヤル病院へ車で行くとすると、その移動距離は
約200kmあります。

これを東京駅から車で約200km進むとすればどうなるかと調べてみま
したら、福島県白河市や静岡県焼津市辺りまで行けることがわかりました。

さらっと県をまたいでしまっています…。

普段から北海道以外にお住いの皆様がこの事実をどうとらえるか、どう
思われるのかはわかりませんが、ずっと道民の佐藤でさえ、こうしてあら
ためて計算してみたり、具体的に当てはめて考えてみると、「なんだか
北海道ってすごい環境だな」と思ってしまうほどです。

しかも、計算した時間はあくまでも降雪や凍結のない、春~秋を前提とした
ものであり、冬期間であればもっともっと時間がかかってしまいます。

幸い、今回の出張時は天候も問題なく、大きな混乱はないままに進みそうです。

ただ、風邪からの体調が復活して間もないということもあり、おそらく佐藤
の身体や頭は睡眠を求めているものと思われます。

JRでの移動中にうっかり居眠りなどしてしまいますと、最終的には函館に
到着してしまい、そこから道南ロイヤル病院までは約120kmの道のりを
戻らねばなりません。

今回は会議参加のための出張ですので、移動中もしっかりと頭の中でその
準備をしながら、乗り過ごすことのないように向かいたいと思います。

と、言いますか、今頃の佐藤はそうしているはず、です。

そして長い移動時間の途中で疲れてしまった際には、時折車窓の外に
広がる海を眺めて目を休め、駅弁を食べてエネルギーを補給し、バッグ
に備えてあるおやつをそっと取り出してモグモグしたりしながら、道南
ロイヤル病院を目指したいと思います。

なお、明日の午後には同じ行程にて出張より戻り、17日(木)からは
通常勤務となる予定です。

道南ロイヤル病院の診療機能や体制、ご紹介を行う際の流れなど、何か
気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。

また、せたな町の名産品や観光スポットなどについても、知りたいという
方がおりましたらいつでもご相談いただればと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

味覚のありがたさ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週より風邪をひいておりましたが、ずいぶんと長引いたものの、ようやく
回復してきました。

ふと、昨年のブログを見返したところ、どうやら去年も11月の下旬頃に
風邪をひいていたようなのです。

と、言いましても、昨年はそこまでひどくなった記憶はなく、喉の痛みや
鼻の諸症状のみでした。

もしかすると、近年の佐藤にとって11月は注意すべき時期なのかもしれません。

今回ほどひどくなった風邪は約10年振りのことと先日お伝えしましたが、
色々と大変な症状はあったものの、この間、鼻づまりなどからくる炎症で、
嗅覚と味覚がほぼなくなっていたことは特にシンドイものがありました。

食べて飲んで元気をつけよう、と意気込んだところで、何を飲んでも何を
食べても味がしないのです。

これは食べることが大好きでもはや趣味とも言える佐藤にとっては、とてつも
なく厳しい事態でした。

どんなに美味しく作られた料理が目の前にあろうとも、その味は想像と、
これまでの経験から推測するしかないのです。

これだと何を食べても同じだな…。

などという思いになると、食欲もなくなってしまいます。

かと言って、「どうせ味はしないし栄養価だけ考えて食べるか」という思い
にはならず、職場でのお昼休みに昼食を購入する際などはやはり自分の
好きなものを選んでしまっているのでした。

まぁ、味はしなかったのですが…。

何も味がしないからということで、「よし、ならば栄養だってあるわけだし、
今なら匂いも感じないから、佐藤の唯一且つ永遠のライバルである納豆を
この機会に食べてやるか!」、とはならず、納豆を見かけると「うわぁ…」
と思ってしまうのは相変わらずでした。

まぁ、食べても味や匂いは感じなかったはずなんですが…。

よく料理は見た目も大切と言いますし、佐藤も全くその通りだなと思うわけ
ですが、でも何よりも大事なのは味だな、味がしないとどうしようもないな、
と今回は心の底から感じました。

味がしない間は、目を閉じるともはや何を食べているかなどまるでわからず、
その食感などから当てるしかないという状態でしたから、テレビ番組にて芸能人
がアイマスクをしながら小さなかけらの二つの食材を食べ比べ、どちらが高級か
を当てる、というあの状況が浮かんできたほどです。

今では味覚、嗅覚ともに通常のコンディションに戻ってまいりましたので、何を
食べても、何を飲んでも、しっかりとその風味を感じられます。

日頃は当たり前過ぎて何も感じませんが、食事を美味しくいただけるということは
本当にありがたいことです。

がぜん食欲の出てきている佐藤ですが、風邪をひいている間にいくらかでも体重
が落ちたかというとおそらくそれほどではないため、体調の向上と共に体重も右肩
上がりに急上昇していくことのないよう気を付けねばなりません。

しかし、寒さも厳しくなり、年末に向かって慌ただしくなってくる今日この頃、再び
の体調不良だけは絶対に避けねばなりませんので、ビタミンをどんどん摂取し、
食べて飲んでしっかり寝たいと考えております。

なお、次回のブログ更新日である15日(火)は、せたな町にありますグループ
病院の、道南ロイヤル病院へと出張中です。

こちらのブログは予約投稿にてお送りしたいと思いますので、ぜひいつも通りに
ご覧いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ハロウィン2016の結果。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログ『ハロウィン。~今年も開催トリックオアトリート~』 
にてお知らせしましたように、10月31日は佐藤的ハロウィンイベント
をささやかに行いました。

盛り上がり具合としましては…、まずまず、でしょうか(笑)。

あえて詳細は記さないことといたしますが、声をかけられ、お菓子を
プレゼントいたしました。

今年はチョコと、小さなせんべいをセットにしてお渡ししております。

どちらもハロウィン仕様の包装となっておりましたし、せんべいの方
はかぼちゃ味のものがあるなど、雰囲気を出すのには最適でした。

当日は、「そう言えば今年もやってるんですか?トリックオアトリート」
と声をかけていただいたり、「あっ、トリックオアトリート!」と通りすがり
に言われ、お菓子をお渡しすると「本当だったんですね!」と院内の
スタッフに驚かれたり、「もう上着のポケットは膨らみがないですか…」
と不安げに問われたりと、色々なアプローチがありまして、楽しく過ごす
ことができたと感じております。

残念ながらお菓子の個数を大幅に増やすトリックオアトリートはありません
でしたし、一日遅れという方もおりましたが、とにかくハロウィンらしさは多少
なりとも出せたのではないでしょうか。

朝から上着の両ポケットを膨らませ、動くたびにガサガサと音を立てていた
かいがあったというものです。

最近行われているような大掛かりなイベントではありませんが、このブログを
ご覧の皆様や地域住民の皆様や連携機関の皆様、院内のスタッフなどで少し
でも楽しい感じを共有できたのであれば幸いですので、来年もぜひ続けたいと
考えております。

なお、本日現在も体調は完全ではなく、声がおかしなことになっている佐藤
ですので、今度はトリックオアトリートではなく励ましのお言葉をいただけます
と幸いです。

今週も気温の変動がかなり激しいようですので、皆様も体調管理にはお気を
付けください。

また、体調に不安がある際にはお気軽に受診していただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

風邪をひきました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は月曜日ではありますが、ブログを更新いたします。

なぜなら、先週の金曜日にはブログを投稿できなかったためです。

毎週、火曜日と金曜日のブログ更新の日にはアクセス数が非常に多くなって
いるとの話をシステム担当者より聞いております。

楽しみにしてくださっている皆様、申し訳ありませんでした。

なぜ、先週の金曜日にブログを更新できなかったかと言いますと、私佐藤は
風邪をひいてしまったためです。

先週途中より、お休みをいただいておりました。

本日は出勤しておりますが、残念ながらまだ完全復活にはいたっておりません。

高熱にこそなっていないものの、37℃台の熱発を繰り返しておりまして、
鼻水、鼻づまり、喉の痛み、だるさ、などが続いておりました。

普段であれば、多少の風邪でも食欲は全く落ちない佐藤ですが、今回について
は食欲不振もあったほどです。

実に、このような風邪は約10年振りのことと思われます。

このまま完治となるよう、あとは無理をせず、しっかり食べてしっかり飲んで
しっかり寝るのみです。

簡単なブログとなってしまいましたが、本日はこれにて失礼いたします。

皆様も体調の管理にはくれぐれもお気を付けください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ありがとうございました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週の土曜日に開催した「健康祭」ですが、大変な盛況のうちに無事
終えることができました。

当日は気温も低く、非常に冷たい風が吹く中での開催ではありましたが、
大変多くの皆様にご来院いただき、参加された皆様の人数は過去最高と
なりました。

昨年、一昨年に続きご出演いただいた「ミシェーラ室内アンサンブル」の
皆様の演奏は今年も素晴らしく、会場にいた院内保育所の子ども達に
向けた曲を披露してくださったり、全員で歌える曲もあるなどその場にいた
全ての人が一体となり、大きな盛り上がりをみせました。

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e6%bc%94%e5%a5%8f%e4%bc%9a1 %e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e6%bc%94%e5%a5%8f%e4%bc%9a2

骨密度の測定や体力測定では、皆様自身の実年齢と比べ一喜一憂されて
いたり、これを機に体力をつけていきたいと話される方もいるなど、皆様の
健康に対する意識を高める良い機会を提供させていただけたものと考えて
おります。

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e9%aa%a8%e5%af%86%e5%ba%a6%e6%b8%ac%e5%ae%9a %e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e4%bd%93%e5%8a%9b%e6%b8%ac%e5%ae%9a

午後からは講演会を行いましたが、薬剤師からのお薬についての内容に
加え、リハビリスタッフが腰痛予防についての体操も交えるなど、院内の
専門職がコラボレーションしての講演となりました。

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a1 %e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a2

参加された皆様は大きく頷いたり、元気に身体を動かされるなど、大変
満足していただけたようです。

また、恒例となりました手稲西小学校の展示会では、前日に掲示を始めた時
から、ご来院される皆様や患者様より大変な好評で、当日もその素晴らしい
作品に驚かれる方も多くいらっしゃいました。

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a1 %e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e3%82%8a%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a2

当院の菜園より収穫したじゃがいもと大根も、「毎年楽しみにしているんだ」
という声が数多く聞かれましたし、ていぬくんのさつまいもあんぱんも予定
していた100個全てがなくなりました。

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e5%a4%a7%e6%a0%b9%e3%81%a8%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82 %e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e3%82%8a%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%83%91%e3%83%b3

この数年は毎年参加される皆様の人数が増加しており、恒例の行事として
楽しみにしてくださっている方も増えております。

参加された皆様からは、当院の地域貢献についての考えや協力体制に
ついて共感できる、感心する、といった声も多くいただいておりますので、
本当に嬉しいことです。

当院では今回のようなイベントのみならず、地域の皆様のためにご協力できる
ことがありましたら積極的に携わらせていただきたいと考えております。

また、日々の外来診療や、リハビリ目的でのご入院などにおいても、身近
な医療機関として皆様のお役に立てればと考えておりますので、お気軽に
ご受診ください。

健康祭に参加された皆様、ポスター掲示などでご協力いただいた地域の皆様、
素敵な演奏と作品を提供していただいた皆様に心よりお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

これからもイムス札幌内科リハビリテーション病院をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク