地域医療連携室・医療相談室のblog

Kの目撃情報。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日は久々にカメムシこと、Kの話題をお送りします。

これまでのブログでも多々ご紹介しておりますので、気になる方はぜひとも
検索ボックスにKと入れた上で出てくる記事をご覧ください。

さて、先日のこと、当院リハビリテーション科の課長からある情報が佐藤の
もとに届きました。

それは、「院内でKを見た」という何とも衝撃的な情報だったのです。

基本的に、Kの季節は秋であると佐藤は認識しておりますが、確かにこれ
までには春にKを見かけたこともあります。

ちなみに、佐藤的にはそれぞれ春K、秋Kと呼んでおり、佐藤がこよなく
愛する北海しまえびに春えびと秋えびがあることから、少しでもKに歩み
寄ろうとの思いでそう呼ぶことにしたのです。

今回リハビリ課長が目撃したKは、春Kであったのかもしれませんが、今は
まだ3月ですので、あまりに早い段階での登場ということになります。

これまでのブログでは、季節外れのKや、これまでにはなかった場所での
Kとの出会いについてもご紹介しており、それらがフィーバーにつながって
大量に登場したらどうしようと書いてきました。

この、3月時点でのKの登場は何を意味するのでしょうか。

良いことが起こる前ぶれか、それとも良からぬことへの予兆なのか、何と
いうことのないたまたまなのか、佐藤にはわかりません。

しかし、せっかくならば良いことが起こるのだと信じながら過ごしたいと
考えております。

例えば、

北海道コンサドーレ札幌がJ1リーグで優勝争いをするとか、

春の後はすぐに夏がきてそれがずっと続き、冬がなくそのまま春になるとか、

佐藤の体の脂肪燃焼が加速し、気付いたらスリムになっていたとか、

当院周辺で一切虫が発生しなかったとか、

ブログがきっかけで再びテレビ出演につながるとか、

そこから気付けば芸能界デビューしていたとか、

情熱大陸に出演するとか、

プロフェッショナルにも出演するとか、

などなどです。

ほとんどが佐藤の個人的な希望であり、後半はもはや妄想であり、芸能界
デビューしたいのかと問われればそれほどでもないわけですが、情熱大陸
やプロフェッショナルへの憧れはあり、番組オープニングやエンディングで
流れる曲が大好きなのは間違いありません。

何にせよ、早い段階での春Kの登場をポジティブに捉えながら本格的な春
の訪れを待ちたいと思います。

ところで、今回Kを目撃した課長は以前のブログにも登場したことがあり
まして、その際は、もみあげにKがついていたかと思いきや、それはてん
とう虫であった、という課長です。(『初雪』

通常であれば早くもKを見たということになれば、Kを苦手とする佐藤と
しましては見間違えであってほしいと切実に願うのですが、今回は良い
ことの前兆に期待しておりますので、ぜひKであってくれと祈っております。

しかしながら、やはりフィーバーしてしまうのは困りますし、佐藤のもとへの
訪問、尾行、足元での待ち構え、そっと密着する、佐藤の自家用車への同乗、
などなどはご遠慮いただきたいものです。

幸いにして、春Kの目撃場所は佐藤のデスクとはかなり離れていることから
それほど心配はしていないものの、その付近を歩く際には十分に周囲に気を
付けながら通過したいと思います。

今回登場したリハビリ科の課長は、地域での講演会や体操教室などで講師を
務めることがありますので、今後見かけた際には、もみあげにてんとう虫が
ついていた時の気持ちや春K発見時の心境について触れてみてください。

皆様の中でもすでにKを見たという方がいらっしゃいましたら、ぜひとも佐藤
までご一報いただきたいですし、万が一佐藤の周囲で発見した際には、そっと
コードKを発令していただけますと幸いです。

それでは。

 

カテゴリー: 日常 |

第11回イムスカフェのお知らせ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日はイムスカフェについてご案内いたします。

イムスカフェは地域の皆様に少しでも当院を身近に感じていただき、
気軽にご来院いただきたい、当院の様々な職種のスタッフが持つ専門
知識を地域の皆様にお伝えできれば、との思いから地域医療連携室が
中心となって企画・運営しているイベントです。

今回は3月23日、金曜日、会場は当院内の第1会議室にて、時間は
午後2時15分~3時15分で開催いたします。

講演は放射線技師が担当し、題目は『画像診断で分かる認知症』です。

当日はこれまでと同様、手稲区内にあります『自家焙煎工房 珈豆』様
に依頼し作っていただいた、イムスオリジナルブレンドのコーヒーと共に、
簡単なお菓子を提供させていただきます。

イムスカフェへの参加は無料ですし、当院までのアクセスは地下鉄東西線
の宮の沢駅、JR手稲駅、JR星置駅を経由する無料送迎バスも運行して
おりますので、ぜひご活用ください。

また、お車でご来院された際にも、当院駐車場の利用は終日無料です。

ここ最近のイムスカフェでは、当院近隣の皆様のみならず、様々な地域から
参加してくださる方が増えつつあります。

春に向かい徐々に気温も上がりつつありますが、ぜひ当日は温かいコーヒー
を飲みながら講演を聞いていただき、楽しく、美味しく、皆様の健康の維持や
増進のお役に立てますと幸いです。

詳細につきましては、以下のポスターをご覧いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

イムスカフェ3月ブログ

カテゴリー: お知らせ |

新年度に向けての、う~む。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

新年度が近づいてきております。

現在の佐藤は、新年度に向けた準備や、検討や、その他色々なことを考えたり、
実行したりを繰り返している毎日です。

医事課では、長く勤務したスタッフが家庭の事情等もあり、退職いたしました。

一方で、新メンバーの入職が決まっており、その中には新卒採用のフレッシュな
スタッフもおります。

そして、出産を控えてお休みに入るスタッフもいれば、育休を終えて復帰して
くるスタッフもいるのです。

もしかすると、現在のメンバーの中で昇格するスタッフもいるかもしれません。

新年度からの新たなメンバーで、どう業務を分担していくか、う~む…。

指導体制をどのようにするか、誰を教育係に任命しようか、う~む…。

院内の委員会の担当分けはどうしようか、部署内のミーティングやセクション
ごとのミーティングはどのようにしようか、医事課内のレイアウト変更もしたい
ところだし、う~むう~む…。

今年は診療報酬改定があります。医療と介護の同時改定という重要な年です。

当院としても、新たに届け出を行ったり、体制を整えていかなければなりません。

医事課としての経験が浅い佐藤にとっては、まだまだわからないこともたくさん
あるのです。う~む…。

私佐藤は連携機関の皆様と様々な会議などを行ったり、それらの事務担当者や
事務局や幹事を務めさせていただいております。

今年は全国学会を開催したり、診療報酬改定に関する講演等を行う予定であり、
さらには会議をより発展させ、これまで以上にスムーズな連携体制を構築して
いきたいと考えているのです。

検討することは多く、また大変重要な活動です。う~む…。

当院は地元のまちづくりの組織である稲穂金山活性化推進委員会の一員であり、
佐藤はそのメンバーでもあります。

地域をどう良くしていくか、当院にできることは何か、様々な地域でのイベント
へのご協力、などなど、地域の一員として活動し、新年度に向けて検討していく
ことはたくさんあるのです。う~む…。

関係機関との連携体制を構築し、より強固なものとしていくのは非常に重要であり、
その活動の中核を担うのは地域医療連携室です。

実は、地域医療連携室のメンバーも、家庭の事情等がありまして、長く勤務して
いたスタッフが退職となってしまいました。

こちらは、本日現在で欠員補充のための職員募集は継続中であり、今後どのよう
にして日々の業務をしっかり行っていくか、さらに推進していくかが課題なのです。

う~む……。

佐藤自身の業務をより効率化し、委譲していくためにはどうするか、う~む…。

佐藤自身がもっともっとスキルアップするにはどうするか、う~む…。

佐藤自身の体をどのようにしてスリムにしていくか、う~~~む……。

ということで、たくさんの「う~む」が頭の中に浮かんでは消え、時には言葉に
出てしまいながらの日々ではあります。

あまりにう~むが多いものですから、「う~む佐藤」、または「佐藤う~む」を
名乗ったり、ミドルネームとして名字と名前の間に「う~む」を入れてもよいの
ではと考えてしまうほどです。

そんな佐藤、いえ、う~む佐藤ではありますが、決して後ろ向きになっている
わけではありません。

大変なことは多々ありながらも、協力してくれる心強いスタッフが医事課・地域
医療連携室にはおりますし、連携機関の皆様、地域の皆様からのお力添えも
いただけるのです。

新年度に向けてしっかりとした準備を行い、地域の皆様や連携機関の皆様
から必要とされる病院を目指してまいります。

もちろん、私自身も、皆様から多少なりとも必要と言っていただけるように、
う~むを繰り返しつつ新年度をよい形で迎えたいですし、ブログにおいても
新しい取り組みにチャレンジしたいと考えているところです。

皆様がご来院された際に、う~む感を全面的に出している佐藤を見かましたら、
佐藤を一時的に解放し、頭と心を軽くするという意味でも、お気軽にお声かけ
いただければと思います。

いえ、ぜひともお声かけください。

いや、お声かけいただけることを心より、心よりお待ちしております。

それでは。

カテゴリー: 地域医療連携室 |

忘れ去られたダイエット。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

ダイエットについての記事を書くのは久し振りのことになります。

なぜ、久し振りになってしまったのか。

それは…、

佐藤がダイエットをしていなかったからです!

そうです、そうなんです!

ダイエットが着々と進んでいたわけではなく、

やせたり太ったりを繰り返しながらもしっかり実行していたわけでもなく、

皆様をあっと驚かせるような結果をいつ言うかいつ言うかとタイミングを
見極めていたわけでもなく、

シンプルにダイエットをしていなかったのです!

全くもってダイエットを進めていない自分に対して、後ろめたい気持ちが
ありましたが、まずはここで堂々と皆様に宣言したことにより、幾分では
あるものの、気持ちは軽くなりました。

一方、体は重くなっております。

なぜ、ダイエットをできずにいたかの理由はここでは書きませんが、一つ
言えることは、

「食べること飲むことが好き、というより趣味、というか生きがいとすら言える
べき者にとって、食事の制限をしつつ、さらに体調を維持しながら運動をする
というのは非常に大変であり、体重が増えていくストレスとそのリスクVS体重
を減らすためのストレスとそこから発生するリスクの戦いは一進一退の攻防
+永遠のライバルである」ということです。

これまでの佐藤のダイエットチャレンジを振り返った時、大きく成功した時も
あればプチ成功な時もあり、残念ながら失敗に終わった挑戦もあれば引き
分けであろうと思えることもありました。

まさに、トータルの戦績はイーブンと言ったところなのです。

現在のチャレンジは、本来であれば、より健康に、よりスリム佐藤になるべく、
もう一段ステップアップするためのものでありました。

ところが、色々なことがある中でやがてその気持ちは薄くなり、お腹周辺の
脂肪は厚くなり、そのうちに「あれこれ我慢しても体に悪いしなぁ。無理に体
を酷使しても体調崩すしなぁ」という思いになっていったのです。

今の佐藤は、よりしっかりとした計画を立て、無理をせず、楽しい気持ちで
ダイエットに励まねばいけないのではないか、と素直に思っております。

あれもこれもと我慢をするのは良いことではありません。

しかし、あれやこれやと好き放題に食べ飲みするのも良くありません。

運動をし過ぎるのは過度な疲労につながります。

しかしながら、運動不足は体の衰えにもつながります。

最近の佐藤は、フィジカル面での低下を感じとっているのです。

プロのアスリートで例えるならば、オフシーズンが終わり、キャンプインした
ばかりの頃、というところかと思います。

気持ちとしてはこの後から自分を追い込んでフィジカルコンディションを
上げていきたいのですが、今の佐藤の立ち位置はプロの病院スタッフでは
あるものの、プロのアスリートではありません。

様々な制限や疲労から本来の業務に支障が出る、などは当然のことながら
あってはいけないのです。

ダイエットのために体調を崩しては本末転倒ですし。

ダイエットの影響で病院スタッフが風邪を引きやすい状況にあるというのは
かなりの問題ですし。

実は、ダイエットはしていないのに、今の佐藤はすでに風邪気味ですし。

そうなりますと、やはり今すぐに運動をどんどん行うのはリスキーであり、
栄養をしっかりと摂取することは大切であり、ゆっくり休むことは必要で
あり…、ということで、ぽっちゃり体型がいとも簡単に完成します。

このままではいけませんので、やはり知恵を絞り、メンタルコンディション
も整え、楽しく、無理なく、ダイエットを継続することが必要なのです。

ではどうするか、という点につきましては、現在の風邪気味を治している
間に、じっくり考えたいと思います。

これまでの挑戦における良い部分はもちろん取り入れつつ、NEW佐藤式
のダイエットも構築していく予定です。

まずは、ランニングシューズを新調したいと考えておりますので、もしも
ブログをご覧の皆様の中でお得なセール情報などを把握している方が
いらっしゃいましたら、ぜひとも佐藤までご一報いただければと思います。

また、シューズメーカーの皆様で、佐藤のダイエットを足元からサポート
したいという心優しい方がいらっしゃいましたら、新製品のテスト、既存
の靴のPR、どのような内容であってもご協力する所存ですので、いつ
でもお気軽にご連絡ください。

ダイエットの春、に向けた検討の3月、にするべくがんばります。

それでは。

カテゴリー: 日常 |

レントゲン検査の受付前。~ひなまつりバージョン~

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

久々にレントゲン検査の受付前をご紹介いたします。

現在はひなまつりバージョンです。

ひなまつり2018の1 ひなまつり2018の2

ひなまつり2018の3 ひなまつり2018の4

実はひなまつりバージョンになる前にも、検査科スタッフの手作りによる
色々な飾り付けが行われていたのですが、なかなかタイミングが合わず、
ご紹介できずにおりました…。

明日はひなまつりということで、このタイミングを逃すわけにはいきます
まい、と思い、本日のご紹介につながっております。

ひなまつり、と言いましても、佐藤的に特別な何かをするわけではない
ものの、「まつり」がついている日であるからには、何らかのお祭り感を
出したいところでもあるのです。

しかし、考えてみましても、やはり浮かんでくるのはいつもの佐藤的思考
によるものばかりで、食に関することだらけになってしまいます。

他にはないものかなぁ、と考えてみましたら、あることが思い出されました。

それは、昨年のひなまつりに、あるスーパーに行った時のことです。

野菜売り場のところで、誰しもがよく知るひなまつりの歌が流れていました。

「あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪」のあの有名な歌です。

ひなまつりだなぁ、と思いつつ歩いていたのですが、その後に魚売り場の
ところにいきますと、また別の音響機材から同じ歌が流れておりました。

さらに、肉売り場に行きますとまた別の機材から同じ歌が別のタイミング
で流れているのです。

その後、お惣菜コーナーやドリンクコーナーや、もちろんひなまつりの
特設コーナーでもまた同様で、あちこちで、タイミングは微妙にずれて
歌が流れていたのでした。

よって、佐藤が店内をあちこち歩いていると、

「あかりをつけましょ ぼんぼりに~」

「ぼんぼりに~」

「あかりをつけましょ」

「つけましょ ぼんぼりに~」

「あかりを」

「をつけましょ」

「ぼりに~」

「あかり」

「ぼんぼりに~」

という具合でして、佐藤的には、「これはひなまつりの歌祭りだな…」と
思ったのです。

まぁ、この記憶がお祭り感を出すことにつながったかと言えばそうでも
ないのだとは思いますが、食べ物に関する連想などのみで終わることの
ないよう、綴ってみました。

ところで、「ぼんぼり」は漢字だと「雪洞」と書くそうです。

何か、雪という文字があると急に親近感が出てくるような気がします。

そんな雪の季節もあと僅かながら、昨日、そして今日は大荒れの天候です。

ぜひ、皆様には安全面に十分注意していただき、そして明日のひなまつり
本番は穏やかな天候になることを願っております。

本日はレントゲン検査の受付前のご紹介でしたが、いつものブログのような
記事になってしまいました。

なお、写真のすぐ横にある掲示板では、様々なお知らせや当院のパンフレット、
無料送迎バスの時刻表、広報誌なども設置しておりますので、どうぞご自由に
お持ちください。

全ての女の子達の健やかな成長を願いつつ、本日のブログを締めたいと思います。

皆様、良いひなまつりをお過ごしください。

それでは。

カテゴリー: 病院と周辺の紹介 |

健康づくり事業2018のご報告。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日のブログでお伝えしました『健康づくり事業』が、先週の土曜日に
開催されました。

大変な盛況のうちに無事終了しております。

健康づくり事業2018の1 健康づくり事業2018の3

健康づくり事業2018の2 健康づくり事業2018の5

健康づくり事業2018の4 健康づくり事業2018の6

当日はリハビリスタッフ、看護師、地域医療連携室を始めとする事務系
スタッフが参加し、体力測定と骨密度測定、そして今年から新たに健康
体操のコーナーも担当いたしました。

開会式では私佐藤より簡単なご挨拶をさせていただきましたが、参加
された地域の皆様は真剣に聞いてくださり、その後にお話をした際には、
「今後ぜひ受診したい」等の大変ありがたい声を多数頂戴しております。

当院は主催者である「稲穂金山活性化推進委員会」の一員でもあります
が、委員会の皆様からは「イムスさんの多大なご協力があって開催でき
ています」とこちらも本当にありがたいお言葉をいただき、地域住民の
皆様のお役に立てていることを実感いたしました。

会場では、私やリハビリスタッフ、地域医療連携室のスタッフにお声かけ
してくださる方々も非常に多く、地域の一員として迎え入れていただいて
いることや、身近な医療機関と認識してくださっていることが感じられ、
とても嬉しかったです。

当院ではこれからも地域貢献活動に積極的にご協力させていただくと共に、
稲穂金山活性化推進委員会としての役割もこれまで以上にしっかり果たして
いきたいと考えております。

また、診療面における地域の皆様からのご期待もひしひしと感じましたので、
院内一丸となって質の高い医療をご提供できるよう、努めてまいります。

健康に不安がある際や、リハビリ目的でのご入院など、当院でお力になれる
ことがあればいつでもお気軽にご来院、ご連絡ください。

イベントへのご協力など、ご意見やご要望等ありましたらいつでもご連絡を
いただければと思います。

健康づくり事業にご参加された皆様、ありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室 |

レードルとは。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

先日、院内の給食委員会に出席する機会があったのですが、その際に
資料の中で『レードル』という単語を目にしました。

「はて、レードル…??」と、佐藤にとっては何のことやらさっぱりわかりま
せんで、会議の中で「レードルの拭き取り検査も適正でした」という内容の
報告がされた際にも、真面目な顔でうんうんなるほど、というようなアク
ションはしていたものの、頭の中では「何のことじゃあこれは…」と色々な
想像をしていたのです。

会議後、栄養科のスタッフに聞いてみたところ、何ということのない答えで、
簡単に言えば『おたま』であるということを知りました。

厳密に言えば、レードルの方がおたまよりも種類が豊富であったりと多少
の違いはあるようなのですが、レードルと言えばおたま、ということで全く
問題はないようです。

恥ずかしながら、佐藤のこれまでの歴史の中において、レードルという単語
を口にしたことは一度もありませんでした。

それに、レードルと聞きますと、佐藤的にはもっと別の色々なものをイメージ
してしまいます。

いくつか頭に浮かんできたものを書いてみますと、

レードル=南米原産の非常に甘いフルーツのこと。微かな酸味があり、水分
は少ない。レードルを使用した食材としてはレードルバターが有名。原産地
ではジャムに加工しパンに挟んだレードルサンドが日常的に食べられている。

レードル=気象予報士で結成された女性アイドルグループ。気象レーダー
や雨雲レーダーの「レー」とアイドルの「ドル」を取ったもの。天気予報を
読みながら歌い、踊る姿が話題となり、デビュー曲の「外れてごめんね…」
は80万枚のセールスを記録した。

レードル=「冷を取る(涼を取る)」からきた環境に配慮した運動のこと。
レードル運動など。暑い季節には健康面に配慮しつつもエアコンの使用を
極力控え、冷えた食材を摂取する、日陰や自然風を活用するなどして地球
環境に優しい生活を目指すというもの。

レードル=0(れい)を取る、桁が一つ違ってくるという意味で使われる
若者言葉のこと。ランクダウンの意味合いで使われる。「このままの成績
じゃ志望校はレードルだ」など。昨年の流行語大賞にもノミネートされた。

レードル=1970年代に活躍したプロサッカー選手。サイドアタッカー
として各国のプロリーグにて名門チームを渡り歩いた。W杯にもオランダ
代表として3度出場。長身ながら独特の細やかなステップとフェイントを
得意とし、レードルターンと呼ばれた。

レードル=フランス料理における料理法の一つ。煮詰めたフォンドヴォー
にブイヨンを合わせたものを蒸気にし、主に野菜や白身魚など淡白な味の
食材に対して繊細な下味をつけるという技法。シンプルな料理においても
より奥行きのある味わいを演出できるとされる。

などなど、ジャンルの違う様々なものがイメージとして出てきました。

ちなみに、当然ながら、これらは全て佐藤の個人的な想像とイメージです
ので、実在のものとは全く関係がありませんし、何の根拠もありません。

もう少し考えると、もっともっと色々なレードルが出てきそうなのですが、
このあたりでやめておきたいと思います。

おたまをレードルと呼んで良いことを知ったからには、「なんだか、かっこ
いいな」という思いもありますので、積極的に使用していく方針です。

まぁ、料理をする機会がほぼありませんので、使用する場面はあまりない
かと思うのですが…。

皆様とお会いした際などに、万が一おたまについての話題が出た際には、
張り切って、「ワカメの味噌汁をよそう時って、気を付けないとレードルの
ふちにぴろーんってワカメが付いちゃって、お椀の外側に味噌汁がたれて
しまいますよね」、などと使いたいと考えております。

皆様の中にもレードルという言葉から思い浮かぶ、おもしろおかしい愉快な
イメージなどがありましたら、ぜひお聞かせください。

それでは。

カテゴリー: 日常 |

下書きに残っている色々。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

本日のタイトルをご覧いただけましたでしょうか。

『下書きに残っている色々』、となっております。

下書きとは、こちらのブログを更新するためのシステム内にある機能の
ことで、皆さんもすぐに想像がつくであろうあの下書き、そのものです。

ただ、実際にはかっちりと下書きをした上でブログをアップしているわけ
ではありませんので、佐藤的にはほぼメモのような使い方をしております。

思いついたことをさっと打ち込んで保存しておいたり、アイディアは浮か
んだものの季節的に合わないため下書きに残しておいて、掲載すべき
時がきたらアップする、などで活用しているのです。

ところが、なかなか文章が完成しなかったり、思いついたアイディアを
それ以上に広げることができず、いつまでも下書きのままであるという
ものも存在します。

中には、ただタイトルがあるだけで、中身は空、というものもあるのです。

たまに整理を行い、書き上げることのできそうにないものなどは削除する
こともあるのですが、それでもいくつかは残ったままになり、しかしながら
なかなか表舞台に出てこない下書きもあります。

そこで、本日は今現在で下書きの中に残っているタイトルをご紹介すること
にいたしました。

では、早速ご紹介します。

①『手袋をはく』

手袋をはくと言うのは北海道だけかと思いきや、そうではないことがわかり、
その辺りを色々と書いてみたいと考えているのですが、詳細は調べておらず、
書けずにいるものです。

②『体育の日』

完全に時期が過ぎました。また今年の体育の日か、体育という響きが懐かしく
なった時に書きたいと思います。

③『かき氷とフラッペ2』

こちらも季節外れです。以前に書いたブログの追加、ということで考えており
ますが、どうでしょうか。

④『おけまるとちんまい』

若者の言葉についてご紹介しようと考えたのですが、タイトルのみで中身を
書くに至らず、そのうちに今はもう使われなくなっているのではという心配も
出てきたことから、下書きに入ったままになっております。

⑤『おっちょこちょいの語源』

そのままに語源を調べようと思い、さらには「すっとこどっこい」なども気に
なっていたのですが、そこまで広げられそうになく、他の気になる言葉と共
にご紹介するべきかどうか迷っております。

⑥『大運動会』

季節が過ぎたシリーズです…。グループ内における運動会についてご紹介したい
と考えたのですが、昨年は書くことができませんでした。

⑦『こち亀40周年200巻でラスト』

小さな頃から読んでいた漫画である、こちら葛飾区亀有公園前派出所が最終回
を迎え、色々な思いを綴ろうと考えたのですが、想ひ出は浮かんでくるものの
全てを書くわけにもいかず、結局文章にならぬままになっているものです。

⑧『ピザとピッツァ』

違いは何なのか、について書こうと考えたものの、それ以上の膨らみが思い
つかず、油断するといつもの単なる食いしん坊ブログになってしまいそうで
あり、結局は構想のみで今に至っております。

⑨『美術館と植物園と博物館』

以前に動物園と水族館について書いたことがありましたので、その続き物を
と考えたのですが、うまくまとまらずにそのままになっているタイトルだけの
下書きです。

⑩『あえてローマ字表記にて』

佐藤的にも、もはや??でして、何を書こうとしていたのだこの時の自分は、
と思うタイトルです。

⑪『概念が変わる〇〇』

何とも壮大なタイトルになっております。やはり今となっては何を書こうと
していたのかが自分でも不明です。

ということで、現在、下書きの中には11個のタイトルが存在しておりました。

こうして見返してみると、「こうすればきっと書けるだろうな」と思えるタイトル
もあれば、このまま書けずに下書きとして眠り続けてしまいそうなものもあり、
色々です。

今後、本日ご紹介したタイトルや内容がブログに登場するかどうかはわかり
ませんが、更新に困った時などは再び見返し、活用したいと考えております。

佐藤的にぜひ書きたいと思っているものもあるのですが、ブログをご覧の皆様
の中でこのタイトルで書いてほしいというリクエストがありましたら、お気軽に
ご一報ください。

また、今回ご紹介した下書きシリーズに関わらず、ご要望やヒントなどをいた
だけましたら、それらをもとに想像を膨らませ、ブログを書かせていただきたい
と考えております。

もちろん、おもしろおかしい内容ばかりではなく、地域のご紹介や連携機関の
皆様からの情報提供、当院の取り組みや院内のことに関しましてもお受けします
ので、いつでもご連絡ください。

まさか下書きに関することで一つのブログが完成するとは思いませんでした。

下書きにスポットを当てる日が来るのであれば、これまで整理のために削除して
しまった下書きも残しておけばよかった、と感じております。

今後はどのようなことでも、たとえこれまで以上にしょうもない内容であろうとも、
下書きはそのままにしておこうと考えている本日の佐藤です。

皆様のパソコン内や携帯など、色々なところにある下書きについても、楽しい
ものがありましたら、ぜひその内容をお聞かせください。

それでは。

カテゴリー: 日常 |

明日は試験本番です。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

これまでに何度かブログ内でもご紹介してきましたグループ内における認定
試験ですが、明日が本番となりました。

今回、医事課・地域医療連携室からは上級への挑戦が9名、中級に挑むのが
1名、初級は1名、計11名のスタッフが試験を受けます。

上級試験はかなりの難問がたくさん出ますし、中級試験も決して油断のでき
ない内容であり、初級試験は確実に合格してもらいたいことから、佐藤的には、
毎年のことながら自分が受験していた時よりも緊張するのです。

各自が日々勉強を重ね、合格者からのアドバイスや協力もありましたので、
それぞれのカテゴリーにおける準備が整ったものと信じております。

あとは明日に向け体調を整えたり、最後の確認をしたり、ラストスパートで
知識の上積みをしながら、本番までをリラックスして過ごしてもらいたいと
思うのですが、どうでしょうか。

なかなか自分自身の時とは違って、それぞれに調整の仕方もあるでしょうし、
この辺りは難しいところです。

例年、試験に向けたアドバイスと共に、より合格への気持ちが上昇するよう、
いくらかはプレッシャーもかけつつあったのですが、今年については比較的
静かに見守る姿勢でここまできております。

恒例の合格祈願のお菓子もスタッフ全員に渡しましたし、他に佐藤ができる
ことと言えば、自信を持って本番に挑めるよう声をかけることくらいです。

ぜひ、存分に力を発揮して合格してもらいたいと願っております。

明日の会場は西区八軒にあります、イムス札幌消化器中央総合病院です。

ブログをご覧の皆様には、ぜひともイムス札幌消化器中央総合病院へパワー
を送っていただければと思います。

また、受験するスタッフ達に、少しの運が味方するよう願っていただけますと
大変幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域医療連携室 |

健康づくり事業のお知らせ。

こんにちは。地域医療連携室の佐藤です。

2月24日(土)、午前10時より午後12時20分まで、北海道手稲養護学校様
の体育館にて、『稲穂金山健康づくり事業』が開催されます。

当院は主催である「稲穂金山活性化推進委員会」の一員であり、運営も含め
ご協力させていただたくのは今回が5回目です。

これまでと同様に、理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフ、看護師、
地域医療連携室や事務系のスタッフが参加し、各コーナーを担当いたします。

リハビリスタッフが担当する体力測定のコーナーでは、6項目の測定を基に
グラフを作成してお渡ししますので、ご自身の歩行能力やバランス機能、反射
神経や握力など、現在の身体の状況を知るのにご活用ください。

また、骨密度測定では、骨の密度が実年齢と比べた場合にどのような状態
にあるのかをチェックした上で、看護師より簡単なアドバイスをお伝えします
ので、ぜひ体験していただければと思います。

体力測定と骨密度測定に加え、今回当院が初めて担当させていただくのは、
健康体操エリアでの手ぬぐいを使用したストレッチとロコモ予防体操です。

当院の理学療法士と作業療法士が担当し、自宅でもできる体操などを実際に
体を動かしながらお伝えいたします。

当院が担当するコーナーの他にも、健康情報コーナーや、脳の活性化につな
がる体操のコーナーなどがあり、参加された方には手ぬぐいとお菓子をプレ
ゼントいたしますので、ぜひお気軽にご参加ください。

なお、健康づくり事業への参加は全て無料であり、事前の申し込みは不要です。

また、駐車場もご用意しております。

内容の詳細等につきましては、こちらのポスターをご覧ください。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

健康づくり事業2018ブログ

カテゴリー: お知らせ |