地域医療連携室・医療相談室のblog

2019年12月の記事

ブログで振り返る2019年。~2019年の終わりに~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

令和元年も残り僅かとなってまいりました。

今年も、毎年恒例となっておりますブログで1年間を振り返る企画を
お届けいたします。

では1月から。

【1月】
新年を迎えてからの8日間について語り、バスのボタンとぼっこりと
した座席について綴り、汗だくになって行った雪すかしにより巨大な
無用の雪像が完成し、初夢について考えてみました。
8日間バスのボタンとぼっこりの席すごい雪像ができあがり
ました。~皆様お気を付けください~初夢

【2月】
今年も節分のブログを書き、スパイスについて綴り、『ID-Link』に
ついての実績報告をさせていただくこととなり、40年振りの寒さと
連続真冬日に驚きました。
節分2019スパイスTMNIT in Hokkaido地域診療情報連携
推進セミナーのお知らせ40年振りの寒さ、からの暖かさ

【3月】
外来のトイレが新しくなって一句詠み、やたらと周囲から三方六と
聞こえてきたり、北海道コンサドーレ札幌のホーム開幕戦を生観戦
して大興奮したり、今年も無事に健康づくり事業を開催して、色々な
考え事をしながら出張に行き、グループ内の認定試験で合格者を
輩出して、「ユッケジャン」でラップを刻んだりしました。
外来トイレが新しくなりました聞こえてきた銘菓北海道コン
サドーレ札幌ホーム開幕戦健康づくり事業2019のご報告
出張中です試験結果発表ユ、ユ、ユ

【4月】
タイヤ交換から浮かんできた色々な連想をし、パクチーの香り成分
である「ゲラニオール」から想像を膨らませ、平成最後のブログとして
佐藤だらけのエンドロールをお送りしました。
春なのに雪なのにタイヤ交換の週末パクチー平成最後のブログ。
~佐藤だらけのエンドロール~

【5月】
令和最初のブログを更新し、手の甲を痛め、小学生を見かけてほの
ぼのとしていたらあることに驚き、すごい暑さによって佐藤の決意が
揺らいだりしました。
令和最初のブログです手の甲ほのぼの、からの夏日か真夏
日かそれとも…

【6月】
クールビズが始まったことに喜び浮かれて、好きな野菜ベスト10
を発表し、膝の痛みを抱えながらベースラインを刻み、写真祭りの
夏バージョンをお届けいたしました。
クールビズ2019好きな野菜ベスト10膝の痛みとベース
ライン本日は写真祭り。~夏バージョン~

【7月】
前月に誕生日を迎えて〇〇代に突入し色々なことを思い、北海道
コンサドーレ札幌のパブリックビューイングでの佐藤の行動と共に
サポーターの皆さんについてレポートし、佐藤史上初の肉離れを
起こしつつもアスリート気分で前向きになり、ドライブシミュレーター
を導入して自動車運転外来を開設し、エルニーニョ現象から思い
浮かんできたことを綴りました。
〇〇代に突入した佐藤パブリックビューイング結果7月
8日の痛い出来事ドライブシミュレーター導入と自動車運転
外来のお知らせ冷夏とエルニーニョ

【8月】
佐藤が書く文字について語り、ナビから学んだことをご紹介し、
あまりの暑さの連続に佐藤の行動もややおかしくなり、一文字
の違いが生み出す楽しさについて書きました。
佐藤の文字この夏に学んだこと記録的な夏一文字の違い

【9月】
全く虫に刺されない日々を継続し、過去最高の参加者を記録して
無事に健康祭が終了し、おやつの語源について語り、北海道内の
医療機関では3施設目となるリハビリロボット「ウェルウォーク」を
導入いたしました。
虫に刺されない佐藤健康祭へのご参加ありがとうございました
おやつの語源ウェルウォークを導入いたしました

【10月】
再び記録した夏日にテンションが上がり、Kとの関係性の新境地
について語り、全館にエアコンを完備し、医事課の医事とは何か
について綴った後に、「ついで健診」を開始して、今年も佐藤的
ハロウィンイベントを開催いたしました。
再び夏日Kとほのぼの全病室にエアコンを完備いたしました
医事課の医事とは『ついで健診』を開始いたしましたハロ
ウィン佐藤的イベントのご案内。~令和も開催いたします~

【11月】
前月に北海道コンサドーレ札幌のルヴァンカップ決勝を見て涙が
出たことをお伝えし、手稲区が誕生30周年を迎え、イムスカフェ
に多くの皆様が参加してくださり、久々におもひでのネクタイが
登場いたしました。
ルヴァンカップ決勝祝・手稲区30周年イムスカフェへの
ご参加ありがとうございましたお久しぶりです、あのネクタイ

【12月】
病院機能評価の更新を行い、ベリーについて語り、風邪をひいて
しまい、佐藤的今年の漢字を発表してブログの更新回数が801回
に達しました。
病院機能評価の更新ベリーベリークリスマスイヴと先週から
の佐藤
佐藤の今年の漢字2019。と、801回

いかがでしたでしょうか。

こうして振り返ってみると、「こんなこともあったなぁ」ですとか、「これ
も今年だったんだっけ」だとか、色々な思いになります。

佐藤自身にとってもブログは日々の記録の一つであると言え、毎年
この時期になり振り返りを行うことで、

気持ちを新たにしたり、

反省をしたり、

時に自分で書いた文章が恥ずかしくなり、あまりに大胆に書き過ぎ
たかな…、と思ったり、

でも多くの皆様が閲覧できる状態になっているわけで、これはもう
しょうがないよな…、と、メンタルが鍛えられたりで、

とても大切な存在です。

まぁ、なんやかんやと様々なことがありつつも、今年も1年、概ね
無事に書き続けることができたなぁ、と素直に感じております。

ブログをご覧の皆様にとっても、何らかの形で、ほんの少しでも、
お役に立てたり楽しい気持ちになっていただけたのであれば大変
幸いですが、いかがでしょうか。

2019年のブログは、本日の更新がラストとなります。

当院自体は、先日のブログでお伝えしましたように、12月30日の
月曜日が内科の休日救急当番病院となっておりますので、体調に
不安のある際にはぜひご利用ください。

私佐藤は少しだけ早くお休みに入らせていただき、例年通りに帰省
してゆっくりまったりと過ごし、体調を整え、楽しみつつ、英気を養って
きたいと考えております。

さて、年内ラストのブログもあと少しとなってまいりました。

今年携わらせていただいた全ての皆様に、心よりお礼を申しげます。

本当にお世話になりました。

ありがとうございます。

また来年もいつものペースで自然にブログを綴りつつ、時に新たな
チャレンジも行いながら、日々の更新を継続していく予定です。

来年も、お時間のある際にはお付き合いくださいますよう、どうぞ
よろしくお願いいたします。

ここまではかなり雪の少ない冬となっておりますが、大晦日などは
相当な荒天が予想されておりますので、帰省やお出かけ等で外出
される際には、運転時、歩行時共に十分お気を付けください。

また、寒さも一段と厳しくなってきておりますので、体調管理にも
細かな配慮をしつつ過ごしていただければと思います。

では皆様、また来年もこちらのブログと佐藤、イムス札幌内科リハ
ビリテーション病院をどうぞよろしくお願いいたします。

新年最初のブログでお会いしましょう。

皆様、良いお年をお迎えください。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

佐藤の今年の漢字2019。と、801回。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

※本日は本来の更新日ではありませんが、12月20日(金)に投稿を
予定していた書きかけの記事に少し手を加えましてお送りいたします。

先日、今年の漢字が発表されました。

2019年、今年の漢字は『令』とのこと。

なるほど納得、と言いますか、そりゃそうだよなぁ、とも言うべきか、
とにかくストレートに、そうですよね!と素直に頷ける今年の漢字が
選ばれたなというのが率直な感想です。

さて、毎年ブログ内では佐藤的今年の漢字をお伝えしております
ので、今回も発表したいと思います。

2019年における佐藤的今年の漢字、それは『初』です。

今年は、私佐藤にとって「初」のことが多数ありました。

例えば、「初の肉離れ」などは痛くて痛くて困りましたが、自身の
身体と向き合う良い機会になったと感じております。

また、嬉しいこととしては、佐藤が心から愛している北海道コンサ
ドーレ札幌が「初タイトル」をかけてルヴァンカップ決勝の舞台に
「初めて」辿り着きました。

結果は、こちらのブログでもご紹介した通りに大変に悔しいものと
なりましたが、サポーターの一人としても「初」の経験が多くあり、
とてもワクワクした大一番であったと思います。

同じくサッカーの話題になってしまいますが、北海道コンサドーレ
札幌から「初の日本代表」に選ばれた選手がいたり、その選手達
が「代表初ゴール」を決めたことも感動的で印象的でした。

そして、佐藤にとっては、今年は非常に大きな買い物がありまして、
それに関連することから、あれも、これも、どれも、これも、それも、
あっちもこっちも、「初めて」のことが多く、戸惑いながらも有意義で
あり、時に疲れながらも「初」のことをいくらかは楽しみつつ過ごした
1年であったと言えるのです。

当初、ブログを通じてのみ今年を振り返ってみましたら、喉の痛み、
手の甲の痛み、膝の痛み、などなどが出てきましたので、佐藤的な
今年の漢字は『痛』ではないか、とも思いました。

しかし、それらは長く続いた痛みではありませんでしたし、今年の
漢字が『痛』というのもいかがなものかなぁとも思いましたし、何
よりこの1年を全体的に振り返ってみれば少し違うだろうとのこと
で、最終的には『初』にしたのです。

先日のブログでお伝えしましたように、佐藤は風邪をひいたことで
2019年の最終盤に、この慌ただしい時期に「痛恨」のお休みを
数日いただくことになったわけですが、それでもやはり今年の漢字
は『初』でいくことにしました。

そして実は、先日のブログにて、記事数800回を達成したのです。

本来であれば、12月20日(金)の更新時に、もっとキレッキレの
佐藤的今年の漢字発表ブログを掲載し、さらには記事が800回に
達したという記念の企画も何か考えようかとすら思っておりました。

しかし、まさかの風邪、によって予定は変わってしまったのですが、
まぁ~、時にこのようなこともあるものです。

熱があり体調不良の中でもふとブログのことが気になりまして、

「ぐぅ~、むぅぅ~、ブログぅ、800回記念がぁ~、あ~でも何だか
ミカンくらいしか食べる気がしない~」

などと思っていたのですが、当然のことながら健康が第一であり、
難しいことを考えるのはやめ、本日の更新となっております。

なかなか予定通りには進まない、理想通りにはいかないこともまた
人生であり、そのような中で何を行い、何を見て、何を考えながら
前を向いて進んでいくのか、これが大切なのではないでしょうか。

佐藤、決して熱によって悟りを開いたわけではございません。

予定通りにブログを更新できなかった悔しさによる負け惜しみ、は
少しだけありますが、大半はポジティブに自然にいこう、との思い
からの文章となっております。

そんなわけで、諸々予定はずれましたので、タイトルにもあります
ように、本日はめでたく801回のブログです。

自分でも毎回毎回、記念の回を迎える度に回数には驚いており
ますが、今回もこの801回という数字にはびっくりしております。

いつもブログを読んでくださる皆様、感想をくださる皆様、本当に
ありがとうございます。

いつでも、どんな時でも、ブログを読んでくださる皆様がいるから
こそ、佐藤は日々の更新を続けることができるのです。

全ての皆様に、心より感謝申し上げます。

今回は801回の記念ブログ&佐藤的今年の漢字という若干中途
半端な企画になりましたが、これからも自然にありのままに文章を
綴り、時に新たな企画をひねり出し、皆様に少しでも当院を身近に
感じていただけるようにがんばります。

たくさんの記事がありますので、年末年始などお時間のある際には
ぜひ過去のブログもご覧になっていただけますと幸いです。

また、皆様にとって、ご自身の今年の漢字がありましたら、佐藤と
お会いした際にはぜひお聞かせください。

12月27日(金)は、こちらも毎年恒例となっております「ブログで
振り返る2019年」をお送りする予定です。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

クリスマスイヴと先週からの佐藤。

メリークリスマス、イヴ。地域医療連携室の佐藤です。

ここ札幌では記録的に雪の少ないクリスマスイヴとなっておりますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私佐藤は、先週の途中より風邪をひいてしまい、お休みをいただいて
おりました…。

こちらのブログを毎回ご覧くださっている皆様であれば、お気づきの
方もいらっしゃることと思いますが、毎週火曜と金曜日に記事の更新
を行っているものの、先週の金曜については記事をアップすることが
できておりません。

楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ありませんでした。

ただ、どこかのタイミングでは、火曜か金曜かを問わず、アップ予定
であった記事をご紹介したいと考えております。

本日のクリスマスイヴ、明日のクリスマス、そしてその後はいよいよ
年末となってまいりますが、雪は少なくとも寒さはかなりのものです
ので、どうぞ皆様体調にはお気を付けください。

私佐藤もまだまだ万全ではないことから、気をつけつつ、無理をせず
に過ごしていきたいと考えております。

何とも簡素なブログとなってしまいました…。

何かしらのおもしろいことを少しでも綴ることができれば、と考えてみま
しても、思いつくのは一言だけです。

コーンフレーク!

これにはかなり笑いました。

本日はこの辺りで失礼させていただきますが、今日のクリスマスイヴ、
そして明日のクリスマスが皆様にとって楽しく、そして何より健康的な
日となりますように、心よりお祈りしております。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

年末年始の診療体制について。

おはようございます。地域医療連携室の佐藤です。

当院の年末年始期間における診療体制についてお知らせいたしますので、
以下をご覧ください。

12月28日(土):外来休診・転院のご相談可・転院や入院のお受入れ可

12月29日(日):休診

12月30日(月):【内科】休日救急当番病院(受付時間 午前9時~午後5時)

12月31日(火):休診

1月1日(水):休診

1月2日(木):休診

1月3日(金):休診

1月4日(土):通常診療(午前外来)・転院のご相談可・転院や入院のお受入れ可

1月5日(日):休診

1月6日(月)~:通常診療

以上のようになっております。

今年は12月30日(月)が内科における当番病院となっております
ので、当院近郊にお住いの皆様のみならず、体調面に不安があり
ましたらぜひご受診ください。

転院のご相談、入院のお受入れも可能となっておりますので、当院
にてご協力できそうなことがあればご連絡いただければと思います。

当院の駐車場は終日無料ですので、受診やお見舞い等でご来院の
際にはお気軽にご利用ください。

なお、当院の無料送迎バス、系列病院のイムス札幌消化器中央
総合病院との間を結ぶシャトルバスについては、祝日等を考慮
したダイヤになっておりますので、ご利用を希望される場合には
当院にお問い合わせいただければと思います。

気温の変化が激しくなっており、慌ただしく毎日が過ぎていく時期
ではありますが、皆様体調の管理にはどうぞお気を付けください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

舞う雪、吹く雪、積もる雪。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

皆様は、雪は好きですか。

佐藤は嫌いです(笑)。

ただ、雪そのものが嫌いなわけではなく、これまでもブログ内にて
お伝えしてきましたように、寒さが苦手なのです。

そして、雪かき、

いえ、久々に使いますが、雪すかし(左上にあります検索ボックス
でブログ内を探してみてください)がとても嫌なだけなのです。

雪と言っても様々な種類がありますが、やはり深々と降る大粒の
雪などは、佐藤がお風呂上がりかのように汗だくになりながら行う
雪すかしに直結しますので、とても困ります。

また、ビュービュー強い風が吹く中での雪は、運転中の視界を妨げ
ますし、室内から見ていても外に出る気持ちが9割ほど減少します
ので、あまり気分の良いものではありません。

かと言って、季節外れに暖かくなり、雨なのか雪なのかわからない
けれどもかろうじて雪、のような状態になりますと、ちょっとした外出
の際などは傘を使うべきかそのままか、迷うことにもなりますので、
こちらも困りものです。

佐藤的に唯一、いいなぁと思える雪は、

『粉雪よりは粒が大きく、かと言ってそこまでの大粒なのではなく、
風はほとんどない中でふわりふわりと舞い降りてきて、気温も比較
的暖かく、空を見上げていても寒さをあまり感じずに、昼でも、夜の
ライトに照らされていてもとてもキレイに見えて、思わず両手を広げ
ながらゆっくりと回りたくなるような雪』

が、ベストと考えております。

このような条件が揃うことはあまりありませんが、その時ばかりは
冬を苦手とする佐藤も、なんだか雪もいいなと感じるのです。

そして、このシチュエーションは冬や雪を題材とする曲に合いそう
だな、ミュージックビデオのシーンでも登場しそうだな、などという
ことを想像して、佐藤の頭の中にはその時々で曲が流れてきます。

これまでは、雪=佐藤の敵、というような図式すらもできあがって
おりました。

しかし、今では、季節的には色々なデメリットがありつつも、この
時期や雪を楽しもう、時には風情があっていいなぁ、という思いに
もなるあたりは、今年、生粋の道産子〇〇周年を迎えてまた少し
大人になったと言えるのかもしれません。

ただ、そうは言いましても、ここ数日のように気温が高く経過して
いるのはとても嬉しいです。

雪ではなく、雪か雨かの微妙な状態ではなく、この季節に雨ならば
大歓迎の状況と言えます。

そんな中でなぜ、今回の「舞う雪、吹く雪、積もる雪」というタイトル
になったかと言いますと、それは、完全に響きだけです(笑)。

佐藤は時に、言葉や文章の響きだけが浮かんできまして、そこから
ブログを作成することがあります。

今回は、その代表的な例でしたので、内容的にはいまいちだったと
言えるかもしれません…。

しかし、長くブログを書いている中では、時にはこのようなことも
ありますので、どうかご容赦ください。

昨日の午後からはまた冬全開で寒くなってきておりますが、佐藤的
にベストな雪の日が登場するのを願いつつ過ごしたいと思います。

良い雪のシチュエーションで、佐藤の頭の中にはどのような曲達
が流れているのか、気になる方はいつでもお気軽ご質問ください。

ちなみに、佐藤的にベストな雪、状態等のことを「佐藤の舞雪」と
名付けることにいたしました。

「佐藤の舞雪」の際には、外で両手を掲げてくるりくるりと舞いを
舞ったり、ミュージックビデオのように静かに空を見上げたりして
いる佐藤がいるかもしれません。

見かけた際にはそっとしていただくよりも、共に舞ったり、近くで
冬や雪の歌を歌ったりしていただけますと幸いです。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

ベリーベリー。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

少し前のことになりますが、ペットボトルの炭酸飲料で気になる
商品があったことから購入して飲んだのですが、その原材料名
を見て佐藤は大変驚きました。

そこには、佐藤が聞いたこともない「ベリー」の名前がいくつも
載っていたからです。

どのようなベリーが記載されていたかと言いますと、

リンゴンベリー、

マキベリー、

ゴジベリー、

ビルベリー、

などでした。

皆様は、これらのベリー名を聞いてすぐにどのようなものなのか
がおわかりになりますでしょうか。

佐藤は、どれもこれもさっぱりわかりませんでした。

そもそも、ベリー類というのは、非常にたくさんの種類がある
ようでして、他にも佐藤が全く聞いたことのないものとしては
「サスカトゥーンベリー」なるものも存在するそうです。

サスカトゥーンベリー、などと聞いても、佐藤的には、

う~ん…、ジャニーズ??

と、思うほどであり、特徴や味、形、色など、どれもこれもが全く
想像がつきませんでした。

フルーツはけっこう好きな佐藤ですが、こんなにも色々なベリー
があるというのは驚きであり、まだまだ知らないことがたくさん
あるなぁ、と感じております。

佐藤が昔から馴染みのあるベリー、知っているベリーと言えば、

ストロベリー、

ブルーベリー、

ラズベリー、

クランベリー(帯広のスイートポテト)、

ホワイトベリー(夏祭り:北海道出身)、

くらいなものです。

ただ、初めて耳にしたベリーであっても、別の呼び方を調べて
みたところ、「クコの実」や「コケモモ」など、実は知っていたり、
見たこと聞いたことのあるものもありました。

一概に、そのネーミングだけで知らないものと断定するのも
よくないなと感じているところです。

また、ふと思い出したこととして、ベリーと聞くと、佐藤の大学
時代の英語の先生のことが頭に浮かびます。
(なぜかについては佐藤までご質問ください)

その先生は外国の方で、一切日本語を話さないこと(話せない
のかあえて話さないのは不明)で有名でした。

テストの方法から、成績のつけ方から、何から何まで全て英語
での説明であり、佐藤と友人達は非常に難渋しながら理解する
のに必死だったことを覚えています。

しかも、翌年もその先生の英語の授業があったのですが、それ
は佐藤自ら選んだのではなく、大学側から学生達が振り分けら
れただけだったのにもかかわらず、先生からは、

「ナゼ、キミタチハ、コトシモワタシノクラスナンダ?」
(全て英語なので佐藤と友人達による必死の翻訳)

と、言われ、

周囲を見渡すと、佐藤と数名の友人達以外は昨年はいなかった
学生ばかりであり、

「ジブンタチデ、センタクシタワケデハ、アリマセン」

的な、そんなニュアンスのことを懸命に英語にして訴え、
(ジェスチャーもかなり入っていましたが…)

結果的には、

「イチブ、サクネントオナジ、ナイヨウニナルガ、ナントカスルノデ、
シンパイスルナ」(断片的な佐藤の翻訳)

と、英語で言われた、

はずで、

肩をポンポンと叩かれて授業に入っていったのですが、

他の学生達の多くが、確かに昨年の佐藤と友人達が学んだ部分
の授業を進めている中で、それに倣おうとすると、

「ノー。キミタチハコッチダ」
(ノー、だけは確かにはっきりわかりました)

と、別のページを示し、佐藤を含めた数名だけはそちらを学んで
いくという、何とも複雑な授業になったのでした。

ちなみに、佐藤と友人達は、前年にその英語の授業はしっかりと
した成績をゲットしており、単位を落としたからもう一年とか、そう
いったことではありません。

英語を専攻する学部ではありませんでしたし、佐藤自身、英語を
得意としているわけでも何でもありませんでしたので、なかなかに
その先生の授業はキビシイものがありました。

まぁ、全て英語でテストの方法等の説明を始めた時だけは、初めて
授業を受ける他の学生達はざわついている中で、佐藤と数名の友人
達は比較的余裕を持って構えておりましたが…。

1年間の授業の中では時折、

「キミタチハ、ココヲヨンデイナサイ」
(比較的よく聞き取れた英語)

と、佐藤と友人達だけが自習的な時間になることもあり、先生的に
はまさかの昨年からの連続受講となったことで優遇されているのか、
それとも冷遇されているのかがよくわからないこともありました。

今となっては笑い話であり、それもまた良き思い出であり、当時の
友人達と会った際にはその先生の話題にもなるのですが、冷静に
考えると、何ともなぁ、という感じではあります。

まぁ、長い年月を経て、今こうしてブログのネタの一つになって
おりますので、そういった部分では良かったのでしょうが…。

さて、話はかなりそれてしまいましたが、佐藤が全く聞いたことの
ないベリーの成分がたくさん入っていた炭酸飲料の味はどうだった
のか、その肝心の部分ですが、一言でお伝えするとすれば、

まぁまぁ、です(笑)。

決して、リピートしたいというほどの味ではありませんでした。

商品名を見ても、配合成分を見ても、体には良さそうな雰囲気が
満載だったのですが、そうですね、まぁ、佐藤的にはデカビタCの
方が美味しく、好きです。

皆様は、少し変わった飲み物や珍しいベリーなど、ご存知のもの
はありますでしょうか。

本日ご紹介した以外のベリー、美味しいものや希少なものなどの
情報がありましたら、ぜひ佐藤までご一報ください。

寒さが厳しいこの頃、早くもイチゴ狩りの季節を待ちわびながら
本日のブログといたします。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク

病院機能評価の更新。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

8月のブログでお伝えした病院機能評価の更新審査ですが、本番
が来週に迫ってまいりました。

院内の各部署では準備が進み、また、それぞれにミーティングや
打ち合わせを行っており、いよいよという感じになっております。

私佐藤におきましても、日頃の取り組みや構築した体制、活動を
しっかり評価していただくべく、準備を行っているところです。

何か特別に用意をするということではないものの、やはり通常の
業務を行いながらの準備というのは、年末という時期的なことも
重なりまして、なかなかの慌ただしさになっております。

そうです、なかなかの慌ただしさになっているのです。

そうなのです、なかなかの、

いえ、かなりの、

いや、相当な、慌ただしさになっております。

ただ、これを乗り越え機能評価の更新ができれば、第三者の中立・
公平な立場から当院が一定の水準を満たしている認定病院として
認めていただけることになりますので、がんばるのみです。

しっかりと準備をすることで、当日は少しでもスムーズに審査が進む
ように、集中したいと思います。

日本医療機能評価機構評価調査者 (サーベイヤー)が来院して
審査を行うのは、12月12日(木)と13日(金)です。

当然ながら、通常の診療には影響が及ぶことのないように進めて
まいりますし、患者様や、ご来院された皆様にご迷惑をおかけする
ことのないような審査となりますが、当日は少しだけ普段とは違った
雰囲気にもなるかもしれません。

何かお気付きの点やお困りごとがありましたら、お近くのスタッフ
までいつでもお声かけください。

佐藤の中でも緊張感が高まってきておりますが、日々行っている
ことをありのままにお伝えできればと考えております。

ここ最近で病院機能評価を受審した皆様からのアドバイス、佐藤
への励まし、差し入れなど、いつでも、いくつでもご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク

くしゃみとクラッカー。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

インフルエンザなどかなり流行している最近ですが、皆様の体調は
いかがでしょうか。

私佐藤はここまでのところ、高熱が出るような風邪をひくこともなく、
苦手な、いえ、かなり苦手な予防接種も早めに受けておりますので、
インフルエンザにかかることもなく過ごしております。

しかしながら、佐藤は鼻炎持ちでありますので、風邪などとは関係
なく、ホコリや花粉などで「くしゃみ」が出ることがあるのです。

つい先日のこと、佐藤は自身の車に乗り込み、運転席に座った直後
に鼻がむずむずしてきました。

「あ、これはくしゃみが出るな」

と、思ったものですから、すぐに車に常備しているボックスティッシュ
から1枚を取り、口と鼻を覆ったのです。

その間の時間は本当に僅かなものではあったのですが、くしゃみが
出そうになっているのをこらえつつティッシュを取りましたので、我慢
していた分がより強大な力となりました。

つまり、とてつもなく大きなくしゃみになったのです。

それ自体は何もおかしなところはなく、日頃の生活の中でも佐藤的
にはよくあることでして、マスク着用時以外はくしゃみをする際には
ティッシュで口と鼻を覆う、そして時には大きなくしゃみになることが
ある、という日常のワンシーンでしかありません。

ただ、ただですね、今回は、大きく違う点が一つありました。

それは、佐藤が大きなくしゃみをした際に、口と鼻を覆ったティッシュ
のかけら、というか粉のように小さなものが、一気に、そして広範囲に
空中に舞い上がったのです。

ハッ、

ハッ、

ハッ、

ハックショーン!!ボンっ!!

ぶわわぁぁ~!!

と、いう感じで、佐藤の目の前、頭の上には細かな白い物体が多数
舞いまして、一瞬、何が起きたのか全くわかりませんでした。

な、なんで!?

な、何コレ…??

と、その時の佐藤にはとにかく不思議でありまして、くしゃみをした
拍子に出てきた若干の鼻水はそのままにして、しばしの間は車内
を舞っているティッシュのかけら達を眺めていたのです。

鼻炎持ちの佐藤は、長年にわたり数多くのくしゃみを繰り出してきて
おりますが、このようなことは初めてでした。

何とも汚らしい内容となってしまい、申し訳ありません。

念のためお伝えしておきますと、おそらく、舞い上がったティッシュ
は、佐藤のくしゃみをダイレクトに受け止めた部分が破れたという
ことではなさそうなのです。

では、なぜそのようになったのか。

それはイマイチよくわかりません。

佐藤的な予想ですが、おそらくは、2枚重ねになっているティッ
シュの間に対してのくしゃみの衝撃で、その中にあった細切れ
のティッシュや粉のようなものが飛び出たものと思われます。

その後、身体や頭についたかけらを見ましたが、かなりの小ささ
でしたので、到底、くしゃみのパワーだけではそこまでは破れる
ことはないものと考えられるのです。

ただ、少し調べてみたところ、くしゃみのスピードは最高で時速
320kmにもなるとのこと。

新幹線や、F-1マシン並みのスピードです。

これには驚きました。

一瞬の勝負だとすれば、プロ野球のピッチャーが投げる球にすら
余裕で勝ってしまうのです。

それだけの速度で飛び散るのですから、くしゃみを甘くみるのは
大変危険です。

日頃から気を付けてはおりますが、くしゃみや咳のエチケットは
より気を配らなければと考えております。

さて、本日のタイトルには「くしゃみ」と共に「クラッカー」という
単語が入っておりますが、これは何かと言いますと、

『くしゃみで飛び出て空中を舞っていたティッシュのかけら達は
あたかもクラッカーを使った後のようだなぁ』

と、感じたためです。

考えてみれば、しばらくの間、クラッカーは放っておりません。

久しぶりのクラッカー感を体感したのが、自らのくしゃみによる
ティッシュのかけらとは、何とも微妙です。

クリスマスや忘年会、大晦日など12月はイベントも多いため、

クラッカー使用時の音に驚く、

飛び散った物の片づけが大変、

飛び散らない仕様のクラッカーの音だけだとどこか物足りない、

放った後の匂いがなんとも…、

などなどはあるにせよ、久々にクラッカーの購入を検討しようかと
考えております。

皆様からのおすすめのクラッカーなどがありましたら、ぜひとも
佐藤までご一報ください。

また、佐藤と同様にティッシュのかけら達が舞い上がった経験を
お持ちの方がもしもいらっしゃいましたら、そちらもぜひご連絡を
いただけますと幸いです。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク