地域医療連携室・医療相談室のblog

2017年06月の記事

広報誌『こもれび』の最新号を発行しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院の広報誌『こもれび』の最新号を発行いたしました。

今回の表紙は事務長です。

事務長は私の直属の上司でもありますが、今年の3月に当院と同じIMS
(イムス)グループの施設である道南ロイヤル病院からの異動により着任
いたしました。

皆様とお会いする機会はそう多くはないかもしれませんが、医療連携や
地域貢献に対する思いは誰よりも強く、その点についても今回の表紙上
にて書いておりますので、ぜひご覧ください。

今回の内容としましては、毎号恒例の記事の他、手稲区探訪記において
今の季節に訪れるのが最適な「星置緑地」をご紹介しております。

広報誌は外来ホールや図書コーナーの他、レントゲン室前や売店近くの
掲示板、リハビリ室前などに設置しておりますし、当院のホームページ内に
あります『広報誌』のページでも同様のものをご覧いただくことが可能です。

また、過去に発行したバックナンバーについても設置しておりますので、
ご自由にお持ち帰りください。

次回は8月頃の発行を予定しております。

手稲区探訪記のコーナーでぜひここを紹介してほしい、とのご意見や、
取材のご依頼等がありましたら、お気軽にご連絡ください。

皆様、今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院の広報誌、
『こもれび』をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

誕生日2017。

こんにちは。地域医連携室の佐藤です。

本日、私佐藤は誕生日を迎えました。

現在の心境としましては、「う~む、いい歳になったなぁ…」、というのが
素直な気持ちです。

大変ありがたいことに、周囲の皆様より祝福をいただいておりますので、
それらはとても嬉しいのですが、誕生日自体、年齢そのものについては
ちっとも嬉しさはなく、むしろ「あ、あと〇年で〇〇代に突入してしまうとは…」
という焦りの方が多くなっております。

本来、この年齢になっていれば、もっと落ち着いていて、もっと余裕が
あって、もっとジェントルマンで、虫を怖がることなどなく、飛行機を苦手
とすることもなく、納豆も平気で食べられて、仕事も予定通りにビシーッ
とこなす、そんな大人であるはずなのですが、今の佐藤はそのような大人
像とはかけ離れているのです。

意外と、大人の皆さんというのは、その年齢になってみたら佐藤と同じ
ようなことを思うのかな。

などという希望も多少はあるのですが、きっと、そうだそうだと賛成して
くださる方ばかりではなく、佐藤と同い年であればもっともっと大人である
方もたくさんいることでしょう。

理想と現実は違う、これは色々な場面でそうなのかもしれません。

ただ、理想に現実を近づけられるかどうかは本人の努力次第だと思うのです。

よって、佐藤が描く大人像に近づくことを願うのであれば、そのための努力
を惜しまず、日々研鑽を重ねるしかありません。

しかしながら、仕事をきっちりこなすということなどはぜひとも実現したい
とは思うものの、かなりのジェントルマン具合で落ち着き払っていて、何も
おもしろい行動や思想が出てこない佐藤になりたいか、と問われればそう
でもないのです。

大人の男性らしいユーモアがある佐藤への憧れや、仕事のスキルをもっと向上
させたいという思いはあるものの、今のままの佐藤にも愛着があったりもします。

また、ブログを日々読んでくださる方々からは「そのままの佐藤さんがいい
ですよ」というようなご意見も多々いただくものですから、それらをまともに
受けてしまって、「じゃあ、やっぱり無理をするのもよくないな」などという
ことを思ったりもするのです。

このあたりは、ブログの読者の皆様からすれば、「あまりにまともな大人の
佐藤になったことでつまらんブログになるぞ」との心配が多少はあるのかも
しれませんが、何にせよ、やっぱりこの日に思うことは毎年同じでもあります。

それは、自然な佐藤でいるということです。

好きなものは好き、苦手なものは苦手、それらを堂々と言い切れることもまた、
一つの大人なのではないでしょうか。

かっこよくしようと思ってもそれが叶わないこともありますし、かと言って
あまりにかっこ悪いのは嫌なので、自身のプライドをかけて戦うことも時
にはあるわけですが、「大人だからこうあるべし」という固定観念を持つの
はよくないのでは、とも思うのです。

と言うことで、改善すべき点や変えたい部分については真剣に努力を重ね
ますが、基本的にはこれからもありのままの佐藤でいたいと考えております。

ちなみに、先日の出張は無事に終わり、特段大きな混乱もなく全行程を
終了いたしましたが、30度を超える気温の中で実に佐藤らしく汗だくに
なって歩いてまいりました。

そして、心配していた通り、外食が続く中で過剰な栄養を摂取してお腹周り
が気になっている本日なのです。

この部分に関しましては、それも自分らしくてよいものだ、とは思わずに、
食べた分や飲んだ分はしっかりと落としていかなければなりません。

ただし、本日は誕生日ということもありますので、「今日はまぁ、特別だしね」
との思いのもと、いくらかは、控えめにではありますが、少しだけ、BEERを
嗜みつつ、来年のこの日に向けてがんばるための英気を養いたいと思います。

祝福をいただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました!!

まだまだ誕生日の一日は始まったばかりですので、どのような形であっても、
引き続き皆様からの祝福をどんどん、どんどんどんどんお待ちしております(笑)。

では、今後とも佐藤をどうぞよろしくお願いいたします。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

初めての場所へ出張中です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

昨日より、私佐藤は東京、横浜へと出張中になっております。

したがいまして、本日のブログは事前に書きました予約投稿によるものです。

今頃の佐藤は、関東の暑さと梅雨のじめじめに参っているかもしれません。

できれば、「思っていたほどの暑さではないなぁ」、「湿度もそれほどでは
なくてよかった」、と感じながら2日間が過ぎてほしいというかすかな期待
を持っているのですが、どうでしょうか。

もし、暑さで大量の汗をかき、出張中にやせたということになれば、身体的
にはしんどいものの嬉しくもあります。

ただ、この2日間は外食も続きますので、むしろ体重増加の心配の方がある
かもしれません。

そして、心配と言えばもう一つ。

実は、佐藤は横浜を訪れるのは初めてなのです。

事前に下調べをして行動しますし、困ったことがあればスマホで調べればよい
とは言え、やはり不安はあります。

このブログが投稿された時間帯などはまさに横浜に滞在中のため、道に迷ったり、
乗車すべき交通機関がよくわからなくなって、おろおろしているかもしれません。

暑さによる汗だけではなく、焦りからの汗や、予定通りの行動ができずに冷や汗
をかいている可能性もあります。

基本的にほとんどの時間は一人での行動ですので、寂しさによりプルプルと震え
てしまい、少しだけ減少したお腹のぜい肉が揺れているかもしれません。

万が一、おかしな様子の佐藤を見かけることがありましたら、その場所が北海道
ではないことから人違いでは、とは思わずに、思い切って、そして優しく、佐藤に
声をかけていただけますと幸いです。

慣れてきたとはいえ、飛行機を苦手としている佐藤ではありますが、出張により
得るものもたくさんありますので、しっかりと色々なものを吸収し、栄養の過剰な
吸収には注意し、体型を維持して無事に戻ってまいりたいと思います。

なお、本日の夜には札幌に戻り、来週月曜日からは通常と変わらず出勤しており
ますので、何かありましたらお気軽にご連絡ください。

不在があるということは、その前後での業務が……、という気持ちはさておき、
良い機会と捉えて充実した出張にしたいと思います。

それでは。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

看護の日2017。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先週土曜日、ていね温泉ほのか様の一部をお借りし、看護の日の
イベントを開催いたしました。

当日は看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、地域医療連携室、
総務課など様々な職種のスタッフが参加し、血圧・体脂肪・血管年齢
の測定、腰痛や肩こりの予防体操、健康相談、お薬相談、栄養相談、
キッズドクターとキッズナースの写真撮影会などを実施しております。

看護の日2017ブログ1 看護の日2017ブログ2

看護の日のイベントは毎年開催しておりますが、ていね温泉ほのか様
にて行うのは今回で4回目です。

来場された皆様の中には昨年のことを覚えていてくださった方がいたり、
ほのか様のスタッフの皆様とのやりとりもスムーズに進むなど、恒例行事
として認識されつつあるのではと感じております。

そもそも看護の日とは、国民の間に看護の心や助け合いの心が育つように
旧厚生省により1990年12月に制定されたものです。

フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、毎年5月12日と定めら
れており、看護の日の前後には各地で様々な催しが開催されております。

開催時期に関しましては多少の前後があるかと思いますが、当院では来年
以降も今年と同様に看護の日のイベントを開催していきたいと考えており
ますので、皆様の健康維持や増進に向けぜひご活用ください。

また、会場では当院の診療についても多くのご質問をお受けしております
ので、このようなイベント以外でも、本業であります診療面においてお役に
立てるものと考えております。

当日参加された多くの皆様、開催場所を提供していただいた、ていね温泉
ほのかの皆様、全ての皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

当院の主催で行う健康イベント等は基本的に全て無料となっており、スタッフ
派遣に伴う費用はいただいておりませんので、もし健康に関する催しを考えて
いる方がおりましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

レントゲン検査の受付前。~傘~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

現在のレントゲン検査の受付前をご紹介いたします。

レントゲン室前傘ブログ1 レントゲン室前傘ブログ2

いかがでしょうか。

前回のブログで、6月と言えば雨や傘というイメージになってしまっている
ため、できれば初夏の印象になってほしいということを書きましたが、当院
のレントゲン室前もまさに雨と傘、になっております。

しかしながら、窓には手作りの傘やあじさいがあったり、写真にもありますように
傘の下には動物達がいたりと、実に可愛らしい雨の光景になっているのです。

特にこの傘なのですが、近くで見ますと以下のようになっております。

レントゲン室前傘ブログ3

少しわかりにくいかもしれませんが、実はこの傘、回転するのです。

検査室前には全部で3つの傘がありますので、この近くを通ると、動物達の
上にある傘がくるくると回ります。

雨自体はあまり好きではありませんが、このようなレイアウトがありますと、
6月=雨のイメージであっても、実際に雨の日々が続いたとしても、少しだけ
楽しい気持ちになれますね。

以前のブログ『レントゲン検査の受付前。~新境地~』に続き、今回もナイス
アイディアだなぁ、と感じております。

あまりに激しく回しますと壊れてしまうかもしれませんが、そっと息を吹きかけ
たり、手で風をおこしてあげると、3つのカラフルな傘がきれいにくるくる回転
しますので、ご来院の際にはぜひお試しください。

前回に続き雨に関する話題となりましたが、回る傘を見かけて和やかな気持ち
になりつつ、やはり気持ちは晴れやかにいきたいと思います。

なお、こちらのすぐ横にある掲示板では、様々なお知らせと共にパンフレットや
無料送迎バスの時刻表、広報誌なども設置しておりますので、どうぞご自由に
お好きな部数をお持ちください。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介   パーマリンク

ペトリコールとゲオスミン。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ここのところ、ちょくちょくと雨が降り、その後暖かくなったかと思えば
また雨が降って肌寒い、という日々が多いような気がしているのですが、
これは蝦夷梅雨なのでしょうか。

北海道に本格的な梅雨はないものの、蝦夷梅雨と呼ばれる雨の期間は
あるわけですが、今がその期間に入っているのか、それとももう少し先に
なるのか、実際のところはわかりません。

今が蝦夷梅雨なのかどうかは別として、この季節で一点気がかりなのは、
6月と言えば、ということで想像するものやイメージで出てくる画像がかなり
の確率で雨や傘などになっているということです。

やはり梅雨の印象が強いのだと思います。

6月は私佐藤の誕生月であり、夏好きとしましては、梅雨ではなく初夏
のみの印象になるといいのになぁ、と切に願っているところです。

しかしこのあたりは地域性もありますから、6月=雨のイメージを払拭
してとにかく初夏、とするのは難しいのかもしれません。

ただ、じめじめした季節や雨そのものはあまり好きではありませんが、
雨が降った時の匂いは結構好きだったりします。

なぜなら、独特なあの匂いに夏を感じたりもするからです。

少し調べてみましたら、雨の降り始めの匂いのことは『ペトリコール』と
言うのだそうで、ギリシャ語で「石のエッセンス」という意味とのこと。

そのような名前がついているとは全く知りませんでした。

また、雨上がりの時に感じる匂いは『ゲオスミン』という物質が正体との
ことで、こちらはギリシャ語で「大地の匂い」という意味だそうです。

これもまた驚きで、雨上がりの匂いにそのような物質が影響しているとは、
そしてそれがこのような名前だとは、かなりびっくりでした。

ペトリコールとゲオスミン、どちらも初めて聞いた言葉なのにもかかわらず、
なぜかそれなりに親近感があるなぁ、と思っていましたら、なるほどとすぐ
に気が付いたのです。

それは、どちらも薬の名前のようだからだと思います。

ペトリコール=ものすごく強力な下痢止め。長期服用し過ぎると便秘になる。

ゲオスミン=ぐっすり眠れる睡眠剤。飲み過ぎると耐性ができるので注意が必要。

こんなイメージが浮かんできました。

医療に関連して働く前であれば、このようなイメージにはならなかったので
しょうが、今では色々な薬について多少なりとも知識がついてきたということ
もあり、自然と「これって薬みたいな名前だなぁ」と思ったのです。

医療界での経験が長くなりつつあることを実感すると共に、その業界に慣れ
過ぎてしまうことで見えなくなることがあってはいけないと心配した佐藤は、
ペトリコールとゲオスミンについてさらに想像を膨らませ、医療とは関係の
ない何かを思い浮かべることはできないものかと考えました。

そこで浮かんできたのが以下の二つです。

ペトリコール=イギリスのロックバンド、『ペトリ』のライヴ中に観客から沸き
起こるコールのこと。多くはライヴの終盤に行われる。観客が両手の拳を
空に掲げ、もっと激しい曲を演奏して欲しいとの意思表示で曲と曲との間
に「ペトリ!ペトリ!」と連呼する。今では定番となったが、ペトリコールが
始まった当初はその時の流れでセットリストを変更したことが何度もある、
とギターでリーダーのエッセンスは語っている。

ゲオスミン=人気ゲーム『ドラゴンクエスト』に登場する呪文のこと。呪文を
唱えるキャラクターによって効果が違うという特性を持つ。ゲーム中盤まで
は主人公のみが覚える呪文であるが、一定の要件をクリアすることで全ての
キャラクターで使えるようになる。主人公が使用した場合の効果は自分以外の
敵、味方を確実に全員眠らせると共に主人公の攻撃力が1.5倍となり、効果
持続中に敵を倒せば獲得する経験値とゴールドが2倍になるというものである。

いかがでしょうか。

色々な方面に思いを巡らせて考えてみましたが、やはりゲオスミンに関しては
どうにもこうにも眠りのキーワードから抜け出すことができませんでした。

念のために再度お伝えしておきますと、上記の二つも、お薬の効果についても、
全て佐藤の想像によるものであり、実在いたしませんのでご注意ください。

雨の季節でじめじめするのは嫌なものですが、そんな中でも楽しみを見つけ、
気持ちだけは晴れ晴れとしながら日々を過ごしていきたいと考えております。

皆様の中でも、自分なりのペトリコールとゲオスミンがありましたら、ぜひその
効能や特性などをお聞かせください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

空床情報です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院のベッド状況についてお知らせいたします。

現在、回復期リハビリテーション病棟、一般病棟共に空床があり、大変
迅速なお受入れが可能です。

今後の転院を検討されている患者様がおりましたら、お急ぎの場合も含め、
ぜひご相談、ご紹介ください。

回復期リハビリテーション病棟におきましては、どのような疾患であれば入棟
の対象となるのかわからない、自宅に戻ることができそうにない場合は転院
できないのでは、という疑問を持たれる方が比較的多いように思います。

当院では医療相談室のMSWが転院も含めたご入院の相談をお受けして
おりますが、回復期リハビリテーション病棟の対象疾患等についてもご説明
いたしますので、不明な点がありましたらまずはお気軽にご連絡ください。

また、ご自宅に戻ることが難しい患者様についてもお受入れを行っており
ますし、その後の療養先への転院や入居までのご支援、ご協力もさせていた
だいておりますので、病状に関わらずご相談いただければと思います。

なお、即日のご入院等、緊急のご依頼につきましては当日の外来担当医師
あてにて、直接のご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

やっぱり、でも多少だった佐藤の鼻炎。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログ、『鼻炎がない鼻炎シーズンを過ごしている鼻炎持ちの佐藤』
の中で、今年は鼻炎症状がほぼないということをお伝えしました。

その後についてのご報告です。

鼻炎は、あります(苦笑)。

残念ながらほぼ症状がないまま、とはいきませんでした。

ただし、状態としてはかなり軽いと思われます。

朝などは特に鼻水が出たり、目がかゆかったり、くしゃみが出たり、場合
によっては鼻づまりもあるものの、それらが一日を通して続くということは
ないのです。

ただ、フルパワーで業務に励むためにも、朝起きた時点で症状がある際は
鼻炎薬を服用するようにしているため、そのおかげもあるとは思われます。

しかしそれは毎日のことではないですし、薬を飲まなくても症状がほぼない
日もありますので、これまでの鼻炎経験や、佐藤の何とな~くの勘や、そう
であってほしいとの思いや、先日のブログでご紹介したある食品の効果を信
じたい気持ち、などなどを総合的に考えますと、やはり今年に関しては鼻炎
はかなり軽い、と断言することといたしました。

おそらくここまで軽い症状で鼻炎シーズンが経過していったことはこれまで
にないですし、こんなに快適な春から初夏を過ごしたこともありません。

鼻炎とはいつも二人三脚で過ごしてきたため、それが当たり前になっており
ましたが、本来であればこんなにも快適なものなのかと、むずむずやじゅる
じゅるやふごふごの少ない日々を実感しております。

鼻炎症状が出る時期もあと僅か。

今年はスタートが遅かっただけでこれからが本格的なシーズン、などという
まさかの展開にならないことを願いつつ、快適な日々を過ごしたいと思います。

この季節に皆様とお会いした際には、高速で目をかいてかいてとにかくかく
佐藤が普通であったかと思いますし、マスクを着用していない時などは常に
鼻の付近には光る雫が存在していたかと思いますが、今年の佐藤に関しては
そのようなことがほぼありません。

それでは少し物足りないという皆様もいるかもしれませんが、残念ながら鼻炎
の豊富な経験を持つ佐藤であっても、意図的に鼻炎症状を作り出すことはでき
ないのです。

鼻炎とのお付き合いが始まった小学4年生の頃から昨年までの思ひ出について、
遠い目をしながら語る程度でご容赦いただければと思います。

鼻炎持ちの皆様の今年の症状はいかがなものか、などについて、お会いした
際にはぜひ情報交換させていただけますと幸いです。

快適な春から初夏、そして快適な夏に向けて、鼻のコンディションを維持して
いきたいと思います。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

クールビズ2017。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院では昨日、6月1日よりクールビズを実施しております。

昨日はお休みをいただいておりましたので、佐藤にとっては本日が今年の
クールビズ開始日となりますが、暑がり&肩こり&首こり&時々寝違えの
佐藤としましてはノーネクタイとノー上着は大変快適で、嬉しいです。

気温の方はそれほど上昇してはいないものの、「クールビズ」という響き
によって大好きな夏を感じることもできるため、いい季節がやってきたなぁ
と気持ちは上昇し、通常の30%増しで業務が捗っております。

ただ、今月の下旬には東京や横浜への出張が控えておりまして、まさに梅雨
シーズン真っ只中であることやすでに相当な高い気温を記録していることが
予想されることから、クールビズスタイルであっても全く快適さは感じられない
事態になることをおそれているのです。

暑さと湿度で、佐藤のワイシャツはとんでもない状況になるかもしれません。

建物の中や乗り物での移動中はしっかりエアコンが効いているのでしょうが、
外を少し歩いた瞬間に、体中のいたるところから汗がふき出してきそうです。

周囲の皆様やお会いする方々が不快な思いにならないようにしなければと
考えてはいるものの、かと言ってそのためにどうするかという良いアイディア
は何も出てきません。

大量の汗をすぐさま確実に拭き取るべく、バスタオルを持って歩くわけにも
いかないでしょうし、

バッグの中に大量の保冷剤を詰めておくわけにもいかないですし、

エアコンの効いている室内で休憩をとりつつ目的地に向かうとすれば、2~3分
おきの休憩になってしまいなかなか進まないですし、

汗だくになったらすぐに着替える、ということにしますと出張バッグの中身は
全て大量の着替えということになってしまいますし、

コワイ話を想像しながら寒気を感じつつ移動する、という古典的な手法は効果
がほぼないでしょうし、

とにかく良い方法がなかなか見つからないのです。

きっと、関東の皆様からすると「今日は比較的涼しいな」という日であったと
しても、佐藤にとっては「ま、真夏の暑さだ…」という状況になることは間違い
ありません。

しかし、だからと言って、どなたが佐藤を見ても「梅雨がなく涼しい北海道で
生まれ育ったのでこの気温と湿度はかなり厳しいです。ご理解いただけますよう
よろしくお願いいたします。なお、大量の汗は決して体調不良ではありません」
とわかるようにプラカードなどを掲げて歩くわけにもいかないのです。

したがいまして、どうしてこの気温でこんなに汗をかいているのだろう…、と
お会いする皆様には思われてしまうかもしれませんが、すぐさま佐藤の生い
立ちと体質についてご説明し、ご理解いただくしかありません。

今のうちから少しでも暑さに慣れておく、という方法もあるのでしょうが、日中
の車に乗った際などに熱がこもっていましたら、「無理はいけないし」との思い
で、すぐにエアコンをMAX にして涼んでしまっております。

夏は好きだが暑過ぎるのは苦手、これが佐藤の真実なのです。

数週間後の出張のことを懸念しつつも、今はクールビズの快適さを存分に
感じて日々を過ごしていきたいと思います。

ちなみに、クールビズのさらに一歩先を行く涼しさを求めて、ワイシャツその
ものに何か工夫はできないだろうか、と考えてみたのですが、

う~ん、

う~む、

ワイシャツ…、

涼しいワイシャツ…、

風通しの良いワイシャツ…

メッシュのワイシャツ!

と、かなりギリギリなラインのアイディアしか思い浮かびませんでした。

さすがにメッシュのワイシャツを作成して着用することでインナーがチラ
ホラ見えているという状況はいけませんので、現状のノー上着とノーネク
タイスタイルでクールビズを実施しながら、冷房なども適切に使用してこれ
からの本格的な夏を乗り切っていきたいと思います。

クールビズ実施期間は9月末までです。

その間はブログ内でもネクタイに関する話題やイベントなどもないことと
思いますが、ご理解いただければと思います。

それでは。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク