地域医療連携室・医療相談室のblog

北海道みんなの日。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

皆様は、『北海道みんなの日』をご存知でしょうか。

北海道みんなの日は、北海道のこれまでの歴史、文化や風土について理解
と関心を深め、北海道の価値をあらためて認識し、道民であることを誇りに
思う心を育むことにより、道民が一体となってより豊かな北海道を築いていく
ことを期すとともに、道外において、北海道の価値が広く認識される契機と
するため、に設けられたそうです。

愛称は『道みんの日』とのこと。

実はこの道みんの日、先日7月17日だったのだそうです。

ワタクシ、実は全く知りませんでした…。

そして、北海道みんなの日というものが存在すること自体も知りませんでした…。

佐藤と同じような方は多かったようでして、この辺りは新聞やニュースなどでも
色々と書かれていたり報道されておりましたので、それらを見たという方も多い
のではないでしょうか。

記念すべき1回目の北海道みんなの日はあまり多くの方々に知られることなく、
ひっそりと終わっていったような印象ではあるのですが、年間のイベントや催し
は余すことなく楽しみたい佐藤としましては、こういった記念日が増えること自体
は歓迎しております。

当日は美術館や博物館など、道立施設の一部が無料開放されたようなのですが、
今後はもっとたくさんの施設でそのような取り組みを行っていただきたいですし、
できることなら、ワクワクするような、北海道みんなで楽しめるイベントをぜひとも
企画していただきたいと思うのです。

そこで、佐藤なりにいくつかの企画を考えてみましたので、どんどん書いていき
たいと思います。

①『北海道みんなの日 ジンギスカンパーティ』

やはり北海道と言えばということで、各地の大きな会場でジンギスカンパーティ
を行うというものです。札幌であればやはり会場は円山公園などが筆頭になるか
と思うのですが、その他の様々な場所でも行います。参加費はもちろん無料です。

②『北海道みんなの日 寿司パーティ』

こちらも北海道の良さを活かすイベントですが、開催地は海や漁港のある市町村
限定とします。近隣の海で獲れる新鮮な海鮮とその土地ならではの名産品を使った
お寿司が楽しめる、もちろん無料の催しです。

③『北海道みんなの日 ウニ・カニ・アワビパーティ』

北海道ならばこれらを食べないわけにはいきません。しかし、どれもが高価なこと
から、道みんの日にはみんなでウニとカニとアワビを食べ放題にして食べ尽くそう
というイベントです。お楽しみ企画としてウニを釣ったり、カニを釣ったり、アワビも
釣ったり、そんな内容にするとお子様も楽しめるのではないでしょうか。もちろん、
無料の催しです。

④『北海道みんなの日 乳製品祭り』

ここ北海道ではたくさんの乳製品が作られているため、ソフトクリームやチーズ
などを道民全体で楽しもうというものです。生産者である牧場や、加工工場など
を会場とし、見学会も含めて美味しい乳製品を食べまくろうというイベントです。
こちらも無料のイベントとなります。

⑤『北海道みんなの日 クラフトビール・ワイン・地酒祭り』

いよいよいつものブログらしくなってまいりました。北海道ではたくさんの地域
でクラフトビールが作られ、地酒があり、またワイナリーもあります。それぞれに
美味しいものがたくさんありますし、特にワインなどは北海道の気候が葡萄の
栽培にも適しており、ヨーロッパからも注目されているほどなのです。自分達が
暮らす北海道にはこのような美味しいお酒があるのだ、と知るための飲み放題
のイベントであり、公共交通機関までのシャトルバスも含め無料とします。

⑥『北海道みんなの日 肉・米・野菜・果物祭り』

北海道には素晴らしい銘柄牛などがありますし、お米の美味しさはもはや日本
のトップクラスですし、野菜はわんさか採れますし、果物も有名なものがたくさん
あります。それらを集めてどんどん食べたり、収穫体験を行ったりする無料の催し
です。イベントを通じて農家の方々の跡継ぎ募集も行うと、将来の農業の担い手を
発掘するという意味でもよいのではないでしょうか。

⑦『北海道みんなの日 プロスポーツフェス』

北海道コンサドーレ札幌、北海道日本ハムファイターズ、エスポラーダ北海道、
レバンガ北海道と、北海道には4つのプロスポーツチームがあります。これは昔
であれば考えられなかったすごいことなのです。道みんの日には全てのチームが
試合を行ったり、あるいは4チーム合同での無料イベントを行ってプロのチームが
間近にある素晴らしさを体感するという熱い催しを企画すると、道民全体が一つ
になってよいのではないでしょうか。

⑧『北海道みんなの日 スタンプラリーフェス』

これは北海道の全市町村を対象にしたスタンプラリーを行うというものです。当日
中にどこまでいけるかという1Dayコースと、来年の道みんの日に向かって1年
がかりで取り組む1Yearコースを選べます。どちらのコースもエントリーするのは
無料であり、コンプリートした場合には豪華な道産食材や名産品などがプレゼント
されるというものです。

⑨『北海道みんなの日 音楽の日フェス』

若干どこかで聞いたことのあるようなタイトルになってしまいましたが、音楽を
通じて北海道を盛り上げよう、道民全員で楽しもうという企画です。北海道出身
のアーティストはたくさんおりますので、その方々に集まってもらい、夜通しで
ライヴを行います。会場のあちこちでは北海道のグルメを集めたブースなども
あり、子どもから大人まで楽しめる野外フェスなのです。タイトルだけでなく、
中身も何かに似ていなくもないですが、もちろん無料の催しとなっております。

⑩『北海道みんなの日 休み』

これはもう読んだままでして、道みんの日は祝日扱いとし、北海道の学校や会社は
休みにするというものです。休めない場合はもちろん振替休日となり、各自が夏の
北海道を楽しもう、という企画、というか制度になります。

とにかく思いつくままに10個ほど書いてみましたが、いかがでしょうか。

全て無料のイベントということもあり、どれもこれも案のままに実行するのはかなり
難しいのかもしれません。

佐藤としましてはどれもが楽しめるイベントであり、魅力的であり、このような催しが
年に1度開催されるのであれば、北海道みんなの日が待ち遠しくてしょうがないと
いうことになるかと思います。

まぁ、そもそもこの記念日は楽しむことが目的ではないわけですが…。

ただ、いきなり文化や歴史について関心を持つということは難しいかと思いますので、
まずは色々な角度から北海道民全員が楽しめるイベントを企画していただき、そして
それらを通じて様々なことに興味を持ったり、道民であることを誇りに思う心を育む
ことにつながるとよいのでは、と佐藤は考えるのです。

佐藤的には、本日のブログで書いたこと以外にもたくさん北海道には良いところが
あると感じており、例えば③の案などでは大好きなエビも入れればよかった…、と
思ったりもしております。

なかなか実現するのが大変なものばかり並べてしまったものの、関係者の皆様が
来年以降の北海道みんなの日について検討する際には、何らかの形で参考にして
いただけますと幸いです。

何もすることなく過ぎ去ってしまった北海道みんなの日ではありますが、北海道民
としての誇りをリアルに感じるべく、今週末に行われる北海道コンサドーレ札幌の
大一番を観戦しに行こうかと考えているところです。

北海道みんなの日に携わる関係者の皆様、来年以降は魅力的な企画をぜひとも
よろしくお願いいたします!

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク