地域医療連携室・医療相談室のblog

2019年12月13日の記事

舞う雪、吹く雪、積もる雪。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

皆様は、雪は好きですか。

佐藤は嫌いです(笑)。

ただ、雪そのものが嫌いなわけではなく、これまでもブログ内にて
お伝えしてきましたように、寒さが苦手なのです。

そして、雪かき、

いえ、久々に使いますが、雪すかし(左上にあります検索ボックス
でブログ内を探してみてください)がとても嫌なだけなのです。

雪と言っても様々な種類がありますが、やはり深々と降る大粒の
雪などは、佐藤がお風呂上がりかのように汗だくになりながら行う
雪すかしに直結しますので、とても困ります。

また、ビュービュー強い風が吹く中での雪は、運転中の視界を妨げ
ますし、室内から見ていても外に出る気持ちが9割ほど減少します
ので、あまり気分の良いものではありません。

かと言って、季節外れに暖かくなり、雨なのか雪なのかわからない
けれどもかろうじて雪、のような状態になりますと、ちょっとした外出
の際などは傘を使うべきかそのままか、迷うことにもなりますので、
こちらも困りものです。

佐藤的に唯一、いいなぁと思える雪は、

『粉雪よりは粒が大きく、かと言ってそこまでの大粒なのではなく、
風はほとんどない中でふわりふわりと舞い降りてきて、気温も比較
的暖かく、空を見上げていても寒さをあまり感じずに、昼でも、夜の
ライトに照らされていてもとてもキレイに見えて、思わず両手を広げ
ながらゆっくりと回りたくなるような雪』

が、ベストと考えております。

このような条件が揃うことはあまりありませんが、その時ばかりは
冬を苦手とする佐藤も、なんだか雪もいいなと感じるのです。

そして、このシチュエーションは冬や雪を題材とする曲に合いそう
だな、ミュージックビデオのシーンでも登場しそうだな、などという
ことを想像して、佐藤の頭の中にはその時々で曲が流れてきます。

これまでは、雪=佐藤の敵、というような図式すらもできあがって
おりました。

しかし、今では、季節的には色々なデメリットがありつつも、この
時期や雪を楽しもう、時には風情があっていいなぁ、という思いに
もなるあたりは、今年、生粋の道産子〇〇周年を迎えてまた少し
大人になったと言えるのかもしれません。

ただ、そうは言いましても、ここ数日のように気温が高く経過して
いるのはとても嬉しいです。

雪ではなく、雪か雨かの微妙な状態ではなく、この季節に雨ならば
大歓迎の状況と言えます。

そんな中でなぜ、今回の「舞う雪、吹く雪、積もる雪」というタイトル
になったかと言いますと、それは、完全に響きだけです(笑)。

佐藤は時に、言葉や文章の響きだけが浮かんできまして、そこから
ブログを作成することがあります。

今回は、その代表的な例でしたので、内容的にはいまいちだったと
言えるかもしれません…。

しかし、長くブログを書いている中では、時にはこのようなことも
ありますので、どうかご容赦ください。

昨日の午後からはまた冬全開で寒くなってきておりますが、佐藤的
にベストな雪の日が登場するのを願いつつ過ごしたいと思います。

良い雪のシチュエーションで、佐藤の頭の中にはどのような曲達
が流れているのか、気になる方はいつでもお気軽ご質問ください。

ちなみに、佐藤的にベストな雪、状態等のことを「佐藤の舞雪」と
名付けることにいたしました。

「佐藤の舞雪」の際には、外で両手を掲げてくるりくるりと舞いを
舞ったり、ミュージックビデオのように静かに空を見上げたりして
いる佐藤がいるかもしれません。

見かけた際にはそっとしていただくよりも、共に舞ったり、近くで
冬や雪の歌を歌ったりしていただけますと幸いです。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク