リハビリ伝言板

春といえば・・・

皆さん初めまして、理学療法士(PT)上田です。
段々と暖かくなってきて「春になってきたなー」なんてしみじみ感じています。
私の中で春といえばやっぱり・・・・・・・・・・春野菜です
桜も捨てがたいですが、食いしん坊の私にとって食材はとても重要なんですよね

ここで料理があまり得意ではないこの私が、作ってでも食べたい春野菜を使った料理を1つご紹介したいと思います。

今回ご紹介する料理は『野菜たっぷり餃子』です
使用する春野菜はニラ・キャベツそして玉ねぎです。この玉ねぎが加わることによって他の食材をいかし、さらに甘みを強く感じることができるんです
詳しい作り方は普通の餃子と変わらないため省略させていただきます(笑)
本当においしいので興味がある方は試してみてください

以上上田のおすすめ春野菜レシピのコーナーでした
次は理学療法士(PT)片山です。

カテゴリー: 未分類 |

4月ですね。

初めまして、OTの大島です。
4月といえば新学期や新入社等とにかく新しい環境が訪れがちな季節ですね。勝手の違う慣れない環境に身を置いているうちに、自然とストレスを溜めてしまうケースもあると思います。
そんなストレス対策において去年入職した際に私が実際にやってみたことを簡単ですが書かせて頂こうと思います。
私自身緊張しやすい性格であり入職から2ヶ月頃会議に出させていただくと誰も聞き取れないような早口で資料を読み上げることが多々ありました。そんな時、簡単ではありますが「ちょっと深呼吸してみたら?」と先輩に教えて頂いた覚えがあります。
深呼吸は、自律神経の一つである副交感神経の働きを促すため精神安定のみではなく、血圧上昇抑制、脳の活性化、冷え性改善などの効果があるそうです。現在も早口で資料を呼んでしまうこと等がありますが、自分で緊張していることを意識するだけで少しだけ気持ちが楽になったと思います。楽しいことも多い4月ですが緊張疲れをしやすい4月、ちょっと思い出して頂けたら幸いです。
次はPT上田です。よろしくお願いします。

カテゴリー: 未分類 |

新生活が始まりましたね。

はじめまして。言語聴覚士(ST)の山田と申します。
遂に昨年入職組にも当ブログの筆を執る機会がやってきたようです。先陣を切って参ります。
どうぞよろしくお願いします。
さてさて、季節は春ですね。ご入学、ご進級、ご就職、そしてお誕生日の方々おめでとうございます。
4月はおめでたいことがたくさんですね。まるで咲き誇る桜のようです…と申し上げたいところですが、我が北海道の桜の開花予想は4月末とのことです。早く桜が咲くと良いですね。
さて、新しい生活が始まる4月はわくわくする反面、いろいろと不安も感じますよね。
わたくしも今月から2年目ですが、1年目のときはドキドキしながら仕事をしたものです。
しかも、当院のリハビリスタッフは赤と青のユニフォーム…。社会人1年生の目にはさながら赤鬼と青鬼のように映ったものです。
というのは冗談で、懇切丁寧にご指導頂き今日まで働いております。
せっかくの新しい環境、皆様も新しい仲間に声をかけてみてはいかがでしょうか。
皆様の新生活が良いものになりますように。
それではそろそろ失礼いたします。
次は作業療法士(OT)の大島さんです。

カテゴリー: 未分類 |

第5回慢性期リハビリテーション学会を終えて

皆さまこんにちは。

理学療法士の明比と大門です。

新年が明けて早くも3ヵ月が過ぎようとしています。

北海道はようやく冬が終わろうというところですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

北海道の冬は寒さと雪の多さでどうしても外に出る頻度が少なくなり体力の低下に繋がりがちですが皆さまは大丈夫でしょうか?

北海道と比較し本州は本当に暖かかったです。なぜ私たちが本州の気候の話など出来るかと言いますと、平成30年2月26・27日に横浜で行われた慢性期リハビリテーション学会に参加し発表を終えてきたからです。

今回の学会では非常に勉強になることが多かったので、学会で得た知識を院内の患者様や当院の利用者様に還元できればと思います。

最後に明比と大門の記念写真をのせておきます(笑)。

次はST山田さんです。

学会

カテゴリー: 未分類 |

芦別見学

こんにちは作業療法士の向田です。
私は先日芦別の特別養護老人ホームに見学に行ってきました。芦別は今年は雪がとても多かったようで道路は乾いていましたが、路肩の雪はまだまだ高く積もっていました。今回行った内容としてはリハビリの講師が訪問してケアワーカーさんが困っている利用者さまの介助を実践しどのように行ったら楽に介助できるのか、利用者さまが楽に動けるのかを検討する場を見学してきました。そこで感じたことは衝撃と感動でした。普段見ている介護は素早くぱっぱと介護するイメージでしたが、そこではひとつひとつの掛け声を大切にし、利用者さまの動き出すタイミングをはかり、少しの表情の変化もみながら本人の動きだしを大切にしたとても丁寧な介助方法でした。文章だけでは当たり前のように思われますが、これがとっても難しいことだと思います。これをどのケアワーカーさんも実践していく姿勢と少しでも利用者さまの動き出しを出すにはという考え方に本当に刺激を受けました。寝たきりの状態でもそういった関わり方をしていれば、立ち上がろうと努力してみたり、支えがない状態でも1人で座れたり、目を開いて首を動かし周りを見ようとしていたり、何度も丁寧な関わり方をすることで変化が見られて本当に感動しました。自分も患者さんの引き出せる要素をまだまだ見逃していたり、引き出せていないなあととても勉強になりました。今年度もスタートしましたが、自分の患者さんへの関わり方をみつめなおしていきたいと思います。また、いろいろな職種がこうした取り組みが病院・施設で入院している人にとってより良いサービスを提供できるのではないかと考えさせられました。
以上で終わりです。

次はSTの山田さんです!

カテゴリー: 未分類 |

春の足音

こんにちは、理学療法士の若松です。

徐々に気温も上がり、春らしい陽気を感じる季節になってきました。
私事ですが、雪解けが進み気になる事があります。それはゴミです。自宅がコンビニ近くのせいもあってか、駐車場周囲にはゴミのポイ捨てが目立つ様になってしまいました。昨日天気が良かったのでゴミ拾いをして、綺麗になった駐車場に少し満足しました。と同時に「まだまだ環境への意識って低いんだな」と、環境やモラルについて考えさせられました。自分が偉そうに語れるほどのものではありませんが…

今回もそうでしたが、ゴミのポイ捨てで多いゴミはタバコと空き缶です。特にタバコは年々喫煙率が減ってきているはずなのですが、ゴミの割合としてはあまり減っていないのが現状のようです。捨てる人がいて拾う人がいたりする、そんな世の中の事を少し考えさせられた小春日和でした。一人でも環境の事を考える機会になれば幸いです。今月は何かと自然エネルギーや環境について考える事機会が多い月でした。

平成29年度も残り1週間程となりました。年度末から年度初めにかけて忙しい日々が続く人が多いと思いますが、頑張っていきましょう。
それでは皆さん、きれいな街で気持ちの良い春を感じましょう。

以上 若松でした。
次回は作業療法士の向田さんです。

カテゴリー: 未分類 |

冬期オリンピック

みなさんこんにちは
作業療法士の古川です。

今年もはやいもので3月に入りましたが、韓国で行われていたピョンチャンオリンピックの熱は冷めやらず、テレビなどのメディアでもメダリストの方々を見ない日は無いくらいです。日本のメダル数、金・銀・銅合わせて13個は、自国開催だった長野大会よりも多く、過去最多なのだそうです。すごいですね。

そもそも冬のオリンピックはスケートやスキー、スノーボードなど、北海道に暮らしている私たちにはとても馴染みのある競技が多く、なんとなく親近感がわく人も多いのではないでしょうか。私はスキー・スノボやカーリングなどは全くやりませんが、なぜか毎日結果だけは楽しみにしていたのを思い出します。3月になってからはパラリンピックも開催されて、3/13現在合わせて4つのメダルを獲得しています(今後にも期待しています!)

そんな冬のオリンピックですが、2026年には我らが札幌も開催地に立候補しています。
以前に札幌で行われた1972年大会では、私はまだ生まれていなかったのですが、オリンピックを境に札幌にも地下鉄が通るなどの大きな変化があったと聞きます。また、スキージャンプの日の丸飛行隊など日本人選手がとても活躍したのも有名ですね。

2度目の札幌でのオリンピック開催に関しては、「そだね~」と賛成の声も多いのではないでしょうか。しかし大会開催には多くの費用がかかるため、反対論なども多くあるそうです。私個人としては、ぜひとも札幌でオリンピックを開催してもらえたらいいなぁと思います。オリンピックを間近で感じられる事を、こころから期待してやみません。

次回は絶賛子育て奮闘中の理学療法士・若松です。ご期待ください!

