地域医療連携室・医療相談室のblog

ハロウィンの2019の結果。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログ『ハロウィン佐藤的イベントのご案内。~令和も開催
いたします~』でお知らせいたしましたように、10月31日にはささ
やかなイベントを開催しました。

ご報告が遅くなりましたが、本日はイベント当日の様子と結果など
をお伝えしたいと思います。

まず、結果からお伝えしますと、なかなかの盛り上がり具合でした!

ただ、ここには「自部署内で」という前置きが入ります。

と、言いますのも、ちょうどハロウィンの前日に医事課・地域医療
連携室における歓迎会がありましたので、佐藤はその中の挨拶
の際にイベント案内を行ったのです。

よって、当日は出勤直後から、「トリックオアトリート!」と元気に
医事課のスタッフより声をかけられまして、今年の第一号の発声
者には追加のお菓子もプレゼントしたのでした。

その後も続々と声をかけられ、ハロウィン感満載の一日になった
と感じております。

イベント案内にて宣言しておりました、「佐藤についてのあること」
とは何かの答えですが、それは、

「当日のネクタイがハロウィン仕様になっていた」、です。

まぁ、この辺りは昨年と同様ですね…。

ほとんどのスタッフはネクタイに気付き、追加のお菓子をプレゼント
しております。

夕方頃になりますと、色々な噂を聞いた上で、「なんか、ネクタイに
ヒントがあるって聞いたんですが…」という声もありまして、佐藤は
ネクタイがよく見えるような体勢をとりながらトリックオアトリートの
言葉を聞いたのです。

ちなみに、プレゼントしていたお菓子は通常はカントリーマアムで
あり、追加としてガーナ・ガーナブラック・クランキーのミニ個包装
チョコを佐藤の感覚と直感で個数を決め、渡しておりました。

お菓子は全てハロウィン仕様の包装となっていたことから、かなり
の好評でしたので、佐藤もほっとしております。

ガーナなどのミニ個包装チョコには切り取り線がついており、そちら
を切ることで、印刷されているハロウィンキャラクターを指にはめて
遊ぶことができるという特典もついておりました。

まぁ、遊んでいるスタッフはおりませんでしたが…。

何となく、指を入れたらチョコがついてしまいそうですしね…。

イベント案内でお伝えしておりました、オリジナリティに溢れるトリ
ックオアトリートは残念ながら聞くことはできませんでしたし、今年
は来客がありませんでしたので、関係機関の皆様方からのお声
かけがなかったのは寂しかった点です。

それでも、全般的には昨年以上に盛り上がったと感じております。

中には、開催時間を過ぎた後や翌日に、

「今日がハロウィンだと忘れてました…!」

という声や、

「昨日言えなかった~!」

というような声が聞かれましたので、もう少しがんばれば(何をと
いう感じですが…)さらなる盛り上がりにつなげられたものと今年
のハロウィンを振り返りながら感じているところです。

1年を通すと季節毎に様々なイベントがあり、その全てに関連して
佐藤的な催しを行うということはできないものの、少しでも毎日を
楽しく、皆様と笑顔で過ごすことができればとの思いでおります。

今後もささやかではありますが、何らかのイベントなどを企画して
皆様との親交を深め、それをさらなる医療連携や院内連携の向上
にもつなげていけましたら幸いです。

今年参加された皆様も、参加できなかった皆様も、ぜひ来年のハロ
ウィンイベントにご期待ください。

大袋で購入したことから若干余っているお菓子を佐藤自ら食べるか
どうか、ミニチョコの袋を指にはめるかどうか、迷っております。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク