地域医療連携室・医療相談室のblog

9月の始まり昨夜の歓喜。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日より9月、ということで、8月が終わってしまいました…。

夏好きにとっては9月の訪れは切ないことなのです。

しかし、これまでにもブログ内でお伝えしてきましたように、最高気温が
25℃以上の夏日であるうちは何月であっても夏、という佐藤理論に基き
ますと、今後の週間天気予報によればまだ夏は続くことになります。

確かに朝や夜は肌寒いこともあるものの、暗くなるのも早くなりつつある
ものの、昼間などはまだまだ暑いのです。

9月の印象が、テレビの番組やCMが、そしてお店のレイアウトや雑誌の
特集や何もかもが秋だ秋だの大合唱になっていることから、「秋だなぁ」、
という気分にもさせられるのですが、惑わされてはいけません。

これらはあくまでも商業的側面から仕方のないことであり、季節先取りが
必要なためで、今はまだ、もう少し夏が続くのです。

いや、続いて欲しいのです。

いえ、そう思いたいのです。

もちろん、夏だ夏だよワッショイ!とはしゃぐ季節ではもはやない、という
ことは佐藤も理解しております。

しかし、それでも簡単に秋の訪れを認めるのは寂しいものです。

そもそも、今年の夏には正直なところ拍子抜けいたしました。

佐藤の本音をそのままに文章にするとすれば「2017年の夏よ、おまえの力
はそんなもんだったのかい?遠慮してたんだとすれば、心の底から寂しいよ」、
ということになります。

7月に猛暑となった時には、「これは北海道もとんでもない暑さ、夏がくるぞ」
と思いましたし、「さすがの佐藤も食欲不振により夏バテするかもしれない」と
かなり警戒したものです。

ところが、8月はそれほど暑くはならず、かと言って夏を楽しもうという毎年恒例
の佐藤の思いはやはり強く、特に美味しく楽しもうとの傾向はいつもの通りであり
まして、元気に食べたり飲んだり、笑顔で食べたり飲んだり、時にうとうとしながら
も食べたり飲んだりを繰り返しました。

一方で、それほど暑くはないと言いながらも暑がり佐藤にとっては暑いものは
暑いわけでして、それを理由に運動は控え目になる、というどうにもこうにも
よろしくない循環になっていたのです。

よって、春の健診に向けて着実に作り上げてきた肉体が、心肺機能が、夏の間
にかなり低下してしまったことは事実かと思われます。

何だろう、これ、う~ん、お腹の辺りがまたぽにゃぽにゃしてきたなぁ…。

などと悠長に考えていられたのは夏の魔法があったからでして、いえ、まだ夏日
もありますので佐藤的には夏ですが、その、何と言いますか、そう、本格的な夏が
過ぎてしまった今、涼しげな風が再び佐藤の目を覚ましたのは間違いありません。

そんなわけで、再び気を引き締め、肉体も引き締めるべく、トレーニングを行い
ながら食事にも気を付けております。

もちろん、お酒についても控え目にしているのです。

しかし、しかしながら、昨夜のサッカー日本代表が6大会連続のワールドカップ
出場を決めた嬉しさは抑えることができず、特に2点目の歓喜と共に自然と2本目
のビールを開けてしまっておりました。

でも、いいんです!

ワールドカップ予選では1度も勝ったことがなかった宿敵オーストラリアを倒し、
初出場から6大会連続の本大会出場はサッカーの母国イングランドの記録に
並ぶ史上2位タイのことですから、こんな時は、いいんです!!

常に張りつめて節制するのではなく、適度に楽しみを織り交ぜながら身体を絞って
いく方が長続きするとも考えておりますので。

そして、夏の終わりは切ないと書いてきましたが、実は、近年の佐藤は「秋も悪く
ないなぁ」とも思っております。

夏より秋が好き、ということではなく、秋すらも受け入れられるようになった、自身
の成長だ、とポジティブに捉えているのです。

そんなわけで、昨夜は大変嬉しいサッカーの話題もありましたし、現状を憂うのでは
なく、今ある状況の中で常に楽しみや希望を見つけつつ、前に進むことが大切なの
ではないでしょうか。

8月が終わっても、秋が近づいても、体重が増えても、なんやかんやと諸々色々あれ
これあっても、楽しく前に進みたいと思います。

皆様ならではの楽しい9月の過ごし方などありましたら、ぜひご連絡ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク