地域医療連携室・医療相談室のblog

職員健診2017。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

昨日は職員健診の実施日でしたので、私も予定通りに検査を受けました。

職員健診の話題は毎年の恒例となっておりますので、これまでに何度も
ブログで読んだという皆様もいらっしゃるかもしれません。

先日のイムスカフェのお知らせ同様、検索ボックスに「健診」と入力します
と、いくつものブログ記事が出てきますのでぜひご覧ください。

さて、これまでのブログを読んでいる皆様であればご存知かと思いますが、
私佐藤は採血を圧倒的に苦手としております。

針が刺さる痛さそのものは平気なのですが、身体に針が刺さり続けていると
いう恐ろしい事実や、体内から血液が奪い取られていくという日常ではまず
起こり得ないことなどを考えると、今ですらも「うへぇ…」と思うのです。

昨日は朝からスタッフに「顔色が優れないですよ…」などと心配されており
ましたが、佐藤もさすがに、いえ、すでにかなり前から大人なわけですし、
病院で働くようになってからはもう6年が経過しております。

苦手意識はありながらも、心のどこかでは、「毎年のことじゃないか」、
「すぐに終わることだ」などということを考えられるようになっており、

「採血を担当する看護師のスタッフも励ましてくれるし」とか、

「会話が途切れることのないように周囲のスタッフが話しかけてくれるし」とか、

「前々日からイメージトレーニングをして気持ちを整えてきたし」とか、

「採血が(多少)平気になった佐藤をスタッフに見せつけて、レベルアップした
と思ってもらおうじゃないか」とか、

「大丈夫…、自分はやればできる子なはずだ…!」とか、

かなり前向きな、まぁ、ちょっと怪しい部分もありますが、とにかくこれまでよりは
平気になりつつあるのです。

ただ、当日は、今年2月に体調を崩した際に当院を受診し、採血と共に人生初の
点滴を行ったことが思い出されまして、「今年って、例年よりも多く針を刺されて
いるし、血液を抜かれているな…」などということを考えてしまい、調整バッチリで
照準を合わせてきたメンタルコンディションが一瞬、崩れそうになりました。

しかし、そこは気持ちで何とか挽回しまして、北海道コンサドーレ札幌が今年の
最大の目標であるJ1定着に向け奮闘していることを思い浮かべ、コンサドーレと
言えばチームカラーは赤、そして佐藤の血液だって時におかしなブログを書いて
いるとはいえちゃんと赤、ということで、エールを送る意味でもここはドンと構えて
朝一から採血しようじゃないか、と思い直したのです。

外来診療が始まる少し前に意気揚々と処置室に入っていき、「おはようございます!
お願いします!!」と言いましたら、中にいた外来の看護師長が「体重測定ですか?」
と聞いてきましたので、佐藤は思わず、「そうです」と答えてしまいそうになりました。

が、このままではいけない、今年の大きな目標であるJ1定着に向けて、現在連敗中
ながらもこの週末にはアウェイでの負けられない戦いに臨む北海道コンサドーレ札幌
のためにも、佐藤が気持ちで負けていてはいけない、と自らを奮い立たせたのです。

そして、「いえ、採血お願いします」と処置室に入った時よりもやや小さな声で伝え、
左腕をさし出し、ここまできたら観念するしかない、ではなく、さっさと終わって楽に
なろうじゃないか、でもなく、コンサドーレに勝利をもたらすためにもがんばるのだ!
ともはやおまじないでも何でもなく、よくわからない思いとテンションで挑みました。

幸い、佐藤の血管は非常に針を刺しやすいようであり、また外来看護師の見事な
手際と励ましの言葉もありまして、無事に終えることができたのです。

朝のうちに採血を終えた佐藤は、業務中にドキドキして落ち着かないということも
なく、一日集中して仕事に取り組むことができました。

ただ、一番大切なのはその結果です。

若干、いえ、けっこう不安な要素もありますので、今後の結果が恐くもあります。

とにかく、気持ちを切らすことなく、引き続きの適度な運動、食べ過ぎない飲み
過ぎないをしっかり心がけていかなければなりません。

皆様の中にも、採血をかなり苦手としているという方もいらっしゃるかと思いますが、
健康維持のためにも、定期的に健康診断を受けていただくことをおすすめいたします。

当院では企業健診や特定健診なども行っており、最近では新たにご依頼をいただく
企業様や地域の皆様も少しずつ増えてきました。

内容や価格等でご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 地域医療連携室   パーマリンク