地域医療連携室・医療相談室のblog

2018年02月の記事

健康づくり事業2018のご報告。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログでお伝えしました『健康づくり事業』が、先週の土曜日に
開催されました。

大変な盛況のうちに無事終了しております。

健康づくり事業2018の1 健康づくり事業2018の3

健康づくり事業2018の2 健康づくり事業2018の5

健康づくり事業2018の4 健康づくり事業2018の6

当日はリハビリスタッフ、看護師、地域医療連携室を始めとする事務系
スタッフが参加し、体力測定と骨密度測定、そして今年から新たに健康
体操のコーナーも担当いたしました。

開会式では私佐藤より簡単なご挨拶をさせていただきましたが、参加
された地域の皆様は真剣に聞いてくださり、その後にお話をした際には、
「今後ぜひ受診したい」等の大変ありがたい声を多数頂戴しております。

当院は主催者である「稲穂金山活性化推進委員会」の一員でもあります
が、委員会の皆様からは「イムスさんの多大なご協力があって開催でき
ています」とこちらも本当にありがたいお言葉をいただき、地域住民の
皆様のお役に立てていることを実感いたしました。

会場では、私やリハビリスタッフ、地域医療連携室のスタッフにお声かけ
してくださる方々も非常に多く、地域の一員として迎え入れていただいて
いることや、身近な医療機関と認識してくださっていることが感じられ、
とても嬉しかったです。

当院ではこれからも地域貢献活動に積極的にご協力させていただくと共に、
稲穂金山活性化推進委員会としての役割もこれまで以上にしっかり果たして
いきたいと考えております。

また、診療面における地域の皆様からのご期待もひしひしと感じましたので、
院内一丸となって質の高い医療をご提供できるよう、努めてまいります。

健康に不安がある際や、リハビリ目的でのご入院など、当院でお力になれる
ことがあればいつでもお気軽にご来院、ご連絡ください。

イベントへのご協力など、ご意見やご要望等ありましたらいつでもご連絡を
いただければと思います。

健康づくり事業にご参加された皆様、ありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

レードルとは。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、院内の給食委員会に出席する機会があったのですが、その際に
資料の中で『レードル』という単語を目にしました。

「はて、レードル…??」と、佐藤にとっては何のことやらさっぱりわかりま
せんで、会議の中で「レードルの拭き取り検査も適正でした」という内容の
報告がされた際にも、真面目な顔でうんうんなるほど、というようなアク
ションはしていたものの、頭の中では「何のことじゃあこれは…」と色々な
想像をしていたのです。

会議後、栄養科のスタッフに聞いてみたところ、何ということのない答えで、
簡単に言えば『おたま』であるということを知りました。

厳密に言えば、レードルの方がおたまよりも種類が豊富であったりと多少
の違いはあるようなのですが、レードルと言えばおたま、ということで全く
問題はないようです。

恥ずかしながら、佐藤のこれまでの歴史の中において、レードルという単語
を口にしたことは一度もありませんでした。

それに、レードルと聞きますと、佐藤的にはもっと別の色々なものをイメージ
してしまいます。

いくつか頭に浮かんできたものを書いてみますと、

レードル=南米原産の非常に甘いフルーツのこと。微かな酸味があり、水分
は少ない。レードルを使用した食材としてはレードルバターが有名。原産地
ではジャムに加工しパンに挟んだレードルサンドが日常的に食べられている。

レードル=気象予報士で結成された女性アイドルグループ。気象レーダー
や雨雲レーダーの「レー」とアイドルの「ドル」を取ったもの。天気予報を
読みながら歌い、踊る姿が話題となり、デビュー曲の「外れてごめんね…」
は80万枚のセールスを記録した。

レードル=「冷を取る(涼を取る)」からきた環境に配慮した運動のこと。
レードル運動など。暑い季節には健康面に配慮しつつもエアコンの使用を
極力控え、冷えた食材を摂取する、日陰や自然風を活用するなどして地球
環境に優しい生活を目指すというもの。

レードル=0(れい)を取る、桁が一つ違ってくるという意味で使われる
若者言葉のこと。ランクダウンの意味合いで使われる。「このままの成績
じゃ志望校はレードルだ」など。昨年の流行語大賞にもノミネートされた。

レードル=1970年代に活躍したプロサッカー選手。サイドアタッカー
として各国のプロリーグにて名門チームを渡り歩いた。W杯にもオランダ
代表として3度出場。長身ながら独特の細やかなステップとフェイントを
得意とし、レードルターンと呼ばれた。

レードル=フランス料理における料理法の一つ。煮詰めたフォンドヴォー
にブイヨンを合わせたものを蒸気にし、主に野菜や白身魚など淡白な味の
食材に対して繊細な下味をつけるという技法。シンプルな料理においても
より奥行きのある味わいを演出できるとされる。

などなど、ジャンルの違う様々なものがイメージとして出てきました。

ちなみに、当然ながら、これらは全て佐藤の個人的な想像とイメージです
ので、実在のものとは全く関係がありませんし、何の根拠もありません。

もう少し考えると、もっともっと色々なレードルが出てきそうなのですが、
このあたりでやめておきたいと思います。

おたまをレードルと呼んで良いことを知ったからには、「なんだか、かっこ
いいな」という思いもありますので、積極的に使用していく方針です。

まぁ、料理をする機会がほぼありませんので、使用する場面はあまりない
かと思うのですが…。

皆様とお会いした際などに、万が一おたまについての話題が出た際には、
張り切って、「ワカメの味噌汁をよそう時って、気を付けないとレードルの
ふちにぴろーんってワカメが付いちゃって、お椀の外側に味噌汁がたれて
しまいますよね」、などと使いたいと考えております。

皆様の中にもレードルという言葉から思い浮かぶ、おもしろおかしい愉快な
イメージなどがありましたら、ぜひお聞かせください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

下書きに残っている色々。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日のタイトルをご覧いただけましたでしょうか。

『下書きに残っている色々』、となっております。

下書きとは、こちらのブログを更新するためのシステム内にある機能の
ことで、皆さんもすぐに想像がつくであろうあの下書き、そのものです。

ただ、実際にはかっちりと下書きをした上でブログをアップしているわけ
ではありませんので、佐藤的にはほぼメモのような使い方をしております。

思いついたことをさっと打ち込んで保存しておいたり、アイディアは浮か
んだものの季節的に合わないため下書きに残しておいて、掲載すべき
時がきたらアップする、などで活用しているのです。

ところが、なかなか文章が完成しなかったり、思いついたアイディアを
それ以上に広げることができず、いつまでも下書きのままであるという
ものも存在します。

中には、ただタイトルがあるだけで、中身は空、というものもあるのです。

たまに整理を行い、書き上げることのできそうにないものなどは削除する
こともあるのですが、それでもいくつかは残ったままになり、しかしながら
なかなか表舞台に出てこない下書きもあります。

そこで、本日は今現在で下書きの中に残っているタイトルをご紹介すること
にいたしました。

では、早速ご紹介します。

①『手袋をはく』

手袋をはくと言うのは北海道だけかと思いきや、そうではないことがわかり、
その辺りを色々と書いてみたいと考えているのですが、詳細は調べておらず、
書けずにいるものです。

②『体育の日』

完全に時期が過ぎました。また今年の体育の日か、体育という響きが懐かしく
なった時に書きたいと思います。

③『かき氷とフラッペ2』

こちらも季節外れです。以前に書いたブログの追加、ということで考えており
ますが、どうでしょうか。

④『おけまるとちんまい』

若者の言葉についてご紹介しようと考えたのですが、タイトルのみで中身を
書くに至らず、そのうちに今はもう使われなくなっているのではという心配も
出てきたことから、下書きに入ったままになっております。

⑤『おっちょこちょいの語源』

そのままに語源を調べようと思い、さらには「すっとこどっこい」なども気に
なっていたのですが、そこまで広げられそうになく、他の気になる言葉と共
にご紹介するべきかどうか迷っております。

⑥『大運動会』

季節が過ぎたシリーズです…。グループ内における運動会についてご紹介したい
と考えたのですが、昨年は書くことができませんでした。

⑦『こち亀40周年200巻でラスト』

小さな頃から読んでいた漫画である、こちら葛飾区亀有公園前派出所が最終回
を迎え、色々な思いを綴ろうと考えたのですが、想ひ出は浮かんでくるものの
全てを書くわけにもいかず、結局文章にならぬままになっているものです。

⑧『ピザとピッツァ』

違いは何なのか、について書こうと考えたものの、それ以上の膨らみが思い
つかず、油断するといつもの単なる食いしん坊ブログになってしまいそうで
あり、結局は構想のみで今に至っております。

⑨『美術館と植物園と博物館』

以前に動物園と水族館について書いたことがありましたので、その続き物を
と考えたのですが、うまくまとまらずにそのままになっているタイトルだけの
下書きです。

⑩『あえてローマ字表記にて』

佐藤的にも、もはや??でして、何を書こうとしていたのだこの時の自分は、
と思うタイトルです。

⑪『概念が変わる〇〇』

何とも壮大なタイトルになっております。やはり今となっては何を書こうと
していたのかが自分でも不明です。

ということで、現在、下書きの中には11個のタイトルが存在しておりました。

こうして見返してみると、「こうすればきっと書けるだろうな」と思えるタイトル
もあれば、このまま書けずに下書きとして眠り続けてしまいそうなものもあり、
色々です。

今後、本日ご紹介したタイトルや内容がブログに登場するかどうかはわかり
ませんが、更新に困った時などは再び見返し、活用したいと考えております。

佐藤的にぜひ書きたいと思っているものもあるのですが、ブログをご覧の皆様
の中でこのタイトルで書いてほしいというリクエストがありましたら、お気軽に
ご一報ください。

また、今回ご紹介した下書きシリーズに関わらず、ご要望やヒントなどをいた
だけましたら、それらをもとに想像を膨らませ、ブログを書かせていただきたい
と考えております。

もちろん、おもしろおかしい内容ばかりではなく、地域のご紹介や連携機関の
皆様からの情報提供、当院の取り組みや院内のことに関しましてもお受けします
ので、いつでもご連絡ください。

まさか下書きに関することで一つのブログが完成するとは思いませんでした。

下書きにスポットを当てる日が来るのであれば、これまで整理のために削除して
しまった下書きも残しておけばよかった、と感じております。

今後はどのようなことでも、たとえこれまで以上にしょうもない内容であろうとも、
下書きはそのままにしておこうと考えている本日の佐藤です。

皆様のパソコン内や携帯など、色々なところにある下書きについても、楽しい
ものがありましたら、ぜひその内容をお聞かせください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

明日は試験本番です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

これまでに何度かブログ内でもご紹介してきましたグループ内における認定
試験ですが、明日が本番となりました。

今回、医事課・地域医療連携室からは上級への挑戦が9名、中級に挑むのが
1名、初級は1名、計11名のスタッフが試験を受けます。

上級試験はかなりの難問がたくさん出ますし、中級試験も決して油断のでき
ない内容であり、初級試験は確実に合格してもらいたいことから、佐藤的には、
毎年のことながら自分が受験していた時よりも緊張するのです。

各自が日々勉強を重ね、合格者からのアドバイスや協力もありましたので、
それぞれのカテゴリーにおける準備が整ったものと信じております。

あとは明日に向け体調を整えたり、最後の確認をしたり、ラストスパートで
知識の上積みをしながら、本番までをリラックスして過ごしてもらいたいと
思うのですが、どうでしょうか。

なかなか自分自身の時とは違って、それぞれに調整の仕方もあるでしょうし、
この辺りは難しいところです。

例年、試験に向けたアドバイスと共に、より合格への気持ちが上昇するよう、
いくらかはプレッシャーもかけつつあったのですが、今年については比較的
静かに見守る姿勢でここまできております。

恒例の合格祈願のお菓子もスタッフ全員に渡しましたし、他に佐藤ができる
ことと言えば、自信を持って本番に挑めるよう声をかけることくらいです。

ぜひ、存分に力を発揮して合格してもらいたいと願っております。

明日の会場は西区八軒にあります、イムス札幌消化器中央総合病院です。

ブログをご覧の皆様には、ぜひともイムス札幌消化器中央総合病院へパワー
を送っていただければと思います。

また、受験するスタッフ達に、少しの運が味方するよう願っていただけますと
大変幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

健康づくり事業のお知らせ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

2月24日(土)、午前10時より午後12時20分まで、北海道手稲養護学校様
の体育館にて、『稲穂金山健康づくり事業』が開催されます。

当院は主催である「稲穂金山活性化推進委員会」の一員であり、運営も含め
ご協力させていただたくのは今回が5回目です。

これまでと同様に、理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフ、看護師、
地域医療連携室や事務系のスタッフが参加し、各コーナーを担当いたします。

リハビリスタッフが担当する体力測定のコーナーでは、6項目の測定を基に
グラフを作成してお渡ししますので、ご自身の歩行能力やバランス機能、反射
神経や握力など、現在の身体の状況を知るのにご活用ください。

また、骨密度測定では、骨の密度が実年齢と比べた場合にどのような状態
にあるのかをチェックした上で、看護師より簡単なアドバイスをお伝えします
ので、ぜひ体験していただければと思います。

体力測定と骨密度測定に加え、今回当院が初めて担当させていただくのは、
健康体操エリアでの手ぬぐいを使用したストレッチとロコモ予防体操です。

当院の理学療法士と作業療法士が担当し、自宅でもできる体操などを実際に
体を動かしながらお伝えいたします。

当院が担当するコーナーの他にも、健康情報コーナーや、脳の活性化につな
がる体操のコーナーなどがあり、参加された方には手ぬぐいとお菓子をプレ
ゼントいたしますので、ぜひお気軽にご参加ください。

なお、健康づくり事業への参加は全て無料であり、事前の申し込みは不要です。

また、駐車場もご用意しております。

内容の詳細等につきましては、こちらのポスターをご覧ください。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

健康づくり事業2018ブログ

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

ここまでの冬の感想。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

2月もすでに3分の1が過ぎており、本格的な冬も後半戦に突入した感が
ありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ここ札幌においては、佐藤の個人的な感想ではありますが、比較的楽な冬、
との印象を持っております。

冷え込み自体ははかなり厳しいものがありますので、朝も昼も夕方も夜も
寒く、どのようなシチュエーションであれ気温の低さを実感することばかり
であり、寒い寒いを連呼する日々です。

少しでも体を温めようとホットドリンクを飲んでみたところで、すぐに飲み
物の温度も冷めてしまいますし、

キムチ鍋などを食べて温まることを試みますと、全身がぽっかぽかになる
のを遥かに通り越して汗がだっくだくになってしまい、かえって体が冷えて
しまいますし、

せめておもしろいことを言って笑い合うことで温まろうとチャレンジして
みたところ、より寒くなるという事態になり、心の中まで冷えてしまうなど、
やはり何をしても寒いことは寒いのです。

ただ、この週末には最高気温が5℃まで上がるとの予報も出ており、少し
ずつ寒さも緩むのかなという気がしております。

また、雪もそれほど多いとの印象はなく、雪すかしも割と楽であるという
思いでいるのです。

とは言え、少し前には日々連続での雪すかしがありましたし、

早朝に目覚めて外を見たところ雪が積もっておりませんでしたので、安心して
二度寝し、起床後はゆっくり余裕を持って出勤準備をしていたのですが、何気
に外を確認しましたら雪がもっさもさと降っておりすでに車にはかなりの量が
積もっていて、「えぇ!?」ではなく、「うふひえぇぇ~!?」と思わずおかしな
声が出てしまったということもありましたし、

排雪業者さんが来る日に備えて車などを避けた場所に全ての雪を集約させておく
のですが、短期間で雪が降ったことで雪を置く場所がなくなり、かと言って道路に
はみ出すわけにもいかず、どんどん上に向かって雪を積んでいき、やがて佐藤の
身長よりも高くなり、まるで雪像のようになったこともありました。

ちなみに、その時の雪像に名前を付けるとすれば、『肩と腕と腰への負担が作り
出した雪の山』、になるかと思います。

このようなことがありつつも、やはり総じて比較的に楽な冬の日々であり、日に
よっては主要道路のアスファルトが出ていることもあるというのは、出勤や帰宅
時に運転をする際にも大きな安心です。

その年によっては、朝も帰宅後も雪すかしに追われ、暑くなってきてダウンを脱ぎ、

やがてその下に着用していたジャージも脱ぎ、

気付けば氷点下の気温の中でTシャツのまま汗をかきつつ作業をしていた、という
ことがあるのですが、今回はそのようなことはありません。

したがいまして、お隣の奥様より「佐藤さん、風邪引くよ…」と心配されることも
ないのです。

また、排雪業者さんが来る日に備えて作り上げた雪像をさらに大きくしなければ
とてもじゃないが雪の置き場がない、

さらに明日も明後日もまた雪だ、

という年などは、自ら制作した作品をどんどん踏み固め、スケールダウンさせた上
で新たな雪を積み上げて作り直すという工程を行ったこともあるのですが、今年は
そのようなこともありません。

よって、Tシャツ1枚(ズボンはもちろんはいています)で、右、左、右、左と脇目も
振らず必死に雪を踏み続け雪像を小さくする佐藤を見て、お隣のご主人より「佐藤
さん、あまり無理しない方がいいよ…」と心配されることもないのです。

ぜひともこのままの調子で2月が終わり、3月を迎えてより暖かくなり、そのまま
春になればと願っているのですが、どうでしょうか。

いつ、どのような形で雪が降り、路面の状況が悪くなるかはわかりませんので、
油断は絶対にできません。

家に帰るまでが遠足なように、雪がなくなるまでは安心してはいけないのです。

ホイッスルがなるまでは、アディショナルタイムも集中しなければいけないのです。

まぁ、今はまだアディショナルタイムではなく、冬の後半戦ではあるのですが…。

何にしましても、今くらいの状況が維持されることを願いつつ、体調管理にも
気を付けて過ごしていきたいと考えております。

インフルエンザを始め、様々な感染症が流行しておりますので、皆様も体調には
くれぐれもお気を付けください。

また、降雪や路面の凍結にも十分注意され、お過ごしいただければと思います。

例年ブログ内で行っている春予想ですが、今年はあえていたしません。

ただ、佐藤の中には思い抱いている日がありますので、気になるという方はいつ
でもお気軽にご質問ください。

静かに過ぎていく冬に期待しましょう。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

空床情報です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院のベッド状況についてお知らせいたします。

本日現在、回復期リハビリテーション病棟、一般病棟共に空床がございます。

季節的なこともあり、多くのご紹介をいただいておりますので、状況によって
は若干の待機が発生している状況です。

しかしながら、今後退院される患者様も多数いらっしゃいますので、比較的
早期のうちに迅速なお受入れが可能になるものと考えております。

転院を検討されている患者様がおりましたら、ぜひご紹介ください。

また、回復期リハビリテーション病棟への入棟期限が短い、などの場合に
おきましても、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

当院では医療相談室のMSWが転院も含めた入院のご相談をお受けしており
ますが、即日のご入院等、緊急のご依頼につきましては当日の外来担当医師
あてにて、直接のご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

節分、からの連想。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

明日は節分ですね。

これまで、毎年こちらのブログの中においても節分について触れてきました。
(ぜひ画面左上にある検索ボックスに『節分』と入れ、過去の記事も読んで
いただければと思います)

毎回、少しでも皆様に楽しんでいただければとの思いから節分についての
ブログを書いてきたのですが、さすがに毎年のことですので、その、なんと
言いましょうか、えぇ、つまりその、内容をどうするかと苦慮しているのが
正直なところでして、困っております。

まぁ~、そうですね、現在の状況を一言で表現するのならば…、

ネタ切れ!

です。

毎年同じようなことを書いてもなぁ、と思いますし、何か新鮮な節分に関しての
話題があるわけでもなく、かと言って相当真面目に節分の歴史を徹底的に紐解く
というのも微妙ですし、どうしたものかと考えております。

ただ、ここまで多くの記事を書き、ブログを綴ってきたこの佐藤、簡単にこの
状況に屈するわけにはまいりませんし、何より季節のイベントを満喫すること
を佐藤的信条としておりますゆえ、どうにかして節分の記事を綴りたいのです。

そこで、色々と考えた結果、久し振りに本格的な連想をすることにいたしました。

節分から始まり、一体何に、どう変化していくのか、佐藤自身もゴールがわから
ない中で、楽しみながら連想したいと思います。

では早速、節分から。

節分。

豆まき。

チョコまき。

鬼。

お面。

お祭り。

出店。

綿あめ。

割り箸をぐるぐる回しながら綿あめを作る機械。

ザラメ。

スルメ。

ワカメ。

コンブ。

だし。

カツオだし。

だし巻き卵。

たまご豆腐。

湯豆腐。

しゃぶしゃぶ。

ブリしゃぶ。

カニしゃぶ。

A5ランクの黒毛和牛のしゃぶしゃぶ。

締めのラーメン。

大量の汗。

水分補給。

スポーツ飲料。

Jリーグ。

北海道コンサドーレ札幌。

今シーズンへの期待。

楽しいサッカーへの期待。

残留に向けた少しの不安。

それでもやっぱり期待しちゃう佐藤。

また体重が増えつつある佐藤。

ある一定のラインから体重を落とせずにいる佐藤。

スランプ。

トランプ。

シュリンプ。

シュリンプロッソ。

イタリアン。

ピッツァ。

ミラノサラミ。

函館カールレイモンのサラミ。

帯広のどろぶた白サラミ。

お正月に食べた味の記憶。

シャンパーニュも飲んだ記憶。

1本残っているシャンパーニュ。

いつ飲むか。

明日飲むか。

今日飲むか。

今でしょ!

もはや少し古いかも。

てか、今は業務中でしょ。

明日はお休みをいただいております。

ゆっくり休んで体力回復。

気力も回復。

脂肪も復活。

復活の呪文。

ドラクエ。

ゲームのやり過ぎは目が痛くなる。

肩も凝る。

首も凝る。

ロキソニン。

薬は正しく服用を。

酒は百薬の長。

健康第一。

健康には栄養が大切。

何でも食べる。

肉も食べる。

野菜も食べる。

魚も食べる。

米もパンも食べる。

麺だって食べる。

フルーツも食べる。

スイーツも食べる。

スナックもたまには食べちゃう。

好きな食べ物が多い。

色々な地方の名産を食べたい。

北も南も。

東も西も。

東西南北。

方角。

法学。

邦楽。

洋楽。

yeah!

方角。

法学。

邦楽。

洋楽。

yeah!yeah!

洋楽。

yeah!

邦楽。

yeah!

法学。

yeah!

方角。

yeah!yeah!

方角方角方角yeah!

恵方yeah!

恵方巻yeah!

SETSUBUN!!

と、いうことで、中にはやや強引につなげた部分がありながらも、最終的には
節分に戻ってまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

終盤のところは、ラップ調にリズムを刻みながら読んでいただけますと幸いです。

佐藤自身もどこに行き着くかはあまり考えず、思い浮かんだものや言葉の響きを
頼りに次々と書いてきたのですが、まぁ、正直なことをお伝えしますと、途中から
ラストには節分で終わろうと少しだけ、ほんの少しだけ意識いたしました。

「節分」ではなく、「SETSUBUN」で終わったあたりは、ラップを織り交ぜた
関係上、ご容赦いただければと思います。

そんなわけで、今年も無事に節分の記事を完成させることができました。

ちなみに、佐藤は今年もチョコをまく予定です。

個人的には、ミニサラミをまきたいという思いもあるのですが…。

今年の恵方は南南東とのこと。

すでにどちらが南南東かはリサーチ済みですので、ぜひとも無言で恵方を
向きながら恵方巻を食べたいと考えております。

皆様も健康的な節分をお過ごしください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク