地域医療連携室・医療相談室のblog

2018年07月06日の記事

日本代表。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ワールドカップロシア大会における日本代表の戦いが終わりました。

まず最初に一言お伝えしますと…、

悔しいです!!!

佐藤は先日のブログ『ワールドカップ2018』でお伝えしましたように、
予選リーグの3試合、決勝トーナメントの1回戦と、全てをリアルタイム
にてテレビ観戦し、真剣に応援しました。

かなり遅い時間帯の試合もありましたが、業務終了後に帰宅し、すぐさま
仮眠を取ることにより、全ての試合においてフルパワーで応援することに
成功しております。

特に、決勝トーナメントは午前3時のキックオフでしたが、2時50分に目覚
まし時計で起き、日本代表の2点目が入った時などは深夜とは思えない
ほどのテンションで喜び、何度もガッツポーズを繰り返しながら舞を舞って
しまいました。

しかし、その後の展開は皆様もご存知の通りであり、朝方の佐藤は半端
ない落ち込みようとなり、朝を迎えたのです。

予選リーグ、そしてベスト8をかけた決勝トーナメントでの初戦と、実に
色々なことがあり、様々な方々がたくさんの意見を述べているところでは
ありますが、佐藤は本格的にサッカーの詳細を語るほどの専門知識が
あるわけではありませんので、ここでは細かな点はあえて綴りません。

ただ、一人のサッカー好きとして、サポーターとして、これまでにずっと
ワールドカップを見てきた佐藤の素直な個人的感想としましては、

「やっぱり悔しいです!!」であり、

そして、

「よくがんばった日本代表!!」であり、

さらに、

「勝てたよなぁ…」でもあるのです。

ワールドカップが始まる前には、直前の監督交代など、色々なことがあった
今回の日本代表でしたが、開催後は十分に楽しませていただきましたし、熱
を入れて応援することもできました。

世界では、強豪国と呼ばれる国がワールドカップにすら出場できないという
こともあります。

優勝候補と言われている国が、格下と言われる国に敗れることもあります。

世界的なスーパースターを擁していても、ベスト8に進めなかった国もあります。

ワールドカップというのは、そういうものなのです。

これが、サッカーというスポーツなのです。

でも、だからこそ魅力的であり、奥が深く、世界中が熱くなれるのだと思います。

一つのプレー、一つのベンチワークに多くの人々が論議を交わし、様々な意見
が出てくることもまた、サッカーの醍醐味なのではないでしょうか。

書き始めればきりがなくなってしまいますので、この辺にしたいと思いますが、
少し落ち着いて考えてみた時に感じることは、

「簡単に歴史は変わらない」

ということです。

日本サッカーの歴史が変わる瞬間を見たかったというのが切実な思いではある
ものの、そう簡単にはいきませんでした。

ベルギー代表との戦いでは、最後のアディショナルタイムでの失点までの時間は、
僅かに12秒であったとのこと。

この12秒間に、確かに世界との差があったのだと思います。

また、ワールドカップの本戦に辿りつくまでの4年間にも、世界との壁があったの
かもしれません。

しかし、挑戦を続けること、今回のワールドカップで得た多くのものをもとにまた
4年間を積み重ねることで、必ず、次世代の日本代表が新たな歴史を刻んで
くれるものと佐藤は心より信じております。

そして、我らが北海道コンサドーレ札幌からも、日本代表の選手が誕生する
ことを心待ちにしているところです。

大きく、そして、重いプレッシャーの中で戦った選手の皆さん、監督やコーチ
やスタッフの皆さん、お疲れさまでした。

最終的な結果や、試合内容や、その他諸々あれやこれやは置いておいて、
純粋に楽しかったです!

本当にお疲れさまでした!!

日本代表が強くなるには、サポーターの応援も、あまりサッカーを知らない方の
力と少しの興味も、全てが大切だと思います。

皆様、これからも日本代表を応援し、Jリーグの好きなチームを応援し、サッカー
を楽しみましょう。

Enjoy Football !!

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク