地域医療連携室・医療相談室のblog

2019年02月01日の記事

節分2019。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

2月に入りました。

そして、節分が迫ってきております。

私佐藤は毎年ブログ内にて節分の記事を書いており、昨年は節分から
の連想でラップを刻んでみました。(『節分、からの連想』

さて、今年は何を書こうかと考えてみたものの、昨年同様、なかなかに
良いアイディアが浮かんできません。

一つ思い浮かぶこととしましては、佐藤は今年は何をまこうかと悩んで
いるということです。

この数年、佐藤は毎年豆ではなくチョコをまいてきました。

様々な風習や言い伝え、節分の意味、なぜ豆なのかという理由などが
あるにせよ、やはりできるだけ食べたいものでまきやすいもの、その後
の片付けもしやすいものとの考えから、個包装になっている小さな玉
タイプのチョコという結論に至ったのです。

ただ、そろそろここらでまくものを変えても良いのかな、という気持ち
にもなってまいりました。

すでに豆以外のものをまいておりますし、節分の本来の意味を理解して
さえいれば、楽しいイベントの一つとして何をまいてもよいのではないか、
と考えているのです。

そうなりますと、チョコはチョコでも小さな玉タイプのものではなく、大袋
に入ったキットカットでもよいのかもしれません。

同じく、大袋の個包装アルフォートでもありな気がしてきます。

佐藤がかねてからまきたいと切望していたのはミニサラミです。様々な
メーカーが販売しておりますので、食べ比べてみたいとも思います。

個包装になっているものということならば、果汁グミでも、ハイチュウ
でも、はたまたチロルチョコでも、ブラックサンダーでもぷっちょでも
よいのかもしれません。

ちなみに、以前、ピンクのブラックサンダーを発見して購入したことが
あります。

ブラック、ではないよな…、と思い食べてみましたら、中身はしっかり
ブラックでした。

好きなお菓子という意味では、じゃがりこやポテトチップスなど大きさが
それなりにあるものを大量に買い込み、袋や容器ごとわっさわっさと家
中にまいてみたいものです。

少し高価なお菓子シリーズでいけば、マルセイバターサンドを部屋の中
いっぱいにまくというのも夢があるなと思います。

そもそもお菓子にこだわる必要はないわけですので、もう少し豆に近い
ものと言いますか、球状のものは何かないものかと考えてみると、

タコ焼き、…はソースで床がべったべたになるのが確実ですし、

イクラ、…はまこうとして握った瞬間にぷちぷち弾けそうですし、

納豆、…だと豆そのものではあるものの、ねばぁ~であり、佐藤が唯一
苦手な食材のため匂い的にもキビシイですし、

シャインマスカット、…は佐藤の好きなフルーツランキング上位に進出
しており、まいてつぶれてしまうのはもったいないですし、
『フルーツランキングの変更』

世界三大珍味の一つであるトリュフを丸ごとまく、…は高価過ぎて実現
できるわけもなく、

それならチョコのトリュフ、…はまわりについているパウダーが部屋の
中を舞って大変なことになりますし、

ならば佐藤の大好きなスイカをまく、…はスイカ割りのようで楽しそう
ですがやはり家中がべたべたになる&そもそも「まく」ではなくもはや
「放り投げる」という状況になるため現実的ではなく、

結局のところ、これだという決定的なものはないのが実際なのです。

今年の節分は何をまくか、これについては悩んだままであり、結論は
出せずにおります。

しかし、ブログの記事は一つ完成いたしました(笑)。

何が何でも毎年節分に関する記事を書く…!

と意気込んでいるわけではないのですが、佐藤の中では何となく恒例化
していることから、今年も無事に綴ることができてほっとしております。

皆様は豆やチョコなどの他に、節分にはこれをまいているというものが
何かありますでしょうか。

もしもユニークなものがありましたら、ぜひとも佐藤まで教えていただき
たいと思いますので、よろしくお願いいたします。

今年の佐藤が何をまいたか、気になるという方は節分後にお会いした
際にはお気軽にご質問ください。

ちなみに、今年の恵方は東北東だそうです。

つい先日、恵方巻ではなく、「恵方呑み」という風習が存在することを
佐藤は初めて知りました。

恵方呑みとは恵方を向きながら願い事を思い浮かべ、日本酒をいた
だくというものだそうです。

なんと素敵な風習なのでしょう、と佐藤は感激いたしました。

これまで、無言のままで恵方巻を完食したことはただの一度もない
佐藤ですが、恵方呑みではそのような決まりはなさそうですし、実に、
実に興味があり、実行してみたいと考えております。

恵方呑みを想定して適したものをまく、これは重要かもしれません。

皆様、健康的に、そして楽しく節分を過ごしましょう。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク