地域医療連携室・医療相談室のblog

2018年12月の記事

2018年の終わりに。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

2018年ラストのブログとなります。

まずは今年の1年間、こちらのブログを読んでくださった全ての皆様
に心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

今年も、初めてお会いした方々より「ブログを読んでいますよ」との
お話しが多々あり、嬉しい感想をたくさんいただけたことは大変励み
になったと感じております。

また、日頃よりお会いする機会の多い皆様からも、定期的にブログの
記事についての話題になることがたくさんあり、その度に嬉しい思いと
共に若干の恥ずかしさも感じておりました。

しかし、全てをありのままに自然に綴り、少しでも当院のことを身近に
感じていただくことはこのブログの大きな目的の一つです。

そういった意味では、今年もその方針や考えを全く変えることなく、
佐藤が感じたことや思ったこと、過去の経験や実際に体験したこと、
想像や妄想や勘違いなども含めて、ありのままに書き続けることが
できたものと考えております。

1年間、という期間は始まりの時にはとても先のことに思えますが、
終わってみれば本当にあっという間です。

今年を振り返った時には公私共に様々なことがあり、ブログの中で
もたくさんのことを綴ってきたな、と思います。

良いことも、そうではないことも、日々色々なことがある中で、何か
を継続していくというのは実はなかなかに大変なことです。

2018年、これまでと同じペースでブログを書き続けられたのは、
読んでくださる皆様がこの画面の向こうにいると感じられたからで
あり、多くの感想をくださった皆様がいたからだと思います。

比較的、静かに過ぎていった今年でありましたが、ブログの記事の
中においては少なからず冒険もできたのでは、チャレンジできたの
ではと感じているところです。

ぜひ、この経験を来年のブログ、そして日頃の業務にも活かしつつ
がんばっていきたいと思います。

佐藤の年末年始は例年通りに帰省をし、ゆったりと、ゆっくりと、
ただひたすらにゆるやかに時を過ごし、食べ飲みはもちろん、たく
さん笑い、寝て起きて、食べて、飲んで、休憩の後に食べ飲みする
という日々を過ごす予定です。

しっかりと力を蓄え、新たな年に備えたいと考えております。

ブログをご覧の皆様におかれましても、帰省やお出かけなどで外出
する機会があるかと思いますが、冬道の運転、路面の凍結、体調面
など、くれぐれもお気を付けください。

来年は、今年以上に、ブログをご覧の多くの皆様と直接お会いする
ことができましたら大変幸いです。

携わらせていただいた全ての皆様、今年も本当にお世話になりました。

来年もこちらのブログと佐藤、イムス札幌内科リハビリテーション病院
をどうぞよろしくお願いいたします。

では、また来年、新年最初のブログでお会いしましょう。

皆様、良いお年をお迎えください。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

ブログで振り返る2018年。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

今年も残り僅かとなってまいりました。

本日は、毎年恒例となっておりますブログで1年間を振り返る企画を
お届けいたします。

では1月から。

【1月】
鏡開きについて一句詠み、ブログの投稿数が600回に達したことを
記念して佐藤だらけの新春座談会をお届けし、イムスカフェが10回
目を迎えると共に参加された皆様の人数が過去最高を記録しました。
鏡開き。~餅もお酒も~600回記念。~佐藤だらけの新春座談会~
イムスカフェへのご参加ありがとうございました

【2月】
節分からの連想でラップ調にリズムを刻んだり、レードルという単語
を初めて知って色々なことが頭に浮かんでくる中で、健康づくり事業
が無事に終了しました。
節分、からの連想レードルとは健康づくり事業2018のご報告

【3月】
レントゲン検査の受付前をご紹介しながらひなまつりの歌があちこち
で同時に聞こえてきた経験を語り、早くもカメムシことKの目撃情報が
よせられ、もぐもぐタイムに食べたいベスト5をご紹介しました。
レントゲン検査の受付前。~ひなまつりバージョン~Kの目撃情報
もぐもぐタイム

【4月】
「地域連携ていねっと」にて講演をさせていただき、トリプルKを何の
略とするかについて考え、地域医療連携室のスタッフが札幌市新入
職員向けの研修会において講師を務めさせていただき、スーパーで
久々に店員さんに間違われました。
ていねっとにて講演を行いましたKとKとK札幌市新入職員向け
研修会久々の店員さん間違い

【5月】
鼻炎を使ってラップ調にリズムを刻み、ブログのスタートから6年が
経ち、「地域連携ていねっと」にてパネリストを務めさせていただき、
当院の敷地内にある花をご紹介いたしました。
鼻炎&鼻炎あっ、そうだ、6周年…第63回地域連携ていねっと
のお知らせ花&花

【6月】
真夏日を記録したことにはしゃぎ、点鼻薬の進化に驚き、佐藤が見つ
けた落し物について綴ってみました。
真夏日点鼻薬の進化あれやこれやの落し物

【7月】
ワールドカップでのサッカー日本代表の戦いについて熱く語り、たけ
のこの里とプレゼントについても語り、あちこち虫に刺されて困って
しまい、あまりの暑さに驚いたりしました。
日本代表たけのこの佐藤虫刺されの佐藤たぶんおそらく熱帯夜

【8月】
レジに並んでいて親切にしていただいたことについて綴り、写真祭り
と題して敷地内の外の様子をおもしろおかしくご紹介し、またしても虫
に刺されて佐藤史上最多を更新すると共に紋章が現れ、8月31日に
ついての作詞をいたしました。
レジでのある出来事本日は写真祭り。~外の様子バージョン~
虫刺されの佐藤その28月31日

【9月】
札幌市内にあるおもしろい名前の公園についてご紹介し、地震に伴い
起こったブラックアウトについて真剣に語り、当院のホームページが
リニューアルされて地域医療連携室のページも新しくなり、くもに関
する嘘のような本当の話を書き、秋の初Kと蚊について語りました。
気になる公園ブラックアウトホームページをリニューアルいたし
ました午後7時35分のくも初K

【10月】
鼻が詰まってぴゅーぴゅ~鳴ったり、レントゲン検査の受付前の写真
を用いて文章ではなく画像で語るという新しい試みを行ったり、好きな
フルーツランキングに変動がありシャインマスカットについて綴ったり、
恒例のハロウィンイベントを開催いたしました。
鼻笛ぴゅーぴゅ~レントゲン検査の受付前。~過ぎた十五夜~
フルーツランキングの変更ハロウィン佐藤的イベントのご案内。
~今年も開催いたします~

【11月】
写真祭りの秋バージョンをお届けし、ハロウィンの結果をお伝えする
と共に佐藤の好きな漫画についても語り、シャルキュトリとシャルキュ
ティエについてご紹介いたしました。
本日は写真祭り。~秋バージョン~ハロウィン2018の結果
シャルキュトリ

【12月】
友人達とかなり久々に再会し、北海道コンサドーレ札幌について語り、
毎年恒例の佐藤的な今年の漢字を発表いたしました。
懐かしき再会祝!!史上最高順位!!~北海道コンサドーレ札幌~
佐藤の今年の漢字2018

いかがでしたでしょうか。

今年も様々なことがあり、たくさんの記事を書きました。

何だか日々があっという間に過ぎていく最近ですので、ブログの内容を
振り返った際には、

「もうあれからこんなに時間が経ったのだなぁ」とか、

「これって今年のことだったっけ…」、ですとか、

「1年をブログで振り返る記事ってついこの前のような気が…」、など
と感じることも多々あります。

それだけ毎日が充実しているとも言えるのでしょうし、何かに追われて
いるとの見方もできるのかもしれません。

何にしましても、ブログを書くことはもはや佐藤の一部であり、そして
ここに掲載した文章を読んでくださる皆様との関係性が年々深まって
いると感じられるのは、本当に嬉しく、ありがたいことです。

今年も1年間このブログをご覧になってくださった全ての皆様に心より
感謝を申し上げますし、ブログが一つの縁となりつながることができた
皆様にもお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

来年もたくさんの記事、色々な内容のブログを書き、複数の方向からの
アプローチを試みることで、多くの皆様とつながってより良い関係性を
構築させていただけますよう、精進していきたいと考えております。

全てのブログの質が均一なわけでも、高いクオリティを保ち続けている
わけでもありませんが、どうぞ来年もお付き合いください。

年末年始でお時間がある方は、ぜひ今年だけではなくこれまでのブログ
記事も閲覧していただけますと幸いです。

時間を無駄にした、と感じることは決してない記事ばかりです、などと
いうことは言い切れないのが正直なところですが(笑)。

でも、きっと、少しは楽しんでいただけるのかな、とは思います。

明日は今年最後のブログとして、少しではありますが記事を掲載いた
しますので、ぜひそちらもご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

今日はまだクリスマス。

メリークリスマス。地域医療連携室の佐藤です。

本日はクリスマスですね。

と、言っても、昨日までは3連休であった方も多かったと思いますし、
クリスマスイヴまでにパーティやイベントなどは全て終えたという方
も多いのではないでしょうか。

私佐藤もその一人でありまして、本日のクリスマス本番に何か予定
や特別なことがあるかと言うとそうでもないのです。

世間のクリスマス感も、昨日でほぼ終了したと言っても過言ではない
のかもしれません。

そもそも、近年では、毎年少しずつ色々な行事関係の雰囲気が前倒し
になっているような気がするのです。

まだ秋だよな、と佐藤が思っている頃から、スーパーやデパートや
様々な飲食店などにおいてクリスマスの装飾がされ、音楽が流れて
限定グッズやメニューなどが提供されておりました。

そして、おそらく本日の夕方頃には、商業施設内のクリスマス関連
コーナーは片付けられ、年末モードになっていくのだと思います。

そんな時は毎年、まだ今日はクリスマスなのになぁ、と思いながら、
年末感満載の売場コーナーを作っていく店員さん達を見ております
し、テレビなどでも途端に今年も終わり感が盛り上がってくるもの
ですから、いやいやまだ今日はクリスマスなのに、などと思うことも
しばしばなのです。

早目早目に商品などを提供するということを考えればもちろん理解
できるのですが、何だか季節が常に先に進んでしまっているようで、
リアルタイムな行事やイベントが一体何なのかがわかりにくくなって
いるような気もします。

これは、春や、夏などにおいても同様です。

先どりは昔からのことですが、それにしても最近はそのタイミングが
早過ぎると感じるのは佐藤だけでしょうか。

このままいきますと、いつの日か、外が真夏日を記録しているうち
から年末のお話しになったり、お正月から夏のレジャー特集があち
こちで組まれることにもなりかねません。

そんな世の中が当たり前になりますと、このブログにおきましても、

「明日からは8月ですね。佐藤の大好きな夏です。ところで、皆様
は今年の年末年始はどのように過ごされますか?」という内容など
が出てきたり、

「今年も残り僅かとなってまいりました。ところで、佐藤は日焼け
対策を考えつつ、海でのキャンプ道具を視察してまいりました」の
ような記事があったり、

「春と言えば入学シーズンですね。そして秋は食欲の秋、スポーツ
の秋ですが、皆様は何か運動されておりますか?」などという内容
のブログになったり、

「秋も深まってまいりました。佐藤はお花見をどこで行うか、その際
に何を食べるかを楽しみにしながら、桜が咲く予定の木々を眺めて
おります」というような文章などになるかもしれないのです。

こうなりますと、もはや四季そのものがどうでもよいような気持ちに
なってしまいそうでもあります。

せっかく、春夏秋冬と四季の移り変わりがとてもわかりやすい場所
で日々を過ごしておりますので、好きな季節、苦手な季節、まぁまぁ
の季節はあるせよ、できる限りそれぞれを楽しみたいものです。

ブログをご覧の皆様や、様々な季節商品に携わる皆様には、無理なく
できる範囲のみで構いませんので、どうかあまり季節を先取りし過ぎ
ないでください、という佐藤の個人的なお願いをさせていただきます。

そうは言っていながらも、実はこれまでのところ本日のブログ自体が
クリスマスからはズレてしまいました。

今からでも遅くはないとの思いから、クリスマス感のある言葉をいく
つか掲載いたします。

クリスマス。

クリスマスイヴ。

クリスマスツリー。

サンタクロース。

トナカイ。

プレゼント。

クリスマスケーキ。

プレゼント欲しい。

ケンタッキー。

佐藤もプレゼント欲しい。

そり。

プレゼント佐藤も欲しい。

イルミネーション。

欲しいプレゼント佐藤も。

などなど、気付けば佐藤の個人的な心の叫びがちょこちょこと出て
きてしまいましたが、言うほど欲しい物があるわけではないのです。

しかしながら、佐藤にぜひともクリスマスプレゼントを贈りたいという
心優しい方がいらっしゃいましたら、本日は終日院内におりますので、
いつでもお声かけください。

結果的にクリスマス感が出たかどうかはわかりませんので、最後に
院内で見つけたクリスマスに関する物をご紹介したいと思います。

2018クリスマス1

2018クリスマス2

2018クリスマス3

2018クリスマス4

2018クリスマス5

2018クリスマス6

2018クリスマス7

2018クリスマス8

いかがでしょうか。

本日はまだクリスマスです。

今日のブログをご覧になり、年末モードに行きかけていた気持ちを
クリスマスに戻していただければ、季節を楽しむ佐藤としましては
大変幸いです。

皆様にとって良いクリスマス、そして健康的な日となりますように。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

空床情報と年末年始の診療体制について。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

現在の空床情報と年末年始の診療についてお知らせいたします。

現在、回復期リハビリテーション病棟において特に空床があり、大変
迅速なお受入れが可能です。

また、障害者病棟においては待機期間が短くなっております。

一時的に待機が発生しご迷惑おかけしておりましたが、本日現在では
年内のお受入れは迅速な状況が続く見込みです。

今後の転院を検討されている患者様がおりましたら、ぜひご紹介いた
だければと思います。

当院では医療相談室のMSWが転院も含めた入院のご相談をお受け
しておりますので、対象疾患についてや転院までの日数などご不明な
点がありましたらお気軽にご連絡ください。

なお、即日のご入院等、緊急のご依頼につきましては当日の外来担当
医師あてにて、直接のご連絡をいただけますと幸いです。

当院における年内の診療は12月29日(土)の午前までとなっており、
年始は1月4日(金)より診療開始となります。

インフルエンザも流行してきておりますし、気温の変化も激しく、また
かなり冷え込む日もありますので、体調に不安がある際などはどうぞ
お早目にご受診ください。

2018年もあと少しになってきましたので、皆様どうぞ体調には注意
していただき、元気に今年の残りを過ごしましょう。

当院にてお力になれることがありましたら、お気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

佐藤の今年の漢字2018。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、今年の漢字が発表されました。

今年の漢字は『災』だそうです。

ここ北海道でもこれまでにない大きな地震が発生して多数の被害があり
ましたし、世の中で起きた様々なことを考えれば納得できます。

できることならば、もっと楽しく、縁起の良い漢字が選ばれるような年で
あったなら良かったなと思うのですが、こればかりは仕方ありません。

さて、佐藤も毎年自分なりの今年の漢字を決めておりますので、今回も
このブログ内で発表したいと思います。

2018年における佐藤的今年の漢字、それは『優』です。

北海道胆振東部地震の際は、たくさんの不安や不便がありましたが、
その中でお互いに助け合う「優しさ」を強く感じましたし、自分ももっと
周りに対して「優しく」なければなと思いました。

佐藤が大好きな北海道コンサドーレ札幌はクラブ史上最高順位となる
4位と大きく躍進し、優勝争いこそならなかったものの、これまでにない
とても「優秀」な成績であったと思います。

業務においては、少しでも多く当院ならではの「優れた」部分を作り
出し、連携機関の皆様や地域の皆様のお役に立つべく、より迅速な
お受入れと断らない体制の構築を進めてまいりました。

また、佐藤個人の業務としましては、より「優秀」な人材を育成する
ために邁進した1年でもあったと感じております。

さらに、プライベートにおいても、「優」の字はとてもとても大きな意味
を持つ今年であったのです。

一方で、1年全体を平均的に見てみると、比較的穏やかに、「優しい
気持ち」で過ごしてきたことはどこか刺激は少なめで、あまり目立た
ない年であったと言えるのかもしれません。

特に日々の業務においては自身が主役となりワントップとしてゴールを
量産するというよりも、司令塔やボランチ的役割として周囲のスタッフ達
が活躍できるように支援する活動がほとんどでした。

しかし、これは決して良くないということではありませんし、現在の佐藤
の立ち位置からすれば当然のことでもあります。

ただ、どうせやるなら優勝と最優秀選手だ、的な考えを基本としている
佐藤としましては、来年はぜひ佐藤なりに「優秀」な結果を求めて活動
することで、周囲の皆様から褒め称えていただきついつい舞い上がって
しまうような1年にしたいとも考えているところです。

もちろん、こちらのブログにおいてもこれまでと同じ更新日にて続けて
いきますし、「優れた」内容の文章だと皆様に感じていただけるように
がんばりたいと考えております。

過去の佐藤的漢字については、検索ボックスに「今年の漢字」と入力
していただくとブログの記事が出てきますので、ぜひご覧ください。

毎年のことではありますが、やはり漢字一文字だけで今年を表すのは
とても大変なことです。

1年を振り返った時、いくつもの文字が浮かんできて迷いました。

例えば、つい最近のことを思えば、

「予」、

「防」、

「接」、

「種」、

「完」、

「了」、

「看」、

「護」、

「師」、

「早」、

「業」、

「神」、

「業」、

「感」、

「謝」、

「安」、

「心」、

という佐藤的な一大行事を終えてほっとしたことから出てきた漢字や、

「筋」、

「力」、

「向」、

「上」、

「運」、

「動」、

「即」、

「筋」、

「肉」、

「痛」、

という、少し身体を動かしてコンディションを整えねばと行動したこと
によって浮かんできた漢字から、

「焼」、

「肉」、

「祭」、

のような佐藤的にお決まりとも言える好きな漢字だったり、

「社」、

「員」、

「葡」、

「萄」、

「僕」、

「好」、

「果」、

「物」、

「第」、

「五」、

「位」、

のように、先日のブログ『フルーツランキングの変更』でお伝えした
ことの年内における結果をさらりとご紹介するような漢字であったり、

「年」、

「末」、

「年」、

「始」、

「三」、

「鞭」、

「酒」、

と、結局昨年のブログ同様の漢字が浮かんできたりと色々なのですが、

とにかく、2018年における佐藤的今年の漢字は『優』なのです。

来年は何が佐藤的今年の漢字になるのかはもちろんわかりませんが、
自身も納得の毎日を過ごした上での一文字が自然と出てくるような年
にしたいと考えております。

皆様におかれましては、今年の漢字として思い浮かぶものはあります
でしょうか。

佐藤のように複数の漢字が思い浮かぶ場合も含め、お会いした際には
ぜひお聞かせいただければと思います。

ご紹介した以外にも、佐藤の頭の中には色々な漢字が妄想や希望や
願いや祈りとして浮かんできておりますので、それらが気になるという
方はお会いした際などいつでもご質問ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

広報誌『こもれび』の最新号を発行いたしました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

リリースが大変遅くなってしまい、この時期に秋号としてのご案内となりま
したが、当院の広報誌『こもれび』の最新号を発行いたしました。

今回の表紙はリハビリテーション専門医である、鄭(てい)Dr.です。

脳卒中や嚥下障害など、当院の診療において広くリハビリに携わっており、
それらについてご紹介しております。

また、毎号恒例の薬剤師によるお薬相談のコーナーでは、これから本格的
な流行が予想されるインフルエンザについての内容となっておりますので、
ぜひご覧になり予防等にお役立てください。

イムス札リハニュースでは、当初、健康祭の様子をご紹介する予定だった
のですが、地震による影響で残念ながら中止とさせていただきましたので、
夏に行われた「手稲早起き一万歩あるく会」にご協力した際の様子をお伝え
しております。

広報誌は外来ホールやレントゲン室前の他、売店近くの掲示板やリハビリ
室前に設置しておりますし、当院のホームページ内にあります『広報誌』
ページでも同様のものをご覧いただくことが可能です。

また、過去に発行したバックナンバーについても設置しておりますので、
ご自由にお持ち帰りください。

次回は来年2月頃の発行を予定しております。

広報誌の中で取り上げてほしい内容や読みたい記事などがありましたら、
ぜひご意見等をお気軽にお寄せください。

今後ともイムス札幌内科リハビリテーション病院の広報誌、『こもれび』を
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

祝!!史上最高順位!!~北海道コンサドーレ札幌~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

佐藤が愛する、北海道コンサドーレ札幌の2018年シーズンが終わりました。

ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、初めての2年連続残留を
果たし、J1リーグにてクラブ史上最高順位である4位を記録しております。

ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の出場権を獲得できる3位まであと一歩
でしたが、惜しくも最終戦を引き分けたことでそれは叶いませんでした。

また、天皇杯の結果次第では4位のコンサドーレにもACL出場のチャンスが
残されていたものの、そちらの可能性もなくなってしまったのです。

最終戦、勝てば3位が確定し、2位にすらなれる可能性があった中で、2対0
とリードしてからの引き分けでしたので、本当に悔し過ぎます。

しかし、冷静に考えてみれば、J1での4位です。

最後まで2位の可能性を残した中での4位なのです。

シーズン前は、残留争いをするだろうと予想した方々も多くいる中での4位、
J1に18チーム、J2には22チーム、J3にも17チームある中で、トップカテ
ゴリーであるJ1での4位なのです。

あまりに嬉しく、誇らしいため、何度も繰り返してみました。

コンサドーレは、決して資金力のあるチームではありません。

むしろ、お金はないクラブです。

ビッグネームを次々に獲得して戦力を上げるということはできません。

それが、昨年までに積み重ねてきたチーム力と、新加入した選手達の活躍と、
チームの経営ビジョンと、元代表選手達の経験と、ユース出身選手達の躍動
と、ペトロヴィッチ監督の超攻撃的サッカーと見ている人達を魅了する哲学と、
四方田コーチの分析力と昨年培った守備力とセットプレーと、ものすごく熱くて
温かいサポーターと、

色々なものが絶妙にマッチして、

良い部分がたくさん出て、

ラッキーもあればアンラッキーもありましたが、

全てが集約しての4位、なのです。

これは、ものすごいことだと思います。

素晴らしい結果であり、20年以上コンサドーレを応援してきている佐藤から
しますと、まるで夢のようなシーズンでした。

佐藤が観戦した試合は数少ないホームでの負けになってしまい、昨年から
続いていた観戦時無敗記録は途絶えましたが、テレビではもちろん、放送
がない時はラジオやテキスト速報でも、とにかく応援を続けた結果、クラブ
の歴史を変えるシーズンとなり、本当に嬉しいです。

実は、佐藤は今年の1月にブログ内にて今年のコンサドーレの躍進を予想
しておりましたが、覚えている方はいらっしゃいますでしょうか。

ぜひ、『600回記念。~佐藤だらけの新春座談会~』をご覧ください。

正直なところ、1月の時点では期待と、不安と、とにかく信じるのみだと
いう思いでいたのですが、いざ、本当に強いチームになると、試合を見る
楽しさがこれまでの3億倍程度になった一方で、慣れないことに戸惑う時
もありました。

なぜなら、J1の名だたる強豪や、歴史のあるチームが、コンサドーレを
警戒し、リスペクトして戦ってきたからです。

「こ、こんなことって今までにないな…」と、佐藤は感動するやら、驚くやら、
でも、もうこれからは相手チームにしっかり研究されることになるのだなと
いうおそろしさやら、色々な思いがありました。

あと少しでACL圏内、とか、上位対決だとか、そんな言葉や文章を新聞
やテレビで見る度に、「これが強豪チームのサポーターの気持ちか…!」
と初めての経験する思いになったのです。

佐藤には本格的にサッカーを語るほどの知識や経験はありませんが、とに
かく、今年の1年間は楽しくて楽しくて、嬉しくて嬉しいシーズンでした。

ただ残念なことに、チームを去ってしまう選手もおります。

これは、プロの世界では仕方のないこととはいえ、とても寂しいものです。

もっともっと、コンサドーレの選手としての戦いを見ていたかったという
のが率直な思いであり、同時に、これまでの活躍と功績に心から感謝
して、ありがとうございましたという気持ちが佐藤の中に溢れております。

そして、早くも来シーズンに向けた補強、移籍の話題も出てきました。

とても楽しみですし、どんな選手であれ、いちサポーターとしましては
新加入の選手を全力で応援したいと思います。

果たして、来シーズンはどのような戦いが待っているのでしょうか。

今シーズン以上の活躍を期待しつつも、そう簡単には勝てないのもまた
J1リーグであると思います。

決して、今年の結果の全てが実力だけではない、という思いを個人的には
感じているのも事実です。

しかし、やっぱり、なんやかんやと言っても、最終的には期待と飛躍する
イメージしかありません。

必ずや、今シーズンに成し得なかったことを達成してくれるものと信じて
おりますし、そう願いながらストーブリーグを楽しみたいと思います。

これ以上書き続けますと、普段のブログ10回分ほどの文章になるかも
しれませんので、このあたりで締めなければなりません。

2018年シーズン、本当に楽しかったです。

選手、監督、コーチ、スタッフ、社長、北海道コンサドーレ札幌に携わる
全ての皆様、お疲れさまでした!!

今までに見たことのない景色を見せていただき、ありがとうございます!!

全てのサポーターの皆様、お疲れさまでした!!

ホームはもちろん、アウェイ戦でも大きく響き渡る応援の声は素晴らしく、
北海道の誇りです!!

来年は、まだ見たことのないさらなる高みにある景色をみんなで見にいける
ことを信じています!!

関係者の皆様、佐藤にご協力できることがありましたら、いつでもお気軽に
ご連絡ください。

We are sapporo!!

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

懐かしき再会。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、佐藤は大学時代の友人達3人と定山渓温泉に1泊してきました。

実は、今年は佐藤が大学に入学して、その際に友人達と出会ってから
ちょうど〇〇年というアニバーサリーイヤーなのです。

新入生だった当時、大学のオリエンテーションが実施され、その時に
宿泊したのが定山渓温泉でした。

そこで出会った3人とは学部が同じということもあり、一緒に講義を
受けることも多かったですし、

互いの家で朝まで騒いだり、

カラオケをしながら朝まで騒いだり、

遠方にある友人の実家にお邪魔して朝まで騒いだり、

授業をサボったり、

テスト前にうんうん唸ったり、

酔っぱらったり、

かなり酔っぱらったり、

相当酔っぱらったり、

色々な思い出がたくさんあるのです。

佐藤自身はサークルやゼミの友人や、バイト仲間や、サッカーチーム
の仲間や、先輩や後輩など、たくさんの人達との交流がありましたが、
3人の友人達とのつながりは特に強く、大学生のスタートからずっと
親友だったな、と感じております。

佐藤を含めた4人全員が札幌市以外の出身でしたので、お互いに初
の一人暮らしで不安もありましたし、お昼などはおそらく大学4年間の
うち95%以上は、そのメンバーが揃って学食で食べていたと言っても
過言ではありません。

そんな友人達ですが、大学を卒業してからは会う機会もかなり少なく
なっておりました。

1人とは今も何とか年に1度は会っているものの、1人とは7年振りで
したし、もう1人とは何と約10年振りの再会だったのです。

気付けば、札幌在住は佐藤だけになっておりました。

毎年会っている友人とは、いつも、どこかでみんなで集まりたいねと
話していたものの、なかなか実現することはなかったのです。

しかし、今回は昨年から友人の1人ががんばってくれまして、宿泊先の
手配からみんなのスケジュール調整から、待ち合わせ場所まで全ての
計画と実行を担ってくれ、実現することができました。

4人だけで集まるのは、大学卒業以来のことです。

久々に会った友人達は、基本的なことは何も変わっていませんでした。

当時と同じ話し方と、口調と、仕草で、考え方や、それぞれの人間性は
変わらぬままであり、ほっとしたというのが正直なところです。

ただ、当然と言えば当然ですが、それぞれが置かれている環境は昔とは
大きく違い、それは会話の内容や、抱えている問題課題や、今楽しいこと
や嬉しいことは何なのかにも表れていたように思えます。

みんなそれぞれが、職場や、社会や、家庭で責任のある立場なのです。

丸1日弱と、短い時間ではありましたが、お互いの現況を話し、毎日
の生活を語り、学生当時のことを思い出したり、どうしても思い出せ
ないことや他の友人のことで盛り上がったりと、本当に楽しい時間を
過ごすことができました。

佐藤の個人的な思いとしましては、みんな、それぞれの場所で日々を
がんばっているな、大学を卒業した後には色々なことがあったんだな、
でも元気でここに集まれたことが何よりだな、という気持ちです。

少し寂しいこと、でもわかっていたことを正直に書きますと、佐藤も
含め、それぞれにとってそれぞれの友人が、今は、最優先ではない
というのが現実だと言えます。

当たり前ですが、それぞれに守るべき者や、やるべきこと、果たさなけ
ればならないことが目の前にはあり、毎日の中で日常的にかかわる
人達との関係がまずは第一なのです。

あまり深いことは考えず、たくさんの時間と暇があった大学生の頃に
比べて、何倍も、何十倍も考え方は進化し、人としては深化しました。

それ故に、当時と同じ会話をしていても、人としての根幹の部分には
変わりがなくとも、やはりどこかではその重みや、中身が微妙に違っ
ているのは必然であり、それが成長なのだと思います。

久し振りに再会した友人達と話をすることで、佐藤はたくさんの刺激
をもらいました。

また明日からがんばろうという元気ももらいました。

ただ、翌日は二日酔い気味で帰りのバスの中では無言でした(苦笑)。

みんなで年齢を重ねたことを実感する場面もあり、「そりゃ、〇〇年
も経てばね…」と少々寂しい部分もあるにはありましたが、それ以上
に得たものがたくさんあり、大きいのだとも思います。

みんな、全速力で日々を走っており、その中で、今回のような1日を
作り出すのはそう簡単ではありません。

しかし、再会した時にはたくさん笑い、真面目な話しをし、思い出話で
大いに盛り上がれる友人がいるというのは、それ自体がとても幸せな
ことなのだと思います。

次に4人で集まれるのは、いつになるのかはわかりません。

次回も随分と時間が経って、今とはまた少し違ったそれぞれの環境の
中での再会になる可能性もあります。

それはそれで楽しみですし、次は佐藤ががんばることでみんなを集め
たり、佐藤が友人達のもとへ遠征することで、開催しやすく、もう少し
再会までの間隔を短くできるのかもしれません。

今回、全ての調整を行ってくれた友人には本当に感謝ですし、地元の
特産品をお土産に持ってきてくれた友人にも感謝ですし、シャンパン
持参がまさかの佐藤とかぶった友人にも、大好きなシャンパーニュを
2本飲むことができてとても嬉しかったので感謝です!

親友との再会を果たし、テンションが上がり、さらには気持ちが引き
締まった佐藤は、日々の業務に邁進して今年を締めたいと思います。

ちなみに、佐藤はよくブログの中で〇〇年や〇〇歳という表現をいた
しますが、これはできるだけ先入観なくフラットな思いで皆様に文章
を読んでいただきたいとの思いからであり、何が何でも自身の情報を
明かさないということではありません。

もちろん、事務所的にNGのため非公表にしているという芸能人的な
理由も一切ありません。

ブログの内容からおおよその予測もつくかもしれませんが、佐藤の
年齢などが知りたいという珍しい方がいらっしゃいましたら、お会い
した際にはお気軽にご質問ください。

親友の大切さを心に刻みつつ、本日のブログとしたいと思います。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

学会が無事に終了しました。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログでお伝えした『第8回IMS事務学会』が終了し、当院より
参加した3名も無事に発表を終えております。

医事課、地域医療連携室からは2名のスタッフが発表を行いましたが、
残念ながら優秀演題賞の受賞とはなりませんでした。

しかし、発表したスタッフにとっては、事前の準備も含め全てが本当に
良い経験となったようです。

佐藤としましては、昨年は自身が優秀演題賞をいただいたこともあり、
正直なところ、今年は何とかV2をという思いがありました。

ただ、当然ながら、賞をいただくことが全てなわけではなく、参加した
スタッフが何を得て帰ってくるのかが一番大切なことであり、その部分
に特に注目していたのです。

報告を聞いたところでは、多くの人達の前で自身が発表したこと、何が
良くて何が良くなかったのか、事前の準備での反省点、他の発表者から
得たもの、などなど、多くの感想や思いが聞かれましたので、それぞれ
にとって大きな収穫があったものと考えております。

決められた時間の中で自身の取り組みや結果を効率的に且つ効果的に、
わかりやすく、多くの皆様に伝えるというのは本当に大変なことです。

しかし、学会に向けて準備をするということは、自身が行ってきた活動や
成果をあらためて検証、可視化し、整理することにもつながります。

また、どう話せば聞いている皆様にしっかりと伝わるのかを考えることは、
業務中のコミュニケーションにも活用することができるのです。

さらに、現地にて、目の前で他の施設の方々の発表を聞くことは非常に
勉強になり、多くの刺激を受け、そこでしか得られないものもあります。

グループ内にてこのような学会が開催され、お互いに学んだり、交流が
できるのは大変恵まれていると言えるのです。

今回発表を行った2人には、学会で得たものを日々の業務の中で活用
してもらいたいですし、それだけではなく、周囲のスタッフ達にも経験や
学んだことを伝え、よい循環につなげてもらいたいと思います。

相当な緊張感の中で発表を終えてきておりますので、学会に参加した
スタッフがブログをご覧の皆様のもとを訪問させていただいた際などは、
ぜひとも優しいお言葉をかけていただけますと幸いです。

学会当日、東京ビッグサイトに向けパワーを送ってくださった皆様に心
より感謝申し上げます。ありがとうございました。

学会を通じ、レベルアップを果たしたスタッフ達の今後の活躍にどうぞ
ご期待ください。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク