地域医療連携室・医療相談室のblog

ある朝の出来事。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、出勤時に職員玄関に向かって歩いていると、その直前で
足元に何かが落ちているのを発見しました。

それが何であるかを確認した瞬間は目を疑ったのですが、やはり
間違いはありません。

職員玄関の前に落ちていたもの、それは「毛ガニの甲羅」でした。

食べごたえのあるタラバガニではなく、上品な甘さのズワイガニでも
なく、はたまた脂の乗った花咲ガニでもなく、美味しいカニ味噌と
濃厚な旨みが特長の、あの毛ガニの甲羅だったのです。

当院の周りに草木は多いですが、海は目の前にはありません。

栄養科に確認してみたところ、患者様の食事やスタッフ用の食堂
で使うこともないとのこと。

果たして毛ガニの甲羅はどこからやってきたのでしょうか。

当日は強風が吹いていましたから、風に乗ってきたのかもしれません。

カラスがくわえて、空を飛んできたのかもしれません。

スタッフの落し物なのかもしれません。

とりあえずはそのままにして院内へと入った私ですが、後程現場を
見てみると、すでに甲羅はなくなっておりました。

毛ガニの甲羅はどこへ行ったのか。誰のものだったのか。

真実を知っている方、もしくは持ち主の方は、よろしければ佐藤まで
ご一報ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク