地域医療連携室・医療相談室のblog

ある日の自動販売機。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

当院では外来ホールや2階の廊下などに自動販売機
を設置しているのですが、その内、売店前にあるもの
につきましては「当たり付き」となっております。

飲み物を買うとルーレットが回り、4桁の数字が揃えば、
好きなものをさらに一本選ぶことができるのです。

院内で飲み物を購入する際は売店を利用することが多い
私ですが、この当たり付きの自動販売機が登場してからは、
もしかしたら、との思いを持ちながら利用する機会が増え
ておりました。

しかし、全く当たりが出ることはなく、また他のスタッフ
が買っているところを見ていましても当たっている様子
はありません。

先日、またその自動販売機を利用する機会があったのですが、
お金を入れボタンを押した後に、購入場面を数多く見てきて
いるであろう売店スタッフに聞いてみました。

「これ、当たっているところ見たことあります?当たって
いる人います?」、と。

その発言には、結構買っているのに全然当たらないよという
若干の怒りと、本当に当たることあるのかなこれ、という少し
の疑念と、みんなも当たってないよねそうだよね、という妙な
安心感を得たい気持ちが含まれていたことは否めません。

ところが、売店のスタッフは「当たってる当たってる」と言う
ので、なるほど他の人は当たっているものなんだなぁ、自分
は決してクジ運の良い方ではないしなぁと思っていましたら、
「いや、今当たってますよ」と言われ、振り返りましたら
なんと、2222と4桁が揃っていたのです。

まさかのタイミングで当たりが出ましたので、佐藤は
大変驚きました。

嬉しさよりも驚きの方が強かったものですから、60秒以内に
当たりの一本を選ばねばならないという状況に焦ってしまい、
とりあえず目に入ってきたミルクティーを選び、やっぱり炭酸
にすればよかったか…、と少しだけ後悔したほどです。

皆様、当たり付き自動販売機は当たります。

その後、廊下を歩きながら嬉しさがこみ上げてきた佐藤は
自部署でこのことを話したところ、なんと他にも2人当たって
おりました。

地域医療連携室・医療相談室は現在8名体制ですので、その
内の3人が当たったというのは結構な確率と言えます。

再度売店のスタッフに聞いてみましたら、2人続けて当たった
場面を見たこともあるそうです。

これまでは数字が揃っていくところを最後まで見つめている
のがどこか気恥ずかしく、その後ハズレだった場合には空しさ
も倍増でした。

そのため、若干立ち去り気味になりつつも数字をちらちら見たり、
出てきた飲み物をあえてゆっくりと取り出しながらルーレットに
目を向けたり、近くを通ったスタッフに話しかけて時間を稼いだり
していた私ですが、今後は真っ正面に堂々と立ち、力強く数字を
凝視したいと思います。

そして3桁まで揃いましたら、心の中で「きてます…!きてます…!」
と呟きながら当たりを祈りたいと考えております。

本日より9月になってしまいましたが、この小さな幸運を胸に、
日々の業務に励む所存です。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク