地域医療連携室・医療相談室のblog

もぐもぐタイム。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

少し前の話題になりますが、先月開催されていた平昌オリンピックにて、
カーリング女子日本代表が見事銅メダルを獲得いたしました。

実は、当院の中には、カーリング女子日本代表の選手と面識がある、と
いうスタッフがいるのです。

世界の舞台で大活躍し、有名になった選手と面識があるというのはすごい
なぁと素直に思いますし、オリンピックでのカーリングは佐藤も応援しながら
観戦していましたので、羨ましくもあります。

さて、カーリング女子代表と言えば、競技のみならず様々な部分において
有名になり、今もなおその影響は大きくあるわけですが、特に佐藤が興味
を持っていますのは『もぐもぐタイム』です。

これまでのブログをご覧になっていた方々であれば、容易に予想がついた
ことかと思います(笑)。

あちこちで「もぐもぐタイム」という呼び方が使われておりますが、本来は
ハーフタイムであり、カーリングは非常に競技時間が長いことからその
時間を使って水分や糖分を補給し、作戦会議などを行うというものです。

しかしながら、佐藤自身はもぐもぐタイムという言い方は「なんだかとに
かく美味しそうだし楽しそうでもある」という理由から好きですし、

日本代表チーム以外も含め、「何を食べているかな」と気になりますし、

「佐藤も、もぐもぐタイムを設けたい」、と思います。

まぁ、佐藤で言えば通常のお昼休みがもぐもぐタイムにあたるということ
になるのでしょうし、水分補給は必要としても、お菓子やフルーツなどを
業務中にもぐもぐするわけにもいきません。

ですが、今、佐藤にもしも、もぐもぐタイムがあったとしたら、食べたい
ものはいくつかありますので、ベスト5をご紹介したいと思います。

では早速第5位、『デコポン』。

以前に書いたブログ、『好きなフルーツベスト5』の中でもランクインした
デコポン。佐藤の中でのキングオブ柑橘類の位置は揺るがず、その食べ
ごたえとジューシーな果汁、口中に広がる甘みと後味の爽やかさは、春の
訪れと共に佐藤のテンションを上げ続けます。

続いて第4位、『六花亭のマルセイバターサンド』。

「そだねー」の件でも何かと話題になっておりますが、佐藤はこのお菓子
は昔から大好きです。濃厚なクリーム、絶妙な食感のビスケット、そして
噛みしめる度に広がるレーズンの芳醇な香りと深い味わい。一気に5個は
食べたいとの気持ちになります。

次に第3位、『ロイズのポテトチップチョコレート』。

発売された当時は「えぇ!?」と思ったものですが、今となってはこのような
お菓子もごく当たり前になりました。甘いとしょっぱい、しょっぱいと甘い、
甘味と塩味、塩味と甘味、食べ始めたら止まらない無限のループです。
その手が止まる時、それは袋の中身が空になった時だけなのです。

第2位、『エルドールのショコラドレッセ』。

チョコ感が満載のケーキです。かつて佐藤はこのケーキ屋さんの近郊に住んで
いたことがあります。初めて食した時には感銘を受けました。チョコの濃厚さ、
ビターなチョコの深み、一口目から満足感を得ることができる堂々たる力強さ
を持ちつつも、繊細に語りかけてくるカカオの風味。もうしばらく食していないの
ですが、今はとにかく食べたいです。

そして第1位、『ルタオのドゥーブルフロマージュ』

説明不要の美味しさです。チーズケーキ好きにはたまらなく、そうではない方
でも一度食べたらその美味しさは忘れられないことと思います。チーズの旨味、
甘味、こく、奥深さが渾然一体となり、リッチな味わいが食べた瞬間から広がり
つつもどこか素朴さも感じられ、ふわりとした食感の後に訪れる濃縮された食味
がいつまでも余韻を残す、そんな素晴らしきお菓子と言えます。

ちなみに、ショコラドゥーブルもかなり食べたいです。

と言うことで、ランキングにてご紹介してきましたが、あくまでもこれは佐藤に
「もぐもぐタイム」があったとしたら今何を食べたいか、という順位になります。

本日ご紹介した以外にもまだまだ食べたいものはありますし、単純に美味しさを
競ったのだとしたら、このランキングとはまた違ったものになるかもしれません。

いえ、美味しさだけのランキングはつけられないことと思います。

ご紹介したものの他にも佐藤の大好物のフルーツやお菓子はたくさんあり、また
それぞれの地域やメーカーで数え切れないほどの美味しいものがあるからです。

今回はもぐもぐタイムに限ったものですが、実際のところ、もしもそのような
時間があったとしても、ランキングの中で食べられるのはデコポンやマルセイ
バターサンドが現実的なのかもしれません。

ショコラドレッセをゆったり食べるというわけにもいきませんし、かと言って
手づかみで豪快にいくわけにもいかず、

ドゥーブルフロマージュは容器のままでスプーンを使ってどんどん食べていく
ということはできるかもしれませんが、表面のチーズがぼろぼろと次から次に
こぼれてきそうですし、

そもそも、ドゥーブルフロマージュを丸ごと一つ容器ごと抱えて食べるという
ことは憧れますが、その手が止まらなかった場合には補給すべき栄養を大幅
に超えてしまいますし、

ポテトチップチョコレートは箸を使うなどしなければ、もぐもぐタイム中に慌てて
食べて手がチョコだらけになってしまいそうですし、

なかなか難しいなと思います。

ただ、自分に正直になり、その気持ちを皆様に素直にお伝えしますと、もぐ
もぐタイムかどうかに関係なく、その言葉にかこつけて「今の佐藤が食べたい
ものランキング」になっているというのが本当のところなのです。

本日の帰宅時にすぐ購入できるものもあれば、難しいものもあり、カロリー的
にキビシイというものもあるわけですが、何かしらはこの週末にでも食べたい
なとは考えております。

カーリングの話とはかなりずれてしまいました。

もぐもぐタイムを中心として本日のブログをお伝えしてまいりましたが、佐藤
は今後も選手の皆さんを注目したいと考えておりますし、何よりもアスリート
としてのご活躍を心よりお祈りしております。

お菓子メーカーや生産者の皆様、佐藤がもぐもぐすることでは何のPR効果も
ないかとは思いますが、万が一、提供していただけるお菓子やフルーツがあり
ましたら全力でもぐもぐさせていただき、その美味しさを周囲のスタッフにも
伝えたいと考えておりますので、ぜひご検討ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク