リハビリ伝言板

食事の後は、、

こんにちは!!言語聴覚士の山下です
12月も半ばになり、クリスマスやお正月と楽しいイベントがいっぱいですね!!
楽しいイベントつきものなのが美味しいご飯!!
お腹いっぱいになってごろごろ過ごすのは幸せですよね!!
ただそんなとき、ふと、昔、祖父が「食べてすぐ横になると牛になるぞ」と言っていたことを思い出します。
まさか本当に牛になることはありませんが、なぜ、そんな言葉があるのでしょう。
気になって調べてみると、これには色々な意見があるようです。

一般的にはご飯を食べた後、食物を消化しなければ行けないので横になるとその妨げになる為、「牛になるぞ」という言葉で多くの人に知らしめようとしていたのではないかと思います。
皆さんもこれを理由に考える方が多いのではないでしょうか。
しかし、最近では逆の考えで、食べた後、横になることも必要ではないかという意見もあるようです。

私達が食物を消化する際はいつも以上に胃や腸の運動を活発にさせなければいけません。そのためには血液を集中させることが必要となります。
運動をすると身体全身を動かす方へ血液を使ってしまうため、胃や腸へ十分に血液を集めることが出来ず、消化の妨げになることがあるというのです!!

最期に、私は言語聴覚士として日頃、患者様の飲み込みについて考えていますが、私は食後はしっかり体を起こしていた方がいいと考えます。
その理由としては「逆流」があります。
普段、私たちは食道の動きによって食べた食物を胃の方へ送り込んでいますが、この機能が弱ってくると、胃に入った食べ物が逆流してし、逆流性食道炎や、逆流した食物を誤嚥してしまう危険性があります。
これを防ぐためには食後30分程身体を起こしているのが良いのではないかと考えます。

様々な意見がありますが、自分の身体に合わせて過ごす事が一番大切だと考えるのでイベント事の美味しい食事を幸せに過ごしましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。