日別アーカイブ: 2018年3月14日

冬期オリンピック

みなさんこんにちは
作業療法士の古川です。

今年もはやいもので3月に入りましたが、韓国で行われていたピョンチャンオリンピックの熱は冷めやらず、テレビなどのメディアでもメダリストの方々を見ない日は無いくらいです。日本のメダル数、金・銀・銅合わせて13個は、自国開催だった長野大会よりも多く、過去最多なのだそうです。すごいですね。

そもそも冬のオリンピックはスケートやスキー、スノーボードなど、北海道に暮らしている私たちにはとても馴染みのある競技が多く、なんとなく親近感がわく人も多いのではないでしょうか。私はスキー・スノボやカーリングなどは全くやりませんが、なぜか毎日結果だけは楽しみにしていたのを思い出します。3月になってからはパラリンピックも開催されて、3/13現在合わせて4つのメダルを獲得しています(今後にも期待しています!)

そんな冬のオリンピックですが、2026年には我らが札幌も開催地に立候補しています。
以前に札幌で行われた1972年大会では、私はまだ生まれていなかったのですが、オリンピックを境に札幌にも地下鉄が通るなどの大きな変化があったと聞きます。また、スキージャンプの日の丸飛行隊など日本人選手がとても活躍したのも有名ですね。

2度目の札幌でのオリンピック開催に関しては、「そだね~」と賛成の声も多いのではないでしょうか。しかし大会開催には多くの費用がかかるため、反対論なども多くあるそうです。私個人としては、ぜひとも札幌でオリンピックを開催してもらえたらいいなぁと思います。オリンピックを間近で感じられる事を、こころから期待してやみません。

次回は絶賛子育て奮闘中の理学療法士・若松です。ご期待ください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク