地域医療連携室・医療相談室のblog

セミのおもひで。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ここ最近では、当院の周辺にてセミの鳴き声が大音量で響いております。

そのセミですが、つい先日、医師の当直室に一匹迷い込んでいるとの
情報が地域医療連携室に入ってまいりました。

そっと様子をうかがってみますと、大きな羽音を立てて動き回っています。

大きさがまた相当に立派なものでしたので、当院の住所である手稲金山
にちなみ、『金山サイズのセミ』と命名いたしました。

よくよく考えますと、これまでに周辺で目撃したカメムシや蝶、トンボや蛾
など、様々な生き物達がビッグサイズ、すなわち金山サイズであったよう
に思います。

さて、私はこれまでにコードK続・コードK夏の虫、などブログの中でも
触れてきましたが、虫は全般的に苦手としているのです。

院内に迷い込んだ金山サイズのセミを、純粋無垢な少年のようにパッと
捕まえることはできませんし、かと言って男気に溢れながら豪快に捕獲
するということもできません。

どうしたものかと考えた末、院内にある虫捕り網を使うことにいたしました。

セミが床にいる間に網をかぶせ、まず最初の段階はクリアしたのですが、
問題はそれからどうするかです。

何とか元気な姿で自然に帰してあげたい。

そんな思いはあるものの、セミは網の中で激しく動き回っており、私には
窓までの1m30cmがやけに遠く感じられます。

私は、セミがおとなしくなる時が訪れるのをじっと待ちました。

そして、セミの動きが止まったその瞬間、私は網をスライドさせ、素早く、
本当に素早く回転させながら窓の外に逃がしたのです。

一瞬の沈黙の後、金山サイズのセミは元気に羽ばたき、緑の中へと
消えていきました。

あのセミは、今日も元気に鳴いているのでしょうか。

そんなことを想う夏の日です。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク