地域医療連携室・医療相談室のblog

佐藤的今年の漢字。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

そろそろ毎年恒例となっている「今年の漢字」が発表される
頃ですね。

私は昨年、『私の今年の漢字』の中で、「足」を2014年の
自分なりの漢字といたしました。

今年も佐藤的今年の漢字を発表したいと思います。

2015年の佐藤における今年の漢字、それは『会』です。

今年はこれまで以上に多くの皆様、入職したスタッフとの新たな
「出会い」がありました。

また、連携機関の皆様とは「会議」や「懇親会」などを通じて
たくさんの情報交換を行い、互いに信頼できる関係性を築か
せていただきました。

このブログがきっかけとなった「会話」も数多くありました。

10月からは地域医療連携室だけではなく、医事課の責任者も
務めさせていただいており、まだまだ学ばなければいけないこと
も多く、書類やデータを目の前にしては、

「う~ん、これは…、むぅ…」と自身の力不足を痛感したり、

「おっ、これならここがこうなって、いや、まてよ、いやいや
しかし、全然違う…!」と混乱してみたり、

自宅でリラックスしていたところふと業務のことが頭に浮かび
まして、「あっ、そうかそうか、あれならば………、ぐぅ…」と
寝てしまっていたりで、

上司や自部署のスタッフの助けや協力を得て何とかなっている
ものの、もっともっと成長しなければと思う日々なのですが、これ
もまた自分自身を高める良い「機会」なのではと考えております。

医事課内のスタッフにつきましても、これまで知らなかった
一面や業務の能力、人柄などを知ることにも繋がりました
ので、こちらも良い「機会」であったなと感じているところです。

決して満足のいく1年ではありませんでしたが、充実の毎日
であったとは言えると思います。

そんなわけで、佐藤的今年の漢字が「食」や「増」とならずに
ほっとしておりますし、

10月以降だけを見ますと「焦」や「迷」ともなりかねない
ところではありましたが、

「協」を選出したいほどの団結で乗り切ることができており
ますし、

佐藤としましてはついつい「焼」や「肉」という言葉が頭に浮かんで
きたり、「寿」と「司」であったり、「麦」や「酒」ですとか、「蹴」と「球」
がふいによぎったり、はたまた「熱」に「唱」や、「小」と「籠」と「包」
とか、「大」と「型」と「連」と「休」が同時に出てきたりなどなどしました
が、やはり「会」が2015年には最もふさわしいと思うのです。

まだ2015年は残っておりますが、今年の「会」で得たものを大い
に来年につなげ、さらなる進化の年にしたいと考えております。

皆様も自分なりの今年の漢字がありましたら、ぜひ聞かせていただけ
ればと思いますし、私と同じく「会」であったという方がおりましたら
ご一報ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク