地域医療連携室・医療相談室のblog

ハロウィン2018の結果。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログ、『ハロウィン佐藤的イベントのご案内。~今年も開催
いたします~』でお知らせしましたように、10月31日はささやかな
イベントを開催いたしました。

その結果ですが、

う~む…、

そうですね…、

…まぁまぁ、と言ったところでしょうか。

何名もの方々に声をかけていただきましたが、今年は院内でも忘れて
いたスタッフもいたようでして、

「あっ…!そうだ、今日はハロウィンじゃないですか!トリックオア
トリート!」、とか

「え~と、あれ?もしかして、ハロウィン…?トリックオアトリート」

というように、夕方頃になって思い出したのでというパターンが比較
的多かったように思います。

用意していたお菓子は若干余りましたので、そこまで大盛り上がりと
いうわけではなかったのが、今年の佐藤的ハロウィンイベントの実際
かなと感じているところです。

ちなみに、用意していたお菓子はキットカットのキャラメルプリン味
(ハロウィン限定包装)でして、佐藤を見てあることに気付いた方に
はハイチュウの限定味(4種類の中からいくつか)を追加でプレゼント
しております。

あること、についても答えをお伝えしますと、当日の佐藤のネクタイ
がハロウィン仕様になっていたのです。

この辺りは気付いた方は少なく、夕方頃からは自らヒントを出すなど
したり、医事課のスタッフが他のスタッフに対して「ほら、ほら、何か
気付きませんか?」と言ってくれたりして、やや強引にハイチュウを
プレゼントしておりました。

佐藤は意識的にネクタイを触れてみたり、

不自然に胸を張って歩いてみたり、

休憩中に身体を動かしてネクタイをぶらぶら揺らしてみたり、

いくつかのことを試したのですが、なかなか気付かれないものです。

ネームプレートや、院内用PHSの首からかけているストラップなど
がネクタイを見えにくくしていた可能性もありますので、その辺りも
影響したのかもしれません。

ネクタイのデザイン自体は大変な好評をいただきましたので、年に
1度のみではなく、たまには着用しようかと考えております。

今回嬉しかったのは、当院から系列の施設に異動となったスタッフ
とハロウィンの前の週に会う機会があったのですが、その際に、

『小宇宙(コスモ)を燃やしながらのトリックオアトリート』

を言ってくれたことです。

ブログを異動先で読んでくれているとは思いませんでしたし、しかも
小宇宙(コスモ)を燃やしながらの宣言があるとは驚きでした。

ただ、そのトリックオアトリートは結婚式場でのことでしたし、佐藤は
その後に祝辞を述べるべく緊張感が漂っておりましたので、特段に
おもしろいことを返すことはできなかったのです。

もちろん、ハロウィン当日ではないことから、お菓子もスーツのポケ
ットには入っておりませんでした。

もし、もしも、結婚式に参加する当日がハロウィンであったとしたなら
ばどうだったか。

それは、きっと、ご両家のご親族の皆様や多くのゲストの皆様のこと
も考え、上着とズボン、裏ポケットまで、全てのポケットというポケット
をお菓子で膨らませながらお祝いの言葉を述べさせていただいたこと
と思います。

何も渡すことができなかったスタッフには申し訳なかったな、と思い
ますが、ルール上仕方のないことでもありますので、せめてこれから
もこのブログを通じて『気』を送るなどして元気になってもらえればと
考えているところです。

ちなみに、上記しました『気』もそうですが、こちらのブログの中に
は先ほど書きました『小宇宙(コスモ)を燃やす』や、『気を高める』
などがよく出てきます。

これらは全て、かつて佐藤が読んでいた大好きな漫画の中に出てくる
ものなのです。

何のことやらさっぱりだ、という皆様にとっては伝わりにくい例文と
なってしまい大変申し訳ないのですが、国民的漫画とも言える作品の
中からの言葉でもありますので、気になった方はぜひインターネット
などで調べていただくか佐藤にご質問いただければと思います。

ちなみに、佐藤に会う機会がありましたら、

「最近はどんどん気が高まってますね。スカウターが壊れそうですよ」
と言っていただいたり、

お酒の席などであれば、枝豆を持って、

「よかったら仙豆食べます?」と差し出していただいたり、

佐藤がご挨拶する際には、

「オッス、オラ佐藤」と言うのを受け入れていただいたり、

思うように業務が進まずうなだれている佐藤を見かけた際には、

「あきらめたらそこで試合終了だよ」と優しく励ましの言葉をかけて
いただき、

それを受けて佐藤が、

「サッカーがしたいです……」と言っても、

「え?えっえっ!?それってバスケじゃなくて?」とか、「そのぽちゃ
ぽちゃしたお腹で??」などは言わずに、

「1年の時からずっとだ」と、会話の流れや意味は気にせずに返して
いただいたり、

「いやぁ、これはファンタジーだなぁ」と発する機会がありましたら、
「いやぁ、これはペガサス幻想(ファンタジー)だなぁ」と言っていた
だくなどしましたら、

佐藤は大変嬉しく楽しくなりますし、その後の会話もさらに弾むものと
思われますので、どんなシチュエーションでも、どのセリフでも構いま
せんので、お気軽にお声かけください。

かなり話はそれてしまいましたが、皆様の今年のハロウィンはいかが
でしたでしょうか。

今後のハロウィンがどのように盛り上がるのか、逆に少し静かになって
いくのかはわかりませんが、来年もささやかなイベントは開催していき
たいと考えております。

ハロウィン当日にお声かけいただいた皆様、ありがとうございました。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク