地域医療連携室・医療相談室のblog

2016年12月13日の記事

大雪で思うこと。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週末、ここ札幌では記録的な大雪となりました。

24時間で降った雪は40センチ以上、積雪は60センチを超えるなど、
12月上旬としては実に29年振りのことだそうです。

北海道生まれ北海道育ちの佐藤としては、雪自体には慣れているものの、
この時期にここまでの状態になるのには驚きました。

週末は自宅前の雪かき、いえいえ、雪すかしを行ったのですが、すでに
雪を捨てる場所がありません…。

お願いしている排雪業者さんが来るのはまだ先のことですし、これ以上
雪が降ったら、とかなり不安です。

さて、そんな中、大雪の先週末から昨日までで思ったことや感じたこと、
行動したことや発言などがありますので、ありのままに綴ってみたいと
思います。

①心の準備が整っていない中での大雪のため戸惑った。

②朝目覚めてカーテンを開け外を確認した後、「寝ぼけているのでは」と
淡い期待を抱き、カーテンを閉めた後にもう一度開けて確認しがく然とした。

③1度目の確認で「えぇ~!?」との言葉がもれ、2度目の確認の際に「うへ
ぇぇ~!?」との言葉が出て、5分後に再度確認した時には無言になった。

④雪すかしをする度に汗でお風呂あがりのように髪の毛がビショビショになった。

⑤今年はこの数年で1番の運動不足であったため、雪すかしの最中に体力の
低下を実感した。

⑥雪すかしにより筋肉痛になった。

⑦こんなに雪が降るのは29年振りのことだし仕方ないと考えるようにして
気持ちを楽にしようと試みたが、29年って相当な昔だけど自分は何歳だった
のだろうと考えた時に、しっかり物心のついているそれなりの年齢だったという
ことに気付き、今の年齢を再確認し逆に気持ちが沈んだ。

⑧大変は大変だけどいい運動だ、と思いながら懸命に雪をすかして積み上げて
汗をかいてカロリーを消費したが、その後のビールが大変美味しかった…。

⑨交通障害や渋滞を考慮して昨日はかなりの早起きをしたが、自宅でしゃがんだ
瞬間にパンツが破れ、その後洗面所の排水トラブルにより床が水浸しになった。

⑩これは逆に何か良いことが起きる前ぶれかもしれないとポジティブに考え、
年末ジャンボ宝くじの購入を検討した。

と、色々なことを思ったわけですが、まずはとにかく今後の天気が心配です。

これからはあまり雪が降らずに楽な冬となるのか、それとも今回はまだその
序章で、さらなる降雪が続いてしまうのか。

様々な場所で混乱の起きた大雪ですので、ぜひともその分この後は静かに
過ぎてもらいたいものです。

まだまだ路面の整備が追いついていない状況ですが、私佐藤は日々車にて
通勤しておりますので、とにかく事故などには気をつけて慎重に運転したいと
思います。

佐藤的にも何かと大変だったここ数日ですので(特に上記の⑨など)、励まし
の意味を込めて宝くじをプレゼントしてくださるという優しい方がおりましたら、
何枚からでも喜んでいただきますのでぜひご連絡ください。

皆様、家族やご近所、職場などでお互いに助け合い、協力しつつ、この冬を
乗り越えましょう。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク