地域医療連携室・医療相談室のblog

2017年02月の記事

人事異動&新たな仲間が加わります。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日で2月も最後となります。

明日からは3月、ほぼ春となり、出会いと別れの季節です。

当院におきましては、私の上司でもある事務長がこの度の人事異動
にて、系列施設であります相模原ロイヤルケアセンターへと転勤する
ことになりました。

明日からは後任として、系列病院である道南ロイヤル病院より事務長が
新たに着任されます。

現在の事務長は、私の採用時の面接からお世話になり、地域医療連携室
の立ち上げを行い、大変お世話になった方です。

寂しさはもちろんですが、本当に当院からいなくなってしまうということが
今でも信じられません。

しかし、私は私で当院をより良い病院にするべく、しっかりと日々の業務
を行って、さらに発展させていかなければならないのです。

新たなステージでの挑戦へと向かう事務長を、微力ながら応援させていた
だくと共に、今後は一緒に働いていた期間で学んだことを確実に実践して
いくことこそが、恩返しになるのではないかと考えております。

明日からは新たに着任される事務長と共に、さらなる医療連携の構築を
行い、地域の皆様への貢献活動をより推進するべく、私は全力で日々を
過ごしていく所存です。

また、先日のブログ『医事課のスタッフを募集しております』でお伝えした
ように新メンバーの募集を行っておりましたが、こちらも決定しております。

私も書類選考から面接まで携わらせていただき、現在の当院の医事課に
最も適していると思われる方を採用させていただきました。

明日より勤務開始となりますが、医事課、医療関係での勤務歴はないこと
から、携わる皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。

しかし、人間性や向上心に優れている方と考えておりますので、医事課・
地域医療連携室全体で指導、育成、協力を行い、一日でも早く戦力に
なってもらいたいと考えております。

今年は多くの変化がある春となりそうです。

こちらのブログも良い部分は残しつつ、さらに皆様に楽しんでいただいたり、
よりためになったと思っていただけるようなリニューアルを行うのも良いの
かもしれません。

何かご意見等がありましたら、佐藤までお気軽にご一報ください。

患者様、ご家族様、地域住民の皆様、連携機関の皆様、そして当院に携わる
全ての皆様、あらためまして、明日より医事課の新メンバーをどうぞよろしく
お願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

春予想の的中、か。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログ、『今年も春予想』の中で、佐藤的には3月5日に春が
やってくると予想いたしました。

例年よりもかなり早めの大胆予想だったのですが、もしかしてこれは
現実になるのではないか、そんな気がしております。

最近のここ札幌では雪が降る機会も少なく、日々雪すかしに追われる
ということもありませんし、気温や場所によってはすでにアスファルトが
出ていて、楽に運転できる状態なのです。

来週の天気予報を見てみますと、かなり最高気温も高くなってくるよう
ですし、本当に早い雪解けとなるのかもしれません。

雪がなくなり、暖かくなったらぜひともやりたいことがあります。

それは、ウォーキングです。

まず最初にやりたいこと、やるべきことはウォーキングなのです。

歩きたいのです。

歩いて歩いて歩いて歩いて、汗を流して脂肪を落として体重も落として
筋肉は付けて、隠れマッチョ&スリム佐藤になるのです。

そうしなければ、再び太り続け、不健康になり、お酒も飲めなくなり、
佐藤は無になってしまうことでしょう。

もちろんそうなるわけにはいきませんので、しっかりと、本気で、気持ち
を込めて、心を整えて、心身共に、ダイエットに取り組むのです。

春になったらしたいこと、と書いていましたら、ついつい、花見⇒外での
焼肉⇒ビールも必要⇒ワインもね⇒地酒も、などといういつものパターン
になりかねないところだったのですが、今回はそうはいたしません。

むしろそれを楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ないのですが、
そのような佐藤的連想はまた次の機会といたしまして、まずはしっかりと
運動への意識を高め、考えたカロリーの摂取を実行したいと思います。

春が来なくとも、屋内で運動はできるのですが、やはり外でのウォーキング
は気持ちがよいものですので、とにかく一日も早い春の訪れを願っている
ところです。

ただ、ウォーキングをするには現在も続く多少の体調不良を早く何とか
しなければなりません。

ブログをご覧の皆様の中には、佐藤の体調話をしっかり読んでくださって
いる方もおり、ご心配いただくこともあります。

ご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、佐藤はまずまず元気です。

「まずまず元気」を「元気」にし、その後「かなり元気」につなげ、さらに
「ウルトラ元気」に発展させるべく、佐藤は薬を飲み、ビタミンCを多くとり、
身体を温め、ストレッチをし、栄養補給と十分な睡眠を心がけております。

鼻声レベルはまだまだ高い状態ですが、通勤中の車内ではハミングにて曲を
奏でることができるくらいまでは回復しつつある最近です。

このままの調子で完全回復させ、元気に春を迎えたいと思います。

佐藤的春予想が的中することを願いつつ、本日のブログはいまいちキレが
ない内容にて終わりとなりますが、ご了承ください。

皆様からの元気をちょっとずつ分けていただくべく、佐藤は両手を空に掲げて
次の一句を詠みながらお待ちしております。

春よ来い 願いを込めて 元気玉

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

体調不良、そして初の…。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週の金曜日、通常と変わらずに、何事もなくブログを更新しており
ましたが、実はあのブログは事前に書いた予約投稿によるものでした。

佐藤は所用のためお休みをいただき、隣接した市のある場所にいたのです。

ただ、当日の体調は悪く、午前中はほぼ立ちっぱなしというスケジュール
だったのですが、あまりのフラフラ具合に予定を途中で切り上げ、帰宅
したという状況でした。

前日の木曜日、夕方頃から何とも体調がいまいちだなと感じていたところ、
夜には微熱となりまして、若干の吐き気もあったことから夜の食事はとり
ませんで、翌金曜日にはさらに熱が上がり、予定を切り上げて帰宅した後
に体温を計測しましたら、なんと38度台にまでなっていたのです。

「これは…、もしや、インフルエンザかも…」

そんなことを思いました。

金曜日の朝に予約にて投稿されたブログの中で、医事課・地域医療連携室
からのインフルエンザ発生者はいない、などということを得意気に書いていた
にもかかわらず、まさかの自分自身が初でかかってしまったのでは、恥ずかしい
ことこの上ありません。

そんな不安やら情けなさやらを感じつつ、身体のだるさや、熱でぽかぽか
する感じや、咳や鼻水や、少しの吐き気や、いつもの肩こりや、さらには
お腹をくだしたりやらがありまして、めったなことでは食欲の落ちない佐藤
も、何も食べたくないという状態にまでなったのです。

それでも、水分補給はしっかり行い、いくらかでも食べなければと思って
口にできたのは、なめらかプリンとパイン+ナタデココが入ったゼリーと
いう、草食系な食べ物だけでした。

翌日の土曜も休みをいただいておりましたが、これは受診して何によるもの
なのかをハッキリさせた方がよいだろうと思いまして、夕方に当院を受診する
ことにしたのです。

予防接種を打っているとはいうものの、この季節、この熱ですから、佐藤の
苦手な鼻ぐりぐりインフルエンザチェックはもちろん覚悟しておりました。

ところが、実際は鼻ぐりぐりだけにとどまらず、さらに苦手な採血、そして、
そしてそしてなんと、佐藤人生初の点滴を行うことになったのです。

衝撃でした。

春の健診の採血、そして初冬のインフルエンザの予防接種、これは佐藤に
おける2大苦手イベントです。

なのに、そこに加えてさらに採血、そして点滴で針刺しっぱなしとは、佐藤に
とってはかなりの出来事でした。

ただ、やはり医師、看護師、医事課スタッフなどなど、全てが顔見知りという
のは大変心強かったですし、来るスタッフ来るスタッフに励ましてもらえたのは
本当に嬉しくもありました。

採血と点滴が決まった瞬間は、「ま、まじかぁ…」と落ち込み、さらには初の
点滴にどぎまぎしていた佐藤でしたが、冷静に考えれば、しっかりと検査をし、
さらには入念に処置をしてもらえるというのはありがたいことなのです。

佐藤は気持ちを切り替え、(当然ですが)おとなしく従いました。

採血の瞬間と、点滴ルートを確保する瞬間は決して見ませんでしたが。

結果的には、様々な状況から、感染性の胃腸炎といわゆる風邪症状ということ
になりまして、薬をもらい、帰宅となったのです。

その後は吐き気やお腹の痛みは全くありませんでしたし、熱もすぐに下がり、
食欲も復活し、何でも食べられる状態になりました。

ただ、現在も咳と鼻水、多少の倦怠感がありまして、特に声などは電話で
話す際には佐藤と気付いてもらえないのでは、というほどの鼻声MAXに
なっております。

さらに、食欲があることはいいのですが、味覚もかなり落ちている状態です。

あとは、今回の体調不良とは直接の関係がないものの、受診時にはダイエット
の必要性も明らかになりました。

昨年、運動をさぼり気味であったことや、この数カ月はしっかり過ぎるほど
に食べ飲みしていることの影響かと思われます。

まずは早急に体調を万全にし、そこからの運動にてダイエットを継続して
いきたいと考えている次第です。

まさか、ここにきて初めての点滴を経験することになるとは思いもしません
でしたが、これもまたブログにてご報告できたので、一つのネタになったと
前向きに捉えたいと思います。

公私共に、周囲では体調不良の声が聞かれますので、皆様におかれましても
健康にはくれぐれもお気を付けください。

普段よりも一度多い採血、そして初の点滴を行った佐藤に、励ましのお言葉
やお褒めの言葉、さらには元気づけるためのプレゼントなどを考えてくださる
方がおりましたら、ありったけの鼻声で心より感謝の気持ちをお伝えさせて
いただきますので、ぜひともよろしくお願いいたします。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

全ての病棟にてお受入れを再開しております。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

先日まで一部病棟においてインフルエンザの発生があったことから、
対象病棟でのお受入れ制限などご迷惑をおかけしておりましたが、
現在は全て解除となり、全病棟にて迅速なお受入れが可能となって
おります。

回復期リハビリテーション病棟、一般病棟共に今後の退院予定も多く
あるため、対象となる患者様の転院をお考えの場合にはぜひご相談、
ご紹介いただけますと幸いです。

当院のスタッフはアレルギーのある者などを除き、全ての職員がイン
フルエンザの予防接種を受けているのですが、それでもなお、感染して
しまうことがあります。

ただ、これは全くの個人的印象なのですが、今年のワクチンって、何か、
その、効果が弱いような…、という気がしているのです。

そんな中、私を始め、医事課・地域医療連携室からは1名のインフル
エンザ疑いは出たものの、完全な陽性反応を示す感染者は出すことなく、
本日に至っております。

スタッフが感染した場合は患者様への拡大を防ぐためにもすぐに出勤停止
となりますので、業務への影響は少なからずあるのです。

そういった意味では、外来受付などインフルエンザにかかった患者様が
多く来院される中で業務を行ったり、地域医療連携室などのように外勤が
多い職種であるにもかかわらず感染者が出ていないというのは、自部署
ながら素晴らしいことであると考えております。

全員の感染対策への意識と体調管理、そして早めの受診などを徹底して
いる効果だと考えておりますので、今後も油断することなくしっかりと続けて
いかなければなりません。

私もついつい色々な場面で無理をしてしまいそうになるのですが、フル
パワーで集中力を研ぎ澄ませつつも、無茶や無理はしないこととし、食事
と睡眠をしっかりとりながら何にも感染することなく、残りの冬を健康に乗り
切りたいと考えております。

まだまだ感染症の流行する季節ではありますが、皆様も体調管理には
どうぞお気を付けください。

そして、体調が優れない際は、当院の外来を受診いただければと思います。

これまでの空床情報などでもお知らせしてきました通り、転院のご相談に
つきましては医療相談室のMSWがお受けいたしますので、これまで同様、
不明な点などにつきましてもお気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

試験まであと少し。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

これまでに何度かブログ内にて登場しております、グループ内に
おける認定試験の本番が近付いてまいりました。

今回は医事課・地域医療連携室より上級試験へのチャレンジが9名、
中級試験を受けるスタッフが1名となっております。

特に上級試験においてはかなりの難関でありますが、中級試験につき
ましても油断は禁物の難しい試験です。

昨年は無事に合格者を出したことから、部署内には「やればできる」
というムードや、「自分も合格したい」という雰囲気が溢れ、早い段階
で試験への意識が高まるなど、非常に良い流れでここまできていると
感じております。

私はすでに上級まで合格していることから、試験を受けるスタッフ
へのサポートを行っておりますが、どこまで力になれているのかは
正直なところわかりません。

ただ、スタッフ同士での自発的な勉強会が開催されていたり、遅くまで
残って勉強している姿も見られるなど、部署内には同じ目標に向かって
突き進む一体感が生まれておりますので、そういった意味では各自の
やる気スイッチを激しくONにすることには成功したと考えております。

また、これまでの合格者が積極的に相談に乗ったり、時にプレッシャー
をかけたりしていることはとてもありがたいことで、それらが部署内の良い
雰囲気作りにもつながっているのだと思います。

試験に合格するほどの知識を得ることは、日々の業務において必ず
プラスになりますし、現在のような一体感を生み出したり、成功体験に
よってさらなる成長が期待できたりと、良いことばかりです。

日常の業務や生活をしながらの勉強は本当に大変なことではありますが、
あと少し、医事課・地域医療連携室のスタッフにはがんばってもらい、ラスト
スパートをかけて必ず合格を果たしてもらいたいと願っております。

決戦は2月18日の土曜日。

ブログをご覧の皆様には、直前まで勉強を続けるスタッフに会う機会が
ありましたら、ぜひ励ましのお言葉をいただければと思います。

そして、当日は札幌ブロックにおける試験会場でありますイムス札幌
消化器中央総合病院に向け、パワーと落ち着く気持ちと、少しの運を
送っていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

健康づくり事業のお知らせ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

2月25日(土)、午前10時より午後12時20分まで、北海道手稲養護
学校様の体育館にて、『稲穂金山健康づくり事業』が開催されます。

当院は主催である「稲穂金山活性化推進委員会」の一員になってからは
運営面も含めてご協力させていただいておりますが、早いもので今回が
4回目の参加です。

昨年と同様に、理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフ、看護師、
地域医療連携室や事務系のスタッフが参加し、測定などを行います。

リハビリスタッフは体力測定のコーナーを担当し、6項目の測定を基に
グラフを作成してお渡ししますので、ご自身の歩行能力やバランス機能、
反射神経や握力など、現在の身体の状況を知るのにご活用ください。

また、看護師は骨密度測定を担当し、骨の密度が実年齢と比べた場合
にどのような状態にあるのかをチェックした上で、簡単なアドバイスを
お伝えしますので、ぜひ体験していただければと思います。

当院が担当するコーナーの他にも、脳のイキイキ体操やタオル体操&
チェアビクス、いすヨガ、元気でいられる健康情報コーナーなどがあり、
参加された方にはタオルや生活雑貨のプレゼントもご用意しております
ので、ぜひお気軽にご参加ください。

なお、参加は全て無料であり、事前の申し込みは不要です。

健康づくり事業の詳細につきましては、こちらのポスターをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

健康づくり事業2017ブログ

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

500回。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

なんと、なんとなんと、本日のブログでついに500回目の更新と
なりました。

あらためて500回という数字について考えてみると、本当にすごい
ものだなぁ、よく続けられたなぁ、と思うのです

100回、200回、300回、400回と、それぞれに思い出がありますし、
毎回その度によくこんなに書けたなぁと思っていた記憶があるのですが、
500回という数字は特に自分自身でも驚いてしまいます。

ここまで続けることができたのも、日々このブログを読んでくださっている
皆様や、読んだ上での感想をくださる皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

先日、連携医療機関の皆様とお話をする機会がありまして、その際にも
いつもブログを読んでいるよ、と言っていただきました。

その場にいた皆様も500回という数字には大変驚かれ、「何かイベントを
やった方がいいんじゃない?」とか、「お祝いのパーティだね」というような
ご意見をいただいたのです。

そこで佐藤は考えました。

たとえば、どんなことができるだろう、と。

やはり、500回記念ですから、500という数字がキーワードになるのは
間違いありません。

そうなりますと、500分間のカラオケ大会、ですとか、

ビールを500本用意してのビールかけ、とか、

500円玉を入れた餅まき、だったり、

みんなでそれぞれ500グラムのステーキを食べる、も楽しそうですし、

500人を集めて何かのギネス記録に挑戦する、じゃあ何を?という漠然と
したものであったり、

500人の前で歌を歌い、皆様にはとにかく盛り上げていただく、というただ
単に佐藤の気分が良くなるだけの企画とか、

500人を集めて鬼ごっこやかくれんぼをする、という規模の大きな遊びや、

どこに行くかはサイコロ次第、そのサイコロを500回振るまでひたすら移動
を続けるという、どこかで見たことがあるような、なかなかハードでどうでしょう、
と思ってしまうようなイベントとか、

500本のロウソクを立てられるくらいの大きさのケーキを用意し、そしてひた
すらロウソクの火を消して、その後みんなで美味しく食べるという誕生日気分
を存分に味わえるものであったり、

500mの長さのサラミを作る、とか、

500kgの重さの餃子を作る、とか、

500tのお酒、ではなく、シャンメリー、でもなく、コーラ、いやいやカロリー
ゼロコーラをプールに入れて、飲みながら楽しく泳ぐ、

などなど、ちょっとがんばれば実現できそうなものから、これは難しいだろう
なというもの、しょうもないものやほんの少しだけダイエットを意識した企画
まで、色々なアイディアを出してみましたが、どれもこれも実際に実行する
のはかなり大変であろうと思います。

ちなみに、なぜいきなり餃子が登場したかと言うと、本日の佐藤の気分的に
食べたいからです(笑)。

ご紹介したイベントなどの開催は難しいにしても、今回のブログを通じて皆様
への感謝をお伝えすることはできますし、パーティなどはできなくても、皆様の
お気持ちは十分に佐藤に伝わっております。

あらためて、感謝申し上げます。日々のブログを読んでいただき、本当に
ありがとうございます。

ブログをスタートした当初は、当院のことを多くの皆様により深く知っていただく
ことや、連携機関の皆様に向けた情報発信、そして全ての皆様に当院を身近に
感じて
いただくことを目的としておりました。

これらはもちろん変わりないのですが、それだけではなく、今ではブログを通じて
より信頼関係が深まったり、親しくしていただくことのきっかけとなったり、佐藤自身
の成長にも大きくつながっております。

特に私自身は、週に2度の更新に向け、日々の業務をより効率的に行ったり、ブログ
で取り上げる内容を探すため常に360度のアンテナを張っていたり、短い時間で考え
をまとめたり、まとまりのある文章をさっと作り上げたり、閃きを導き出すための思考
回路や、何かに詰まった時にそこを打開するためのメンタルのコントロールなど、全く
予想もしていなかった部分で、成長できたのかなと感じているのです。

多くの皆様に見ていただく文章を定期的に書いていくという作業は、時に大変なことも
あり、頭を悩ませたこともありました。

しかし、今は私自身も楽しく書くことができておりますし、自分の様々な部分の成長
にもつながっておりますし、皆様からの多数の声もいただけますので、このブログの
存在にはただただ感謝なのです。

500回という一つの区切りの回数を迎えましたが、まだまだ佐藤的思考や方針を存分
に発揮しながら、週に2度の更新を続けていきたいと考えております。

引き続き、こちらのブログにお付き合いいただければと思いますし、また、皆様の周囲
の方々にも、よろしければおすすめしていただけますと大変幸いです。

500回記念のブログはここまでといたしますが、皆様の中でこのイベントならば実行
できる、もしくはそれらの開催とは関係なく、ぜひとも佐藤に祝福のプレゼントを渡し
たい、お祝いメッセージを届けたい、という方がいらっしゃいましたら、今月でも来月
でも、いつでもお待ちしておりますので、お気軽にご連絡、ご来院、お声かけください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

節分2017。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は節分ですね。

毎年ブログ内でもお伝えしておりますように、私佐藤は今年も豆まき
ではなくチョコまきを行う予定となっております。

佐藤はチョコが大好きですので、チョコをまき、そしてその後に食べるのは
楽しみでもあるのですが、若干、本格的に豆をまくのもいいなという気持ち
があることもまた事実なのです。

ただ、豆であれば、一番好きなのは枝豆です。

しかし、まさか枝豆をわっさわっさとまくわけにもいきません。

ですので、豆をまいたつもりでチョコをまき、枝豆は枝豆で別に食べること
とし、そして、やはりそのすぐそばにはもちろんジョッキに入った…。

と、いつものようについつい、お酒や食べることの話題に向かってしまいそう
なのですが、現在の佐藤は再びダイエットの意識を高めつつあるのです。

そのため、チョコまき一つであってもカロリーを消費し、筋力をつけたり
心肺機能を上げたりすることにつなげていきたいと思っております。

考えられることといたしましては、

思いきり、力の限り、全力で、全身の筋力を使って華麗なフォームでチョコ
をまく、とか、

とんでもない大量のチョコを足の踏み場もないほどに、いたるところに休み
なくまき続ける、ですとか、

お隣さんの家の中にも聞こえるのでは、というほどの大声で「福は内!鬼は外!」
をシャウトする、だったり、

まいたチョコを拾い、またまいてその後に拾い、さらにまいてまた拾い、を
5セット繰り返す、などもありますし、

自分の年齢の数だけ腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワットを行い、それらを
5セット繰り返す、もいいでしょうし、

「福は内、鬼は外、福は内、鬼は外……」と繰り返しながらひたすら踏み台
昇降を行う、という方法もあったり、

まいたチョコを拾っているかと思いきや、実は反復横跳びを行っていたり、

などなど、もはや節分でもチョコまきでも何でもなく、単なる筋トレや持久力
アップになっているだけというものもありましたが、やはり年末年始から続いて
いる体重増加の右肩上がりはここらで食い止めねばならないのです。

とは言え、動いた後にはしっかり栄養補給も必要であり、それが筋力を付ける
ことにつながり、基礎代謝を上げることにも直結することから、恵方巻はしっかり
と食べる必要があると考えております。

栄養価的には本来の恵方巻のように様々な具材が含まれている方が良いので
しょうが、佐藤としましては、ねぎとろ巻きをぜひ食べたいのです。

あるいは、とろたく巻きでも良いのかもしれません。

また、エビフライ巻きなども良いものです。

海鮮だけではなく、とんかつ恵方巻のように肉系も美味しくいただける
かと思います。

とんかつと言えば、あまり北海道では一般的ではないものの、牛かつなる
ものもあるわけですが、それを恵方巻にしたらどうなるのでしょう。

少し変わったところでは、アボカドの恵方巻などもあります。

ごはんではなく、ロールケーキを使ったスイーツの恵方巻というものも
ありますね。

ロールケーキであれば、チョコクリームの恵方巻が佐藤的には好きです。

洋菓子だけではなく、餅や餡を使った和菓子の恵方巻もあります。

こうなるともはや何でも恵方巻にしてよいのではないかという気がして
くるのですが、形状だけで考えれば佐藤の大好きなサラミも恵方巻として
認めてもよいのではと思うのです。

この場合は当然ミニサラミではなく、本来は切って食べるべき一本の棒状
になっているサラミであり、佐藤がキングオブサラミと思っている函館の
カールレイモンのサラミや、イタリアのミラノサラミや、白カビサラミなどを
想定してしております。

恵方を向き、サラミを丸ごとかじる、熟成された芳醇な香りが鼻に抜け、
噛めば噛むほどに旨味が広がり、絶妙な配合のスパイスと共に渾然一体
となって口の中で溶けていく、そしてそのすぐそばにはもちろんジョッキに
入った……、

……はい、再びいつもの佐藤的思考に戻ってしまいました…。

どの角度からアプローチしても、知らぬ間に食べ飲みに関することに
つながることが良いのか悪いのかはわかりませんが、ダイエットに向け
意識を高めていることは本当なのです。

そして、食べ過ぎや飲み過ぎには十分注意はするものの、やはり節分と
言えばまくだけではなく、恵方巻も食したいというのもまた本音なのです。

どのような恵方巻を食べることになるのかわまだわかりませんが、健康や
幸せを願いつつ、美味しくいただきたいと思います。

今年の恵方は北北西とのことで、すでに自宅であればどこを向けばよい
のかはリサーチ済みです。

皆様も楽しく、そして健康的な節分をお過ごしください。

それでは。

節分2017の1 節分2017の3

節分2017の2 節分2017の4

 

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク