地域医療連携室・医療相談室のblog

2017年03月の記事

プレミアムフライデー。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日はプレミアムフライデーですね。

プレミアムフライデーは経済産業省や経済界などが提唱する、個人消費を喚起
する新しいキャンペーンのことです。

毎月、月末の金曜日をプレミアムフライデーと定め、その日は午後3時に仕事
を終えることが奨励されており、夕方からの時間は買い物や旅行、飲食などに
活用することなどが推奨されています。

今のところ、当院として早めに仕事を終えるなどの取り組みを行う予定はないの
ですが、佐藤個人としてはとても良いキャンペーンだと感じているのです。

少し前までは私もそれほど身近には感じていなかったものの、最近ではチラシ
やスーパーでのアナウンス、飲食店の他、インターネット上などでも、プレミアム
フライデーにちなんだイベントや割引キャンペーンなどを目にしたり耳にする機会
がかなり増えてきました。

そのため、年間の行事は全力で楽しみたく、そして食べ飲みが大好きな佐藤としま
しては、日本全体での取り組みという感じがして、かなりワクワクしております。

実際のところ、毎月のプレミアムフライデーに早めに仕事を切り上げるというのは
難しいのかもしれませんが、少しでもお得に買い物や飲食を楽しめるのであれば、
その日はしっかり定時で仕事を終え、消費拡大に貢献しつつリフレッシュすること
で、翌日や翌週の仕事の効率を上げることにもつながるかもしれません。

それにしても、金曜日がプレミアムとは、良い言葉を作ったものだなと思います。

佐藤も日々の生活の中でプレミアムという言葉を目にした際には、商品を選ぶ
時など、ついつい手に取ってしまうわけで、やはり高級感や特別感を感じますし、
気になるのです。

これからは毎月、月末の金曜日には「プレミアムフライデーだしね」という会話
ができるわけで、これはいいなぁ、と素直に思います。

たとえば、

今日は少し飲み過ぎちゃったかな、でも、「プレミアムフライデーだしね」とか、

今日は何だか食べ過ぎちゃったな、でも、「プレミアムフライデーだしね」とか、

今日はウォーキングをしなかったな、でも、「プレミアムフライデーだしね」とか、

ランチにしては豪華だったかな、まぁ、「プレミアムフライデーだしね」とか、

ついつい衝動買いしちゃったな、まぁ、「プレミアムフライデーだしね」とか、

1つのつもりが5つ買っちゃった、まぁ、「プレミアムフライデーだしね」とか、です。

ただ、そのうちにどんどんとエスカレートしていき、

いやぁ、木曜日なのに食べ飲みし過ぎたか、まぁ、「明日はプレミアムフライデー
だしね」、だったり、

むむぅ、土曜の休みをいいことに昼間から盛り上がり過ぎたなぁ、まぁ、「昨日は
プレミアムフライデーだったしね」、となったり、

あちゃ~、ついつい予算オーバーで購入しちゃったよ、でも、「来週はプレミアム
フライデーだし」、などという事態に発展したり、さらには、

どうせ旅行するならあれこれオプションつけてすごいところに泊まって美味しい物
食べて、あちらこちらと色々なところを巡ってみんなにたくさんのお土産を買って、
自分用のお土産も買って、お土産とは別に帰りながら食べる物も買って、いやぁ、
これは張り切り過ぎた、でも、まぁ、「この前プレミアムフライデーだったし」、

と、あまりにアバウトに、自由奔放になってしまうのだけは避けなければなりません。

今のところ旅行の計画も大きな買い物の予定もありませんが、プレミアムフライデー
にかこつけて何でもかんでもになってしまいますと、佐藤の財布はすぐに空っぽに
なってしまいますし、どんどん体重が増加するものと思われます。

ここはやはり本来の目的通り、毎月の月末金曜日に何らかの形で楽しみを持ちつつ、
節度を持って消費をしていきたいと考えている次第です。

そんなわけで本日は多少、本当に多少ですが、佐藤なりのプレミアム感を出しながら、
自宅での食べと飲みにしたいと思います。

皆様それぞれのプレミアムフライデーの過ごし方、とてつもない消費話、消費拡大の
一部として佐藤にも何かをわけていただける、などがありましたら、ぜひともお気軽に
ご一報ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

無事に終了しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

前回のブログでお知らせした、地域診療情報連携推進セミナー~TMNIT in Hokkaido~
ですが、無事に終了しております。

ブログ内でもお伝えしたように、私は総合司会を担当させていただきました。

かなりの緊張感を持ちつつ当日の本番に臨みましたが、特段(自分としては)
大きな問題はなく終えることができたものと考えております。

お聞き苦しい点は多々あったかと思うのですが、スムーズな進行の一助となった
のであれば幸いです。

当日参加された皆様、ありがとうございました。

毎年、年に1回はセミナーを開催しておりますが、やはり自身が講師になったり、
司会を担当したりと重要な役割があたっている年は無事に終了するまで気が気
ではありません。

最後の言葉を言い終えた後のホッとする気持ちは、何とも言えない充実感の
ような、あまり体験したくないような、でもその緊張感もたまにはいいような、
そんな複雑な気分なのです。

セミナー終了後は、講師の皆様と幹事の先生方、そして私も含め毎月会議を
行っている運営事務局のメンバーなどで懇親会を行いました。

皆様、各病院で要職を担われている方ばかりで、本来であればとても緊張する
懇親会となってもおかしくありません。

しかし、実際はとても和やかで楽しく、医療に対しての熱い思いからプライベート
に関する笑い話まで、終始良い雰囲気でありました。

このような皆様と日々の医療連携をとらせていただき、時に今回のようなセミナー
を一緒に作り上げたり、懇親会で楽しく笑い合いながらお話しができるというのは、
本当に心強いことです。

手稲区内の医療連携が様々な場面でご紹介されることもあるのですが、その根本
というのは、互いの良き関係性、良き協力体制があってのことなのだと思います。

私自身にできることはほんの少ししかありませんが、今回のセミナーや懇親会で
感じた思いを常に持ち、これからもスムーズな医療連携の構築や地域への貢献に
向けてがんばっていかなければ、と気持ちをさらに引き締めました。

当日の運営や懇親会の開催等に携わった全ての皆様に、この場を借りてお礼を
申し上げます。ありがとうございました。

なお、当日の私の司会進行の模様ですが、写真を提供していただきましたので、
せっかくなので掲載します。

ただ、皆様、決して画像の拡大は行わないでください(笑)。

佐藤のとてつもない表情が明らかになり、ご迷惑をおかけすることになろうかと
思いますので。

では、恥ずかしながら自身の写真を載せ、本日のブログといたします。

???????????????????????????????

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

地域診療情報連携推進セミナー~TMNIT in Hokkaido~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日、地域診療情報連携推進セミナー~TMNIT in Hokkaido~が開催されます。

TMNIT in Hokkaidoとは一体何なのかにつきましては、こちらをご覧いただければ
と思うのですが、本日、私佐藤は総合司会を担当することになっているのです。

以前、こちらのブログでもご紹介したことがありますように、私は講師を務めさせて
いただいたことがあり(『講演のお知らせ』)、(『地域診療情報連携推進セミナー、
ご報告』)その際はとても緊張しました。

今回は総合司会ということで、また違った緊張感の中で時間を過ごすこととなり、
決して万全の準備とはいかない中で本日を迎えてしまいましたので、不安を持ち
つつこちらのブログを更新しております。

講師を担当される皆様、そして参加される皆様にとって失礼のないよう、何とか
無事に務めなければなりません。

かと言って今のうちからあまりに緊張し過ぎていたり、本番が始まった瞬間にかち
こちになってしまっては、かえってうまくいくものもいかなくなってしまいます。

ここは、このブログを書きながら気持ちを落ち着け、平常心で、自然に、ナチュラル
佐藤にて臨みたいと考えている次第です。

ブログをご覧の皆様の中には、本日参加されるという方もいらっしゃるかと思い
ますが、会場で佐藤を見かけた際にはお気軽にお声かけください。

そして、セミナーが終わりましたら、(社交辞令で構いませんので)「良かったよ」
とお褒めの言葉をいただけますと佐藤はすぐに喜びますし、(何らかの失敗をして
しまったとしても)、「味がある司会だったね」というような優しいお言葉をいただけ
ますと幸いです。

さて、この後は本番に向け、頭の中で一通り話してみたいと思います。

なお、本日の詳細につきましては以下の資料をご参照ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

セミナー

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

出張中です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日、このブログは予約投稿によるものとなっております。

なぜなら、本日と明日は会議等への出席のため東京へ出張中だからです。

このブログが投稿された瞬間の時間帯は、私佐藤は東北地方の遥か上空
辺りにいることでしょう。

おそろしいことです。

佐藤は、基本的に飛行機が苦手なのです。

高いところも苦手なのです。

佐藤の苦手な行事としてこれまでにもブログでご紹介したことのある注射、そして
食べ物における唯一のライバル納豆と比べますと、納豆<注射<飛行機、もしくは
納豆<飛行機<注射かというほどで、苦手ランキングとしては高い方になります。

飛行機で特に苦手としているのはその高度と離陸時です。

ぶわ~っと加速して、ぐお~っと上昇して、ぐわんぐわんと旋回しながら進んで
いき、どんどん高くなるので、いつも「うはぁ…」と思いながら乗っております。

また、その他の乗り物に比べ圧倒的な物々しさがあるのも苦手な要因の一つです。

搭乗手続きに始まり、手荷物検査、緊急時の説明、離陸前と着陸前は席を
立てないことや、出発時の加速直前にピタリと機体が止まるあたり、とにかく
他の乗り物にはない緊張感が漂います。

この数年はプライベートも含めれば毎年複数回、飛行機に乗る機会のある
佐藤ですので、かなり慣れてきてはいるのですが、それでもなお苦手感は
継続中なのです。

新幹線…、早く…、札幌まで…。

というのは佐藤の切実なる願いです。

ただ、移動時間だけを見ればやはり飛行機のメリットもあるわけでして、今の
ところはどのみち他の移動手段は実質的な選択肢に入らないわけですから、
あとは少しでも楽しみつつ移動し、100%の力で会議に臨みたいと思います。

ブログをご覧の皆様におかれましては、佐藤の旅の無事を願っていただけ
ましたら幸いです。(旅というほどの旅ではありませんが…)

私佐藤は、かなり高いところからで恐縮ではありますが、皆様にとって本日
が良い一日となることをお祈りしております。

なお、23日(木)からは通常と変わらず出勤しておりますので、いつでも
お気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

鼻炎レーダー。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

春を感じる機会も多くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

佐藤による春予想について、ブログにてお伝えしておりましたが、的中したか
どうかにつきましては(あえて)触れないことといたします(笑)。

春の予想がどうであろうとも、現在は確実に春に向かっているのであり、気温が
高くなってきて、運転もしやすく、佐藤としては嬉しいのです。

さて、春と言えば佐藤にとっては困ることもあります。

それは鼻炎です。

小さな頃より鼻炎と共に生きてきた佐藤にとっては、鼻炎のベテラン、鼻炎
マスター、鼻炎は友達、と言っても過言ではないのですが、毎年のことながら
諸症状には苦戦しております。

幸い、今のところは鼻炎の症状は現れておりませんし、佐藤の中の鼻炎レーダー
は発動していないのですが、もしかするとそろそろなのかもしれません。

と、言いますのも、先日、日頃より大変お世話になっている連携機関の方と
電話にてお話しをしたのですが、その方も鼻炎持ちであり、なんとすでに鼻炎
の症状が出始めたとのことだったのです。

鼻炎と一口に言いましても、何のアレルゲンに反応するかはその方により違う
わけですが、佐藤の場合は間違いなく、毎年確実に、今年は遠慮しました、と
いうことなどは一度もなく、春には鼻炎症状が現れますので、間もなくであろう
ことは疑いようがないものと思われます。

連携機関の方のお話しを聞きながら、佐藤は「そろそろか…」と覚悟を決めました。

当院の敷地内にはまだまだ雪が残っており、春の景色になるにはもう少し時間
がかかりそうですが、きっと、数日以内には雪解け水が流れるように、佐藤の鼻
からも清流がとめどなく流れることでしょう。

そして時には、春の強風に負けないほどの瞬間最大風速を記録するくしゃみ
を連発したり、

新年度が始まってあれやこれやと予定がつまるのと同様に両鼻がとんでもなく
つまったり、

「健康にはいいと思うんですけど、ちょっとこの料理は薄味過ぎますね」、など
と思ってしまうくらいに食べ物の味がしなくなったり、

仕事中も常に腰の辺りにボックスティッシュをぶら下げておきたいほどの気持ち
になりながら、鼻炎と共に日々を過ごしていくのだと思います。

もちろん、できることならば鼻炎症状は出てほしくないというのが本音ですし、
早めに薬を飲んでおくという方法もあるのですが、極力薬には頼らず、そして
長年の経験がありますので、うまく鼻炎と付き合いつつ乗り切る予定です。

ブログをご覧の皆様の中にも、鼻炎で毎年困っているという方がいらっしゃる
かと思いますので、もしもお話しする機会がありましたら、鼻炎話でぜひとも
盛り上がりたいと考えております。

ちなみに、本日のタイトルである「鼻炎レーダー」を打ち込もうと思いましたら、
間違って「鼻炎リーダー」と打ってしまいました。

ファッションリーダーならば格好が良いのですが、佐藤が鼻炎の流行を作り出す
者だとしたら、皆様に叱られそうです。

もしくは、鼻炎を統率する者だとしたら、佐藤がリーダーとして鼻炎界を牽引
しているような感じで、いくらかは誇らしい気持ちになれるかもしれません。

または、鼻炎持ちのリーダー、という意味で捉えることにするのであれば、現在
の職務的にはある意味正解なのだと思います。

今後皆様とお会いする際には、鼻炎症状にてお見苦しい部分をさらけだしてしまう
場面もあるかもしれません。

しかし、そんな佐藤を見かけた際に可能であれば、「よっ、鼻炎リーダー!」と
お気軽にお声かけいただけますと幸いです。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

広報誌『こもれび』の最新号を発行しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ご連絡が大変遅くなってしまいましたが、当院の広報誌『こもれび』の
最新号が発行になっております。

今回の表紙は総務課です。

直接総務課のスタッフと接する機会のある皆様は少ないかもしれませんが、
当院の施設の管理、環境整備など幅広い分野で業務を行っております。

また、昨年9月に行った無料送迎バスの延伸・増便などにおいても活躍
したり、先日開催された健康づくり事業や毎年の恒例行事である健康祭
にも運営のため参加するなど、縁の下の力持ちなだけではなく、どんどん
表にも出て業務を行うのが当院の総務課の特長です。

ご来院の際やイベント開催時など、写真に掲載されているスタッフを
見かけた際にはぜひお気軽にお声かけください。

また、今回は薬を飲む際の飲み物についてや、自宅でできる転倒予防の
工夫、あさりの栄養や効果について、サッポロテイネスキー場の紹介など
を掲載しております。

広報誌は外来ホールや図書コーナーの他、レントゲン室前や売店近くの
掲示板、リハビリ室前などに設置しておりますし、当院のホームページ内に
あります『広報誌』のページでも同様のものをご覧いただくことが可能です。

また、過去に発行したバックナンバーについても設置しておりますので、
ご自由にお持ち帰りください。

次回は5月頃の発行を予定しております。

日頃広報誌をご覧の皆様の中で、ここに設置したい等のご要望があり
ましたら、必要部数をお持ちしますのでお気軽にご連絡ください。

皆様、今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院の広報誌、
『こもれび』をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

佐藤の日。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は3月10日。

そう、『佐藤の日』なのです。

と、言いましても、今、私佐藤がそう言っているだけで、本当はそのような
記念日は定められておりません。

「佐藤」ではなく、「砂糖の日」はあるようですし、ミントの日、でもあるとのこと。

ただ、佐藤的にはせっかくなので本日は『佐藤の日』でよいのではないかと
考えております。

佐藤の日にちなんで何かできないものかと考えてみましたら、いくつかの
アイディアが浮かんでまいりました。

たとえば、佐藤さんだけを集めてサッカーの試合を行う。

もしも実況や解説があったとしたら、次のようになるかと思います。

皆さんこんにちは。本日はチーム佐藤A対チーム佐藤Bの決戦をお届けいたします。

解説はもちろんこの方、佐藤さんです。よろしくお願いいたします。

佐藤です。よろしくお願いします。

ゲスト解説としてピッチサイドには佐藤さんに来ていただいております。

佐藤さん?

佐藤です、こんにちは。いやぁ、もうスタンドは佐藤さんで満員ですし、応援の熱が
ものすごいことになってますよ。今日は選手達に一番近い場所からどんどん情報を
お伝えしていきますんで、よろしくお願いします!

はい、よろしくお願いいたします。

では、先ほど発表になりました、チーム佐藤Aのスタメンをお伝えいたします。

GKは今年39歳のベテランになりましたチームの守護神佐藤。

DFは右から、俊足と豊富なスタミナが武器、佐藤。中央に歴代最多出場試合数
を誇る守備の要、佐藤。そして左には正確なクロスが武器です、佐藤。

MFは5人です。

ボランチの位置にはチームキャプテンを務めます佐藤と、長身と屈強なフィジカル
で相手の攻撃の芽をつみます佐藤。

右サイドには相手を切り裂くドリブルが持ち味の佐藤。左サイドにはユース出身
の新鋭が務めます、20歳の佐藤。

そしてゲームをコントロールする司令塔の位置には、華麗なパスで見る者を魅了
する攻撃の柱、佐藤です。

FWは2人。

ツートップの一角は快速FWとして得点を量産します、佐藤。さらには絶妙な
ポジショニングと飛び出しで相手チームの裏に抜ける動きが得意な佐藤が
スターティングイレブンに名前を連ねました。

ベンチには怪我から復帰のGK佐藤、今季初のベンチ入りとなりました佐藤、
ベテランMFの佐藤、昨年の最優秀新人選手に選ばれました佐藤、チーム佐藤
Bからの移籍組が2人、佐藤と佐藤、そして長身FWの佐藤が入っています。

監督を務めるのは堅守速攻のスタイルを浸透させ、チームを強豪へと押し上げ
ました、佐藤監督47歳です。

続きましてチーム佐藤Bの先発メンバーをお伝えします。

GKはハイボールには絶対の自信を持っています、佐藤。

DFは4バックです。

右サイドバックには積極的な上がりとドリブルの仕掛けが魅力の佐藤。左サイド
バックには対人にも強い守備職人佐藤。中央には身長191センチの高さを活か
してヘディングでの得点がチームナンバーワン、佐藤。そして累積警告による出場
停止から復帰しました佐藤が入っています。

中盤の底、ボランチには強烈なロングシュートと正確なロングパスを武器に攻撃に
アクセントをつけます、佐藤。その佐藤とコンビを組むのはどんな状況でも冷静な
判断でチームの舵取りをします、佐藤。

そしてリーグ屈指の攻撃力を誇る前線にはMFが3人。

左ワイドの位置には黄金の左足から繰り出す正確無比なパスで相手ディフェンスを
慌てさせます、佐藤。右ワイドにはフィジカルを活かしたボールキープ力でためを
作る攻撃の基点、佐藤。中央のポジションにはこの人です。ミドルレンジからの豪快
なシュート、一度スピードに乗ると止められないドリブル、創造力溢れる独創的なパス
でゴールチャンスを演出します、ファンタジスタ佐藤。直接FKにも注目です。

FWはワントップ。右足、左足、そしてヘディングと身体のどこを使ってでもボール
をゴールに押し込みます、炎のストライカー、佐藤です。

サブには新人としては初めて開幕戦でゴールマウスを守りましたGK佐藤。今季
途中より加入しましたDF佐藤。落ち着いたプレイでチームに安心をもたらすこと
ができるMF佐藤。DFからFWまでどこでもこなせるユーティリティープレイヤーの
佐藤。昨年はチーム2位のゴールを記録しました佐藤。今年はサブからの切り札
としての出場機会が多くなっています、FWの佐藤。さらにはU-20日本代表にも
選出されました期待のルーキー、佐藤がベンチに控えています。

指揮をとるのは超攻撃的サッカーでアジアを制した経験を持つ、佐藤監督41歳です。
斬新なフォーメーションチェンジとメンバー交代にも注目が集まります。

審判団は主審に佐藤さん。笛を吹くのは通算102試合目となります。副審には佐藤
さんと佐藤さん。第4の審判には佐藤さんが入ります。

この後、いよいよキックオフです。試合の実況は私佐藤がお伝えいたします。

と、いうことで、佐藤の日にちなんだ色々なアイディアをご紹介しようと思っていた
のですが、佐藤さんだらけのサッカーだけでかなりの長さになってしまいました。

本当は佐藤さんだらけのクイズ大会、などについてもお伝えしたかったのですが、
またの機会にしたいと思います。

佐藤の日ということで何かをするかと言えばそうではなく、ご紹介したサッカーも
実現するのは難しいことでしょう。

しかも、正直に本音をお話ししますと、実は、私は佐藤という苗字があまり好きでは
ありません(笑)。

なぜならあまりに多くて、あまりに普通で、何となく「また佐藤さんかぁ」と思われ
ていそうな気がするからです。

私は佐藤という苗字だけではなく、名前も数字で表すことができるのですが、名前
の方が断然好きですし、職場を除けば、ほとんどの場合周囲からも名前で呼ばれて
おりました。

佐藤という苗字である以上は、何かにつけ、男性の佐藤とか、医事課の佐藤とか、
お腹の肉がすごい佐藤とか、犬好きの佐藤とか、歌好きの佐藤とか、お酒好きの
佐藤とか、趣味は食べることの佐藤とか、他の佐藤さんと混同されないよう、自身
で名乗ったり、私に用事があってお電話くださったり訪問してくださる方に追加の
言葉を付けていただかなければなりません。

それらは申し訳なくもありますし、私としても佐藤は佐藤で一発で伝わるといいのに、
珍しい苗字の方々はいいなぁ、かっこいいし、インパクトがあるしなぁ、と羨ましくも
あるのです。

佐藤をローマ字で書く時などは、「SATO」なのか「SATOU」なのか、という
ことも長年迷っていますしね。

ただ、それでも、私は佐藤として佐藤の人生をこれまで歩んできましたし、これから
も佐藤として堂々と生きていきます。

日本全国各地にたくさんの佐藤さん仲間がいて、もしかしたら同じ悩みや笑い話を
共有できるのかなと思えば、心強くもあるのです。

珍しい苗字の方の場合も、私にとっては羨ましいものの、おそらくその方なりの困り
ごとなどもあるでしょうし、 やはり私は佐藤としてがんばっていくしかありません。

ブログをご覧の皆様の中にも、多くの佐藤さんがいらっしゃるかと思いますが、
もしも今後お会いする機会がありましたら、ぜひ佐藤さんあるある話をさせて
いただければと思います。

ちなみに、本日は3月(さ)10日(と)ということで、さと、「たけのこの里」の日
でもあるそうです。

今朝初めて知ったのですが、断然たけのこの里派な佐藤としましては、かなり
嬉しいことでした。

今日はたけのこの里を買って帰りたいと思います。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

健康づくり事業2017のご報告。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、ブログ内でもお知らせいたしました『健康づくり事業』が開催
され、今年も100名近い地域住民の皆様にご参加いただき、大変
な盛況のうちに無事終了しております。

健康づくり事業2017の4 健康づくり事業2017の2

健康づくり事業2017の3 健康づくり事業2017の1

当院からは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、地域医療
連携室、MSW、総務課、医事課、居宅介護支援事業所など様々な職種
のスタッフが参加し、体力測定と骨密度測定、それぞれの相談コーナーを
担当いたしました。

参加された皆様からは「昨年と比べて測定の数値がどうなっているか気になる」
との声や、「今年も楽しみにしていた」、「毎年イムスさんの多くのスタッフの協力
が頼もしい」など、大変嬉しいお話をたくさんいただいております。

その他にも、当院の診療内容についてのご質問や、リハビリの体制について
など多くのお問い合わせをお受けしましたので、今後は診療面におきましても
地域の皆様のお役に立てるものと考えているところです。

また、開会式では測定に関する連絡事項も含め少しだけご挨拶をさせていた
だいたのですが、参加されている皆様を見渡しますと、私自身、面識のある
住民の方々がかなり増えてきたとの印象を持ちましたし、会場内でも本当に
多くの皆様よりお声かけをいただきました。

当院が地域の一員として受け入れていただいていることを実感すると共に、金山
や稲穂といった地元地域の健康を守るためにも、自分達がしっかりとした良質で
安心な医療を提供していかなれけばいけない、とあらためて感じております。

健康に不安がある際や、リハビリ目的でのご入院など、当院でお力になれる
ことがあればいつでもお気軽にご来院、ご連絡ください。

また、当院は健康づくり事業の主催でもあります、「稲穂金山活性化推進委員会」
の一員でもありますので、今後も地域でのイベントなどには積極的に携わらせて
いただき、皆様の健康の維持や増進に向けてご協力できればと考えております。

行事へのご協力など、ご意見やご要望等ありましたらいつでもご連絡ください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

ひなまつり2017。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日はひなまつりですね。

今日、私が特別な何かをするかといえば全くそのようなことはないのですが、
1年を通して行事やイベントは積極的に楽しみたい、を基本方針としている
佐藤としましては、やはり何らかの形でひなまつりを満喫したいと思うのです。

ただ、色々と考えてみても良いアイディアが出てきません。

やはり主役は女の子ですから、あまりに荒々しいイベントを企画すると
いうのも的外れで失礼かと思いますし、かと言って食に関することは再び
ダイエットを開始した佐藤にとってはツライのです。

そうなりますと、これだという考えがなかなか浮かんできません。

このお腹のぜい肉さえなければ、ひなあられをわっさわっさと食べたり、
大人のひなあられと称してトリュフ風味やキャビア風味、フォアグラ風味
などのフレーバーを提案したりできるのですが、今はそうするわけには
いかないのです。

このお腹の脂肪さえなければ、今流行を見せている甘酒を使ったイベントを
提案して、アルコールの入っていないものからアルコールがたくさん入っている
もの、トッピングをした甘酒、表面にハート型のラテアートを作ったものなど
を揃え、皆様と盛り上がろうと言えるのですが、今はそうはいかないのです。

今のこの体重さえなければ、右手にさくら餅、左手にうぐいす餅、口には
すでにイチゴ大福を入れたまま一体いくつ食べられるかという競技を提案
できるかと思うのですが、当然そんなことをするわけにはいかないのです。

今のこの内臓脂肪さえなければ、たまたま見つけたアイスクリームのひな
だん飾りに心ときめきましたので、せっかくならば皆様でとてつもない段数
のアイスひなだんを作り上げましょうと呼びかけるのですが、そんなことは
アイスが美味しい夏になっても(脂肪のせいで)無理かもしれないのです。

やはり、これだというものは思いつかないのですが、やはり何事も無理や
無茶をすることはいけませんし、結果的に長続きしない要因にもなります
ので、あれもこれもと我慢や節制をするのではなく、適度に継続することが
大切かと思います。

そういった意味では、ワタクシ、ダイエット中ではありますが、姪っ子の
ひなまつりにかこつけまして、いえ、結びつけまして、いやいや、健やかな
成長を願いながら楽しめる日にするべく、多少の食べ飲みは良いのでは、
と考えているのです。

多少です、本当に多少です。

そして何より、姪っ子を始め、全ての女の子達の健やかな成長を願っている
のは本心なのです。

姪っ子のために私ができることと言いましても、大したことはありませんが、
ひなまつりに関するお菓子などのお土産を持参することや、愉快な動きと
軽妙な語りで笑わせてあげることくらいはできるのではと考えております。

なお、写真で掲載しておりますように、当院では各所にてひなまつりの飾り付け
などを行っておりますので、来院された際にはぜひご覧ください。

本日、ふいに愉快な動きのリハーサルを行っている佐藤を発見しましたら、何事
もなかったかのようにそっとしておくか、ひなまつりの歌を口ずさんで共に動いて
いただけますと幸いです。

皆様、良いひなまつりをお過ごしください。

それでは。

ひなまつり2017の4 ひなまつり2017の5

ひなまつり2017の1 ひなまつり2017の2

ひなまつり2017の7 ひなまつり2017の3

カテゴリー: 日常   パーマリンク