カテゴリー: 未分類 |

ストレッチについて

こんにちは。理学療法士の菊地(翔)です。

最近、色々なスポーツをやっているのですが、コンディショニングについて正しい知識がないままにやっている人が多いのかなと感じます。

怪我がなければそれでいいのですが、少しの違いでケガに繋がってしまうという事もあります。

そこで本日は怪我の予防、ストレッチについてお話したいと思います。

まず、ストレッチには①静的ストレッチ②動的ストレッチの2種類あります。

行なう姿勢は同じですが、①静的ストレッチが筋肉を伸ばしながら止まるのに対して、②動的ストレッチはぐっぐっと反動を付けながら筋肉を伸ばします。

上記の2つの効果の違いは、①静的ストレッチは筋肉の緊張を落とし、可動域を広げるのに対して、②動的ストレッチは筋肉の緊張を落とさずに可動域を広げることが出来ます。

関節を守るためには適度な筋肉の緊張が必要なわけですから、運動前には②動的ストレッチは有効なわけです。反対に運動後は筋肉の緊張を落とし、血流を良くした方がいいわけなので、①静的ストレッチの方がいいというわけです。

皆さんもぜひ試してください。

次回は作業療法士の古川が担当します。ご期待ください。

カテゴリー: 未分類 |

ホワイトデー

みなさん、こんにちは!!
先日、インフルエンザにかかった理学療法士、水木です。(笑)
このブログも書くのは1年ぶりです。以前の内容は「バレンタイン」について書いたので、今回は「ホワイトデー」について書こうと思います。
ホワイトデーは一般的にバレンタインデーにチョコレート等をもらった男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日とされています。
ここで、自分の思い出話を暴露します。中学3年生のときに後輩からチョコレートをもらった事がありました。もらって嬉しかったのですが、お返しにすごく悩んでしまい、受験勉強に手がつかず、ぼーっとした日を過ごした覚えがあります。今の自分ならお返しするものはすぐに考えられるのですが、当時の自分は初めてのお返しで頭がいっぱいいっぱいだったみたいです。今、思い返すと恥ずかしいですね。実際は、近くのスーパーで購入した1000円くらいのクッキーでした。渡す時も緊張しましたが、今ではいい思い出です。(笑)
今回のバレンタインのお返しは、手作りクッキーを渡してみようと思います(自信ないので本当に作れるか…)。今は食べ物ではなく、ピアスやネックレスなどのアクセサリーを渡すのもいいみたいですね!!!みなさんは、何をお返ししますか?

次は、一眼レフを買った理学療法士の菊地(翔)が担当します。内容にご期待ください!

カテゴリー: 未分類 |

雛祭り

みなさん、こんにちは!
作業療法士の森谷です。

インフルエンザ患者数が5週ぶりに前週を下回ったそうですが、まだまだ寒い日が続いています。うがい・手洗いをしっかりとして予防していきたいですね。

さて、バレンタインデーも終わり、もうすぐ3月です。
3月と言えば、雛祭り。お店に行くと雛人形やひなあられを目にする季節です。

「雛人形を早く片付けないと嫁に行き遅れる」

雛祭りに良く聞かれる話しです。
では、なぜ「雛人形を早く片付けないと嫁に行き遅れる」のでしょう?

理由その1:厄払い説
雛人形にその子の厄や災いを移すという考えから、早く片付けて災いを遠ざけた方が良いと考えられたそうです。

理由その2:しつけ説
雛人形はいざ片付けるとなると面倒なもの。しかし、片づけも満足に出来ないようでは良いお嫁さんになれないという事で、「雛人形を早く片付けないと嫁に行き遅れる」といってしつけました。

理由その3:結婚象徴説
早く飾ると「早く嫁に出す」、早くしまうほど「早く片付く(嫁に行く)」
飾る時期を娘の結婚になぞらえています。

諸説ありますが、あくまで迷信ですのでご安心を!
何年も飾っていなくても、出しっぱなしにしていても私は気付いたら結婚していました。

ちなみに、正しい出す時期は2月4日の立春から3月3日雛祭りの1週間前まで、片づける時期は3月中旬までの天気の良い日が良いそうです。

我が家は女の子はいないので雛人形は飾りませんが、ちらし寿司やお吸い物などおいしくお祝いして春を感じたいと思っています。

次回は、理学療法士の水木が担当します。

カテゴリー: 未分類 |