地域医療連携室・医療相談室のblog

夏日か真夏日かそれとも…。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

いきなりですが、先日の暑さはすごかったですね。

札幌では27日(月)には最高気温がなんと34.2度を記録し、3日間
連続で5月としての観測史上最高気温を更新したとのことです。

普段であれば夏日になるかどうか、などが焦点のこの季節であり、夏
をこよなく愛する佐藤としましてはそこに大変注目しているのですが、
今回については夏日どころか真夏日であり、あと少しで猛暑日にすら
なるところでした。

突然の暑さとあって身体的には厳しいものがありましたが、ここまで
きたらぜひとも35度を超えて猛暑日を達成してほしかったものです。

ただ、あまりに早い段階で暑くなるというのも困りものでして、佐藤的
には真夏日の続いた3日間で以下のようなことがありました。

①鼻炎症状がピークを迎えている中での急な暑さは大変辛かった。

②しずか~に、ひそか~にダイエットを始め、運動を継続していたに
もかかわらず、その3日間は暑過ぎてほとんど実行できなかった。

③佐藤の夏の正装でもあるサッカーユニフォーム姿で外出し、辛い
パスタを食べたところ汗だくになり、食べ終えた後も体がポカポカに
温まっていて汗があちらこちらからどんどん流れてきたため、まさに
今90分間+5分間のアディショナルタイムをフル出場で戦い終えた
選手のような状況になってしまった。

④1日を通して常に最高気温が気になり、情報を得る度に周囲の
人達に対して「ちょっとちょっと、もうこの時間から〇〇度だって!」
と報告したり、気温が何度まで上がると思うかの質問を繰り返した。

⑤これだけ暑くても今日は脂肪蓄積につながるビールは飲まない!
と決意した日があったものの、結局アイスを食べてコーラを飲んだ。

などなど、予想していない暑さによる影響は様々でした。

明日からは6月となりますが、5月の時点でこれほどまでに暑い日を
記録した今年は、一体どんな夏になるのでしょうか。

先日の暑さを上回る猛暑となるのか、

一転してなかなか気温の上がらない冷夏となるのか、

年内は暑い日がずっと続くのか、

せっかくなら秋も冬も暑くなり、北海道から雪や冬や寒さという言葉が
消えてしまわないものか、

暑さと共に佐藤の脂肪も燃焼しないものか、

昼すごく暑く夜とても涼しいという都合のよい夏にならないものか、

佐藤の苦手な虫が一切いない夏にならないものか、

夏の間は全員がハーフパンツとTシャツを正装とする、というルールが
できないものか、

気温の上昇と共に北海道コンサドーレ札幌の順位も急上昇してACL
出場圏内を通り越し、優勝争いをしないものか、

と、予想やら佐藤の希望やら妄想やらを思い浮かべてみるのですが、
結局のところ天候はその時になってみなければわかりません。

佐藤的には、たとえどのような夏になろうとも、その時、その年の夏を
全力で楽しみたいと考えております。

ただ、本格的に気温が暑くなってきて気を付けなければいけないのは
やはり熱中症です。

屋外でも室内でも、また年齢等を問わず注意をする必要があります。

熱中症予防としてできることは、水分補給と塩分の摂取、適切な冷房
機器の使用、十分な睡眠をとり無理をせずに生活する、などそれほど
難しいことではありません。

ぜひ、健康的に夏を過ごすためにも、皆様しっかりと日々の生活の中
で気を付けながらお過ごしください。

私佐藤も、ダイエットに熱中し過ぎるあまりに体調を崩したり、やせ過ぎ
たりすることのないよう十分に気を付けたいと思います。

…まぁ、後者は8月に雪が降るほど極めて低い確率でしょうが…。

体調維持のためにも、無理をしないことは大変重要であると思います
ので、皆様におかれましては、佐藤が暑い中で満面の笑みを浮かべて
ソフトクリームを食べていたり、スーパーの中である飲み物の6缶パック
を買うところを見かけたとしましても、「夏日だしね!」と寛大で優しい心
にて見守っていただけますと幸いです。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク