地域医療連携室・医療相談室のblog

今年の春予想。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

1月も下旬となってまいりましたが、ここ札幌では比較的雪の量も
少なく、先日は荒れ模様の天候となったものの、どちからというと
楽な冬、との印象を持っております。

通勤時に車がスリップして怖い思いをすることも少なく、とても
助かっている日々です。

このままの調子で毎日が過ぎていき、早い春の訪れとなれば個人的
にはそれが一番なのですが、どうなるのでしょうか。

特に3月などは平年よりも暖かく、雪も少ないとの予報も目にした
ものの、それに期待していたらどこかでここまでの分を取り返すべく
雪が降り続け…、というのは一番困る事態です。

しかしながら前回の冬(一昨年から昨年の春にかけて)は、早い段階
で雪がなくなり、いつか降るのではと気構えをしていたところ、そのまま
冬が終わっていったとの記憶があります。

まだまだ油断はできませんが、今年もそのケースに期待しつつ、いつ
春が来るのかを昨年に続き予想してみました。

ここでの春とは、佐藤の独自の見解に基づきますので、昨年同様、多少
気温が低くとも、朝晩の出勤時や帰宅時に主要な道路を通れば滑るなど
の怖い思いをすることなく運転が可能となった日、といたします。

昨年やこれまでの経験、長期予報、札幌市の冬の平均気温が昔に比べて
上がっているという朝のテレビ番組からの情報、春どころか早くも夏への
熱い思い、ダイエットのためにも早く暖かい室外をウォーキングしたいという
希望、自宅でうとうとしていた時に頭にパッと浮かんできた日付、などなどを
総合的に判断いたしまして、決定いたしました。

今年の春の訪れ、それは3月10日です。

これは昨年の予想よりも8日ほど早く、一昨年からは10日早いという、
かなり大胆な予想となっております。

あまりに大きな期待をし、予想が外れ今後大雪などが続いた際には何倍
もがっかりした気持ちになってしまうわけですが、なぜか、不思議と今年は
とても早く春が来るような気がしてなりません。

それは今年が特別な年となるからなのか、佐藤が日々の業務に追われつつ
も充実した毎日を過ごしているためなのか、地球の温暖化のためなのか、
単なる気のせいなのか、今後のやるべきこととやりたいことを考えた時に
公私共に全く時間が足りていないと気がついたからなのか、これだという
理由はないのですがそう思うのです。

佐藤の出勤日ベースで考えますと本日を入れてあと32日。

長いような、短いような、もうすでに40日を切っていると考えるべきか、
あと30日以上もあると思うべきか、迷うところではあります。

しかし、春は確実に近づいてきている、春になる前にどんどん色々なことを
進めよう、春になって雪がなくなればなくなったで一抹の寂しさを感じるの
だからなるべく冬も楽しもう、寒い冬だからこそ美味しいものもある、あと、
虫はいないし…、など、どちらにせよ前向きに考えることにいたしました。

雪が降らないことで困る方々には大変申し訳ありませんが、ぜひブログ
をご覧の皆様で一丸となり、佐藤の春予想が当たることを願っていただけ
ますと幸いです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク