地域医療連携室・医療相談室のblog

シャルキュトリ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

皆様は『シャルキュトリ』という言葉をご存知でしょうか。

シャルキュトリとはフランス語で食肉の加工食品全般を表す言葉であり、
ハム、生ハム、サラミやソーセージ、パテなども含まれるとのこと。

これらの食べ物達は、ほとんどが佐藤の大好物です。

しかし、佐藤はシャルキュトリという言葉を知りませんでした。

一般的にスーパーに売られている生ハムが好きで、

イタリアパルマ産の生ハム、プロシュートが大好きで、

スペイン産の生ハム、ハモン・イベリコも捨てがたく、

あちこちで売られているサラミ(カルパス)は小さな頃からの好物で、

お手軽に食べられるおつまみミニサラミも好きで、

函館カールレイモンのサラミは何より大好きで、

帯広のどろぶた白サラミも素晴らしく、

ソーセージ類とマイユのマスタードとの相性は最高であり、

どれもこれもを日々食べたく、色々な国の様々な生ハムやサラミなどを
食べ歩きながら佐藤的生ハムサラミ大辞典を作成したいなと夢見ている
にもかかわらず、

それらの総称であるシャルキュトリを知らなかったとは、反省です。

たまたまシャルキュトリという言葉を目にした際、佐藤はいくつかの
間違ったイメージしか出てきませんでした。

『シャルキュトリ』
日本古来から伝わる食用の鶏であり、旨味が非常に強い。現在は一部の
地域にて僅かな数しか育てられておらず、希少な食材である。特に焼き
鳥にすることで、独特の弾力と共に溢れ出す肉汁を楽しむことができる。

『シャルキュトリ』
世界的な彫刻家シャルキュトリ氏が作り出した作品のこと。自身最大の
傑作として自らの名前を作品名に冠した。環境保護に熱心であり、作品
の展示等に関して発生した収入は全て自然を守るために寄付している。

『シャルキュトリ』
高給取りの対義語としてサラリーマンの間で使われている用語。シャレ
にならない額の給料、がいつしかシャルと表現されるようになり、自らの
収入が少ないことを嘆く際に使われることが多い。「おれ、シャルキュトリ
だからなぁ…」など。

『シャルキュトリ』
ヨーロッパ最優秀選手に選ばれたこともあるサッカー選手。ポジション
は攻撃的MF。受け手にとって優しく、そして扱いやすいパスを出す上
に、それが決定的なチャンスを生み出すことで有名。「シャルパス」とも
呼ばれ、お洒落なパス全般を表現する場合にも使用する。

『シャルキュトリ』
日本の3ピースバンドのこと。元々はそれぞれ別のバンドとして活動
しており、「エッセンシャル」のボーカル兼ギターと、「サンキュー」の
ベース、「ハットリ」のドラムが集まって結成された。主な代表曲として
「アロマと忍者にありがとう」があり、映画「ハムと生ハムとサラミ」の
主題歌として100万ダウンロードを突破した。

と、いうようなイメージなどが出てきましたが、これは全て佐藤による
妄想であり、誤りです。

シャルキュトリは食肉の加工食品全般の総称であり、どれもこれもあれ
もそれも全部が美味しそうなのです。

そして、シャルキュトリ協会があるということも知りまして、個人でも会員
になることができるそうですので、佐藤は本気で惹かれております。

ちなみに、食肉加工を行う職人さんのこと、シャルキュトリを作る人の
ことは「シャルキュティエ」と呼ぶそうです。

パティシエやショコラティエは知っていましたが、シャルキュティエは
初めて知りました。

佐藤もシャルキュティエになりたい、いえ、ぜひ、ぜひともシャルキュ
ティエの方と仲良くなりたいと強く願っております。

日頃色々な情報に触れているつもりでも、まだまだ知らないことがある
ものだと痛感いたしました。

生ハムやサラミを愛する佐藤としましては、今後はシャルキュトリという
言葉を積極的に使用したいと思いますし、シャルキュトリ協会の情報を
常にチェックしたり、シャルキュティエが小学生のなりたい職業ランキング
の上位に入るよう、微力ながらがんばっていきたいと思います。

ブログをご覧の皆様の中で、シャルキュトリが大好きだという方、素晴ら
しいシャルキュティエを知っているという方、自身がシャルキュティエで
あり佐藤に好きなだけ料理を食べてほしいと思っている、という心優しい
方などがおりましたら、いつでもお気軽にご一報ください。

それでは。

カテゴリー: 日常   パーマリンク